運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
20694件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-05-15 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 11号

そういうときに、当然、当時通産省、今の経産省も、この事業承継税制、何とかという話をするんですが、一方で、それに対する反論として出てくるのは、やはり一般のサラリーマンに比べて不公平なんじゃないかとか、そういう議論と必ずガチンコになるわけです。  

世耕弘成

2019-04-04 第198回国会 参議院 決算委員会 2号

そうすると、それが使われるのかよというのに関してはちょっと正直、なので、これいろいろ通産省で検討したんですけど、検討したのだってほとんど役人やら何やらで検討しているのでは余りぴんときているのがいないんじゃないかなとか、いろんなことを私どもとしては大丈夫かと随分詰めて、詰めに詰めてこういう額になっておりますので、それなりの知恵は出しておりますので、アバウトこんなもんだろうというところで納得、双方でそこそこのところで

麻生太郎

2019-02-20 第198回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 2号

それがシビアアクシデントということで、当時の通産省からベントの設置を要請されて、福島も東電が設置をされたということなんですけれども、驚くことに、このベントをするときに、当然フィルターというものが付いているものだというふうに思っておりましたところ、このフィルターが付いていなかったというのが議論の、その決算委員会の中の議論でございました。  

江崎孝

2018-11-27 第197回国会 参議院 環境委員会 2号

私も大臣として、この約二か月弱でありますけれども、改めて事の重大さを感じたところでありますし、もう一つは、大変個人的なことでありますけど、私は旧通産省の出身でございまして、一番最初は昭和四十五年でありますけれども、私が着任した最初の仕事が公害保安局というところで仕事を始めたところであります。  

原田義昭

2018-11-01 第197回国会 衆議院 予算委員会 2号

その上で申し上げれば、この御指摘の人物、これは恐らく私の経産省の先輩、通産省の先輩のことだと思いますけれども、かなり以前に、通産省の先輩後輩として、その関係で知り合った方でございまして、このカジノ事業者、アメリカのカジノ事業者のアドバイザーになっているということは、一年半か二年かぐらい前にそういうことを知ったということだと思います。

西村康稔

2018-05-25 第196回国会 参議院 本会議 22号

当時は、国民から熱気を持って迎えられたと記憶をしておりますし、私も旧通産省消費者行政を担当していた経験もあり、消費者庁の発足に大いに期待をいたしたところであります。  そこで、消費者庁は、消費者を取り巻く環境が多様化、複雑化する中で、消費者行政全般の推進に向けて今後どのように取り組んでいかれるのか、まずはその姿勢についてお聞かせください。  

太田房江

2018-05-18 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 12号

当時は、オイルショックがあって、そして国内の需給の逼迫、非常に各企業が、エネルギー事情が厳しいという状況になっていた中で、もちろん、エネルギー源の取引先の多様化とか、そうした努力もしていかなきゃいけない一方で、我が国としてきちんとエネルギー使用を効率化していこう、省エネしていこうというような背景でこうした取組を、当時は通産省なんでしょうか、音頭をとって進めてきたということが背景にあろうかと思います

山岡達丸

2018-05-11 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 10号

そこで、業界団体通産省にも働きかけてJIS規格化に取り組んだことで、統一規格が実現したそうであります。そのことによって大量生産が可能になったということで、受注が安定をし、そして業界の裾野もぐんと伸びたとおっしゃっておりました。  そこで、世耕大臣、JIS認証事業者のうち中小企業は約八八%を占めるというふうに承知しております。

笠井亮

2018-04-11 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 7号

中小企業については結構通産省はよく頑張って、融資政策はやはり整っていますよね。これはもう中小企業にとってみたら本当にありがたいことだと思うんですね。そういうように感じております。  次の問題に入っていくわけですけれども、いわゆる二〇一三年に産業競争力強化法というのができました。そのときの背景というのは、日本経済の三つのゆがみ、こう言われたんです。

谷畑孝

2018-04-10 第196回国会 衆議院 経済産業委員会 6号

ちょうど同じころに、真ん中の部分でございますけれども、これは昔の通産省次官でありました福川さんの新聞の記事の引用でございますが、彼もここで、「新たな分野では米国が先行し欧州や中国が追いかける構図。日本の遅れは顕著だ。」ということで、大変、OBとして、現在の経産省のありよう、そして取組のおくれに警鐘を鳴らしているという印象がございます。  

田嶋要

2018-04-05 第196回国会 参議院 財政金融委員会 10号

言葉は、機械が随分進んでいまして、もう御存じかと思いますが、携帯で川合ですって言ったら、ぱっと向こうに、三秒ぐらい掛かりますかね、こういって出てくるような機械も、まだ高いんですけれども、そういったようなものができつつありますので、これが更に進みますと、語学なんていうのはこれでいきゃ大体通じるようなものに、普通の会話ですよ、そういったものならできるようなものがなりつつあるんだというのが通産省なんかで持

麻生太郎

2018-03-28 第196回国会 衆議院 農林水産委員会 5号

当時、TPPの交渉参加する、しないというような話の議論もありまして、大臣経産省通産省の御経験もあられようかと思うんですけれども、特に農水省経産省というのは、文書をめぐってはそれこそ熾烈な争いといいますか、文言のこういう調整も非常にいろいろあったということを記憶しております。  

山岡達丸

2018-03-20 第196回国会 衆議院 農林水産委員会 3号

大臣は、通産省時代、エネルギーの御担当もされていたというふうに伺っています。原子力よりもお金はかからない、初期投資が少ない、使い始めまでの期間が短い、そして、地域内で地域エコシステムをつくり得る、本当に大事なポイントだと思います。  農林水産省福島原発事故でこうむった損害というのはどのぐらいですかときのうヒアリングで伺おうと思ったんですが、計算していないというふうにおっしゃっていました。

大河原雅子