運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
57238件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-22 第201回国会 参議院 文教科学委員会 閉会後第1号

教師の質の向上のために免許更新を行うという考えには賛成です。しかし、その在り方を考える必要があると思います。  まず、大学で三十時間の講義を受講するために現場の先生方はどのようなことをやっているかといいますと、申込みの日付が変わる真夜中、要するに夜中の十二時から申込みがスタートするんですね、ネット上で。

下野六太

2020-07-22 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第11号

ことしの二月から三月にかけて、SDG4教育キャンペーンが各政党アンケート調査を実施いたしましたが、自民党の皆さんから私たち日本共産党まで七政党全てが、教育予算OECD平均並みにふやすことに賛成をしているという状況です。ですから、この少人数学級を含めて、教育の前進というのは、全ての政党が今力を合わせて実現をしていくものだというふうに思います。少人数学級もそういう課題になっております。  

畑野君枝

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

○国務大臣(西村康稔君) 第一次補正予算を含む緊急経済対策に加えて、先般、野党皆さんにも御賛成多くの野党皆さんに御賛成をいただいて二次補正予算を成立させていただいたわけですけれども、あわせて、財政支出百二十一兆円、事業規模二百三十四兆円という、GDPの四割を超える過去最大規模対策を今講じているところであります。

西村康稔

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

小西洋之君 厚労大臣、今お聞きいただいたように、今回の、西村大臣もお越しいただいておりますが、緊急事態宣言の目的は、感染拡大を阻止するだけではなくて、検査や医療の体制構築をするためであった、つまり、国民経済はもう血へどを吐く思いで耐えてきた、そして国家経済的にも莫大な予算を計上して、一定の予算、我々も賛成しましたけれども、設けている。

小西洋之

2020-06-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 閉会後第1号

共同経済活動をめぐっても、日ロ互いの法定の枠組みを害さない形で協議すると言ってきたはずなんだけど、ロシア側が、いや、ロシア法制下でやるんだというふうに言ってみたり、最近は、報道によると、日ロどちらの法律を適用するのかの管轄権問題ですね、この棚上げを提案しているとか、さらに、来月の七月には領土割譲禁止を含む改憲案是非を問う国民投票が行われると、賛成多数で成立する見込みだということが報道されているわけです

紙智子

2020-06-17 第201回国会 衆議院 議院運営委員会 第40号

塩川委員 私は、日本共産党を代表して、今国会会期を十二月二十八日まで百九十四日間延長する動議賛成意見を表明します。  会期延長を求める第一の理由は、国会として新型コロナウイルス感染症対策に全力を挙げるためです。新型コロナ危機は収束していません。暮らし、雇用、営業、教育、文化を守り、支えるために、必要な支援を直ちに行うことが求められています。  

塩川鉄也

2020-06-17 第201回国会 衆議院 本会議 第34号

次に、内閣委員会から申出特定給付金等の迅速かつ確実な給付のための給付名簿等作成等に関する法律案政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会から申出公職選挙法及び地方自治法の一部を改正する法律案憲法審査会から申出の第百九十六回国会細田博之君外六名提出日本国憲法改正手続に関する法律の一部を改正する法律案は、各委員会及び憲法審査会において閉会審査をするに賛成諸君起立を求めます。

大島理森

2020-06-16 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第5号

賛否どっちかというと、もちろん我々は、予算の組み替えという動議を出した上で、最終的には賛成しましたが、それは苦渋の賛成だったと言わざるを得ないと思っております。  民主主義というのはいきなり瓦解するものではなくて、こうした一つ一つの小さな積み重ね、額は小さくないですけれども、十兆円の予備費、こういったものから、少しずつ積み重なって劣化していくものだと思います。  

重徳和彦

2020-06-16 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第14号

そして、もし審議に入れていれば、幅広い方々賛成意見をお持ちの方も反対意見をお持ちの方も是非委員会等に御出席いただき、我々、委員先生方もまた御主張されたかもしれません。そうした幅広の議論ができればお互いにコミュニケーションが取れたのかもしれませんが、そういうのができないタイミングだったということも非常に残念であったなというふうに考えております。

江藤拓