運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
7641件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

特に、所管省庁である農林水産省と環境省は、それぞれの役割を明確にしつつ、十分な連携を図ること。  六、愛玩動物看護師の資格取得のための教育養成機関等における費用負担の増加等が、動物看護師志望者を抑制することにつながらないよう、動物看護師全体の処遇の向上に向けて、その社会的役割の周知や認知度の向上等、必要な環境整備に努めること。  

宮沢由佳

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

環境省としても、農林水産省と連携しながら、大学等での履修科目の検討や指定機関等の指定など必要な準備を進めてまいりたいと、こういうふうに思っております。今月十二日に成立しましたいわゆる動物愛護管理法には、マイクロチップの装着義務や動物取扱責任者の要件の厳格化など、愛玩動物看護師の業務に深く関わる規定がございます。同法との必要な連携も図ってまいりたいと思います。

原田義昭

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

また、アニマルウエルフェアに配慮した動物管理の面も加味すべきと思いますが、動物看護師の今後について政府がどうお考えか、今後、産業動物などにも広げていくお考えがあるのか、農林水産省に伺いたいと思います。

宮沢由佳

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

1 政府内の情報共有を目的とした内閣府の総合防災情報システムに関し、災害情報の多くを手動で登録する必要があるため、災害時の情報の登録や共有が限定的となっていたこと、また、農林水産省の国営造成土地改良施設防災情報ネットワークにおいて、データ転送装置等の管理の不備により、収集した情報が総合防災情報システムに転送されない状況が長期間放置されていたことは、遺憾である。    

石井みどり

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

     東   潔君    政府参考人    (復興庁統括官)     小山  智君    政府参考人    (文部科学省大臣官房審議官)           矢野 和彦君    政府参考人    (厚生労働省大臣官房審議官)           迫井 正深君    政府参考人    (厚生労働省子ども家庭局児童虐待防止等総合対策室長)           藤原 朋子君    政府参考人    (農林水産省農村振興局整備部長

None

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官十時憲司君、内閣府大臣官房審議官米澤健君、復興庁統括官末宗徹郎君、復興庁統括官東潔君、復興庁統括官小山智君、文部科学省大臣官房審議官矢野和彦君、厚生労働省大臣官房審議官迫井正深君、厚生労働省子ども家庭局児童虐待防止等総合対策室長藤原朋子君、農林水産省農村振興局整備部長横井績君、林野庁森林整備部長織田央君、経済産業省大臣官房原子力事故災害対処審議官新川達也君

古川禎久

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

       常任委員会専門        員        大川 昭隆君    政府参考人        内閣官房内閣参        事官       中山 光輝君        消費者庁審議官  橋本 次郎君        財務省理財局次        長        古谷 雅彦君        厚生労働大臣官        房生活衛生・食        品安全審議官   宮嵜 雅則君        農林水産省消費

None

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

さて次に、輸出促進に向けての取組について伺いますが、最近、この頃ですが、輸出関連事業を農林水産省に一元化しようということが出てきましたね。新組織を農林水産省に新設をするということが決まってまいりました。これにより、いわゆる輸出に障害、障害というか、その許認可も含めて非常に煩雑で、国際競争するにはスピードが必要なんですが、そういうものが非常に制度上阻害されておったと理解します。

儀間光男

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

1 政府内の情報共有を目的とした内閣府の総合防災情報システムに関し、災害情報の多くを手動で登録する必要があるため、災害時の情報の登録や共有が限定的となっていたこと、また、農林水産省の国営造成土地改良施設防災情報ネットワークにおいて、データ転送装置等の管理の不備により、収集した情報が総合防災情報システムに転送されない状況が長期間放置されていたことは、遺憾である。    

石井みどり

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

本件調査のため、本日、政府参考人として農林水産省大臣官房審議官小川良介君、環境省自然環境局長正田寛君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

秋葉賢也

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

本法案におきましては、「農林水産大臣及び環境大臣は、農林水産省令・環境省令で定めるところにより、その指定する者に、試験の実施に関する事務を行わせることができる。」と規定されているところでございます。  

正田寛

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

農林水産省では、松くい虫被害対策に係る薬剤散布につきまして、一つは、病院、学校、水源、家屋、給水施設等に薬剤が飛散、流入しないよう風向き、風速等に十分注意し、これらの施設等から十分な間隔を保持する等適切な措置を講ずることということ、それから、地区説明会の開催等により地域住民等の皆さん、関係者の理解と協力を得て進めることということ等によりまして円滑かつ適正に実施するよう、都道府県を通じて指導をしているところでございます

織田央

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

このことについて土屋教授は、森林や林業や山村の専門の方でない方がかなりこういう突っ込んだ戦略を出してきて、それを受けて我々が、若しくは林野庁、農林水産省が新たな政策を検討しなくてはならないという状況というのは、やはり転倒していると発言されています。  そもそも、この法律案には、国有林野は国民の共通財産であるという視点が欠けています。

