運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
32264件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 5号

第百九十八回国会古本伸一郎君外二名提出、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案 並びに  財政に関する件  税制に関する件  関税に関する件  外国為替に関する件  国有財産に関する件  たばこ事業及び塩事業に関する件  印刷事業に関する件  造幣事業に関する件  金融に関する件  証券取引に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと

田中良生

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 6号

第百九十六回国会鷲尾英一郎君外九名提出、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案 並びに  国土交通行政基本施策に関する件  国土計画土地及び水資源に関する件  都市計画建築及び地域整備に関する件  河川道路港湾及び住宅に関する件  陸運、海運航空及び観光に関する件  北海道開発に関する件  気象及び海上保安に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、

土井亨

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

法律案西村智奈美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第一五号)   四、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三五号)   五、裁判所司法行政に関する件   六、法務行政及び検察行政に関する件   七、国内治安に関する件   八、人権擁護に関する件  外務委員会   一、国際情勢に関する件  財務金融委員会   一、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

法律案西村智奈美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第一五号)   四、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三五号)   五、裁判所司法行政に関する件   六、法務行政及び検察行政に関する件   七、国内治安に関する件   八、人権擁護に関する件  外務委員会   一、国際情勢に関する件  財務金融委員会   一、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第6号

第百九十六回国会鷲尾英一郎君外九名提出、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案 並びに  国土交通行政基本施策に関する件  国土計画土地及び水資源に関する件  都市計画建築及び地域整備に関する件  河川道路港湾及び住宅に関する件  陸運、海運航空及び観光に関する件  北海道開発に関する件  気象及び海上保安に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、

土井亨

2019-12-09 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号

第百九十八回国会古本伸一郎君外二名提出、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案 並びに  財政に関する件  税制に関する件  関税に関する件  外国為替に関する件  国有財産に関する件  たばこ事業及び塩事業に関する件  印刷事業に関する件  造幣事業に関する件  金融に関する件  証券取引に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと

田中良生

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

これは、いわゆる被災地の状況とか現状とか避難所の状況だとか道路寸断状況という公的情報だけじゃなくて、民間の情報電力とかガスとか、また流通関係ですね、ガソリンスタンドだとか、そういうものも集められて対応できると。  本年度から、災害情報集約支援チーム、ISUTでの運用が始まりました。台風十九号で実は活用されたんですよ。

浜田昌良

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

事業者が、斜度三十度まではないが急斜面を森林伐採して、保水力を失った斜面の土砂が下の道路に崩れ落ちたものです。台風が来る前にも一メートルを超える巨大岩石が崩落していました。ここは土砂災害防止法の定める土砂災害警戒区域に挟まれた地域でもあります。住民の皆さんは、土砂や岩石が崩壊した道路は通学路だ、一歩間違えばと、何でこんなところにメガソーラーを造るのかと話しておられました。  

伊藤岳

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

二〇一八年末から、在沖米軍人軍属及びその家族らによる、道路運送法上の営業許可のない自家用車、いわゆるYナンバー車による白タク行為沖縄県内各地で横行し、大きな社会問題になっています。米軍人らによるYナンバー車を使った白タク行為は、明確な国内関係諸法令の違反であり、同時に、県内のタクシー業界の経営基盤を脅かす悪質な行為であります。  国交省に尋ねます。  

照屋寛徳

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○福田政府参考人 米軍の構成員若しくは軍属又はそれらの家族の私有車両、いわゆるYナンバー車両につきまして、平成十六年七月二十日の日米合同委員会合意に基づきまして、車庫が米軍施設・区域の外にある場合には、道路運送車両法に基づく登録を行うに際しまして車庫証明を取得するとされたところでございます。  

福田守雄

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

御指摘の事案は、平成二十九年六月三十日に沖縄県警から那覇地方検察庁送致を受けた中国人二名についての道路運送法違反事件であると思われますが、この二名のうちの一名につきましては、那覇区検察庁におきまして那覇簡易裁判所に略式命令請求をいたしまして、同裁判所におきまして罰金五十万円に処せられたものと承知をしております。  

保坂和人

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

二〇一八年末から、在沖米軍人軍属及びその家族らによる、道路運送法上の営業許可のない自家用車、いわゆるYナンバー車による白タク行為沖縄県内各地で横行し、大きな社会問題になっています。米軍人らによるYナンバー車を使った白タク行為は、明確な国内関係諸法令の違反であり、同時に、県内のタクシー業界の経営基盤を脅かす悪質な行為であります。  国交省に尋ねます。  

照屋寛徳

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○福田政府参考人 米軍の構成員若しくは軍属又はそれらの家族の私有車両、いわゆるYナンバー車両につきまして、平成十六年七月二十日の日米合同委員会合意に基づきまして、車庫が米軍施設・区域の外にある場合には、道路運送車両法に基づく登録を行うに際しまして車庫証明を取得するとされたところでございます。  

福田守雄

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

御指摘の事案は、平成二十九年六月三十日に沖縄県警から那覇地方検察庁送致を受けた中国人二名についての道路運送法違反事件であると思われますが、この二名のうちの一名につきましては、那覇区検察庁におきまして那覇簡易裁判所に略式命令請求をいたしまして、同裁判所におきまして罰金五十万円に処せられたものと承知をしております。  

保坂和人

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

これは、いわゆる被災地の状況とか現状とか避難所の状況だとか道路寸断状況という公的情報だけじゃなくて、民間の情報電力とかガスとか、また流通関係ですね、ガソリンスタンドだとか、そういうものも集められて対応できると。  本年度から、災害情報集約支援チーム、ISUTでの運用が始まりました。台風十九号で実は活用されたんですよ。

