運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
31131件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-27 第201回国会 参議院 議院運営委員会 第9号

次に、家畜伝染病予防法改正案及び養豚農業振興法改正案を一括して議題とした後、農林水産委員長が報告されます。採決は両案を一括して行います。  次に、土地基本法等改正案について、国土交通委員長が報告された後、採決いたします。  次に、地方税法等改正案、地方交付税法等改正案及び市町村合併特例法改正案を一括して議題とした後、総務委員長が報告されます。

岡村隆司

2020-03-24 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第5号

江藤  拓君    副大臣        農林水産副大臣  加藤 寛治君    大臣政務官        農林水産大臣政        務官       藤木 眞也君    事務局側        常任委員会専門        員        大川 昭隆君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案(内  閣提出、衆議院送付) ○養豚農業振興法

会議録情報

2020-03-19 第201回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号

―――――――――――――  議事日程 第六号   令和二年三月十九日     午後一時開議  第一 関税定率法等の一部を改正する法律案内閣提出)  第二 市町村の合併の特例に関する法律の一部を改正する法律案内閣提出)  第三 家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案内閣提出)  第四 養豚農業振興法の一部を改正する法律案(農林水産委員長提出)  第五 土地基本法等の一部を改正する法律案内閣提出

岡田憲治

2020-03-19 第201回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

私は、市町村農業産出額全国一位の愛知県田原市と、全国九位の愛知県豊橋市から参りました。お花も全国有数です、一位と言っていいんだと思いますが。三月のいろいろなイベントの需要期に、お花をそこに向けて生産していた皆さん、書き入れどきだといって頑張った皆さんが、この新型コロナの影響でお花がはけなくなっています。

関健一郎

2020-03-19 第201回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

新型コロナウイルス感染症によりまして経営に影響が出ている農業者の皆さんに対しましては、三月十日に決定をいたしました緊急対応策第二弾において、実質無利子、無担保での強力な資金繰りの支援を実施しているところでございます。  また、花につきましては、価格低下への対応としては、縮んでしまった需要をできる限り拡大していくことが重要だと考えております。  

鈴木良典

2020-03-19 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第2号

有機農業をやる人のために、例えば塾を一年間やって十年続け、農業従事者も増やすという努力も大変しておりました。  そして、千葉県いすみ市にも行きました。今日は配付資料でいすみ市と羽咋市の例を、ちょっと新聞記事をお配りしております。千葉県いすみ市は地元の有機米を使うと。一週間五日間のうち一回だけはパン食なんですが、あと四回は全て地元の有機米を使っております。

福島みずほ

2020-03-19 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第2号

でも、例えば、お米は腐りませんから、地元で有機農業を進め、例えば米飯給食などで安心なお米を子供たちに、本当にオーガニックで無農薬のお米を子供たちには食べてもらいたい、そういうことをもっと後押ししてほしい。今年は有機農業、有機給食元年みたいな形にして、もっと進めることができないかと思いますが、もう一歩進めて、例えば、文科省、どういうふうに後押しが可能なのか、お考えをお聞かせください。

福島みずほ

2020-03-19 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第2号

学校給食で有機食品の利用を増やすには、やはり有機農業に取り組む農業者の皆さんの数を増やして、学校給食で必要とされる様々な品目や量を安定的に確保できるように産地づくりを進めることが必要だと私ども考えております。  このため、農林水産省では、栽培技術研修によります人材育成、集出荷の合理化、販路開拓等を共同で行う取組に支援をし、有機農業による産地づくりを推進しているところであります。

鈴木良典

2020-03-19 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

農業用のため池の多くが農家や集落などによって管理をされておりまして、国としてもため池の適正な管理のためには技術的な支援等が重要であるというふうに認識しております。  このため、令和元年度から、技術者によるため池の現地調査でございますとか、所有者等を対象とした管理に係る技術的研修などに対しまして定額補助で支援を行っております。

