運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
20451件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-01 第199回国会 参議院 憲法審査会 1号

本審査会幹事会の申合せにより、会長が野党第一会派の幹事の中から会長代理を指名することとなっております。  会長といたしましては、会長代理に白眞勲君を指名いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十一時三十四分散会

岡田広

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

一方、今日の野党の皆さんは、かつての反省もどこへやら、将来に責任を持つことなく、目先のことばかり。すなわち、ただいたずらに年金制度の不安をあおり、責任ある対案もあるわけではない。国会審議の外の野党ヒアリングで政府職員を厳しく責め立て、質問通告で深夜まで政府職員を拘束するなど、その姿勢はいかがなものでしょうか。  

佐藤英道

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

ただいま、趣旨説明の中で、野党第一党は自衛隊を合憲と認めていると、大変心強い発言がありました。ならば、憲法学者の皆さんに、しっかりとそのことを一緒になって説明をしたらいかがでしょうか。ついでの議論をするのではなくて、ぜひ憲法審査会の場で大いに議論をしていただいたらいかがかと思います。  まさに、二十年前から時計がとまっているのはあなた方野党じゃないですか。  

萩生田光一

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

歴代の法制局長官と違うと言っても聞く耳を持たない上に、野党議員の質問に際してもやゆした発言をするというとんでもない暴挙までしでかす。自民党の伊吹元衆議院議長も、姿勢や態度を批判するなんてことはあり得ない、少し思い上がっているのではないかと批判しているのであります。  まさに、みんなで寄ってたかって、わっしょいわっしょい、そんたくそんたくしてしまう。

白眞勲

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

この間、野党四党一会派の党首は、市民連合との間で共通政策を合意しました。そこには、安保法制や共謀罪など立憲主義に反する諸法律を廃止する、憲法九条改定に反対する、辺野古新基地建設を中止し普天間基地の撤去を進める、再稼働を認めず原発ゼロを目指す、そして、十月に予定されている消費税率引上げを中止し税制の公平化を図るなど、十三項目の政策が明記されております。

山下芳生

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

私は、自民・公明を代表して、野党から提出された安倍内閣総理大臣問責決議案に対して、断固反対、断固反対の立場から討論を行います。  もう何度この光景を目にしたでしょうか。野党の皆さん、はっきり言って、もううんざりです。野党の皆さん、国民にとって大切な大切な年金を政争の具にしないでいただきたい。お一人お一人の高齢者の皆様の生活への切実な不安をあおらないでいただきたい。猛省を促します。  

三原じゅん子

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

私たち野党五会派は、ことし十月に消費税を八%から一〇%に増税することには反対をし、消費税を八%のままで凍結すべきであると主張しています。  税の仕組みを複雑にするだけで効果の見込めない軽減税率、中小・小規模事業者に過重な負担をさせ、低所得者には大変利用しづらいポイント還元、格差を拡大するおそれのある幼児教育の無償化など、消費税増税には重大な問題が数多くございます。  

川内博史

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

にもかかわらず、その大臣の不信任決議を求めること自体、単なる野党のパフォーマンスと言わざるを得ません。  財務大臣として、これまで、機動的な財政政策を始めとした三本の矢により、名目GDPは過去最高水準となり、有効求人倍率は二年にわたり四十七全ての都道府県で一倍を超え、高水準の賃上げも続いております。  

土井亨

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

野党の諸君は、財務省における決裁文書の改ざんなどにも触れていますが、麻生財務大臣は、決裁を経た公文書の改ざんはあってはならないことであり、国民の皆様の信頼を揺るがす事態となってしまったことに対し大きな責任を痛感した上で、文書管理の実務を根底から立て直すべく、財務省における行政文書の作成、管理の適正化に率先して当たっています。

三木亨

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

私ども野党の全会派の委員は、四月十二日に金子委員長に対し予算委員会開会の要求を行っています。その後六回開会された予算委員会理事懇談会で開会を促しているにもかかわらず、金子委員長は参議院規則を無視して、予算委員会開会の要求に応じていません。  国会の運営は、法の支配という原理に従い、規則を遵守し、その中で議論を深めて熟議を行うものです。

