運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
1736件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-14 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第4号

この使用済燃料の問題で今一番困っているのは関西電力なのではないかと思います。  今日は資料でお配りしている、裏面の新聞記事になりますが、むつ市の中間貯蔵施設というのは、東京電力日本原子力発電の一時的貯蔵施設のための共同利用とも言われています。共同利用としてスタートしているんですよ。

岸真紀子

2021-04-08 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

発電用原子炉運転期間延長については、これまでに関西電力高浜発電所号炉及び二号炉美浜発電所号炉並び日本原子力発電東海第二発電所の計四基に対して認可を行いました。  発電用原子炉廃止措置計画については、これまで計十四基に対して認可を行いました。このほか、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構高速増殖原型炉もんじゅ」を始め計七件に対しても、廃止措置計画認可を行いました。  

更田豊志

2021-04-06 第204回国会 参議院 経済産業委員会 第2号

資料の一を御覧いただきたいんですけれども、これ、十二月中旬以降、旧一電、あとJERAの売り入札量が減少した要因の一つに、関西電力そして中国電力一定期間グロスビディングを取りやめていたということもあります。  グロスビディングは旧一電の自主的な取組で、グループ内取引している電力一定量を市場に放出する仕組みです。

岩渕友

2021-04-02 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第5号

三月二十七日の大阪版産経新聞で、旧一般電気事業者である関西電力中期経営計画を策定し発表したとの記事がありました。脱炭素社会実現に向けて、五年間でCO2を半減するという目標だそうです。  投資計画は、五年間でエネルギー関連で一兆五千億円を投資し、うち再生可能エネルギーに約三割に当たる三千四百億円を充てるとしています。また、原発に関しては現行の七基体制を堅持するとのことです。  

美延映夫

2021-03-09 第204回国会 参議院 環境委員会 第1号

発電用原子炉運転期間延長については、これまでに関西電力高浜発電所号炉及び二号炉美浜発電所号炉並び日本原子力発電東海第二発電所の計四基に対して認可を行いました。  発電用原子炉廃止措置計画については、これまで計十四基に対して認可を行いました。このほか、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構高速増殖原型炉もんじゅ」を始め計五件に対しても、廃止措置計画認可を行いました。  

更田豊志

2021-03-05 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

一昨年、福井高浜町の元助役が、関西電力役職員に長年にわたり多額の金品を贈っていた、原発マネー還流疑惑が明らかになりました。政府が進めてきた原発稼働原発推進策と一体に原発マネーが還流する。こんな原発立地自治体にゆがみをもたらすようなやり方をこれ以上続けるべきではありません。  野党共同原発ゼロ基本法案を衆議院に提出して三年がたちました。

笠井亮

2021-03-05 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

岸本委員 そうしますと、例えば福島原子力発電所の事故では、原発から四十キロ以上離れた地域まで計画的避難区域の範囲が広まったわけですけれども、例えば関西電力高浜発電所、これは福井県ですが、隣の舞鶴市、すごい近いですよね、物すごく近い。だけれども、京都府はこれは申請していないですよね。舞鶴市だって審議すれば入る蓋然性はあると考えていいんでしょうか。

岸本周平

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第2号

梶山国務大臣 二〇三〇年のエネルギーミックス実現に向けて、関西電力美浜発電所三号機、高浜発電所一、二号機などの四十年超運転も含めて、安全最優先で地元理解を得ながら再稼働を進めていくことが不可欠であると考えております。  そのため、政府としては、原子力発電重要性必要性について丁寧に説明を尽くすなど、地元の御理解を得られるよう、引き続き取り組んでまいりたいと思っております。  

梶山弘志

2021-02-26 第204回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第2号

その前提で申し上げますと、日本原燃によれば、初めて海外から受け入れましたガラス固化体というのは、一九九五年四月二十六日に受け入れております東京電力関西電力、四国電力九州電力の計二十八本分がございます。これらのガラス固化体が、受け入れた日から最初に三十年が経過するガラス固化体になるというふうに承知しているところでございます。

