運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6647件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-10 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第2号

給食業者や出荷農家、酪農家の皆さんの悲鳴も聞こえてきまして、農水省からも三月七日に一部補填という考えが示されました。  そして、働いている方、給食を作っていた方の労働、どうなるのか。清掃などをしていただくという先ほどのお言葉もありましたけれども、やはり休んでいる現場というのもあるのではないかなと思っております。  

梅村みずほ

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

現在検討が進められておるわけでございますけれども、既存のダム、これにはもちろん農業用のダムも入っているわけでございまして、土地改良区の皆さん方からは、事前放流を仮にしたといった場合に水不足が起きたらどうなるんだというようなことでございますとか、事前放流に必要な人員と追加費用、これどうなるんだというような不安の声もございますので、是非、農水省の方からも丁寧な対応をお願いしたいというふうに思っております

宮崎雅夫

2020-03-10 第201回国会 参議院 総務委員会 第3号

今日は農水省にもお越しをいただいております。今回視察をいたしましたサンライズ西条加工センターは、生産から加工、製造、そして流通、販売まで一体的に取り組む六次産業化を目指した事業でございました。西条市もこの総合六次産業都市を目指しておりまして、大変力を入れている次第でございます。この地域資源を活用して新たな付加価値を生み出すということで、ほかとの差別化、差異化を目指しているようでございました。  

山本博司

2020-03-06 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号

こうした状況を変えていく上でも、国がローリングストックということを、農水省を中心にやっていることはわかりますけれども、残念ながら今回の事態を見ても全然伝わっていない、これが現実だというふうに思うんです。  そういう意味で、経済産業省も含めて、流通業界も巻き込んで、この一大ローリングストック運動をぜひやっていくべきだと思いますので、農水省からも来ていただいています。

柿沢未途

2020-02-26 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第3号

それが非常に、私は、考え方の転換が必要で、日本も農水省が営農型発電、ソーラーシェアリングを一応二〇一三年から認めて今二千件ぐらいにはなっているんですが、あれをもうちょっと私は、もっと開放した方がいいと思います。耕作放棄地七十万ヘクタールあるわけですから、耕作放棄地に農家の方が、農業の方がやる太陽光発電は農業の一環として、農地転換せずに自由にできるようにすると。

飯田哲也

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

最近はもう急激なゲリラ豪雨が頻発をするときになりましたので、その辺の御理解もあって、その二号放水路、三号、四号放水路、玉野放水路、祖父江放水路なんかも、いざというときに活用していただいて非常に皆さんに感謝をされているわけでありますが、本当にそういう中で、国交省予算をいただいてつくった放水路もあれば、農水省土地改良の予算での排水路、排水機も随分あって、百五十を超えております。  

長坂康正

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第1号

そういった中で、農水省と連携をいたしまして、できるだけ、教員の専門性の維持向上という観点も大事だということで、連携して、教員に対する研修でありますとか、農業高校と農業大学校の連携による研修や交流、連携の強化、それから、外部講師については農林水産業経営者等の外部講師における出前授業や、高度な農業技術を用いた実習など、そういった取組の促進について、都道府県教育委員会等に対し取組をしっかり促しているということでございます

丸山洋司

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第1号

また、農水省の方と連携を図りながら、研修については、先ほども申し上げましたように、教員の研修の充実ということが必要であるということで、都道府県教育委員会と農林水産部局が連携をしまして、先ほど委員から御指摘のあった最新の知識という部分、それから各それぞれの地域地域で求められている事案がございますので、そういったことも研修の題材として取り上げて研修を進めていくといったようなことで、教育委員会だけではなくて

丸山洋司

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

そして、農水省が行う新型コロナウイルス対策でありますけれども、大臣は、既に農水省内で開かれた対策本部で、十八日に、あらゆるリソースを活用することが重要というふうに強調されたというふうに伺っています。農水省の動植物検疫向けのPCR検査機関がウイルス検査に活用できるように厚生労働省と連携する考えを示されたというふうに伺っています。  

金子恵美

2020-02-21 第201回国会 衆議院 予算委員会公聴会 第1号

そして、その次に、逢見さんからは、私が農水の政務官時代にも、農水省に連合さんのさまざまな施策、御要請についてお越しいただいたわけでございますけれども、多岐にわたる論点できょうお話をいただきました。  その中で一つ、軽減税率の話もございましたけれども、支出額について、おっしゃっていることは私もよく理解をいたします。

濱村進

2020-02-17 第201回国会 参議院 行政監視委員会 第1号

次に、ちょっと木村参考人にお尋ねしたいんですけれども、こういう今の御説明を受けた上で、中央省庁の場合に、例えば国土交通省であれば地方整備局があり地方運輸局があり、またあるいはいろんなところに地方事務所というのがあったり、また、農水省の場合、営林署があったりとか、経産省の場合も地方経産局があると。

阿達雅志

2020-02-17 第201回国会 衆議院 予算委員会 第12号

それから、農水省の関係については、技術的な、先ほど大臣から答弁がありましたが、これは技術的な調整をしませんと。やはりきちんとした診断結果を出さなければなりません。したがって、そこを今調整をさせていただいています。  さらに、民間では、もう既に一社は、自分のところでできると手を挙げていただいておりまして、そことは委託、受託契約を結びました。さらに、三社についてもその方向で取り組んでおります。  

