運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6466件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-08 第204回国会 参議院 内閣委員会 第10号

矢田わか子君 私は、ただいま可決されましたストーカー行為等規制等に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主社民公明党日本維新の会、国民民主党新緑風会及び日本共産党各派共同提案による附帯決議提出いたします。  案文朗読いたします。     

矢田わか子

2021-04-02 第204回国会 衆議院 環境委員会 第4号

源馬委員 ただいま議題となりました附帯決議につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  趣旨説明は、案文朗読して代えさせていただきたいと存じます。     自然公園法の一部を改正する法律案に対する附帯決議   政府は、本法施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずべきである。  

源馬謙太郎

2021-03-30 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第8号

牧山ひろえ君 私は、ただいま可決されました関税定率法等の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主社民公明党日本維新の会、国民民主党新緑風会日本共産党及びみんなの党の各派共同提案による附帯決議提出いたします。  案文朗読いたします。     関税定率法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議   政府は、次の事項について、十分配慮すべきである。  

牧山ひろえ

2021-03-30 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

斎藤嘉隆君 私は、ただいま可決されました公立義務教育学校学級編制及び教職員定数標準に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主社民公明党日本維新の会、国民民主党新緑風会及び日本共産党各派共同提案による附帯決議提出いたします。  案文朗読いたします。     

斎藤嘉隆

2021-03-30 第204回国会 衆議院 法務委員会 第8号

大口委員 ただいま議題となりました附帯決議につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文朗読により趣旨説明に代えさせていただきます。     「民法等の一部を改正する法律案」及び「相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律案」に対する附帯決議   政府は、本法施行に当たり、次の事項について格段の配慮をすべきである。  

大口善徳

2021-03-30 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第7号

田名部匡代君 私は、ただいま可決されました有明海及び八代海等を再生するための特別措置に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主社民公明党日本維新の会、国民民主党新緑風会及び日本共産党各派並びに各派に属しない議員須藤元気さんの共同提案による附帯決議提出いたします。  案文朗読いたします。     

田名部匡代

2021-03-26 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第6号

青木愛君 私は、ただいま可決されました日本国有鉄道清算事業団債務等処理に関する法律等の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主社民公明党日本維新の会及び国民民主党新緑風会各派共同提案による附帯決議提出いたします。  案文朗読いたします。     

青木愛

2021-03-26 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第6号

田名部匡代君 私は、ただいま可決されました森林の間伐等実施の促進に関する特別措置法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主社民公明党日本維新の会及び国民民主党新緑風会各派並びに各派に属しない議員須藤元気さんの共同提案による附帯決議提出いたします。  案文朗読いたします。     

田名部匡代

2021-03-22 第204回国会 衆議院 総務委員会 第11号

○岡本(あ)委員 ただいま議題となりました附帯決議につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文朗読により趣旨説明に代えさせていただきます。     放送法第七十条第二項の規定に基づき、承認を求めるの件に対する附帯決議   政府及び日本放送協会は、次の各項の実施に努めるべきである。  

岡本あき子

2021-03-12 第204回国会 衆議院 国土交通委員会 第3号

道下委員 ただいま議題となりました附帯決議につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  なお、趣旨説明案文朗読して代えさせていただきたいと存じます。     日本国有鉄道清算事業団債務等処理に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議   政府は、本法施行に当たっては、次の諸点に留意し、その運用について遺漏なきを期すべきである。  

道下大樹