運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
14788件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-21 第198回国会 参議院 議院運営委員会 29号

合区であぶれる与党議員救済するために定数を増やすことは、議員という身分を守るだけの保身政治そのものであり、自公の党利党略以外の何物でもありません。議員定数そのものが既得権になってしまっています。  また、定数六増の法案は倫選特に付託されております。全くこれが審議されておりません。採決もされておりません。今からでもまだ間に合うというふうに考えます。議員定数をせめて六減らすべきであります。  

東徹

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

一七年の日経では、社説で、ポスドクを増やしたことが、任期後の就職先がなく、収入身分が不安定な高学歴ワーキングプアと呼ばれる若手研究者が増えてしまったと結論付けている。高学歴ワーキングプア問題、現在もずっと続いている話です。  資料の六。二〇一八年に発表された平成三十年度学校基本調査

山本太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

その上で、今御指摘になられた、文科省のかつての若手研究者、ポストドクターの拡大によって非常に身分が不安定になった方々がたくさんいらっしゃったという、こういうことについての我々としての考え方なんですけれども、まさしくこの部分、今おっしゃったところは的を射ているというように思います。

柴山昌彦

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 30号

六増、参議院で定数をふやしたことに伴い、こういう対応をされたというふうに認識をさせていただいておりますけれども、議員身分歳費にかかわる話でありますから、参議院での審議の過程、経過を見る限り、やはり、与党案があって野党案があって、採決をして与党の数の力で成立をさせて、こうして衆議院に論戦の場を移しているというこの状態、このこと自体がまずいかがなものかなというふうに思います。  

手塚仁雄

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

というのも、やっぱりこれだけの件数が増えている中で、対応協力員、もっと数を増やしていかなければいけないんじゃないかということでもありますし、身分についても非常勤という不安定なポジションです。そして、身分保障や処遇改善も必要だというふうに思いますが、国としての支援策、いかがでしょうか。

矢田わか子

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

これは、議員という身分がもう本当に守るためだけという保身政治そのものでありますし、議員身分とか議員定数というものが本当に既得権になっているなというふうに思います。そうやって議員定数を増やしたということが一つ。  議員定数を増やしたことによって、じゃ、その分だけの歳費を削減しましょうということが自民党、公明党さんの方から出てきました。

東徹

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

ただ一方で、仮に委員の御指摘が、成人にすれば当然に法律上の親子関係を復活させるべきだ、あるいは親子関係に伴う義務、例えば扶養義務とかあるいは相続、そういったものを復活させるべきだということになると、これは、親族法というのは、そういった身分を有するがゆえに、そういった権利義務法律上規定するというところにこの意味があるわけでございます。  

山下貴司

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

中でも、全国比例の定数を増やすことは、合区であふれる自民党議員救済策でしかなく、議員身分を守るという保身政治そのものの、あり、議員身分議員定数そのものが既得権と考えていることがよく分かりました。  次に、自公案について申し上げます。  この案は、月七万七千円を参議院議員だけで自主返納することとしています。

東徹

2019-06-04 第198回国会 参議院 内閣委員会 21号

在外投票についてということですけれども、国内については、いきなり一億人全員に対してインターネット投票をしろと言っているわけではなくて、マイナンバーさえあれば、御自身がいらっしゃる地域の区役所なりに行って身分提示をし、で、もう住民票はここにあるんですということで導き出していただいた結果に基づいて、そこで立会人の下で事前投票なりできるような仕組みを考えてほしいという要望であります。  

矢田わか子

2019-06-04 第198回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 4号

研究の成果が上がらないと、定年まで助手のままで過ごすということもごくごくまれにいたわけでございますが、ただ、ある種身分保障があったわけです。そうした中で、本当に好きなことをやって熱心にやっているうちに、すごい研究成果を出すとか、いい課題にめぐり会っていい研究をするという方もいたというふうに感じております。  しかしながら、今はポスドクとかいうような形で任期つきのものが非常に多くなってきている。

