運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
16826件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-26 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 5号

この際、去る六月十日、原子力問題に関する実情調査として東京電力株式会社福島第一原子力発電所を視察いたしましたので、参加委員を代表して、その概要を私から御報告申し上げます。  まず、東京電力より、一号機から四号機の廃炉に向けた作業の進捗状況や汚染水対策等について説明を聴取いたしました。  

高木毅

2019-06-26 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 6号

                行田 邦子君                 清水 貴之君                 岩渕  友君                 紙  智子君                 山添  拓君    事務局側        常任委員会専門        員        林  浩之君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○国と東京電力

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 6号

第一一三〇号国と東京電力が原発事故避難者に対し責任を果たすことに関する請願外三十件を議題といたします。  本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧のとおりでございます。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、いずれも保留とすることとなりました。  以上のとおり決定することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

徳永エリ

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

地震直後に東京電力が異常ありと誤った情報を送信して柏崎市長が激怒するなど、危機管理に重大な懸念を残しました。地震津波による福島原発事故を経験した我が国において、ふるさとの人々を守りたいと願う原発立地県選出の議員として、私は、原子力エネルギーに頼らない新しいエネルギー社会の実現に、本気の原発ゼロへ、力を尽くしたいと決意を新たにしております。  

森ゆうこ

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

○世耕国務大臣 こういう資料三のようなグラフを見せていただくといつもまず真っ先に感じるのは、ドイツって石炭の比率が高いなというところなんですが、それはさておきまして、我が国の電力発電量に占める石油火力発電の割合は、二〇一七年度約一割となっています。このグラフにあるように、もうアメリカが一%を切っている。

世耕弘成

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

電力・ガス取引監視等委員会の方で、卸電力取引の活性化に向けた地方公共団体売買契約の解消協議に関するガイドラインを踏まえた、定期的に関係者からの聞き取り、実態把握を行っておりますが、現時点で、一般競争入札を経た売電契約が行われている自治体は、御指摘のとおり、東京都以外に新潟、三重、熊本の三県でございますが、この中で、熊本県は、入札の結果、九州電力が落札をしてございますので、これを除く東京都新潟、三重

岸敬也

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

○世耕国務大臣 原子力規制委員会やあるいは関西電力等の事業者による技術的な見解そのものの適切性、そして規制委員会が進めようとしている手続のあり方について、これは私の立場からコメントは控えさせていただきたいと思います。  いずれにしても、事業者には、規制委員会の御指導のもと、安全確保に万全を期してもらいたいと思います。

世耕弘成

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

関西電力、弁明書で、いろいろなほかのことについても並行してやってねということも要請しているのも承知しておりますけれども、関西電力から基本設計あるいは基本設計方針を変更する申請書がまだ出ていないわけですから、じゃ、どうやって、出しますというから大丈夫なんだという確認をするかというと、まだこれからの話です。  世耕大臣に伺います。  

笠井亮

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

火力発電所につきましては、事故が発生した際の周辺の住民や建物への影響が相対的に小さいため、発生確率の低い大規模災害に対しましては、個々の発電所の損壊を防止するのではなくて、電力供給ネットワーク全体で補完して、著しい供給支障を回避するという考え方に立っております。もちろん、被害を受けた発電所の迅速な復旧を図るということも基本としているところでございます。  

米田健三

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

福島第二原子力発電所の廃炉の判断につきましては東京電力が行うものでございますけれども、既に、委員御指摘のとおり、経営トップである東京電力早川社長の責任において、昨年六月に廃炉の方向性を明確に示されたというように承知してございます。これは逆戻りすることのない大きな方針であると我々受けとめさせていただいているところでございます。  

村瀬佳史

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

○武田良介君 まず、私、やっぱりそもそもこの汚染土というのは、東京電力福島第一原発のあの原発事故によって生まれたものだということを私は改めて指摘をしたいというふうに思いますし、その汚染土の処理の責任東京電力と国にあるんだということを、当たり前ですけれども、改めて指摘をさせていただきたいというふうに思うんです。  

武田良介

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

大臣に、最後、認識をお伺いしたいと思うんですが、本来であれば、汚染土というのは、冒頭にも言いましたように、東京電力の原発事故によってつくられた汚染土、生まれた汚染土であります、東京電力と国の責任で処分されるべきものだと思うんですね。それが、高速道路の下に埋める、あるいは市道の下に埋める、事実上そこで最終処分されていく、もうこれがそもそも誤りだというふうに思うんです。  

