運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
2272件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-05 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

担い手への農地集積、集約化を加速するため、農地バンクと農業委員などの関係機関との現場レベルの連携を徹底し、人・農地プランの実質化を進めます。  農業競争力強化や農村地域の国土強靱化を実現するためには、農地農業用水などの農業農村の基盤整備が欠かせません。農地の大区画化、汎用化、農業水利施設長寿命化やため池などの豪雨・耐震対策を推進します。  

江藤拓

2020-03-04 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号

担い手への農地集積、集約化を加速するため、農地バンクと農業委員など関係機関との現場レベルの連携を徹底し、人・農地プランの実質化を進めます。  農業競争力強化や農村地域の国土強靱化を実現するためには、農地農業用水など、農業農村の基盤整備が欠かせません。農地の大区画化、汎用化、農業水利施設長寿命化やため池などの豪雨・耐震対策を推進します。  

江藤拓

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 5号

農業委員と打合せをして、下限面積の特例の活用であるとか新規就農者の柔軟な対応ということで、いわゆる取引件数が増加したというふうにおっしゃっていました。  先ほど申しました全国版の空き家バンクですけれども、この農地付空き家の登録数というのが実は県でかなりばらつきがありまして、兵庫県が五十七件、大分県五十六件、岡山県三十五件ということです。

熊野正士

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第5号

農業委員と打合せをして、下限面積の特例の活用であるとか新規就農者の柔軟な対応ということで、いわゆる取引件数が増加したというふうにおっしゃっていました。  先ほど申しました全国版の空き家バンクですけれども、この農地付空き家の登録数というのが実は県でかなりばらつきがありまして、兵庫県が五十七件、大分県五十六件、岡山県三十五件ということです。

熊野正士

2019-11-20 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 第7号

営農型太陽光発電発電量でございますけれども、転用許可の実績の調査対象である農業委員等は農地転用事務を担っておりまして、営農型太陽光発電による一時転用の許可の件数でございますとか、あるいは農地面積などは把握しておりますが、転用の許可の判断にかかわらないような発電に関するデータは、現在のところ把握しておりません。

池山成俊

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

委員御指摘のとおり、今般の改正地域再生法による特例措置につきましては、農村地域等への移住者を対象としているところでございますが、一方で、現行の農地法におきまして、遊休農地が相当程度存在するといった要件を満たす区域につきましては、農業委員の判断により、地域の実情に応じまして、農地取得のための下限面積を引き下げることが可能となっております。

倉重泰彦

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

今でも農業委員の枠内の中で下げられるということですけれども、今回、これで機動的に地域が活性化するための、特に移住にターゲットを絞った施策やと思うんですけれども、今回、移住者による空き家取得の円滑化が主目的というふうになっておりますけれども、この移住者の定義、また移住者であることをどのような規定で認定するかというのを少し教えてください。

藤田文武

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

例えば、権利移転許可の特例につきまして参考まで御紹介いたしますと、これは、市町村農業委員合意に基づき、農地権利移転に関する許可事務市町村に移管することで事務処理期間を短縮するということでございますけれども、養父市で二百五十五件、新潟市で七百四十件、常滑市で百二十三件、これまで合計千百十八件使われまして、事務処理期間も、養父市でいえば十八日から六日に短縮するといったような効果を上げているところでございます

村上敬亮

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

○井上(一)委員 私は、方向的には、やはり農地を集約化していく、それからやる気のある人に農業を担っていただく、こういうことで取組を進めていくということが大事で、養父市の方でも同じ問題意識で取り組んでおりまして、基本的には農地の利活用については農業委員が所管で持っているわけですけれども、それを市町村と連携をしながら農地の流動化を図ろうということで取り組んでおり、そういうことで事務処理期間が短くなったり

井上一徳

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

この特例につきましては、地域からの提案を踏まえて、農地流動化を促進する観点から、農業委員市町村事務分担に関する特例として措置されたものということでございますけれども、本特例を活用するかどうかにつきましては、まさに現場の事務体制の実態に合わせて判断されるものと考えておりまして、農林水産省といたしましては、農業委員市町村がよく話合いを行っていただいた上で、必要に応じ国家戦略特区の仕組みの中で活用

倉重泰彦

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第4号

委員御指摘のとおり、今般の改正地域再生法による特例措置につきましては、農村地域等への移住者を対象としているところでございますが、一方で、現行の農地法におきまして、遊休農地が相当程度存在するといった要件を満たす区域につきましては、農業委員の判断により、地域の実情に応じまして、農地取得のための下限面積を引き下げることが可能となっております。