加藤勝信

2020-02-17 第201回国会 衆議院 予算委員会 第12号

そういう体制を開く中において、政府一丸となって体制を強化していくように指示をしているところでございまして、ただいま厚労大臣から答弁をさせていただいたように、民間はもちろん、大学機関等も活用しながら、また農水省等も含めて、これはまさに政府一丸となってPCR検査体制の強化を今図っているところでございます。

安倍晋三

2020-02-13 第201回国会 衆議院 総務委員会 第3号

それから、大分時間がなくなってきましたので、最後、農水省に来ていただいていますが、この間の台風の話なんですけれども、地元のハウス農家が、地元というか、全体的に台風でハウスが倒れて、甚大な被害が出ました。  その中で、倒れたハウスの撤去それから再建について制度の見直しをしていただいているんですが、国会でのやりとりを通じて、あるいはその中で、保険に入っていない人も一割負担。

奥野総一郎

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

何で農水省防衛省の後押しをしているんだと。  しかし、今、埋立承認沖縄県が撤回して、それにかかわって国と県との間で二つの裁判進行中であります。係争中です。ましてや、設計変更はまだ沖縄県に申請もされておりません。  工事継続の是非そのものが問われているときに、工事を前提としたサンゴの移植が、何で沖縄県に対して勧告を出したりするんですか。その判断はできるはずがないじゃないですか。

赤嶺政賢

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

それを、何で農水省がくちばしを入れるんですか。おかしいじゃないですか。  標準期間というのは、裁判という事態がなければいいですよ。今裁判で争っている最中ですよ。そういうときに、環境の問題もある、いろいろな問題で今は判断できない、極めて合理的だと思いますよ。その合理性を超えて、農水省防衛省から頼まれたからといって沖縄県に対して圧力をかける、余りにもひどいんじゃないですか。

赤嶺政賢

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

○赤嶺委員 大変、結局、農水省なのか防衛省なのかわからないような主張であります。  沖縄県民が新たな基地をつくることに反対して、そして、いろいろな法的な合理的な理由をきちんと示して、埋立てを強行する、大体、埋立工事が始まったのは、農水省漁業法をゆがんだ解釈をして、そして、それから始まっているわけですよ。  

赤嶺政賢

2020-02-07 第201回国会 衆議院 予算委員会 第9号

我が党、自民党では、赤澤亮正先生が座長として党内をまとめたわけでありますので、本当に、そういう意味では、農水省の皆さん方もやはり非常にスピード感を持って対応していただいたというふうに思っております。  そこで、改めて、この成立を受けて、今後の展開について江藤大臣の御所見をお伺いをさせていただければと思います。

笹川博義

2020-02-07 第201回国会 衆議院 予算委員会 第9号

現状については私もよく理解をしているつもりでありますが、やはり、予算を上げているからいいとか、従前こうしていますからという説明だけでは、そういう状況でもないということもよくお互いに理解し合いながら、ぜひ農水省さんにも、さまざまな技術を取り入れながら、積極的にイノシシの駆除を展開をしていただければと思います。  それでは、江藤大臣、ありがとうございました。

笹川博義

2020-02-07 第201回国会 衆議院 予算委員会 第9号

やはり、この危険性を指摘をされているときに農水省として具体的な対応をとるべきだったというふうに、対応が遅いという指摘をされてもこれはやはりいたし方ないというふうに思うんですね。この批判については農水省さんも真摯に受けとめて、やはり次のさまざまなことに対しての対応の糧としていただきたいというふうに思うんです。  

笹川博義

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

徳永エリ君 私は農水省の方々に通告したつもりだったんですけれども。  空港などで生きたウイルスが二件、それから、ウイルス遺伝子としての痕跡は、生きたウイルスの二件も含めてこれまでに八十六件も報告されているということであります。今のところは水際で何とか食い止めていますけれども、本当に今危機的な状況だということであります。

徳永エリ

2020-01-28 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号

これまでCSFの被害農家で廃業した農家は、農水省に伺いますと、もう既に三軒に達していると伺っています。大臣の地元の口蹄疫でも、やむなく畜産を諦めた方も多数おられたわけです。  ですから、廃業そして離農を生み出さないということが何よりも大前提ではないかなというふうに思います。  もう一問、大臣にお伺いします。  CSFの予防的ワクチンについてなんですけれども、これは手数料が取られます。

田村貴昭

2020-01-28 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号

これに対して農水省は、豚の導入を完了するまで家畜防疫互助基金があるとしました。  しかし、この互助基金は、九カ月で豚をもとの頭数に戻すことを前提にしています。既に九カ月以上たっているにもかかわらず、再開できない農家はたくさんいるわけです。  江藤大臣、再開まで国がやはり責任を持って、経営維持、再開に向けて支援を強化すべきであるというふうに考えますけれども、いかがでしょうか。

田村貴昭

2020-01-27 第201回国会 衆議院 予算委員会 第2号

それは、我が国には、国土交通省が所管する約五百六十、このいわゆる多目的利用のダム、そして経産省農水省が所管する電力農業用水などの利水ダム、これが九百あります。この利水ダムについては、水害対策にはほとんどと言っていいほど使われていないのが現状であります。全てのダムを、この利水ダムも含めて水害対策に使うべきじゃないか、そういうことを政府内で検討をいたしました。  

菅義偉