川田龍平

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

農林水産省の諮問機関である林政審議会会長の土屋俊幸東京農工大学教授は、衆議院の参考人質疑で、今回の改正案が未来投資会議の提案で始まったことに言及し、トップダウンで行われた、長い複雑な成立経緯と多様な公益的機能を併せ持つ国有林の重要な経営判断は少数の非専門家に委ねるべきではないと不快感を示しました。

紙智子

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

本件調査のため、本日、政府参考人として農林水産省大臣官房総括審議官横山紳君、大臣官房危機管理・政策立案総括審議官岩濱洋海君、大臣官房統計部長大杉武博君、消費・安全局長新井ゆたか君、生産局長枝元真徹君、経営局長大澤誠君、農村振興局長室本隆司君、政策統括官天羽隆君、水産庁長官長谷成人君、内閣官房内閣参事官渡辺健君、復興庁統括官末宗徹郎君及び外務省大臣官房審議官飯田圭哉君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと

武藤容治

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

農林水産省といたしましては、青森県を始めとするリンゴの主産県と連携をいたしまして、新たな防除技術の確立、普及に取り組んでいるところでございます。  具体的には、平成三十年度から、農林水産省の委託事業におきまして、リンゴの主産県四県が連携して、黒星病の防除に効果の高い代替剤の選別、当該薬剤を活用した防除体系の確立を進めております。  

新井ゆたか

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

夏枝君     …………………………………    農林水産大臣       吉川 貴盛君    農林水産副大臣      小里 泰弘君    農林水産大臣政務官    濱村  進君    政府参考人    (内閣官房内閣参事官)  渡辺  健君    政府参考人    (復興庁統括官)     末宗 徹郎君    政府参考人    (外務省大臣官房審議官) 飯田 圭哉君    政府参考人    (農林水産省大臣官房総括審議官

None

2019-06-04 第198回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 4号

とはいえ、事務方にその調整を任せることももちろん大事ですけれども、ここはしっかり大臣が、国交省ですとか環境省、農林水産省のまさにトップ、大臣に対して、むしろ各省庁でそういった最新の衛星の技術、そういったものを利用すべきじゃないか、そしてそこをしっかり予算づけすべきじゃないかということを、平井大臣がリーダーシップを図るべきというふうに考えますけれども、いかがでしょうか。

青山大人

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 14号

農林水産省の諮問機関である林政審議会会長の土屋俊幸東京農工大教授は、衆議院の参考人質疑で、今回の改正案が未来投資会議の提案で始まったことに言及し、トップダウンで行われた、長い複雑な成立経緯と多様な公益的機能を併せ持つ国有林の重要な経営判断は、少数の非専門家に委ねるべきでないと不快感を示しました。

紙智子

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 14号

日本においても林業の成長産業化を図っていくためには、これらのコストの削減を図っていくことが最も必要であると考えておりまして、具体的に、農林水産省におきましては、路網整備や高性能林業機械の導入による林業の生産性向上、さらには、森林経営管理法に基づく民有林における森林経営の集積、集約化等による原木生産の集積、拡大、さらには、ICTを活用した生産流通管理の合理化ですとか、川上から川下までの効率的なサプライチェーン

吉川貴盛

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 14号

このため、農林水産省では、花粉発生源対策といたしまして、花粉を大量に飛散させる杉人工林の伐採、利用と植え替えの促進、その際、花粉の少ない苗木の生産拡大、それから花粉飛散抑制技術の開発を進めているところでございます。  

高鳥修一

2019-06-04 第198回国会 衆議院 環境委員会 8号

このため、国土交通省、農林水産省それから環境省の関係三省で、都道府県構想策定のためのマニュアルを策定しております。これをもちまして、今後十年程度を目標に汚水処理未普及地域が解消するように三省で取り組んでいく、全体としてはそういうことでございます。  

山本昌宏

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

動愛法は、畜産関係、屠畜関係となると、各省庁、厚生労働省、農林水産省、所管が分かれるところではありますが、やはり動物福祉というものに関して、動物愛護に関しては、唯一の法律である動物愛護法によって担保されるものであって、それを所管する環境省の仕事というのは私は大きいと思いますので、ぜひ私は応援させていただきたい、その立場でお願いを申し上げたいと思っております。  

堀越啓仁

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

これについて、ニホンジカ対策、この群馬県においても、国に対する政策要求としてニホンジカ対策の強化というのが挙げられておりますけれども、これは、農林水産省、さらに環境省、取り組んでいるものと承知をしておりますが、鹿侵入防止柵の設置あるいはミズバショウの植栽、さらには鹿の捕獲、進められていると思いますが、現在行われている具体的な内容を伺いたいのと、あとは、ボランティア参加による活動も多いと思いますが、その

