運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
2973件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-27 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

平成二十八年度決算外二件及び平成二十九年度決算外二件審査のため、四個の分科会を設置することとし、分科会の区分については  第一分科会は、皇室費、国会裁判所会計検査院内閣内閣府(本府、警察庁金融庁消費者庁)、復興庁外務省環境省所管のほか、他の分科会所管以外の国の会計  第二分科会は、総務省財務省文部科学省防衛所管  第三分科会は、厚生労働省農林水産省経済産業省所管  第四分科会

生方幸夫

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

本件については、沖縄県民の皆様の不安を払拭できるよう、関係省庁、先ほどお話ありましたが、環境省厚生労働省、あるいは防衛等が緊密に連絡して対応をしているのではないかというように承知をいたしておりますが、内閣府としてもその状況を注視してまいりたいという具合に思っております。

衛藤晟一

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

一方で、宮古島観光開発等々振興策がある一方で、宮古島自衛隊駐屯地弾薬庫問題、これ、なぜ防衛、引き続き住民の皆さんの理解を得ないままに、住民の皆さんの反対の声を全く無視をして工事を強行されているのか。住民の皆さんの地域安全を守るための様々な施策、全く講じられていません。  万が一の爆発があったらどうするのか、万が一の事故があったらどうするのか、避難計画もない、様々な対策も講じられていない。

石橋通宏

2020-03-18 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第2号

四ページから十三ページの災害予防につきましては、四ページでは内閣府において政府における教育訓練等を、五ページでは警察庁において災害警備活動用資機材等の整備等を行うための経費を計上しているほか、六ページから八ページでは法務省文部科学省厚生労働省農林水産省等において、九ページから十三ページにおいては国土交通省防衛等において、それぞれ所管施設等の整備、耐震化や防災対策の推進等に要する経費を計上をしております

平将明

2020-03-17 第201回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号

四ページから十三ページの災害予防につきましては、四ページでは内閣府において政府における教育訓練等を、五ページでは警察庁において災害警備活動用資機材等の整備等を行うための経費を計上しているほか、六ページから八ページでは法務省文部科学省厚生労働省農林水産省等において、九ページから十三ページでは国土交通省防衛等において、それぞれ所管施設等の整備、耐震化や防災対策の推進等に要する経費を計上しております

平将明

2020-03-10 第201回国会 参議院 環境委員会 第2号

例えば、防衛に新たに気候変動適応推進会議のメンバーに加わっていただきました。災害廃棄物撤去に係る防衛自衛隊との連携マニュアルも共同作成中です。内閣府武田大臣とも合同で「気候変動×防災」に係る意見交換会を開催しており、今後は連名で気候変動時代の防災の在り方についてメッセージを発信し、政策につなげていきます。気象庁とも新たな取組を検討中であり、近々発表の予定です。  

小泉進次郎

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

ここを防衛が、百六十億円の、これは予算流用の形で島を全部買い取ってしまうと。そして、用地買収交渉が今進められています。つくる施設自衛隊基地なんですけれども、これは、大臣、御存じのように、FCLPなんですよ。米空母艦載機地上離発着訓練、これを米軍施設として提供するがために巨費を投じて今買収契約を行っているわけです。  

田村貴昭

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

馬毛島環境が今こういう状況になって、そして防衛が、FCLPの米軍施設、提供の施設をつくろうとしている、そして自衛隊基地をつくろうとしている、これによって生態系が脅かされると私は言っているんですけれども、やはり情報共有してこの対策に当たらなければいけないと思いますが、いかがですか。

田村貴昭

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

まず、防衛といたしましては、我が国の安全保障のため、馬毛島自衛隊施設、まあ基地でございますけれども、これを整備させていただきたいと考えております。この基地は、御存じのとおり、我が国の南西防衛、またFCLPを実施するということになりますと日米同盟の強化に大きく貢献する重要なものでございます。  その上で、防衛としては、馬毛島環境の保全にできる限り配慮したいと考えております。  

