運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
34799件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-10-04 第200回国会 衆議院 本会議 1号

その豊富な経験や知恵は、日本社会の大きな財産です。  意欲ある高齢者の皆さんに七十歳までの就業機会を確保します。いつまでも健康でいられるよう、予防にも重点を置いた医療介護の充実を進めます。同一労働同一賃金によって正規、非正規の壁がなくなる中で、厚生年金の適用範囲を拡大し、老後の安心を確保します。  年金医療介護労働など社会保障全般にわたって、人生百年時代を見据えた改革を果断に進めます。

安倍晋三

2019-10-04 第200回国会 参議院 本会議 1号

その豊富な経験や知恵は、日本社会の大きな財産です。  意欲ある高齢者の皆さんに七十歳までの就業機会を確保します。いつまでも健康でいられるよう、予防にも重点を置いた医療介護の充実を進めます。同一労働同一賃金によって正規、非正規の壁がなくなる中で、厚生年金の適用範囲を拡大し、老後の安心を確保します。  年金医療介護労働など社会保障全般にわたって、人生百年時代を見据えた改革を果断に進めます。

安倍晋三

2019-08-05 第199回国会 衆議院 決算行政監視委員会 1号

平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会内閣提出)  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その2)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会内閣提出)  平成二十八年度一般会計歳入歳出決算  平成二十八年度特別会計歳入歳出決算  平成二十八年度国税収納金整理資金受払計算書  平成二十八年度政府関係機関決算書  平成二十八年度国有財産増減及

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 総務委員会 1号

総務大臣政務官      國重  徹君    総務委員会専門員     近藤 博人君     ――――――――――――― 八月一日  行政機関の保有する情報の公開に関する法律等の一部を改正する法律案後藤祐一君外十四名提出、第百九十五回国会衆法第五号)  地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案細田博之君外十二名提出、第百九十八回国会衆法第三三号)  日本放送協会平成二十八年度財産目録

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

法務行政及び検察行政に関する件   七、国内治安に関する件   八、人権擁護に関する件  外務委員会   一、国際情勢に関する件  財務金融委員会   一、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案古本伸一郎君外二名提出、第百九十八回国会衆法第二九号)   二、財政に関する件   三、税制に関する件   四、関税に関する件   五、外国為替に関する件   六、国有財産

高市早苗

2019-08-05 第199回国会 衆議院 財務金融委員会 1号

第百九十八回国会古本伸一郎君外二名提出、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案 並びに  財政に関する件  税制に関する件  関税に関する件  外国為替に関する件  国有財産に関する件  たばこ事業及び塩事業に関する件  印刷事業に関する件  造幣事業に関する件  金融に関する件  証券取引に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと

坂井学

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

件   六、法務行政及び検察行政に関する件   七、国内治安に関する件   八、人権擁護に関する件  外務委員会   一、国際情勢に関する件  財務金融委員会   一、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案古本伸一郎君外二名提出、衆法第二九号)   二、財政に関する件   三、税制に関する件   四、関税に関する件   五、外国為替に関する件   六、国有財産

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 17号

古本伸一郎君外二名提出、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案 並びに  財政に関する件  税制に関する件  関税に関する件  外国為替に関する件  国有財産に関する件  たばこ事業及び塩事業に関する件  印刷事業に関する件  造幣事業に関する件  金融に関する件  証券取引に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが

坂井学

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

国民の命と財産を守ることは、政治責任です。本来であれば、我々国会議員も、与野党問わず結束し、現地の災害対応を始め、それぞれの地域防災減災対策の強化に取り組まなければなりません。それにもかかわらず、このタイミングで内閣不信任決議案を提出することは、全く理解に苦しみます。野党政治姿勢に対して、まず厳しく指摘させていただきたいと思います。  

佐藤英道

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

率直な意見の交換又は意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ及び不当国民の間に混乱を生じさせるおそれがあること、並びに事務の適正な遂行に支障を及ぼすおそれに加えて、契約交渉又は争訟に係る事務に関し、国等の財産上の利益や当事者としての地位不当に害するおそれがあるから不開示としたというものでありました。  

