運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
16421件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

報告書は、事故機の所属する飛行中隊の司令官シリア軍事作戦から戻ってきた兵士の話を紹介しながら、睡眠薬の使用は全ての航空部隊に広がっていると証言をしております。従来から、中東軍事作戦には在日米軍の部隊も参加してきました。  現在、日本に駐留する米軍関係者にもこうした薬物使用、アルコールの過剰摂取などが広がっている可能性があります。  

赤嶺政賢

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

なぜこうした質問をしているかというと、今回の自衛隊の派遣の一番の問題は、民間船舶の航行の安全確保を目的とした警察活動を行う前提で自衛隊艦艇等を派遣するとしながら、そうした活動はイラン軍事的に対立する米国との軍事戦略の一環として行われることにあるのではないか。したがって、自衛隊派遣の合憲性は、こうした軍事作戦の側面から警察活動をいかに切り離して実施できるかにかかっている。

篠原豪

2019-11-06 第200回国会 衆議院 法務委員会 5号

その後は、特定秘密保護法をやりまして、私も特別委員会に入れていただきましたが、あのときはまだ世間の理解がなく、その後、私はどちらかというと外交安保の分野に移ったわけでございますが、改めて、あのときの法案で、特にGSOMIA、トップシークレットを守り合う、そうでないとなかなか軍事情報というのはお互いに融通できないということを、あのときはまだ国民の理解がなかったと思いますが、今はGSOMIAが、韓国

浜地雅一

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

どちらか一方の側に軍事的に肩入れすることは絶対にやってはならないと思います。  政府がやるべきことは、欧州諸国と連携して、核合意の維持をアメリカイラン双方に働きかけることであります。政府が検討を進める中東への自衛隊派遣は、実質的に参加と変わらない、多国籍軍への軍事協力そのものだと思います。  憲法九条に違反し、中東地域の緊張を高める自衛隊派遣はやめるよう強く求め、質問を終わります。

赤嶺政賢

2019-10-29 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 1号

中国は、透明性を欠いたまま継続的に高い水準で国防費を増加させ、軍事力を広範かつ急速に強化し、周辺海空域等における活動を拡大、活発化させております。  また、ゲームチェンジャーとなり得る最先端技術の開発に各国が注力するなど、テクノロジーの進化が安全保障の在り方を根本的に変えようとしています。  

河野太郎

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

佐藤・ニクソン会談の共同声明というのは、米国が沖縄軍事基地を日米安保条約に基づき保持することを確認するものであったわけです。即時無条件全面返還という県民の要求ははねのけられておりました。  その後、一九七一年六月に沖縄返還協定が調印をされましたが、占領下で構築された基地をほとんどそのまま存続させたものでありました。

赤嶺政賢

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

今回の船舶安全確保のための検討を私は否定するつもりはありませんけれども、やはり主軸は軍事より外交でございまして、今までの仲介外交の努力を続けていただいて、政府アメリカイラン両国に緊張緩和に向けた働きかけを引き続き行っていくという、そういう一層の外交努力をしっかりとやはり続けるべきではないか、そのように考えるんですけれども、今後一層の努力をどう進めていかれるのか、茂木外務大臣の御答弁をいただきたいと

佐藤茂樹

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

○赤嶺委員 私は、あの要望書を読んで、復帰前と同じような、軍事植民地的な米軍による事件が今日なお起こっている。やはり、歴史のボタンをかけ間違えたのが、一九七二年、日本政府国際法違反の土地強奪を合理化しようとしたあの返還協定に大もとがあるなということを強く感じました。要望書の実現方については、これからもまた質問をしていきたいと思います。  

赤嶺政賢

2019-10-18 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 1号

中国は、透明性を欠いたまま継続的に高い水準で国防費を増加させ、軍事力を広範かつ急速に強化し、周辺海空域等における活動を拡大、活発化させております。  また、ゲームチェンジャーとなり得る最先端技術の開発に各国が注力するなど、テクノロジーの進化が安全保障のあり方を根本的に変えようとしています。  

河野太郎

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 2号

が、中国は依然として尖閣諸島に向けての圧力、侵入は日々行っているわけでありますし、また、それだけではなく、日本海に向けても軍事的影響力を伸ばすなど、安全保障上の脅威は変わっていないというか、若しくはむしろ増していると言わざるを得ません。  また、一時的な休戦は関税とかについてあるとは思うんですけれども、米中の対立は長く続くと私は思います。

松川るい

2019-10-11 第200回国会 衆議院 予算委員会 2号

中ロはどんどんどんどん軍事拡張している。後ろを見たら、日米同盟関係でアメリカが不公平だと言っている。そして、自国ファーストだと。  本当に私がきょう前半で申し上げたかったのは、憲法改正という概念議論よりも、本当に日米安保の役割分担とか、今の日本の周辺環境に合った、安全保障環境に合ったような防衛体制に変えることが今の総理の本当になされるべきことではないですか。

前原誠司

2019-10-11 第200回国会 衆議院 予算委員会 2号

そして、アメリカ太平洋軍ハリス司令官が、二〇一七年、米上院軍事委員会でこう証言しているんですよ。日本は、THAADかイージス・アショア、あるいは両方の導入を決断すべきだ、日本がこれらを購入すれば、我々が配備しなくて済むと。  アメリカ議会アメリカ司令官がはっきりと言っているじゃないですか。  しかも、このアメリカのためのイージス・アショアに一体幾ら税金を投入していくことになるのか。