武田良介

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

そして、しかし、その上流の原料のケイ石は、これ電力料金の安い国が事実上握っています。日本でもケイ石はいっぱい取れるんですよ、地表上に二七%含まれていますから。しかし、そのケイ石は中国などに握られ、その中流のシリコンインゴットのところだけが日本ドイツが握っている。ここをどう守るのかについて、世耕大臣にお伺いしたいと思います。

大塚耕平

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

一番のポイントは、やはり電気代が高いというのが非常に足を引っ張っているというところがありますから、やはり安くて安定的な電気の、電力の提供をやっていくということで、場合によっては電力消費のこの産業に対しては少し何らかの特段の措置をとるというようなことも重要ではないかと思っています。

世耕弘成

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

今般のイージス・アショアの配備候補地につきましても、まず、バランスよく我が国全域を防護できる、遮蔽がない広くて平たんな敷地が確保できる、電力等のインフラの確保が見込めるといった観点から、秋田県の新屋演習場、山口県のむつみ演習場の二カ所を選定し、今、現地での御説明を行っているところでございます。  

岩屋毅

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

福島イノベーション・コースト構想では、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉を加速するための国際的な廃炉研究開発拠点整備や、再生可能エネルギーや水素エネルギーなどの関連産業の創出、福島ロボットテストフィールドの整備とともに、農林水産分野でも、先端技術の開発、実用化の推進、先進的な農林水産業を全国に先駆けて実践していくと思います。  

森夏枝

2019-06-04 第198回国会 衆議院 環境委員会 8号

また、お尋ねの災害時の状況の対応についてですけれども、災害時のインフラ復旧の目標といたしまして、電力で七日間、上下水道は三十日間、都市ガスの六十日程度と想定されております。  大規模災害時には、これら生活インフラが破損した場合には、トイレの確保に著しい障害が見込まれております。これは、今までの大規模災害のときにはさまざまニュースにもなっておりますし、実感もあるかと思います。

小宮山泰子

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

このとき浮かび上がったのが経産省と当時の保安院、そして電力会社との癒着でありました。さらに、この震災をめぐっては、その後、復興費の流用問題というのが起きています。  これ、いずれも、我が国の官僚機構をめぐる様々な癒着や不正、問題、行政監視、国会行政監視あるいは我が国の政府に対する内部統制機能による行政監視が求められた事件です。  

風間直樹

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

そのP、つまり最大電力の時間平均値と先ほどおっしゃいましたけれども、これ、イージス・アショアは、あれですか、向こう千五百キロも先まで探知するというようなことができるという能力を目標にするということなので、これは相当な出力ということになるんでしょうが、これがどこまで上がるのか、どこまで強いのかということが分からなければ、住民あるいは研究者、自治体検証のしようもないわけですが。  

仁比聡平

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

政府参考人(鈴木敦夫君) この計算式に用いますところのP、G、Dシータでございますけれども、これにつきましては、Pにつきましてはレーダー供給する最大電力の時間平均値ということでございまして、レーダーは相手目標を捉えるためにアンテナから放出される電波というのは瞬間的にオン、オフを繰り返しているため、最大出力の時間平均を取ったものというものがこのPという値でございます。  

鈴木敦夫

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

大臣、きょうは九州電力の原発とそれから出力制御のことについても質問しますので、最後にお答えいただきたいというふうに思います。  九州電力川内原発の特定重大事故等対処施設、いわゆるテロ対策施設建設が大幅におくれていると原子力規制委員会で報告されています。設置期限に対してどういう状況になっているんでしょうか。  

田村貴昭

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

九州電力において、太陽光発電における出力制御がずっと続いております。私、この問題、この委員会でもただしてまいりましたけれども、昨年秋からの出力制御の状況について説明をしてください。また、出力制御にあっている事業者、停止回数、そして売電ができずに捨てざるを得なかった電力量等々について説明をしてください。

田村貴昭

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

現在、九州電力においては、特定重大事故等対処施設の早期完成に向けて最大限の努力をしている状況と承知しておりまして、現時点で仮定の御質問へのお答えは控えたいと考えております。  いずれにいたしましても、いかなる状況となったといたしましても、電力の安定供給の確保に万全を期してまいりたいと考えてございます。  