堀越啓仁

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

農林水産省全体といたしましても、この農林水産業を取り巻く諸課題の解決を図るため、毎年度所要の増員を行うなど必要な定員の確保に努めてきているところではありまするけれども、さらに、今後とも、時々の政策課題に的確に対応しながら、将来の業務運営に支障が生じませんように、必要な定員の確保に努めることを、全力を私は挙げてまいりたいと思います。

吉川貴盛

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

そして、併せてお伺いして大変恐縮ですけれども、農林水産省全体が足りないんじゃないですか、大臣。今、CIQ、植物検疫、動物検疫、そして豚コレラを抑えるために農政事務所に指導できる職員がちゃんといなきゃいけないんでしょう。そして、御案内のとおり、どんどんどんどん減らされてまいりました。公務員全体でどんどんどんどん減らされていった中で、最も多く減らされているのが農林水産省なんです。

小川勝也

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

他方、長期的には関税引下げの影響による国産材の価格下落が懸念をされることから、農林水産省といたしましては、総合的なTPP等関連政策大綱に基づきまして、木材加工施設の生産性向上支援、競争力のある品目への転換、また、効率的な林業経営が実現できる地域への路網整備、高性能林業機械の導入といったような国内対策を講じているところでございます。  

牧元幸司

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

     吉永 和生君        厚生労働大臣官        房審議官     田畑 一雄君        厚生労働大臣官        房審議官     本多 則惠君        厚生労働大臣官        房審議官     諏訪園健司君        厚生労働省子ど        も家庭局児童虐        待防止等総合対        策室長      藤原 朋子君        農林水産省農村

None

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

このため、農林水産省といたしましても、できるだけ多くの市町村が本制度を活用できますよう、研修の場などを通じまして制度の活用事例あるいはメリット等につきまして周知を行うとともに、市町村からの相談にもきめ細かく対応してまいりたいと考えてございます。

高橋孝雄

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

そして、先ほど先生からお話がありました北海道の実情を酌むといった上で、農林水産省といたしましては、北海道や被災市町村等との連携を密にしながら、引き続き、連絡会議に参画し技術的助言を行うとともに、治山事業や森林整備事業に必要な予算を確保し、取りまとめた成果も生かしながら被災森林の早期復旧に向けてしっかりと支援をしてまいります。

高野光二郎

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

○大臣政務官(高野光二郎君) 先ほど先生が御紹介をいただきました、二種類ということでございましたが、確かにそのとおりのように農林水産省もしっかりと受け止めています。  御案内のとおり、北海道では胆振東部森林再生・林業復興連絡会議、これには農林水産省の林野庁の本省もオブザーバーとして参加をいたしておりまして、北海道森林管理局は正式なメンバーとしてこの会議に入っております。

高野光二郎

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

ただ、農林水産省としましても、原料となるブドウの安定供給という観点からは、引き続き、ワイン製造業を所管する国税庁と連携をいたしまして、ワイン製造業振興のために適切に対応してまいりたいというふうに考えております。

塩川白良

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

このため、農林水産省では、食品製造業の人手不足の克服に向けまして、ロボット、AI、IoTなどの革新的な技術の活用実証、それから、専門家の工場診断や改善指導などの業務最適化の取組を通じました生産性の向上を支援をしているところでございます。  

塩川白良

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

    田村 貴昭君       森  夏枝君     …………………………………    農林水産大臣       吉川 貴盛君    農林水産副大臣      小里 泰弘君    内閣府大臣政務官     長尾  敬君    外務大臣政務官      辻  清人君    農林水産大臣政務官    濱村  進君    政府参考人    (内閣官房内閣審議官)  大角  亨君    政府参考人    (農林水産省大臣官房総括審議官

None

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

○国務大臣(吉川貴盛君) もう紙先生は御承知のとおりだと思いますが、この閣議決定は政府全体で決定をしたことでございますが、この法案につきましては、先ほども林野庁の長官から答弁をいたしておりますように、私ども農林水産省が林政審議会の審議を経て法案を提出をされたということでございますので、御理解をいただければと思います。

吉川貴盛

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

農林水産省からいただいている資料で、これは平成二十七年の森林資源の循環利用に関する意識・意向調査、これは国民の皆さんに意識調査をしている。まさに今日午前中も、関係業者だけではなく国民の意識、そうした観点も踏まえての改正であるべきというお話、討議ございました。

里見隆治

2019-05-23 第198回国会 参議院 財政金融委員会 11号

○国務大臣(麻生太郎君) いわゆるコラテラライズド・ローン・オブリゲーションでしたっけね、たしかCLOのあれだと思いましたけれども、これを農林水産省と連携をいたしながら、農林中央金庫に対して、このCLOへの投資を含めてこれモニタリングを行っているのは当然なことであります。  

麻生太郎