宮本徹

2019-10-11 第200回国会 衆議院 予算委員会 2号

トランプ流というのは、その電話に先立って、ウクライナへの四億ドル相当の軍事支援を一方的に凍結しているんですよ。つまりは、調べるよね、調べなかったら軍事支援は凍結しているからね。おどしじゃないですか。  私は、きょうは同僚議員に譲ってそのテーマはやりませんでしたけれども、自動車だって同じじゃないですか。

前原誠司

2019-10-10 第200回国会 衆議院 予算委員会 1号

前日、サウジアラビア石油基地の攻撃もありました、また、きのうから報じられているところによりますと、トルコ軍事行動も開始された、こういったことであります。中東の安定、エネルギー問題一つとっても我が国の国益に大変大きな影響がある、大変重要な課題であると認識をしています。  その中にあって、総理は、米国とイランの関係が深刻化する中にあって、この両国の緊張緩和に尽力をされてこられました。  

岸田文雄

2019-10-10 第200回国会 衆議院 予算委員会 1号

同時に、今、懸念についてお話がございましたが、我が国としても、弾道ミサイルの発射を始めとする北朝鮮軍事行動について、引き続き、米国と緊密に連携をしながら、必要な情報の収集、分析及び警戒監視に全力を挙げていくとともに、このミサイル防衛能力の強化を着実に進めていく必要があるわけでございまして、しっかりとそれを進めていきたい、こう考えております。

安倍晋三

2019-10-10 第200回国会 衆議院 予算委員会 1号

こうした北朝鮮軍事技術の進化、これは重大かつ差し迫った国民にとっての脅威でありますし、国際社会の安定、安全、こういったものを損なうものである、このように認識をします。  しかしながら、総理に私たち自民党の党内の議論の雰囲気を率直に申し上げるならば、政府の対応あるいはこうした北朝鮮の動きに対する説明、これに対する大変な歯がゆさを感じている、こういった雰囲気があります。

岸田文雄

2019-10-09 第200回国会 参議院 本会議 3号

軍事最優先の強行的意思と冒険的な駆け引きは健在であり、軍事能力は著しく向上をしております。これまで二度の米朝首脳会談、そして板門店でのサプライズ的な対面はあったものの、北朝鮮情勢は決して楽観できるものではありません。  先週、十月二日には、島根県沖、日本海上の我が国の排他的経済水域内にSLBM、潜水艦発射弾道ミサイルが落下をいたしました。

石井準一

2019-10-07 第200回国会 衆議院 本会議 2号

正確な地形の把握は、軍事における基本中の基本。どんなに正面装備を強化しても、地形の把握すらできないのでは、国を守ることなどできません。旧日本軍が兵たんを軽視した過ちに通じるものであります。  防衛省のずさんな対応をどう受けとめ、どう改善するのか、総理の説明を求めます。  また、このようなずさんな調査もあって、秋田を始め地元の反発、反対が強まっています。それでも配備を強行するのでしょうか。

枝野幸男

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

アメリカの対外有償軍事援助、FMSに基づく購入額が増加する中で、防衛装備の調達について、日本安全に何が必要かではなくて、アメリカが売りたいと思っているものをアメリカの言いなりになって買っているのではないかと言わざるを得ません。  そもそも、日本安全保障については、シビリアンコントロールの観点から、大きな問題が生じ続けています。  

枝野幸男

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

他方で、大臣は、財政法にある財政規律の堅持という責任を投げ捨て、補正予算まで活用して、F35戦闘機やイージス・アショアを始めとする米国製の高額な兵器爆買いなど、軍事費を野方図に拡大する予算編成を繰り返し、後年度負担を急激に膨張させ、未来世代予算まで食い潰しております。国民の暮らしを守るためにも、これ以上、麻生大臣財務大臣を任せるわけにはまいりません。  

宮本徹

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

報道で、先週、アメリカのディフェンス・ニュースという軍事専門誌、これが独自入手で、F35についての関連の文書を入手したと。気圧の急変で鼻などに激痛、パイロットの鼻などに激痛が起こるとか、着陸時のタイヤの破裂で機体が破壊されるおそれがあるとか、まさに安全に関連のある項目をアメリカの信頼性のある軍事専門誌が内部文書を入手したと。  

本多平直

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

○岩屋国務大臣 CSISに限らず、こういう軍事あるいは防衛国防安全保障のさまざまな研究機関があり、あるいは雑誌があり、さまざまな見解が述べられているわけですけれども、その一々に反応したり抗議をしたりということではなくて、我が国としての考え方を政府としてはあらゆる機会を捉えてしっかり国民に理解してもらえるように説明をしていくということが大切ではないかというふうに考えております。

岩屋毅

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

○青柳委員 逆にイランの立場は、米国が核合意から一方的、不当に離脱した、米国がイランに対して交渉に戻ってこいと要請するのは皮肉だ、軍事的緊張の責任は米国にある、米国の姿勢こそ、この域内の情勢の不安定化を招いているというのがイランの立場だと思いますけれども、このイランの立場について我が国は支持しますか。

青柳陽一郎