運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
12493件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-26 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 5号

吉雄君                 礒崎 哲史君                 浜口  誠君                 竹内 真二君                 室井 邦彦君                 武田 良介君    事務局側        常任委員会専門        員        林  浩之君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○減災防災対策

None

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

本来であれば、我々国会議員も、与野党問わず結束し、現地の災害対応を始め、それぞれの地域防災減災対策の強化に取り組まなければなりません。それにもかかわらず、このタイミングで内閣不信任決議案を提出することは、全く理解に苦しみます。野党政治姿勢に対して、まず厳しく指摘させていただきたいと思います。  以下、三点にわたって、不信任決議案に対する反対の理由を申し述べます。  

佐藤英道

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

さらに、政府与党は、喫緊の課題である防災減災、国土強靱化のための緊急対策も、今後三年間で集中的に進めていくことは言うまでもありません。  人生百年時代を見据えた全世代社会保障改革も、国民の皆様とともに前へ進め、未来への責任を果たしていくことが私たちの使命であります。  翻って、野党の諸君はどうでしょうか。

萩生田光一

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

プライマリーバランスの黒字化を目標とする財政規律はしっかりと堅持しながら、防災減災や老朽化対策公共事業、あるいは所得連動型、返済猶予型の有利子奨学金の全面無利子化や、低家賃公営住宅建設、あるいは家賃補助など、財政を真に国民生活を向上させるために使うべきであったというふうに考えます。  

川内博史

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

○あきもと副大臣 どうしても繰り返し申し上げることになってしまいますけれども、今御指摘のことも踏まえまして、やはり地域の事情に応じたさまざまな課題を一つ一つ解決していくしかないという思いでございまして、そのために、地域原子力防災議会をしっかりと機能させていきながら、やはりこれは地域の事情に合わせて関係自治体と一緒になって検討を重ねていく、このことで避難計画をつくっていく。  

あきもと司

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

○世耕国務大臣 ですから、逆に、私は、原子力規制委員会が何も原子力防災に関係がないというふうに申し上げているわけでは、ではないですよ、関与はしていますよということを申し上げたわけであります。  原子力防災会議というのは、議長総理大臣でありますから、基本的に、政府責任において原子力防災体制というものはしっかり組むということだと思っています。

世耕弘成

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

         山下 貴司君    外務大臣         河野 太郎君    文部科学大臣       柴山 昌彦君    厚生労働大臣       根本  匠君    農林水産大臣       吉川 貴盛君    経済産業大臣    国務大臣    (原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)      世耕 弘成君    国土交通大臣       石井 啓一君    環境大臣    国務大臣    (原子力防災担当

None

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

先生は、政務官として主に行政監視等を御担当され、全国各地を精力的に視察し、地方行政評価事務所におけるテレワーク有効に使った働き方改革や、女性職員の目線を積極的に取り入れたオフィス改革などの推進に御尽力されるとともに、防災減災を通じた安心、安全社会づくりの重要性を訴えてこられました。  

秋野公造

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

指摘の内容を見ますと、農水省防災ネット事業における不適切管理や、総合防災情報システムの不十分な運用、高速道路における不適切な点検など、国民安全に関わる指摘も多くなされております。  国民から税金としてお預かりした資金を真に必要な事業に適切かつ有効に使っていくということは、予算執行の基本です。

相原久美子

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

1 政府内の情報共有目的とした内閣府の総合防災情報システムに関し、災害情報の多くを手動で登録する必要があるため、災害時の情報の登録や共有が限定的となっていたこと、また、農林水産省の国営造成土地改良施設防災情報ネットワークにおいて、データ転送装置等の管理の不備により、収集した情報が総合防災情報システムに転送されない状況が長期間放置されていたことは、遺憾である。    

石井みどり

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

御指摘の関西国際空港では、具体的には、護岸のかさ上げや電気設備の水密化、地上化等の防災対策を進めております。また、国土交通省としても、関西国際空港防災機能強化に関して、新関西国際空港株式会社に対する財政融資を活用した支援を行うなど、必要な対応を行ってまいりたいと考えております。  

蝦名邦晴

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

○中野委員 続いて、防災対策についてお伺いをいたします。  昨年、台風二十一号がございまして、皆様も御記憶に新しいかと思いますけれども、関西国際空港が閉鎖をされる、三千人が孤立をする、こういう状況がございました。これはタンカーが連絡橋に激突をしたというのが原因ではあるんですけれども、高潮で滑走路も冠水をいたしまして、機能が長期間にわたって麻痺する、こういう状況がございました。  

中野洋昌

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

我が党におきましても、防災減災、そしてまた復興を担う司令塔の創設に向けまして、しっかりと取り組んでまいりたいと思っております。  最後の一人が人間復興をなし遂げるまでというこの決意で私もこの八年数カ月取り組ませていただいてまいりました。これからもまたしっかりと頑張ってまいりますことをお誓い申し上げまして、本日の質問を終わらせていただきます。  ありがとうございました。

高木美智代

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

海岸防災林の復旧に当たりましては、学識経験者等による検討会の提言ですとか、あるいは実証試験の結果も踏まえまして、地下水位からの十分な高さを確保するための生育基盤盛土、先ほども申し上げましたけれども、これを造成した上で、地域の自然条件やニーズも考慮いたしまして、海岸に最も近い箇所では潮風等に耐性のある松類、潮風等の影響が少なくなる内陸側におきましては、公募した民間団体等とも連携をして、クロマツのほか、