櫻井周

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 23号

○浜口誠君 今回の各会派各党が出している法案は、参議院身分に関わる非常に重要な法案を審議しないといけないというふうに思っております。  そういう観点で、我が会派も、先ほど舟山理事からもありましたけれども、定数を元に戻して、なおかつ二増二減、これは、一票の較差を是正するために選挙区では二つ増やすけれども、比例で二つ減らして全体の定数は変えないと、こういう法案を二月の八日に出しています。  

浜口誠

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 23号

既に各委員の方からお話もございましたが、私どもは、そもそも国会議員のこの身分に関しては、全党全会派がやっぱり理解をして、そして合意を得る、こういう当たり前の工程がなされるべきだろうというふうに考えております。  しかし、今回のこの法案についても、過去の選挙制度の見直しと同様に、与党のやはり強引な運営というものが行われております。

難波奨二

2019-06-03 第198回国会 参議院 議院運営委員会 23号

これはどこの憲法の教科書を見ても、国会議員の身分保障、国民のために代表者として働くための身分保障であり、それは国民の側から見れば参政権の保障の規定というふうにされております。  好きな金額だけを幾らでも戻せるような制度をつくると、こうした憲法四十九条の趣旨を踏み外してしまうのではないのか。

小西洋之

2019-05-31 第198回国会 衆議院 法務委員会 21号

個人情報保護法第二条第三項に定めます要配慮個人情報とは、「本人の人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報」を言います。  

福浦裕介

2019-05-29 第198回国会 参議院 議院運営委員会 21号

こういった国会議員の身分に関することについては円満な形でやっていくべきであるということがもちろんベストだという観点から、今回、採決というやり方ではないやり方で、やはりきちっとみんなが納得した形でやっていく必要があるのではないかなというふうに思っているところでございます。  

白眞勲

2019-05-24 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 21号

やはり婦人相談員の方々の身分やまた給与とかがしっかり安定しないと相談業務はできませんので、ここをしっかりお願いしておきたいと思います。  最後の一問に行きます。児童養護施設の小規模化の話を一点だけさせてください。  児童養護施設の小規模化ということで、地域のファミリーソーシャルワーク拠点を目指す、この方向性は私も賛成であります。  

尾辻かな子

2019-05-24 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 21号

これから児童虐待のこと、やはり後ろには暴力、DVなども一緒に絡んでいる話が多くなる中で、その対応をする婦人相談員の身分がこれで本当にいいのだろうか。そして、今後は会計年度任用職員にもなっていくわけですよね。そうすると、また雇いどめの話なんかも出てくるわけです。  処遇改善、そして雇いどめにならないような通知、こういうことが必要かと思いますが、いかがでしょう。

尾辻かな子

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 19号

今、そのうちの一番目の理由として、そもそも身分証明をするものがない。  これは、以前の問題だったというふうに思っております。今、警察庁の方で御説明をいただきました。運転経歴証明書というものが発行され、また認知がされるに従って、そこの部分は一つハードルが下がったんだろうなというふうに理解をしております。  そして、肝心なのは二つ目であります。  

金子俊平

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 19号

それで、それにかわる、身分証明書がわりとして運転経歴証明書というものを発行するということが今行われているわけですが、まだまだ十分にそのことが周知されていないなということを感じるのと、自主返納だけだったら一銭もかからないんですよね。でも、運転経歴証明書を発行してもらうと手数料がかかるんですよね。  それは、ちょっと事実確認ですけれども、手数料、かかるんですよね。

初鹿明博

2019-05-24 第198回国会 衆議院 内閣委員会 19号

この運転経歴証明書でございますが、犯罪収益移転防止法施行規則上、本人確認書類と認められておりまして、金融機関の口座開設でありますとか不動産取引などにおきまして、身分証明書として用いられてございます。  このほか、警察では、自主返納された方への支援につきまして、自治体また民間事業者に働きかけを行っております。

北村博文

2019-05-24 第198回国会 衆議院 法務委員会 19号

逆に、そうならないと身分関係というのは安定しないので、ぜひとも、今まだ批准されていないということでございましたので、条約批准に前向きな検討をお願いしたいなというふうに思っております。  時間も参りましたので、これにて私の質問を終わりたいと思います。  どうもありがとうございました。