藤巻健史

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

野党諸君は、今回、参議院規則第三十八条第二項の規定を引用した上で解任決議案を提出されているようですが、金子予算委員長は、これまで徹頭徹尾、議会制民主主義の本旨にのっとり、公正な委員会の運営に努めてきたことは周知の事実です。野党の開会要求をしっかりと受け止め、与野党の理事の間に立って、公平中立な立場で双方の意見に耳を傾けておられました。

高橋克法

2019-06-19 第198回国会 参議院 本会議 27号

野党は予算委員会の開催を何度も繰り返し求めてきましたが、与党は審議拒否を続け、説明責任を放棄してきました。争点を隠蔽すれば選挙に勝てる、選挙に勝てばまた好き勝手にやればいいと言わんばかりの態度です。国民の皆様には、おごれる安倍政権に対し、来る参議院選で厳しい審判を下していただきたいと思います。  またしても幼い命が犠牲になりました。

木戸口英司

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

討議に当たりましては、申合せに従い、野党党首及び内閣総理大臣は、決められた時間を厳守し、簡潔に発言を行うようお願いを申し上げます。  また、委員及び傍聴議員各位におかれましても、不規則発言等、議事の妨げとなるような言動は厳に慎まれるよう、御協力をお願いをいたします。  発言の申出がありますので、順次これを許します。枝野幸男君。(拍手)

佐藤勉

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

○片山虎之助君 それから、もう時間がありませんから申し上げますが、年金について、野党も批判するだけじゃだめなんですよ。具体の提案をしないと。具体の提案、論議をしないと、それはだめなんですよ。我々は検討していますから。みんなで議論すべきだ、こういうふうに思います。  それを申し上げて、終わります。

片山虎之助

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

再三野党が法務委員会との連合審査を要求するが実現せず。二〇〇二年の法案審議の段階では、基本が法務委員会、関連する学校教育法改正の質疑は文教科学委員会、そしてほかに法務、文教の連合審査と横断的にしっかりやってきたのに、法務委員会で、文教委員会が止まっていた先月三十日、法曹養成に関する一般質疑、四時間ほどですけれどもやったそうです。それでカバーできる話では決してないと思うんですね。  

山本太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

今朝の報道で、月に五万円の赤字となり、三十年で二千万円が必要とする試算の根拠は厚生労働省が示した資料だったことが分かった、昨日の野党ヒアリングでは、厚労省がよく使っている資料だ、総務省の家計調査でオープンになっており、よく知られている収支の差だと厚生労働省年金局吉田一生企業年金・個人年金課長がおっしゃったということなんですが、これはそのとおりでよろしいですか。

渡辺喜美

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

その国民の不安を解消するためにも、会期残っているんですから、しっかり正面から議論をする、それは与党も野党も政府も挙げて国民の不安に応えるべきだということを強く申し上げて、質問に入ります。  児童虐待の通告、笑わぬと聞いておいてくださいね、通告、相談件数が今増加し続けているという中で、二十四時間三百六十五日の対応に追われる児童相談所というのは本当に疲弊していると議論でも取り上げました。  

倉林明子

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

金曜日に野党で合同で現地視察もしております。報告聞きますと、住民懇談会で地元住民から、十六の町内会が反対で一致をした、このままでは住む人がいなくなる、有事に攻撃対象になる、周辺に多くの学校がある、兵器が子供たちのすぐそばに置かれると、様々な声が上がっております。ところが、これだけ声上がっているのに、距離は問題ないと、こうなっているわけですね。  先ほど、電波の影響の話も午前中ありました。

井上哲士

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

この表では、午前中も議論になりましたけれども、新屋については津波の影響はないということになっておりますけれども、金曜の野党合同ヒアリングでも、先ほどの答弁でも、かさ上げの造成が必要だということを言われました。他のところよりは造成が簡便だというお話でありますけれども、影響がある、造成が必要だということなんですよ。なぜこれをここに書かなかったんですか。