安部伸治

2020-03-19 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

農業用のため池の管理及び保全に関する法律、これの第五条で、所有者等による適正管理の努力義務、これが決められておりますけれども、管理者に過度な負担が掛からないようにすることが大事だと。大変、こういうものを努力義務としてやっているんだけれども、報告を含めて負担が大きいと、このようにおっしゃる意見が相当あります。このことに対して改善をする余地があるんじゃないかと思いますけど、いかがでしょうか。

小林正夫

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

ほぼこれは工業用水と沖縄上水道のためのものでありまして、そういう意味での調整を是非していただいて、同時に、地域農業用水のごく少ない使用ありますけれども、それは地下の河川から取っておりますので、直接の国ダムの問題ではございません。  是非、県との調整等を含めて、県内の利水者あるいは利害関係者の合意の形成も図りながら、住民の不安の払拭に努めていただきたいと思います。

伊波洋一

2020-03-18 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第3号

このため、平成三十年の農業経営基盤強化促進法等の一部改正で、所有者不明農地について、簡易な手続で農地中間管理機構に長期間利用権を設定することができる制度を創設したところでございますが、新制度を活用した事例につきましては着実にふえておりまして、令和元年十一月末時点で九十三件、約四十八ヘクタールとなっておりますので、引き続き新制度の活用を図ってまいりたいと思っております。

倉重泰彦

2020-03-11 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号

これから先は、確かに規模拡大も有効でもあるかもしれません、畦畔を除去したり分散錯圃を解消したりすることも有効かもしれませんが、いろいろな農業形態を我々は評価をして、家族経営であっても小規模であっても条件不利地域であっても、日本の農政を支えているんだ、日本の基盤を支えているんだということをしっかりと評価をして、IoTやスマート農業などの先端技術なども利用しながら、食料自給率の向上に努めていきたいと思っております

江藤拓

2020-03-11 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号

その上で、今対策政府の方でも打たれて、閣議決定がされたところでございますけれども、どうも経済対策が中心になっていて、経済対策経済対策でもちろん重要なんですけれども、例えば農業の現場なんかで見ると、例えば集荷をする人や出荷をする人、そうした作業が農業の場合は圧倒的なわけで、これは休業補償をもらうとかという問題ではないわけですよね。テレワークでやれるというようなものでもない。  

佐々木隆博

2020-03-11 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号

食料農業農村政策については、平成十一年七月に食料農業農村基本法が制定され、食料の安定供給の確保、多面的機能の発揮、農業の持続的発展及び農村の振興という四つの基本理念を具体化するための施策を推進してきたということは私たちも承知をしております。  今回、新たに食料農業農村基本計画の原案が我々にも示されました。  

長谷川嘉一

2020-03-11 第201回国会 参議院 本会議 第7号

また、農業、工場、建設現場などで活用実績を積み上げ、その横展開を図ることで早期の普及を図ってまいります。  一人親家庭に対する支援策についてお尋ねがありました。  未婚の一人親に対する税制上の対応については、全ての一人親家庭に対して公平な税制を実現する観点から、死別、離別の場合と同様の条件で一人親控除を適用することとしました。  

安倍晋三

2020-03-10 第201回国会 衆議院 環境委員会 第2号

有機農業です。体と土は二つに分かれない。後の、私のつくった地産地消に行くんです。  スローフード。ファストフードに対する嫌みです。  それで地産地消、旬産旬消。これは私がつくった言葉です。英語でも、多分、ヤフーUSAやグーグルにも出ていると思いますが、プロデュースローカリー・コンシュームローカリー。わかりますね、その場のもの、そして旬。これは大したことはないんです。先祖返り。

篠原孝

2020-03-10 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号

○神谷(裕)委員 今おっしゃっていただいたとおり、一般的には相手のあることだからということなんだと思いますけれども、当然、我が国あるいは我が国の農業者というか、国内産業を守るという観点でやはりやっていただきたいと思います。  そういった意味で、やがて九%に下がるということでございますれば、例えば二〇三三年までの間、そんなに時間があるわけではありません。