松山泰浩

2021-02-25 第204回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

今、政府としての今後のエネルギー政策方針についてお伺いをいたしましたが、他方で、私の選挙区には舞鶴市という港町がございまして、そこには関西電力石炭火力発電所がございます。そのため、舞鶴港の貨物はその大宗を石炭が占めておりまして、また、火力発電所に関連して多くの雇用が生み出されているところであります。  

本田太郎

2021-02-17 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第2号

この間、関西電力四国電力九州電力では審査が先行しておりますけれども、伊方原発三号機は差止めが命じられ、大飯原発三、四号機は先ほどありましたように設置許可取消しという判決が出されました。規制委員会安全審査は司法によって何度も否定されております。ですから、合格させてはならないものを無理に合格させようとするのが問題だと思うんですね。  

山添拓

2021-02-17 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第2号

まず最初に、福井県にある関西電力大飯三号機、四号機の設置許可取消し判決についてお伺いしたいと思います。  昨年の十二月四日、大阪地裁が、福井県にある関西電力大飯発電所三号機、四号機の地震動評価、これを認めた規制委員会審査の過程に看過し難い誤りが、欠陥があるとして、原子炉設置許可取消しを命じる判決を出しました。

田村まみ

2021-02-17 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第2号

先週十二日金曜日に、関西電力森本社長及び私から福井杉本知事に対しまして、使用済燃料福井県外での貯蔵に向けた取組の状況を報告いたしました。その際、関西電力社長からは、使用済燃料県外搬出に向けて、ほかの地点も含めてあらゆる可能性を追求し、二〇二三年末までに地点を確定するべく不退転の覚悟で取り組むとの決意の表明があったところでございます。  

保坂伸

2021-02-10 第204回国会 衆議院 予算委員会 第8号

関西電力原発の問題も一緒。本当の意味での独立性のある第三者委員会をつくって検証してください。  平井卓也さん、いらっしゃいますよね。これは平井さんは余り関係ないからあれなんだけれども。これはある意味他山の石として、この失敗を糧にして、これからデジタルを頑張っていただかなきゃいけないですよ、本当に。日本の弱点、ここにもあったということになっちゃうから。  

田嶋要

2020-12-03 第203回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第2号

関西電力福井県に対して、使用済み核燃料は、県外中間貯蔵施設を設けて、県外に搬出しますということを約束をしております。これは、一九九六年、栗田知事のころからの、二十年超の課題なんですけれども、いまだに示せておりません。年内というと、あと四週間しかないんですね。本当にこの四週間のうちに示せるのかどうか、これは私はまず聞かなければいけないと思います。  

斉木武志

2020-12-03 第203回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第2号

斉木委員 伝熱管減肉が実際に、高浜一、二の今お願いを関西電力及び資源エネルギー庁福井県に対してしているわけです、再稼働の。その高浜三、四で伝熱管が薄くなっていた、これは私は起きてはいけないことだと思っております。  どうも、聞くと、二次系の中に異物が入っていて、二次系の異物がかんかんかんかん、一次系の合金管の外側にどんどん振動で当たっていて傷が入ったり減肉をしていたようだと。

斉木武志

2020-12-03 第203回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第2号

○江島副大臣 御指摘の点もごもっともでもありますが、しかし、この中間貯蔵施設の選定に関しましては、県の意向を踏まえて、まずは関西電力自身による調整をしっかりと進めてもらうことが重要だというのが経産省の認識であります。その上で、国としては、関西電力の求めに応じて具体的なサポートを行っていきたいと考えています。  

江島潔

2020-06-16 第201回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

○牧原副大臣 先生が御指摘の訴訟、これが起きたばかりであるということは我々も報道では承知をしておりますけれども、今後、その結果としてどういう金銭を得るか、あるいは得たかというのはまだ仮定の話でございますし、また、関西電力自身がさまざまなステークホルダーとの関係を踏まえて判断をするというふうに考えておりますので、政府として私の方からコメントすることは、済みません、差し控えさせていただきたいと思います。

牧原秀樹

2020-06-16 第201回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

斉木委員 この関西電力をめぐっては、きのう大きな動きがございました。  臨時監査役会が昨日開催をされまして、岩根社長や八木元会長を始めとした金品受領問題にかかわった旧経営陣を提訴するということを監査役会で決定をし、きょうあすじゅうの提訴を目指しているということは、もう既に全国紙報道でも各社報道しているところでございます。  

