運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
16件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

2020-06-17 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第18号

                鈴木 宗男君                 伊波 洋一君    事務局側        常任委員会専門        員        神田  茂君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○核兵器を禁止し、廃絶する条約締結を呼び掛け  ることに関する請願(第七六号外一件) ○緊急出動のある自衛官官舎の改善に関する請  願(第八六号外八件) ○軍備増強計画

会議録情報

2019-06-26 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第19号

                山口那津男君                 浅田  均君                 井上 哲士君                 伊波 洋一君    事務局側        常任委員会専門        員        神田  茂君     ─────────────   本日の会議に付した案件イージス・アショア配備を行わないことに関  する請願(第二三号) ○軍備増強計画

会議録情報

2018-07-20 第196回国会 参議院 外交防衛委員会 第22号

第五七号外八件) ○安保法制戦争法)の即時廃止に関する請願(  第五八号外一件) ○戦争法安保法制)の即時廃止に関する請願(  第一七四号外一六件) ○イージス・アショア配備を行わないことに関  する請願(第一七九号外七件) ○秋田県へのイージス・アショア配備を行わな  いことに関する請願(第一八〇号) ○憲法違反戦争法安保関連法)を廃止するこ  とに関する請願(第二四五号外一五件) ○軍備増強計画

会議録情報

2017-06-16 第193回国会 参議院 外交防衛委員会 第28号

山口那津男君                 井上 哲士君                 浅田  均君               アントニオ猪木君                 伊波 洋一君    事務局側        常任委員会専門        員        宇佐美正行君     ─────────────   本日の会議に付した案件沖縄辺野古基地高江ヘリパッド建設中止  、軍備増強計画

会議録情報

2016-06-01 第190回国会 参議院 外交防衛委員会 第20号

次に、八ページの五八九号外五十三件は、辺野古基地建設中止と、オスプレイイージス艦を始め、攻撃型兵器購入など、軍備増強計画中止大幅削減を求めるもの。  次に、一二八四号と九ページの一二八五号の二件は、オスプレイ佐賀空港配備しないこと、佐賀空港を軍事基地化しないことを求めるもの。  最後に、二〇九八号外十三件は、女性差別撤廃条約選択議定書の速やかな批准を求めるものでございます。  

宇佐美正行

2007-02-22 第166回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

例えば、最近ではロシアが、これは今月九日の読売新聞の一面ですけれども、大軍備増強計画を発表して、二〇一五年までに総額約五兆ルーブル、日本円にして二十三兆円の予算軍事費に割いて、装備の四五%を更新していこう。こういう御時世ですから、きちんとここはやっていただかなければならない。  

長島昭久

1984-02-18 第101回国会 衆議院 予算委員会 第7号

さて、竹下大蔵大臣に対しまして、四年前、私はここで六十年度から第二の財政危機がやってくるのではないか、そして、だから今から徹底的に財政、税制の仕組みにメスを入れる必要があるし、当時五三中業といった中期業務見積もりが事実上軍備増強計画になっているから、中止を求めるようなことを述べました。

工藤晃

1982-04-27 第96回国会 衆議院 外務委員会 第12号

担当の局長は当然含まれていると考えられる、それで外務大臣は全くリンクしない、そしてアメリカの三月十五日の下院対日公聴会では、経済的な困難性軍備増強計画にひずみをもたらしているから経済援助という形で軍備近代化促進の方向を図るべきだという趣旨のことを言っているわけです。それから、ロング太平洋軍司令官公聴会での証言の大きな趣旨は木内さん認めているわけです。非常に矛盾をしているわけですね。

東中光雄

1980-11-25 第93回国会 参議院 内閣委員会 第10号

これがなぜ軍備増強計画でないと言うんですか。雪だるま式にふえていく、そのことにつながらないとおっしゃるんですか。私はこんなこと、いまの御答弁では納得できません。この質問は保留しておきます。  そして、いまもう一つの点、防衛計画の大綱の範囲内で行うんだから、こういうことをおっしゃる。そこで聞きます。

安武洋子

1980-11-04 第93回国会 衆議院 内閣委員会 第7号

特に中期業務見積もりは、主要な内容を国会と国民にひた隠しにして防衛庁や自衛隊が思うがままに軍備増強ができるという、まさに伸縮自在の軍備増強計画であります。これを政府計画に格上げさせようとの主張は、屋上屋軍備増強の論理であり、危険なものであります。  あわせて指摘しなければならないのは、こうした重大な内容を持つ本法案についての当委員会での審議についてであります。

榊利夫

1980-01-30 第91回国会 参議院 本会議 第4号

また、報道されておりますように、新しく国防教書の中で、日本、ヨーロッパ、アメリカの共同軍備増強計画というものを提起し、日本の問題についてもいろいろ言及しております。情勢はきわめて重大であります。  このような中で日本政府がとるべき態度はどうであるか。そこで、私は次の諸点について総理にお尋ねいたします。  

宮本顕治

1973-02-02 第71回国会 衆議院 予算委員会 第4号

四次防でも大問題なのに、それ以上の防衛力増強計画を、いわば中身のないまま、結論の数字だけのまま決定するようなことがあれば、これはまさに軍備増強計画ではないか。  それで、特に最近、私がその点でこの問題を考える場合にどうしても考えざるを得ないのは、政府は何べんも否定をされますけれども、アメリカの側で、日本は当然安保条約上の分担をもっとやるべきだという声が、この数年来非常に強くなっている。

不破哲三

1954-03-16 第19回国会 衆議院 外務委員会 第18号

つておりますと、共産陣営は何ら軍備もしなければ、すべて平和的に事を処理して行こうとしておるのに、アメリカを中心とする自由主義陣営の方で大いに挑戦的に出ておる、こういうようなお話のようにちよつと聞えるのでありますが、アメリカだつて多大の金を使つていろいろのことをやつておるのは、やはりそれ相応の心配もあるからでありまして、私は別にアメリカの政策をここで弁護しようとしておるのではありませんが、共産陣営内において何ら軍備増強計画

岡崎勝男

  • 1