井上哲士

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

ハラスメント行為の禁止が明記されていない、罰則もない、被害者、加害者の範囲も不十分、これは野党が指摘したとおりなんです。  このままでは批准できないんじゃないかと思うんですけれども、政府は条約の議論にどういうスタンスで臨むんでしょうか。

重徳和彦

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

金曜日、私たち野党国会議員六名で視察をさせていただきましたが、中には入れていただけませんでした。大臣はきのう行かれたそうです。  あの配備地の、ずっとこの委員会でも指摘されている住宅地の近さ、どういうふうに認識されましたか。

本多平直

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

○佐藤(茂)委員 この後、多分、野党の皆さんも御質問されると思うんですが、まずやはり、非常に信頼がもう壊れているところからもう一度御説明をされないといけないというその自覚に立って、しっかりとした信頼回復にまずはやはり努めるということを最優先に行っていただきたい、そのように考えるところでございます。  

佐藤茂樹

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 30号

その意味では、自民党と公明党が選挙制度に関する見方について完全に一致しているというわけではありませんし、当然、それは与野党を超えた超党派で、与党も野党も関係なく、今後協議をしていくべきものであると思っておりまして、その点では、私が申し上げておることと公明党さんがおっしゃったこととは、少し見方の角度は違うかもしれませんけれども、矛盾しているとは思いません。

岡田直樹

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 30号

六増、参議院で定数をふやしたことに伴い、こういう対応をされたというふうに認識をさせていただいておりますけれども、議員の身分、歳費にかかわる話でありますから、参議院での審議の過程、経過を見る限り、やはり、与党案があって野党案があって、採決をして与党の数の力で成立をさせて、こうして衆議院に論戦の場を移しているというこの状態、このこと自体がまずいかがなものかなというふうに思います。  

手塚仁雄

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

我々も野党時代に、野田元総理がきょういらっしゃいますが、そこに聞いているわけじゃないんですが、いろいろ、大丈夫ですかと、年金は破綻しているんじゃないかという批判が過去いっぱいあったものですから、そのときにお聞きしたときには、野田当時の総理は、年金制度が将来破綻することはない、こういうふうに言い切っておられるわけであります。  

竹内譲

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

今申し上げたような、私は、デジタルエコノミーに伴うさまざまな消費者保護の問題というのは、幾つかある、おかげさまで今国会で食ロスの削減法案も野党の皆さん方にも御協力をいただいて成立をさせていただきましたけれども、この食ロスとか、あるいは今申し上げましたデジタルプラットフォーマーの問題、あるいは高齢化に伴う消費者被害の問題、これはやはり高齢化が進む我が国にある知見というのは非常に大きいものがあると思います

小倉將信

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

重ねて、野党として求めておりますけれども、年金問題についての集中審議、私からも求めておきたいと思います。  そこで、法案です。  一九八九年採択されました子どもの権利条約、これが日本で効力が発生してから二十五年ということになります。いよいよ体罰禁止の法定化に踏み出すということになったということで、この点では一歩前進だというふうに受け止めております。  

倉林明子

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

そして、その財政検証のお話ですが、野党の合同ヒアリングにおいて事務方から、現在作業中であり、必要な検証作業が終わり次第公表することを予定していると説明したと聞いています。  そして、今、データの話がありました。

根本匠

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

吉田課長は野党合同ヒアリングに出てきているんですよ。要求したけれども、局長でやってほしいということで局長に来ていただきました。端的に答えてください。私の質問に答えていないですよ。  私の質問は、役割が増す私的年金として、そして、配付しておりますが、スライドの自動調整と所得代替率。マクロ経済スライドというのは分かりますよ。しかし、所得代替率がどんどん下がっていく。

福島みずほ

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

この議員立法、まさしく牧原委員長が議連の中心者の一人としてリードしていらっしゃったものですし、我が党の古屋代表もその議連の中で大変大きな役割を担っていらっしゃいましたけれども、ここにいらっしゃる野党の先生方も始め、本当に議員全員で臨んで成立をさせた改正だというふうに理解をしております。  

岡本三成