渡辺孝一

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

最後、時間の関係で最後になると思うんですが、防衛さんにおいでいただいております。  先ほど、自衛隊の艦船に医療設備を持った船があると申し上げました。護衛艦「いずも」、あるいは「しもきた」もそうですね。こうした医療設備を持った艦船を、災害医療の提供という観点から、現在、防災訓練への参加等、どのような形で医療の提供に資するものとしようとしているのか、取組をお聞かせください。

津島淳

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官諸戸修二君、内閣府大臣官房審議官村手聡君、復興庁統括官石田優君、復興庁統括官石塚孝君、復興庁統括官小山智君、復興庁審議官奥達雄君、総務省大臣官房審議官谷史郎君、総務省大臣官房審議官稲岡伸哉君、外務省大臣官房審議官加野幸司君、文部科学省大臣官房審議官蝦名喜之君、厚生労働省大臣官房審議官横幕章人君及び防衛大臣官房審議官町田一仁君の出席を求め、説明

伊藤達也

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

毅君        中小企業庁事業        環境部長     奈須野 太君        観光庁審議官   加藤  進君        海上保安庁総務        部長       宮澤 康一君        環境省大臣官房        環境保健部長   田原 克志君        原子力規制委員        会原子力規制庁        次長       片山  啓君        防衛大臣官房

会議録情報

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

それでは、官房長官防衛にお聞きをしたいと思います。申し訳ないけれども、質問飛ばしますので。  まずは、これ通告しておりませんけれども、もう迫っております名護市辺野古の新基地建設をめぐり、政府は今月中にも軟弱地盤の改良工事に必要な設計変更を県に申請するとしておりますけれども、いつでしょうか。

木戸口英司

2020-03-10 第201回国会 参議院 総務委員会 第3号

防衛が報告を受けたのは八月、三菱電機がこの不正アクセスを認識したのは六月ですよ。何で半年も掛かるんですかね、これ、経産省に来るまでに。所管官庁ですよね。なのに半年間も掛かっているということであります。  そこで、ちょっと平さんにお伺いしたいんですけれども、内閣府はこの事案についていつの時点で認識をしたのかということは答弁できますでしょうか。

柳ヶ瀬裕文

2020-03-10 第201回国会 参議院 総務委員会 第3号

副大臣平将明君) 質問通告ございませんが、内閣府の立場としては、サイバーセキュリティー、NISCなどを所管をしておりまして、この事案につきましては、防衛また経産省、所管官庁である経産省から把握して、その後報告を受けるという段取りになっています。正確な日時は、今持ち合わせておりません。

平将明

2020-03-10 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

宇都隆史君 本件は本当に防衛、真剣に考えていただいて、財務省とも調整をしていただき、今までには考えられない実費払い、掛かった予算をきちんと全額ちゃんと支給していただくという方向性に今調整をしつつあると。これ、ただ、防衛だけじゃないですよね、国家公務員全てにおいてそういう調整を今財務省としているということですが。  

宇都隆史

2020-03-10 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

     高橋 克彦君        外務省経済局長  山上 信吾君        外務省国際法局        長        岡野 正敬君        外務省領事局長  水嶋 光一君        文化庁審議官   森  孝之君        厚生労働省大臣        官房総括審議官  佐原 康之君        環境省大臣官房        審議官      上田 康治君        防衛大臣官房

会議録情報

2020-03-06 第201回国会 衆議院 環境委員会 第1号

例えば、防衛に新たに気候変動適応推進会議のメンバーに加わっていただきました。災害廃棄物撤去に係る防衛自衛隊との連携マニュアルも共同作成中です。内閣府武田大臣とも、合同で「気候変動×防災」に係る意見交換会を開催しており、今後は連名で気候変動時代の防災のあり方についてメッセージを発信し、政策につなげていきます。気象庁とも新たな取組を検討中であり、近々発表の予定です。  

小泉進次郎

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

   (外務省領事局長)    水嶋 光一君    政府参考人    (厚生労働省大臣官房総括審議官)         佐原 康之君    政府参考人    (農林水産省大臣官房審議官)           道野 英司君    政府参考人    (水産庁漁政部長)    森   健君    政府参考人    (海上保安庁警備救難部長)            伊藤 裕康君    政府参考人    (防衛大臣官房報道