川内博史

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

佐川氏が辞任したときも、辞任は佐川氏からの申出だと説明しているにもかかわらず、国有財産行政にかかわる信頼を損なったことを踏まえ、減給二〇%、三カ月の懲戒処分にすると発表し、それに対してのみずからの任命責任を問われると、今度は、彼は極めて有能だし真面目、適材適所だったとうそぶくという、全くもって支離滅裂な発言を繰り返しました。  悪質な公文書改ざんを主導した人が国税庁長官として適材だったのですか。

今井雅人

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

国民財産であり、国家の礎である公文書をないがしろにし、前代未聞の不祥事です。それにもかかわらず、誰一人その任を問われることなく、責任者の中心、一人であった当時の佐川理財局長は、驚くことに国税庁長官に昇進し、退職金のほぼ満額を受領して無事退職をしました。結果責任を負う麻生大臣は、この不祥事の責任を自らしっかり負うべきだと指摘をさせていただきます。  

蓮舫

2019-06-20 第198回国会 参議院 内閣委員会 24号

皇室財産を譲り受けるには、日本国憲法第八条の規定により国会議決に基づかなければならないことになっておりますが、皇室経済法及び皇室経済法施行法の規定によりまして、通常の私的経済行為に係る場合等のほか、天皇、上皇及び内廷にある皇族について一年間にこれらの方を通じて、譲受けの価額の合計が六百万円に達するに至るまでの場合には、そのたびごとに国会議決を要しないこととなっております。  

菅義偉

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

内閣官房長官)     菅  義偉君    国務大臣    (復興大臣)       渡辺 博道君    国務大臣    (国家公安委員会委員長)    (防災担当)       山本 順三君    国務大臣    (沖縄及び北方対策担当)    (消費者及び食品安全担当)    (少子化対策担当)    (海洋政策担当)     宮腰 光寛君    国務大臣    (クールジャパン戦略担当)    (知的財産戦略担当

None

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

令和元年六月十四日(金曜日)    午前十時一分開議     ━━━━━━━━━━━━━ ○議事日程 第二十六号   令和元年六月十四日    午前十時開議  第一 平成二十九年度一般会計歳入歳出決算、   平成二十九年度特別会計歳入歳出決算平成   二十九年度国税収納金整理資金受払計算書、   平成二十九年度政府関係機関決算書  第二 平成二十九年度国有財産増減及び現在額   総計算書  第三 

None

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

議長伊達忠一君) 日程第一 平成二十九年度一般会計歳入歳出決算平成二十九年度特別会計歳入歳出決算平成二十九年度国税収納金整理資金受払計算書、平成二十九年度政府関係機関決算書  日程第二 平成二十九年度国有財産増減及び現在額総計算書  日程第三 平成二十九年度国有財産無償貸付状況総計算書  以上三件を一括して議題といたします。  まず、委員長の報告を求めます。

伊達忠一

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

そこで、次の質問に移りたいと思いますけれども、先ほども冒頭に申し上げたように、若干、報告書のトーンを見ていると、投資を勧めている、かなり後押ししている雰囲気があるわけですけれども、それが問題だと言う方もいらっしゃるんですが、私はむしろ、私どもの若いころは財形というのがあって、非課税の財産形成預金というのがあって、全く非課税で、いい時代だったんですね。

竹内譲

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

それぞれやはり望ましい生活水準などを考えておられますけれども、働き方の希望ですとか、収入、資産の状況なども様々でございますので、国民の老後所得というのは、公的年金を中心としつつ、稼得所得あるいは仕送り、あるいは個人年金企業年金財産所得などが組み合わさっているのが実態だと思っております。  

木下賢志

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

こうしたこれまでに直面したことのない安全保障環境の中で、我が国が平和国家として更に力強く歩んでいくためには、我が国自身が、国民生命、身体、財産領土領海領空主体的、自主的な努力によって守る体制を強化する必要があります。このような認識の下、専守防衛を前提に、従来の延長線上ではない、真に実効的な防衛力のあるべき姿を見定め、新たな防衛大綱と中期防を策定いたしました。  

岩屋毅