織田央

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

国務大臣山本順三君) ただいまの災害復旧事業及び耐震補強工事において整備される施設安全確保についての審査措置要求決議につきましては、各府省庁等において対応しているところでありますが、御趣旨を踏まえ、防災減災、国土強靱化の取組を一層進めてまいります。  高齢運転者による交通事故の防止に向けた取組についての審査措置要求決議につきましては、御趣旨を踏まえ、今後とも適切に対処してまいります。  

山本順三

2019-06-06 第198回国会 参議院 国土交通委員会 17号

また、安全、安心の確保の観点から、防災減災、国土強靱化のための三か年緊急対策を含め、ハード、ソフトを総動員した防災減災対策を進めていくことが必要だと考えております。  加えて、高度経済成長期以降に整備した社会資本が今後一斉に老朽化する中、維持管理や更新を計画的に行っていくことも重要な課題であると考えております。  

牧野たかお

2019-06-06 第198回国会 参議院 国土交通委員会 17号

今後も、防災先進国である日本の知見を生かし、被災地の迅速な復興及び一層強靱な社会の形成に資する協力を継続してまいります。  海外で発生した災害への対応については、自然災害の多い我が国として、被災状況や被災国政府等の要請を踏まえつつ、今後とも国際協力を積極的に推進していく考えであります。  

桑原進

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

これまでも、地方公共団体におきましては、総職員数を抑制する中においても、例えば、児童相談所等の職員を始め防災対策に携わる職員土木建築技師等の職員は増加するなど、それぞれの行政需要の変化に対応し、必要な人員配置を行っていると承知をいたしております。  引き続き、各地方公共団体において、効率的で質の高い行政需要の実現に向け、適正な定員管理の推進に取り組むことが重要と考えています。  

石田真敏

2019-06-05 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 22号

これは、例えば内閣府総務省がおのおの広域防災拠点、内閣府がつくるのは防災センターですね、総務省もそうです。そこにおいて基準を設けてあって、例えば総務省だと、自立性のところに液状化、津波被害の危険がないと明示しているわけです。厚労省だってこれくらいのことができると思います。そういうことをはっきりさせないで、把握もしないで、移転を急いで、何が起こるかです。  

阿部知子

2019-06-04 第198回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 4号

このリモートセンシング衛星についても、防災の視点での利用ですとか、環境観測、農業利用など、その利活用の可能性はまだまだ多く眠っていると思います。こういった利活用がより一層進展するためにも、内閣府で平井大臣だけが、こういうのがあるよ、使え使えと言っても、やはりそこを利活用する関係省庁がしっかり予算を確保しなくては私はいけないというふうに思っております。  

青山大人

2019-06-04 第198回国会 参議院 国土交通委員会 16号

私は、建設省国土交通省で長年勤務をし、インフラ整備や災害対応、防災などに取り組んでまいりました。本日は、そうした経験を踏まえまして、建設業法、入契法の改正について質問をさせていただきたいと思います。  我が国では、昨年の大阪府北部地震西日本の豪雨災害台風二十一号や二十四号の災害北海道胆振東部地震を始め、近年、激甚な災害が頻発をいたしております。

足立敏之

2019-06-04 第198回国会 参議院 国土交通委員会 16号

もう御案内のとおり、建設業は、防災のためのインフラ整備のみならず、いざ災害が起きたときに真っ先に復旧に駆け付けてくださる大事な大事な産業であります。特に、地域建設業をしっかりと持続可能にしていく、この観点はこの法案の趣旨でもあるというふうに思いますが、国民の安心、安全を守る、この上でも大事な視点であるというふうに思います。

矢倉克夫

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

やはり、この防災の観点から考えますと、例えばこの死因究明センターのようなものも必要なんじゃないかなと。これはかなりハードルが高いかもしれませんけれども、そういった拠点というのも必要になってくるんではないかというふうに思います。是非また今後検討をいただけたらなというふうに思います。  

高木かおり

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

政府参考人(西山卓爾君) こちらの令和元年度の矯正施設環境整備等に係る経費の大幅増額の部分は、臨時特別措置として認められました防災減災、国土強靱化のための三か年緊急対策、これが平成三十年十二月の閣議決定でございます、この分の経費が含まれたことによるものでございます。  内容としましては、老朽化あるいは耐震のための対策というふうになっております。

西山卓爾

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

ただ、実際の運用に当たっては、実は各エネルギー政策についてそもそも分担がございまして、エネルギー政策については資源エネルギー庁経済産業省がしっかりこれからの安定供給も含めて議論しているところでありまして、その安全性については、これは当然のことながら原子力安全規制庁、規制委員会が対応する、その地域安全性の管理については、これは防災対策という形で環境大臣がしっかりまた対応しているところであります。

原田義昭

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

調整を行った提案につきまして、提案が実現するなど対応できるものの割合は千十一件、七割を超えておりまして、土地利用防災、子ども・子育て支援、高齢者障害者支援、雇用等各分野にわたって成果を上げてきております。  提案募集方式、地方側からも大変評価をいただいておりまして、今後とも、提案をいかに実現するかという基本姿勢に立ってこの方式を推進し、地方分権改革を着実に進めてまいりたいと考えております。

山野謙