村瀬佳史

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

国務大臣渡辺博道君) まず、東京電力が賠償を実施するに当たっては、個別の事情をよく伺って丁寧な対応を行うことが重要だというふうに思います。  復興庁といたしましては、経済産業省東京電力に対する指導の徹底を求めてまいりたいと、そのように思います。  また、なお、中間指針等の見直しについては、原子力損害賠償紛争審査会において適切に検討されるものと認識をしております。  以上です。

渡辺博道

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

これまでの東京電力福島第一原発における廃炉作業に従事する労働者安全衛生管理を徹底する観点から、東京電力が一義的に責任を持って安全衛生管理対策を進めるよう、厚生労働省におきまして平成二十七年にガイドラインを定めておりまして、その点が他の原発と異なるところでございます。  以上でございます。

椎葉茂樹

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

東京電力の受諾拒否により打切りになった集団ADR案件につきましては、御指摘ありましたように、三月十九日に世耕大臣から、東京電力早川社長に対しまして、個別事情に応じて適切に対応する旨を周知するとともに、お申出があった場合には、御事情を丁寧に伺いながら、きめ細かく適切に対応するよう直接指導を行ったところであります。  

滝波宏文

2019-05-28 第198回国会 参議院 農林水産委員会 12号

さらに、二〇一一年の八月には電力事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法が制定されて、その後、各地で木質バイオマス発電所建設や運用が始められるようになったということで、この十年間に木材の需要というのは千九百万立方メートルくらいから二千九百万立方メートル以上、一千万立方メートルも増加するに至ったわけです。  

鮫島正浩

2019-05-28 第198回国会 参議院 経済産業委員会 11号

こういう中で、東京商品取引所、TOCOMの方で電力先物の上場を目指すということで今準備を進めているわけでございますが、この電力先物取引について関係事業者からは、燃料の先物と入口と出口という形で一体的にヘッジしたいというようなニーズもあるというふうに聞いておりまして、今回、JPXとTOCOMの間でこういった電力を上場するということを目指す中で電力石油を一つの取引所で扱うというような判断をなされたのではないかということで

藤木俊光

2019-05-28 第198回国会 参議院 経済産業委員会 11号

その上で、今私ども最大に取り組んでおりますのは、やはり電力先物の上場ということでございます。  御案内のとおり、今完全自由化に向けたプロセスが進んでおりまして、卸電力市場の取引も拡大し、一方で、価格変動も非常に大きくて、ヘッジニーズが非常に高まっているということがございます。

藤木俊光

2019-05-28 第198回国会 参議院 環境委員会 8号

自然エネルギーが電源として不安定だというのであれば、AIなどを使って地域の需給の見通しを直前まで予測し、それを受けて市場での電力売買を活性化させることにより電力市場において需給調整を行うなど、すぐに打つ手はあると思いますが、いかがでしょうか。  今までのようなやり方で環境問題経済を同時並行的に解決、発展させるという時代は終わったと思います。

宮沢由佳

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

敦雄君    政府参考人    (厚生労働省大臣官房審議官)           諏訪園健司君    政府参考人    (厚生労働省大臣官房審議官)           山本 麻里君    政府参考人    (厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長)    橋本 泰宏君    政府参考人    (経済産業省大臣官房審議官)           島田 勘資君    政府参考人    (資源エネルギー庁電力

None

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

本件調査のため、本日、政府参考人として内閣府政策統括官海堀安喜君、総務省大臣官房審議官多田健一郎君、総務省自治行政公務員部長大村慎一君、文部科学省大臣官房審議官岡村直子君、厚生労働省大臣官房審議官八神敦雄君、厚生労働省大臣官房審議官諏訪園健司君、厚生労働省大臣官房審議官山本麻里君、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長橋本泰宏君、経済産業省大臣官房審議官島田勘資君、資源エネルギー庁電力・ガス事業部長村瀬佳史君及

福井照

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

まず、電力の安定供給につきましては、昨年十一月に関係閣僚会議を開催いたしまして、ブラックアウトの再発防止策を決定したところでございます。現在、この再発防止策に基づきまして、北本連系線、いわゆる北海道本州をつなぐ連系線のさらなる増強などのさまざまな取組を進めているところでございます。  

村瀬佳史