浜田昌良

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

事業者が、斜度三十度まではないが急斜面を森林伐採して、保水力を失った斜面の土砂が下の道路に崩れ落ちたものです。台風が来る前にも一メートルを超える巨大岩石が崩落していました。ここは土砂災害防止法の定める土砂災害警戒区域に挟まれた地域でもあります。住民の皆さんは、土砂や岩石が崩壊した道路は通学路だ、一歩間違えばと、何でこんなところにメガソーラーを造るのかと話しておられました。  

伊藤岳

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

また、災害対策基本法に基づく指定公共機関である高速道路会社、またJR東日本等におきましては、災害ボランティア車両に対する高速道路料金の無料措置や新幹線料金の割引などの支援がされているというふうに承知をいたしております。  こうした様々な取組も踏まえながら、今後もボランティア活動のより良い環境整備に向けた支援を検討してまいりたい、このように考えております。

武田良太

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

具体的には、道路などの公共土木施設、あとは農地、そして海岸、生まれの鹿行でありますところも、かなりごみ、流木等も含めてかなりごみがたまっているということでありました。そういったごみ処理に対して地元からの要望を強く求められているところでございますが、やっぱり事業者負担が大きくなり過ぎるということになってもいけないと。  

小沼巧

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

政府参考人(五道仁実君) 道路についてお答え申し上げさせていただきたいと思います。  自治体が管理する道路に土砂等が堆積し、交通に著しい妨げとなっている場合には、災害復旧事業を活用して撤去ができるということになってございます。当該事業の国庫負担率は、通常三分の二ということでございます。

五道仁実

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

県民の生活を支えるとともに、急増する観光客に対応するためには、空港港湾道路等の社会資本整備を一層推進することが重要です。  重要な拠点空港である那覇空港については、来年三月末の供用開始に向け、滑走路増設事業を着実に推進するとともに、引き続き、観光客等の受入れ環境整備に取り組んでまいります。  また、近年、沖縄への大型クルーズ船の寄港が急増しています。

衛藤晟一

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

また、災害対策基本法に基づく指定公共機関である高速道路会社、またJR東日本等におきましては、災害ボランティア車両に対する高速道路料金の無料措置や新幹線料金の割引などの支援がされているというふうに承知をいたしております。  こうした様々な取組も踏まえながら、今後もボランティア活動のより良い環境整備に向けた支援を検討してまいりたい、このように考えております。

武田良太

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

具体的には、道路などの公共土木施設、あとは農地、そして海岸、生まれの鹿行でありますところも、かなりごみ、流木等も含めてかなりごみがたまっているということでありました。そういったごみ処理に対して地元からの要望を強く求められているところでございますが、やっぱり事業者負担が大きくなり過ぎるということになってもいけないと。  

小沼巧

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

政府参考人(五道仁実君) 道路についてお答え申し上げさせていただきたいと思います。  自治体が管理する道路に土砂等が堆積し、交通に著しい妨げとなっている場合には、災害復旧事業を活用して撤去ができるということになってございます。当該事業の国庫負担率は、通常三分の二ということでございます。

五道仁実

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

県民の生活を支えるとともに、急増する観光客に対応するためには、空港港湾道路等の社会資本整備を一層推進することが重要です。  重要な拠点空港である那覇空港については、来年三月末の供用開始に向け、滑走路増設事業を着実に推進するとともに、引き続き、観光客等の受入れ環境整備に取り組んでまいります。  また、近年、沖縄への大型クルーズ船の寄港が急増しています。

衛藤晟一

2019-12-03 第200回国会 参議院 経済産業委員会 6号

このような状況を受けまして、現在、国土交通省におきましては、外部の有識者などから成る鉄道用地外からの災害対応検討会を立ち上げまして、鉄道事業者が行っている事前防災の取組や管理していない土地からの災害についての実態を把握するとともに、道路事業や電気通信事業など他の事業制度などを参考にしながら、鉄道においてはどのような方策が考えられるのかについて検討を進めているところでございます。  

江口秀二

2019-12-03 第200回国会 参議院 経済産業委員会 6号

このような被災した鉄道施設の復旧は、まずは鉄道事業者により鋭意行うことでございますけれども、復旧工事を円滑に実施するために、平成三十年七月豪雨を契機に、鉄道事業者国土交通省関係部局から成る連絡調整会議を設けて、本省とそして地方局、それぞれにおいて道路河川などの鉄道以外の事業と連携して早期の復旧を図る取組を進めているところでもございます。

佐々木紀

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

ここでいいますと首都圏整備計画というんですけれども、この首都圏整備計画に指定をされて、都市開発区域というのが指定されると、道路とか公園とか住宅とか下水道等の社会資本補助率が通常よりもかさ上げされまして、一・二倍の補助金が実は出たときがあるんですね。  これについて、そんなことがあったかどうか、所管省庁総務省だというんですが、ぜひお答えいただきたいと思います。

福田昭夫

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

であれば、これは結構、例えば、延伸をしていこうとか、路面電車の駅が道路の真ん中にあると、渡ったりするのにちょっと危なかったりするわけです。おりた途端にびゅっと飛び出しちゃって危ないとか。そういうときに、駅を歩道に寄せようとか、そういうことをすると、なかなか設備投資が追っつかないわけです、地方鉄道会社もそんなに裕福ではありませんので。  

関健一郎