倉重泰彦

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第4号

今でも農業委員の枠内の中で下げられるということですけれども、今回、これで機動的に地域が活性化するための、特に移住にターゲットを絞った施策やと思うんですけれども、今回、移住者による空き家取得の円滑化が主目的というふうになっておりますけれども、この移住者の定義、また移住者であることをどのような規定で認定するかというのを少し教えてください。

藤田文武

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 第3号

例えば、権利移転許可の特例につきまして参考まで御紹介いたしますと、これは、市町村農業委員合意に基づき、農地権利移転に関する許可事務市町村に移管することで事務処理期間を短縮するということでございますけれども、養父市で二百五十五件、新潟市で七百四十件、常滑市で百二十三件、これまで合計千百十八件使われまして、事務処理期間も、養父市でいえば十八日から六日に短縮するといったような効果を上げているところでございます

村上敬亮

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 第3号

○井上(一)委員 私は、方向的には、やはり農地を集約化していく、それからやる気のある人に農業を担っていただく、こういうことで取組を進めていくということが大事で、養父市の方でも同じ問題意識で取り組んでおりまして、基本的には農地の利活用については農業委員が所管で持っているわけですけれども、それを市町村と連携をしながら農地の流動化を図ろうということで取り組んでおり、そういうことで事務処理期間が短くなったり

井上一徳

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 第3号

この特例につきましては、地域からの提案を踏まえて、農地流動化を促進する観点から、農業委員市町村事務分担に関する特例として措置されたものということでございますけれども、本特例を活用するかどうかにつきましては、まさに現場の事務体制の実態に合わせて判断されるものと考えておりまして、農林水産省といたしましては、農業委員市町村がよく話合いを行っていただいた上で、必要に応じ国家戦略特区の仕組みの中で活用

倉重泰彦

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

先ほどから何度も言いますが、被災者はもちろん、国は、自治体やJAや農業委員や関係者と一緒になりまして、今回の台風災害に対する取組においては、地域の将来像を描く形で、被災した果樹園や水につかって壊された水田や農地を生かすべく、知恵と弾力的な対応を行うべきというふうに考えるわけであります。

山田俊男

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第2号

先ほどから何度も言いますが、被災者はもちろん、国は、自治体やJAや農業委員や関係者と一緒になりまして、今回の台風災害に対する取組においては、地域の将来像を描く形で、被災した果樹園や水につかって壊された水田や農地を生かすべく、知恵と弾力的な対応を行うべきというふうに考えるわけであります。

山田俊男

2019-10-24 第200回国会 参議院 農林水産委員会 1号

担い手への農地集積、集約化を加速化するため、農地バンクと農業委員など関連機関との現場レベルの連携を徹底し、人・農地プランの実質化を進めます。  農業競争力強化や農村地域の国土強靱化を実現するためには、農地農業用水などの農業農村の基盤整備が欠かせません。農地の大区画化、汎用化、農業水利施設長寿命化やため池等の豪雨・耐震対策を推進してまいります。  

江藤拓

2019-10-24 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第1号

担い手への農地集積、集約化を加速化するため、農地バンクと農業委員など関連機関との現場レベルの連携を徹底し、人・農地プランの実質化を進めます。  農業競争力強化や農村地域の国土強靱化を実現するためには、農地農業用水などの農業農村の基盤整備が欠かせません。農地の大区画化、汎用化、農業水利施設長寿命化やため池等の豪雨・耐震対策を推進してまいります。  

江藤拓

2019-10-23 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 1号

担い手への農地集積、集約化を加速化するため、農地バンクと農業委員など関係機関との現場レベルの連携を徹底し、人・農地プランの実質化を進めます。  農業競争力強化や農村地域の国土強靱化を実現するためには、農地農業用水などの農業農村の基盤整備が欠かせません。農地の大区画化、汎用化、農業水利施設長寿命化やため池等の豪雨・耐震対策を推進してまいります。  

江藤拓

2019-10-23 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号

担い手への農地集積、集約化を加速化するため、農地バンクと農業委員など関係機関との現場レベルの連携を徹底し、人・農地プランの実質化を進めます。  農業競争力強化や農村地域の国土強靱化を実現するためには、農地農業用水などの農業農村の基盤整備が欠かせません。農地の大区画化、汎用化、農業水利施設長寿命化やため池等の豪雨・耐震対策を推進してまいります。  

江藤拓