神谷裕

2020-03-10 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号

○神谷(裕)委員 今おっしゃっていただいたとおり、一般的には相手のあることだからということなんだと思いますけれども、当然、我が国あるいは我が国の農業者というか、国内産業を守るという観点でやはりやっていただきたいと思います。  そういった意味で、やがて九%に下がるということでございますれば、例えば二〇三三年までの間、そんなに時間があるわけではありません。

神谷裕

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

ちょっと、一問、似たような質問なので飛ばしまして、よく報道等でもありましたけれども、農水産業への影響ということで、学校の通学の自粛などによって例えば牛乳の消費が落ちて、どちらかの地域では、たしか私の地元の愛知だったかもしれませんが、地元の方々が有志でまとめて牛乳を買うというようなことがあったと思いますけれども、この学校の通学の自粛等、地公体によってまちまちですけれども、乳製品消費畜産業農業の需要

杉本和巳

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

○田中国務大臣 新型コロナウイルス感染症の影響拡大によって、切り花や果物、高級食材等を中心に農産物の需要減退や価格低下など、被災地を含む我が国農業食品産業等への悪影響が懸念をされております。  こうした中、農林水産省においても、休校に伴って影響を受ける酪農家等への支援、中小企業、小規模事業者等に対する資金繰り支援等について今検討をしておると承知をしております。  

田中和徳

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

副大臣大塚拓君) 第一期においては、地方ならではの強みや魅力を生かした取組というのを国としても強力に支援をしてきて、その中で、地方における若者の就業率あるいは生産農業所得といったものははっきり増加をしてきているという意味で、仕事の創生に関しては一定の成果が見られておりますが、今、一方で、岡田先生御指摘のように、人口減少、少子高齢化、それから東京圏への一極集中ということについてはまだまだ対策を打っていかなければいけないと

大塚拓

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

岡田広君 中小企業とか観光、そして農業対策等について取り上げましたけれども、安倍政権の内政の最大の課題は地方の景気回復ということだと私は思います。  まち・ひと・しごと創生法に基づいて地方創生が始まりましたけれども、残念ながら、二〇年、東京地方圏の転出、転入を同じぐらいにするということは先送りになりました。

岡田広

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

もう大胆な政策を打っていってもなかなか私は大変、人口減少社会の中で大変だと思いますので、魅力ある地域をつくっていくというのはとても重要なことであり、今日は、申し訳ありません、農業食料自給率とか保育の関係、介護の関係、時間がなくて質問できなかったことをおわび申し上げまして、時間が来ましたので質問を終わらせていただきたいと思います。  ありがとうございました。

岡田広

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

大臣政務官(藤木眞也君) 塩田委員御指摘のとおり、我が国では、今後、国内の農業者や農地面積農村人口が減少をするおそれが高いことから、農業生産の持続性を確保するためには、生産基盤を強化していくことが重要であります。また、今後消費の拡大が期待をされる海外への販路を拡大し、農業者の所得向上を図っていくことが重要であると考えております。  

藤木眞也

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

今回、先ほど打越委員の質問の中にもありましたけれども、生産農業所得、過去最高水準ということで、これはちょっと表現にもしかしたら誤解が生じるかもしれないというような内容の御答弁が大臣からもあったかと思います。確かに過去最高水準ではあるんですが、二〇一八年度に比べると、前年よりも二〇一八年度の方が数値としては下がっているという現実がございます。  

石垣のりこ

2020-03-10 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

ブータン農業国でありまして、野菜の栽培を教えたのが一九六四年から、一九九二年に現地で亡くなったんですが、ブータンに派遣されました西岡京治氏でありまして、外国人として最高に優れた人を意味するダショーの称号を贈られて、非常に尊敬されております。山岳地帯で大型機械が使えないために、小型耕運機を昭和五十八年から支援で贈ったそうでございまして、現在までに三千三百八十七台が贈られております。

中西哲