運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
27203件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-10-04 第200回国会 衆議院 本会議 1号

農産品輸出拡大法を制定し、各国の輸入規制緩和に向けた働きかけをオール・ジャパンで進めます。  昨年度、福島の農産品輸出は、震災前から四割近く増加し、過去最高となりました。外交努力により規制が撤廃されたマレーシアやタイへの桃の輸出が好調です。  これまでに三十二の国と地域で規制の完全撤廃が実現いたしました。引き続き、風評被害の払拭に全力で取り組み、東北復興を加速してまいります。  

安倍晋三

2019-10-04 第200回国会 参議院 本会議 1号

農産品輸出拡大法を制定し、各国の輸入規制緩和に向けた働きかけをオールジャパンで進めます。  昨年度、福島の農産品輸出震災前から四割近く増加し、過去最高となりました。外交努力により規制が撤廃されたマレーシアやタイへの桃の輸出が好調です。  これまでに三十二の国と地域で規制の完全撤廃が実現いたしました。引き続き、風評被害の払拭に全力で取り組み、東北復興を加速してまいります。  

安倍晋三

2019-08-05 第199回国会 衆議院 経済産業委員会 1号

近藤昭一君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二二号)  国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修の実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)  エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)  外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物輸入

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 経済産業委員会 1号

第百九十八回国会内閣提出、外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物輸入につき承認義務を課する等の措置を講じたことについて承認を求めるの件  第百九十六回国会長妻昭君外五名提出、原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案  第百九十八回国会近藤昭一君外七名提出、分散型エネルギー利用の促進に関する法律案  

赤羽一嘉

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

する法律案平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三四号)   七、農林水産関係の基本施策に関する件   八、食料の安定供給に関する件   九、農林水産業の発展に関する件   一〇、農林漁業者の福祉に関する件   一一、農山漁村の振興に関する件  経済産業委員会   一、外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物輸入

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 18号

合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案近藤昭一君外五名提出、衆法第二二号)  国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修の実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、衆法第二三号)  エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、衆法第二四号)  外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物輸入

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 18号

内閣提出、外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物輸入につき承認義務を課する等の措置を講じたことについて承認を求めるの件  第百九十六回国会長妻昭君外五名提出、原発廃止・エネルギー転換を実現するための改革基本法案  近藤昭一君外七名提出、分散型エネルギー利用の促進に関する法律案  近藤昭一君外五名提出、熱についてエネルギー

赤羽一嘉

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案平野博文君外五名提出、衆法第三四号)   七、農林水産関係の基本施策に関する件   八、食料の安定供給に関する件   九、農林水産業の発展に関する件   一〇、農林漁業者の福祉に関する件   一一、農山漁村の振興に関する件  経済産業委員会   一、外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物輸入

高市早苗

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

昨年実現した日中首脳会談では、幅広い分野での交流や協力関係を前進させていくことを確認し、その後、中国新潟県産米の輸入停止を約七年ぶりに解除するなど、今日まで両国の改善基調が続いております。  また、本年の日米首脳会談では、強固な日米同盟のもと、昨年の九月の共同声明に基づき、日米両国がウイン・ウインとなる形で日米貿易交渉を進めていくことを確認するなど、緊密な関係が築き上げられております。  

佐藤英道

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

参考人黒田東彦君) まず、いわゆる米中貿易摩擦につきましては、米国政府が先月、中国からの輸入品に対する新たな追加関税を公表いたしまして、米中貿易摩擦をめぐるリスクは確かに高まっております。IMFも、先日、米中相互の関税引上げによって世界経済がどの程度下押しされるかについての試算を公表するなどしておりまして、こうした下振れリスクを注視しております。  

黒田東彦

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

御指摘のとおり、我が国の厳しい財政事情の下で防衛力整備を効率的に進めるために、二〇一九年度以降のF35の取得はより安価な完成機輸入を取るということにいたしました。その一方で、今後のF35の製造状況を踏まえ、より安価な手段がある場合にはこれを適切に見直すということは閣議決定にも述べているところでございます。  

深山延暁

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

LMSSRのレーダーそのものは、DCS、いわゆる一般輸入調達、これで調達することになりますけれども、この中にも、FMS契約によりまして、より機微な部分、これにつきましては、FMS契約、これによって調達するということでございますので、こうしたAESAのレーダーであっても調達は可能というふうに理解してございます。

鈴木敦夫

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

食品ロスの問題は、法律前文にも明記されておりますが、国際的にも重要であり、大量の食品輸入し、食料を多くの輸入に依存している我が国として、真摯に取り組むべき課題でございます。今後、この法律をもとに、食品ロス削減が国民運動として大きな流れになることを期待しております。  法律施行まで、さまざまな取組、準備が必要と思いますが、法律施行に向けた今後の対応につきましてお伺いをしたいと思います。