斉木武志

2020-06-04 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第12号

しかしながら、先ほど御指摘がありました競争圧力の存在ということでございますが、ちょっと具体的に申し上げますと、まず一点、有力で独立した新電力、具体的には、低圧におけるシェアが五%以上で、大手電力資本関係を有していない事業者が、東京電力エリア及び関西電力エリアでは一者のみ、他のエリアでは一者も存在しなかったこと。

佐藤悦緒

2020-06-03 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第7号

ただ、ここの大戸川ダム治水容量を、すぐ近くにある喜撰山ダムという関西電力利水ダムです、この喜撰山ダムで活用したら大戸川ダム必要性は少なくなるんではないかと。これは、大阪府の知事京都府の知事、滋賀県、三知事が要望したんですけど、結果的には門前払いでした。できなかったんです。そういうふうに、それは当然なんですけれども、関西電力さんの了解が得られないといけない、利水用の。

嘉田由紀子

2020-06-03 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第7号

指摘ダム事前放流でございますけれども、御指摘喜撰山ダム関西電力が管理をしておりますが、今回、一連の利水ダム治水活用取組の流れの中で、近畿地方整備局利水者の協議を行いまして、今回、事前放流によりまして洪水調節に利用可能となります最大容量は四百九十七万立方メートルというふうになっているところでございます。

塩見英之

2020-05-29 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第14号

それで、じゃ、実際に今その卒FIT電源がどうなっているかというのをお聞きしたいんですが、今お話ししたようなパターンの中で、今までどおり、例えば、東京電力あるいは関西電力でもいいんですが、一般電気事業者にそのまま販売をしているという人と、新しい、新電力に切りかえて販売をしているという例がどのぐらいの割合なのか。

山崎誠

2020-05-27 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第13号

私、やはり、関西電力や中部電力、北陸電力という、敦賀三、四号機が新増設されたら買う予定事業者にもいろいろ話を聞いていると、いやいや、とても、三、四号機で三百万キロワットもつくっていただいても、余っているから買えないんですよと。これが正直なところだと思うんですね。やはりコスト意識のない電力政策というのはないと思うんですよ。自己目的化しちゃうじゃないですか、新増設自体が。余っているのにつくる。

斉木武志

2020-05-27 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第13号

梶山国務大臣 関西電力敦賀三号、四号の予定地中間貯蔵施設として活用する計画を有していることは、政府として承知をしておりません。このため、仮定の御質問にはちょっとお答えすることは差し控えたいと思います。  一般論として申し上げれば、使用済み燃料については、中間貯蔵されているもの、また今後貯蔵されるものも含めて、再処理することが我が国の基本的な方針であります。

梶山弘志

2020-05-27 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第13号

直近一年間ぐらい関西電力に貸したんですよ。これは何かといいますと、美浜三号機、これから運転再開を目指している美浜三号機の安全対策工事資材置場敦賀半島は山がちで、敷地が限られていますので。ですので、平場を切り開いたんだったらそこは関電が使わせてほしいと言って、賃貸契約を結んで、美浜三号機の安全資材置場にしました。  

斉木武志

2020-05-27 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第5号

関西電力高浜大飯美浜の三原発火山灰対策について伺います。  想定を超える火山灰が降りますと、非常用発電機吸気フィルター目詰まりを起こすなど、深刻な事態が生じます。施設の設計上重要な問題かと思います。  規制委員会は、二〇一八年十一月、鳥取県の大山の八万年前の噴火規模が従来の評価の十倍という知見を踏まえて、三つの原発火山灰が堆積する厚さの再評価を求めることとしました。

山添拓

2020-05-27 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第5号

これまでの審査では、まず、原子力規制委員会が指示したDNPの噴出規模が十一立方キロメートルと見込まれることを前提に、関西電力が行った火山灰シミュレーション結果の妥当性について審議したところであります。  現在、このシミュレーション結果及び越畑地点での最大層厚二十五センチという現地調査結果に基づき、関西電力が示した各発電所における最大層厚妥当性について審査をしているところでございます。

更田豊志