運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
11545件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

法科大学院協会理事長の大貫裕之さん、二〇一七年、雑誌インタビューで、最初から多くの法科大学院をつくり過ぎたのではないかという問題はあります、当時は小泉政権下で規制緩和の真っただ中でしたから、設置条件を厳しくするよりは多くの大学の参入を促して競争させようというコンセプトで始めた結果ですと敗戦の弁を述べられている。  余りにもひどいですよね。

山本太郎

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

○岩屋国務大臣 CSISに限らず、こういう軍事あるいは防衛国防安全保障のさまざまな研究機関があり、あるいは雑誌があり、さまざまな見解が述べられているわけですけれども、その一々に反応したり抗議をしたりということではなくて、我が国としての考え方を政府としてはあらゆる機会を捉えてしっかり国民に理解してもらえるように説明をしていくということが大切ではないかというふうに考えております。

岩屋毅

2019-06-13 第198回国会 参議院 経済産業委員会 13号

杉本公正取引委員長も、この間の雑誌であるとか新聞のインタビュー記事なんかを読みますと、優越的地位濫用に当たるんじゃないかというふうにおっしゃっているんですけれども。  この優越的地位濫用という言葉が出てくるわけなんですけれども、もちろんケースによると思うんですが、これに限らず、私的独占とかいろんなケースが考えられると思うんですね。

岩渕友

2019-05-29 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

この食品添加物によって日本の食生活が非常に安全で、かつ豊かになったという反面、雑誌とか週刊誌等では添加物危ないというふうな情報もあふれております。こういったその食品添加物に関する、まあ表示も含めてでもいいかもしれませんが、リスクコミュニケーションの取組について御説明いただけたらと思います。

熊野正士

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

この懇談会のメンバーでしたあの有名な、憲法学の大家とも言われますけれども、芦部信喜先生、後に回想録というか、ジュリストという雑誌に当時のこと、会議の中身については非公開ということなので書いてはないんですけれども、こういうふうに書かれていました。元々、この懇談会というのは議論について一定の方向付けをしたり結論を出したりするものではなかったはずだったと、こういうふうに書いている。  

杉尾秀哉

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

こうした中で、今日来ていただきました佐藤総務副大臣が、雑誌のインタビュー、プレジデントの五月十三日号ですけれども、このインタビューが業界で波紋を呼んでおります。一言で申し上げますと、佐藤副大臣はこの記事の中で、携帯料金が下がらない理由が5Gへの投資にある、こういう趣旨の発言をされています。  

杉尾秀哉

2019-05-22 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 20号

ポスター三万枚とリーフレット六十四万枚を作成し、全ての都道府県及び市町村に配布、関係団体首都圏鉄道事業者にも掲示を依頼、あるいは、厚生労働省ツイッターやフェイスブックを活用した周知を実施、一般メディアを活用した取組や、政府広報として新聞インターネットテレビ雑誌による広報啓発活動、里親月間に合わせて地方自治体が取り組む広報啓発活動を報道発表として当省のホームページで紹介しております。  

根本匠

2019-05-17 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 12号

これは東洋経済雑誌の中からとりました。ちょうど東洋経済が五月十八日号で、脱炭素時代に生き残る会社という特集を組んでいます。その中に出てきました。二〇一三年段階では辛うじて二社、シャープと京セラが出てくるんですが、一七年にはゼロ、中国が一、二、三と独占をしている、こういう状況でございます。  

山崎誠

2019-05-17 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 12号

これは、ある雑誌の記事にこう書いていますね。我が党の主張は、我が党というのは私じゃないですよ、立花さんというそのNHKから国民を守る党の代表いわく、我が党の主張は、NHKを見ない人には、要はテレビを設置していても受信料を支払う義務はないということが党是なんだと。いや、でも、それは法律違反じゃないかと言うと、彼は何と言うか。

足立康史

2019-05-16 第198回国会 参議院 財政金融委員会 10号

そういう観点で質問したいと思いますが、まず麻生大臣に、全体の今の時点での認識を伺いたいんですけれど、去年なんかは平成金融危機から二十年というような新聞雑誌等でも特集が組まれたりして、あの平成金融危機から何を教訓とすべきかということが、結構いろんな、今だから言えるというようなことも、いろんな方が発言されてございました。

大門実紀史

2019-05-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

さらに、例えば、こういったサービス安全性ですとか、あるいは効果といったようなことの説明につきまして、その業界の従業員教育をしっかりとやっていただくということ、それとともに、こういったサービスを利用される場合に、例えば、ケアマネジャーさんですとか、あるいは、こういったサービス紹介する雑誌の編集者さんですとか、消費者と業界を結びつける仲介的な役割を果たされる方々、こういった方々にもしっかりと品質あるいは

島田勘資

2019-05-09 第198回国会 衆議院 憲法審査会 2号

また、先ほど来議論がありましたとおり、放送以外の新聞雑誌はもとより、今日は、ネットニュース、SNS、こういった個々人の情報発信も急速に普及をしております。そういったメディアは、時間的な制約や分量の制約などがほとんどなく、また、必ずしも政治的公平性に縛られることがないというのが特徴的だというふうに言えると思います。  

長島昭久

2019-04-16 第198回国会 衆議院 本会議 19号

自民党の石破茂先生は、雑誌のインタビューで、アベノミクス安倍晋三首相が好んでゴルフをともにする大企業のトップには恩恵をもたらしていたが、その他多くの人を取り残していると発言されたそうです。  そこで、経済産業大臣質問します。  アベノミクス金融政策によって、大企業が過去最高益を上げている中で、中小企業、小規模事業者もしっかりとその恩恵を得ていると考えていますか。  

宮川伸

2019-04-12 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 8号

屋外活動と近視進行抑制の関係などと言われるもので、オリンダ・ロンジチューディナル・スタディー・オブ・マイオピアという論文、IOVSという有名な雑誌の論文ですが。  それを踏まえて、特に我が国を始めとした東アジアの国々は近視の方が多いですよね。この委員会室を見渡してもかなりの数の近視の方がいらっしゃるんじゃないかなと思います。  

吉田統彦

2019-04-10 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 7号

これは、社会保険旬報という雑誌に、このシンポジウムの後、載せられたもので、当日の御発言、そのとおりだと思いますが、ここには、いわゆる医療費が人生の中で、六十五歳以降急速に増加し、八十歳以降は入院に係る費用の割合が高くなるとして、下のようなチャート図が示されております。そして、これの御説明、「現状1人当たりの年間医療費をみると、人生の終盤でその大半が使われていることが分かる(図13)。

阿部知子

2019-04-10 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 7号

その中には、やはり青森県の審査会の中での意見があったことですとか、あるいは、六九年発行の医学雑誌日本医事新報の中で、県の現場では手術に対する疑問の声が表面化をしていた、ここの審査会の委員が、この資料の右側の方、四条のところが、要するに同意がなくてもいいということですとか、そうしたことに対して、憲法違反なのではないか、こうした意見を出しているということに対して厚生省が、当時は厚生省、回答をしなくてもよいというふうに

高橋千鶴子