鰐淵洋子

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

つまり、世界最大規模のスケールですよ、それは原発から撤退をしたことによって生み出す新しいエネルギーですよ、だけれども、自給ではないんだな、改めて輸入もするんだなと。しかも、コストが下がるからだと言っているんだけれども、まだまだコストは高いんだよと。さまざまな課題があるんだということを本当にあからさまにしていく必要があるのではないか。  

高橋千鶴子

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

これは、三に、ちょっとその前に戻っていただくと、二〇一七年十二月の閣議決定、水素基本戦略のシナリオによれば、現在は水素ステーションが百十三カ所、ステーションでの価格はリッター百円、これを二〇三〇年には三分の一の三十円に下げる、その先、二十円を目指すということが目標になっているんだけれども、しかし、下げるためには、結局輸入だと。

高橋千鶴子

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

これはしっかり対応していただくとして、実は、林野庁で作っていただいた様々な現場のアンケートや報告書も読ませていただく中で、高性能林業機械を輸入したはいいけれども、いわゆる不都合が生じたときに、いわゆるメンテナンスの人が来てくれるまでに非常に日にちが掛かった、あるいは部品の交換に日数を要したなどのワードが相当出てまいりました。私もさもありなんというふうに思います。

小川勝也

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

新大綱の閣議決定と同日、「F35―Aの取得数の変更について」が閣議了解され、F35Aの取得数を四十二機から百四十七機とし、今年度以降の取得は完成機輸入によることとされました。ということは、国内メーカーの生産ラインの整備費、これどうなっちゃうんですか。約一千九百九十七億円も投じていますよね。防衛大臣、お答えください。  

白眞勲

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

アメリカからは、多くの装備品を、多くはライセンス輸入という形で取り入れています。アメリカの都合で部品補給に支障が出ると装備品の稼働率低下につながります。ここで、そのカウンターバランサーとして勢力を均衡させるために、こちらが輸出停止したらアメリカが困るような日本独自の高度な技術開発を進め、アメリカに提供できるようになることが重要であると考えますが、総理大臣のお考えをお聞かせください。  

浅田均

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

そのような考えのもとに、FACOという仕組みを取りやめて、平成三十一年度以降は、つまり令和元年度以降は、完成機輸入に切りかえるという苦渋の決断をしたところでございます。  我々としては、引き続き、国内の防衛生産、技術基盤の育成、高度化は重要であるというふうに考えておりますので、FACOでの経験をしっかりと生かして、次につないでいくことができるように努力をしていきたいと思っております。

岩屋毅

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

取得数は四十二機から百四十七機に増加して、それに伴い、平成三十一年度以降の取得は完成機輸入によることとなりました。最も大きな理由なんですけれども、それは機体価格の低減でございます。百三十一億円が百十四億円に下がるとの答弁もございます。  

広田一

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

スリランカはこのグリホサート系農薬禁止ベトナムは新規輸入禁止するといった中、日本はその真逆を行っています。二〇二一年にこれ再評価するということを約束していますが、しかし、もう本当にこういった農薬の問題というのは早急に取り組まなければいけないと思います。  グリホサートがもたらす被害は発がん性だけではありません。

川田龍平

2019-06-05 第198回国会 衆議院 外務委員会 11号

我が国では、先ほども御指摘ありましたフィリピンでの輸入症例を除きまして、昭和三十二年を最後に、約六十年間、発生はしておりません。  一方、海外に目を向けますと、アジアアフリカ地域を中心に、年間約五万九千人の方が狂犬病で亡くなっているという状況でございます。こういう中で、狂犬病の発生が確認されていない国は日本も含めてごくわずかになってございます。  

吉永和生

2019-06-05 第198回国会 衆議院 外務委員会 11号

もちろん、一番のポイントというか関心事というか懸念は、TPP11で妥結した輸入枠の範囲を超えるようなことがないというところが一番大事なことでありまして、私も昨年、本会議質問をする機会もいただいたんですけれども、アメリカにはまた特別枠を設けるということがないように、TPPの水準が最大限だということはおっしゃっていますが、全体としてというようなお言葉も入ったりして非常に曖昧で、関係者の方々も非常に不安に

山川百合子

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

○関(健)委員 今の質問に関連して、では、台湾と韓国というのは非清浄国ということで、輸入を一部か、又は全部か、中止しているということですけれども、仮に日本が非清浄国になった場合、そこからの輸入圧力というのは高まる可能性というのは高いんでしょうか。  つまり、それさえなければいっぱい輸出するのになという姿勢なのか。

関健一郎

2019-06-05 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 16号

今まで、清浄国であって、非清浄国であるからあなた方のは輸入できませんよというのは、至極真っ当なあれなんですけれども、じゃ、今まで、過去にこの国が豚肉輸入していて、今、こちらが清浄国で、非清浄国だという理由で輸入がとまっている国というのは実際あるんでしょうか。

関健一郎