松平浩一

2019-05-23 第198回国会 参議院 法務委員会 15号

韓国の身分登録制度でございますけれども、二〇〇五年の四月に家族関係等の登録に関する法律が制定されまして、二〇〇八年の一月一日より個人別に作成される家族関係登録簿が施行されることになったというふうに承知しております。  

小野瀬厚

2019-05-23 第198回国会 参議院 法務委員会 15号

この戸籍制度は、国民親族身分関係を登録、公証するための制度でございます。  この我が国の戸籍につきましては、国民の現在の身分関係を明らかにするだけでなく、入籍あるいは除籍があるごとに戸籍を相互に関連付けることによって過去の身分関係の来歴を明らかにすることができるようになっておりまして、非常に精緻な制度であると考えております。  

小野瀬厚

2019-05-23 第198回国会 参議院 法務委員会 15号

では、諸外国はどのような身分登録制度なのか調べてみますと、フランス個人単位の身分登録で、出生、婚姻、死亡については登録しています。ドイツイギリスアメリカは、登録の種類は少し違いますが、いずれも個人単位の身分登録制度を取っています。  そこで、法務省に伺いますが、かつて日本のような家族単位の戸籍を持っていた韓国が個人籍とした経緯を把握されているでしょうか、伺います。

糸数慶子

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 18号

そして、そのアドハーに登録した身分証明、登録の際には顔写真とか全ての手の指の指紋、それから両目の虹彩の登録などもされるというふうになっています。  生体認証の活用ができる状態の中で多くの人が持っている、この持っているのも、理由の一つにはやっぱり、日本のように税、タックスを徴収するときだけに必要なんだということではなくて、給付を受けるのにもこのカードが要るんだと。福祉的な給付含めてです。

矢田わか子

2019-05-23 第198回国会 参議院 内閣委員会 18号

一方で、今度、戸籍法の改正というのは、今言った身分情報データベースだけじゃなくて、誰と誰が婚姻していたのかという身分関係、これもデータベース化するという戸籍法の改正が今この国会で審議されて、今日辺りでしょうか、法務委員会で審議されているところなんですけれども、こちらの身分関係の情報データベースの方は個人情報保護委員会の評価の対象になる。

田村智子

2019-05-23 第198回国会 参議院 環境委員会 7号

ドイツ、またスウェーデンの方では、園舎を持たない森のようちえんがきちんと認可を受けて、そして補助金もいただいていますし、先生たちの身分保障されている。この世界の潮流からまさに逆行していく、この自然保育をまるで切り捨てるようなこの無償化について、原田環境大臣の御所見を伺いたいと思います。

宮沢由佳

2019-05-21 第198回国会 参議院 内閣委員会 17号

我が国の運転免許証は、ただ自動車の運転免許証というだけではのみならず、住所、生年月日、顔写真の入ったいわゆる身分証明書として位置付けられているという面もございます。学校を出てから運転免許証とともに戦後の高度成長期を生き抜いてきた、そういう先輩方も多くいらっしゃると思います。免許証は人生の一部分になっている、免許証を手放すことに踏み切れない、こういう心理も私もとてもよく分かります。  

三原じゅん子

2019-05-21 第198回国会 参議院 内閣委員会 17号

マイナンバーカードは市町村での厳格な本人確認を経て発行され、顔写真身分証明書として、対面での本人確認に加え、ICチップに搭載された公的個人認証により非対面での電子的な本人確認も確実に行うことを可能とするものでありまして、ソサエティー五・〇時代にふさわしい身分証明書であると考えております。  

北崎秀一

2019-05-21 第198回国会 参議院 法務委員会 14号

第一に、法務大臣が、磁気ディスクをもって調製された戸籍又は除かれた戸籍の副本に記録されている情報を利用して、親子関係の存否その他の身分関係の存否に関する情報、婚姻関係その他の身分関係の形成に関する情報その他の戸籍関係情報を作成し、これを行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づき、行政機関、地方公共団体等からの照会に応じて提供することができるようにする措置を講ずることとしております

山下貴司