会議録情報

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

大臣官房参事官遠藤和也君、大臣官房参事官有馬裕君、大臣官房参事官河津邦彦君、アジア大洋州局長滝崎成樹君、北米局鈴木量博君、中東アフリカ局アフリカ部長森美樹夫君、経済局長山上信吾君、国際協力局長鈴木秀生君、国際法局長岡野正敬君、領事局長水嶋光一君、出入国在留管理庁審議官佐藤淳君、厚生労働省大臣官房総括審議官佐原康之君、農林水産省大臣官房審議官道野英司君、水産庁漁政部長森健君、海上保安庁警備救難部長伊藤裕康君、防衛大臣官房報道伊藤茂樹君

松本剛明

2020-03-05 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号

○広田委員 今の新型コロナウイルス対策の現状、そして、今の農林水産関係が抱えている課題、問題点、危機感、こういうふうなところは共有をするところでございますし、後でまた時間があれば、緊急事態のまさしく宣言がされた後、どういうふうに農林水産省も対応するのかということは聞きたいぐらいなので、私も、防衛のときに危機管理を対応した者の一人として、その言葉には非常に敏感に反応をしてしまいましたけれども、ただ、

広田一

2020-03-05 第201回国会 衆議院 総務委員会 第8号

防衛自衛隊といたしましては、個々の患者発生がクラスターとならないよう、手洗い、せきエチケット等の一般感染対策を徹底するほか、テレワークや時差出勤の推進、また発熱等の風邪症状が見られる場合等の特別休暇の利用など、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に積極的に取り組んでまいりたいと考えているところでございます。

椎葉茂樹

2020-03-05 第201回国会 衆議院 総務委員会 第8号

ちなみに、きょう防衛自衛隊にも来てもらっていますけれども、防衛自衛隊では、これは災害派遣として対応しているわけですね。だからこそ、これはもう災害定義の部分、この「政令で定める原因」、これにつけ加えればいいんじゃないかと思っていますけれども、この点についてはいかがでしょうか。

井上一徳

2020-03-05 第201回国会 衆議院 総務委員会 第8号

最後、防衛に来てもらっていますけれども、防衛、これは災害派遣で対応しているということです。一月三十一日に自衛隊の行動命令が発出されて災害派遣活動が開始され、特にダイヤモンド・プリンセス号への対応ということで、医官二十名、それから看護官二十八名、部隊からも約六十名、こういった体制で災害派遣活動を行ったというふうに承知しております。  

井上一徳

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

防衛といたしましては、我が国主導の開発によりまして、陸上自衛隊海上自衛隊の装備品も含めたネットワーク戦闘能力や高いステルス性など、将来の航空優勢に必要な能力を備えまして、また、将来の脅威に対しても常に一線級の能力を発揮するための拡張性や改修の自由度、これを備えました戦闘機を開発していきたいと考えております。  

鈴木敦夫

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

続きまして、防衛質問に移ります。  航空自衛隊の主力戦闘機でありますF15戦闘機は、昭和五十七年、一九八二年の十二月に初めての飛行隊が編成され、以来、二百十三機がライセンス生産され、四十年近くたった現在でも二人乗りのDJタイプと合わせて約二百機が配備されて、日本の空を守る任務に就いております。  そこでお聞きします。  

中西哲

2020-03-03 第201回国会 参議院 予算委員会 第5号

       国土交通省総合        政策局長     蒲生 篤実君        国土交通省道路        局長       池田 豊人君        国土交通省海事        局長       大坪新一郎君        国土交通省航空        局長       和田 浩一君        観光庁長官    田端  浩君        海上保安庁長官  奥島 高弘君        防衛大臣官房

会議録情報

2020-03-03 第201回国会 参議院 予算委員会 第5号

しかしながら、なかなか厳しい現状ございますけれども、舞鶴の造船所において、自衛艦の艦船の建造だとか、そしてまたいろんな造船が維持できるように、是非とも、国土交通省、あるいはいわゆる防衛も考えてもらった方がいいんではないかと、このように思いますけれども、見解をお伺いしたいと思います。

二之湯智