運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
114件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2008-11-28 第170回国会 衆議院 本会議 13号

本来であれば、政治が今こそ機敏に反応し、経済雇用危機に先手を打っていかなければならないときに、解散・総選挙を決断しなかった、ストップモーションがかかってしまった麻生内閣に対して、憲政の常道を踏襲して野党選挙管理内閣をゆだねることを強く求めます。  また三回目の総裁選挙国民世論が許さないことを指摘して、会期延長に反対の討論といたします。(拍手)

保坂展人

2008-10-28 第170回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

選挙管理内閣だから真剣な議論が繰り広げられないのかと正直思いました。  この国の国際貢献については、国民は徹底的な議論を望んでいる、そう思います。総理におかれましては、一刻も早く国民の信を問い、その国民によって選ばれた議員による徹底した議論をするべきであると冒頭に申し上げます。  では、早速ですがパネル一を御覧ください。(資料提示)これは、労働力調査から抜粋したデータでございます。

牧山ひろえ

2008-10-28 第170回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

○牧山ひろえ君 私は、もうこの選挙管理内閣は終わりにして、そろそろ国民の信を問うべきだと思います。やはり委員会は徹底審議を繰り広げる場だと思います。論戦内閣として徹底的な議論を行えないのであれば、一刻も早く国民審判を受けてみるべきだと思います。海の向こうでは、経済対策大統領選を両立させているんです。

牧山ひろえ

2008-10-07 第170回国会 衆議院 予算委員会 4号

しかし、麻生総理、ちょっと恐縮ですけれども、麻生総理の今のこの内閣の位置づけというのは、仮免内閣とか選挙管理内閣と言う方もいますけれども、基本的に国民の信を得ていない、そういう内閣ですね。安倍内閣や福田内閣が弱かったのも、やはり選挙を通じて選ばれた総理じゃなかったということだと思うんです。

岡田克也

2005-07-26 第162回国会 衆議院 本会議 36号

(拍手)そのときには、民主党選挙管理内閣を結成し、早期解散をして国民に信を問い、安定政権をつくります。  ところが、残念なことに、あなたには憲政の常道は通用しません。ならば、お望みどおり解散をなさってください。我々は堂々と受けて立ちます。(拍手)いや、もともと我々は早期解散を求めてきたのですから、千載一遇のチャンスをいただいたと受けとめます。

鳩山由紀夫

2004-02-27 第159回国会 衆議院 外務委員会 2号

おっしゃるように、選挙の後どのような暫定政権というか選挙管理内閣というかそれをつくっていくかというのが、二つの最大の課題のうちの一つというふうに申し上げていいと思います。  それで、いろいろなその可能性についてお話をさせていただきました。

川口順子

2000-04-10 第147回国会 衆議院 本会議 22号

最後に、森内閣選挙管理内閣であるとの報道が目立ちます。総理としては恐らく不本意な記事ではないかと思いますが、そのような報道を吹き払う言葉があれば、お聞きをしたいと思います。  衆議院議員の任期は十月十九日までであり、任期は残り少なくなりましたが、政治の重要性は、その長さではなく質が問われるのであります。

坂口力

2000-04-10 第147回国会 衆議院 本会議 22号

最後に、この内閣選挙管理内閣であるとの報道についての御指摘がございました。  私は、この内閣選挙管理内閣とは考えておりません。小渕前総理が突然の病に倒れ、その後を受けて政権を担うことになった私としては、小渕前総理が全力を挙げて取り組んでこられた経済新生を実現することが重大な責務であると考えております。  

森喜朗

1999-01-26 第145回国会 衆議院 予算委員会 3号

それは、その当時の国民の考え方というのが、少なくとも政策的にも非常に壁にぶつかっている、そういう局面の中で、一刻も早く国民の民意を反映する形での政権ができるということを、一刻も早くあった方がいいのではないか、そういう意味において、選挙管理内閣的な意味における菅首班ということを我々は主張したわけであります。

野田毅

1998-08-12 第143回国会 参議院 本会議 4号

したがって、小渕内閣は、憲政の常道に従い、総辞職し野党に政権を譲るか、それとも選挙管理内閣に徹し、一日も早く解散・総選挙を断行し、民意を受けた正統な政権に道を譲るべきであります。それこそがまさに政治に対する国民の信頼を確保し、危機から日本を救う道であると考えます。総理の決断を促すものであります。見解を求めます。  

扇千景

1998-08-11 第143回国会 衆議院 本会議 5号

以上の観点から、小渕新内閣は、選挙管理内閣に徹し、一日も早く解散・総選挙を断行すべきであります。経済状況の深刻さから政治的空白は避けるべきだとの意見がありますが、選挙の洗礼も受けず、大胆な改革を行う意思もない政権の継続こそ政治の空白そのものであることを肝に銘ずべきであります。(拍手)  今日、我が国は歴史的変革期に見舞われております。

小沢一郎

1998-02-19 第142回国会 衆議院 本会議 14号

橋本総理退陣後、選挙管理内閣をつくって、国民に信を問うべく総選挙を実施すべきであります。  国民に信頼され、世界から信頼される政党政治、品格ある国家統治能力にすぐれた政治、大いなる国民の士気に満ちあふれた日本を実現するために全力を尽くして邁進する決意を述べ、私の質問を終わります。(拍手)     〔内閣総理大臣橋本龍太郎君登壇〕

中野寛成

1993-10-29 第128回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 12号

○山花国務大臣 私は社会党出身の閣僚でございますけれども、社会党は割合言葉遣いがやかましい議論のあるところでして、暫定政権論ということにつきましては、長年選挙管理内閣について暫定政権と、こういういわば定義づけというようなものを行ってまいりました。過去幾つかの時代に選挙管理内閣をつくろう、こういう少数野党の立場から主張した時期がございました。

山花貞夫

1993-10-21 第128回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 6号

暫定政権か本格政権かということも含めてお聞きをいただいたと思いますが、すべての政権に言えることだと思いますが、これだけ政治に対する内外の課題が多くて責任が重いときに、暫定というのはどういうニュアンスで使われるのかわかりませんが、しばらくという、期間が短いというニュアンスもあるし、つなぎといいますか、そんな意味もにじんでおりますが、本当にごく短期間ならそういう政権は存在し得るかもしれません、選挙管理内閣

武村正義

1992-11-06 第125回国会 参議院 本会議 3号

そして、選挙管理内閣のもとで衆議院解散国民政治改革のあり方を問うべきであります。  次に、政治改革の具体的な点について伺います。  宮澤総理は、リクルート事件とのかかわりについて、私の不行き届きから皆様に御迷惑をおかけいたしましたと反省の弁を述べられました。それでは、今日の佐川事件とそれに引き続く政治的空白について、総理はどう責任を感じておられますか。  

笹野貞子

1992-04-14 第123回国会 参議院 外務委員会 4号

総理の専権事項ですから解散することも自由ですけれども、その先に内閣総辞職、こういうことがあって、そうなると今度は選挙に打って出れば選挙管理内閣と、これが憲政の常道であるのかなと、こういうふうに思うのです。やっぱり国民に信を問う一歩前には内閣責任というものが問われなきゃならない、これは当たり前でしょうね、こんなことは。

黒柳明