運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6739件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 6号

今までからるる説明しておりますし、加藤大臣、財務省の方からも先日お認めいただきましたように、私の配付資料の一ページ目、上は財務省の資料、下はその財務省の資料をもとにしてうちの事務所でつくった資料、書いてありますよね、財務省の資料にも。高所得者への給付を回復すると、低中所得者の給付水準が低下する。その高所得者というのは約一%。

山井和則

2019-11-19 第200回国会 参議院 財政金融委員会 3号

き受けたのは割引国債、短期国債ですので、一年で翌年には現金償還してもらっていますので、借り換えた部分、満期到来国債のごく一部について借り換えた部分についても、結果的に一年間返済が延びたというだけでございまして、こういった日本銀行によるごく一部の一年間の割引短期国債による借換えというものは、何か国債をずっと永遠に持ち続けるというようなことを意味したものでもありませんし、先ほど来申し上げているように、財務省

黒田東彦

2019-11-19 第200回国会 参議院 財政金融委員会 3号

このごく一部の借換えのための引受けというものは、財務省からの要請を受けた場合において、金融調節上特段の支障が生じないことを確認した上で、先ほど申し上げたように、割引短期国債により行っているものでございます。  したがいまして、先ほど申し上げたように、基本的に現金償還を受けており、今後とも現金償還を受けられるというふうに認識しております。

黒田東彦

2019-11-19 第200回国会 参議院 財政金融委員会 3号

補正予算の議論も進行していると承知しておりますけれども、経済対策について、これは財務省に伺いたいと思いますけれども、総理からは、経済対策として、一つは、災害がございましたのでその災害の復旧復興の加速とそれから国土強靱化の推進ということと、さらには経済下振れリスクに対応した、中小企業などの支援ということだろうと思いますが、そういった経済の下振れリスクに対応した対策支援、さらには東京オリンピック後の経済

熊野正士

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

   (内閣府地方創生推進事務局審議官)        中原  淳君    政府参考人    (内閣府地方創生推進事務局審議官)        村上 敬亮君    政府参考人    (金融庁総合政策参事官)            石田 晋也君    政府参考人    (復興庁統括官)     東   潔君    政府参考人    (復興庁審議官)     奥  達雄君    政府参考人    (財務省大臣官房審議官

None

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

創生本部事務局地方創生総括官補多田健一郎君、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長高橋文昭君、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長辻庄市君、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長菅家秀人君、内閣府民間資金等活用事業推進室室長石川卓弥君、内閣府地方創生推進事務局審議官中原淳君、内閣府地方創生推進事務局審議官村上敬亮君、金融庁総合政策参事官石田晋也君、復興庁統括官東潔君、復興庁審議官奥達雄君、財務省大臣官房審議官小野平八郎君

山口俊一

2019-11-14 第200回国会 参議院 内閣委員会 4号

英司君        人事院事務総局        給与局長     松尾恵美子君        内閣府大臣官房        長        大塚 幸寛君        警察庁長官官房        審議官      太刀川浩一君        警察庁長官官房        審議官      高田 陽介君        総務省自治行政        局公務員部長   大村 慎一君        財務省主計局

None

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

ただ、制度全体としても、先ほど言ったものづくり補助金で、その延長上にあるものに関してはしっかり対応しようということでもあるでしょうし、それぞれの場合によって対応していただくと、まあ財務省との相談の上ということになると思うんですけれども、そういったことができるものだと思っております。

梶山弘志

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

就任と同時に、この制度をしっかりとつくりたいということと、どうしても財務省とのやり取りをしっかりやってほしいということを言いました。その提案というのも、私も投げかけていた、また前の大臣も投げかけていたということでありますから、それに対して役所の中の事務方の提案があった。あと、額についても、しっかりと財務省と連携、説得するようにと、何なら私が出ていくという思いの下に進めた政策であります。

梶山弘志

2019-11-13 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 5号

本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房世代社会保障検討室次長河西康之君、内閣府大臣官房長大塚幸寛君、公正取引委員会事務総局経済取引局長菅久修一君、財務省大臣官房審議官小野平八郎君、文部科学省大臣官房審議官森晃憲君、厚生労働省大臣官房長土生栄二君、大臣官房年金管理審議官日原知己君、医政局長吉田学君、健康局長宮嵜雅則君、医薬・生活衛生局長樽見英樹君、子ども家庭局長渡辺由美子君、老健局大島一博君

盛山正仁

2019-11-13 第200回国会 衆議院 法務委員会 7号

それが、財務省の査定といいますか、あれによって実質的には減ってきたということが繰り返されてきたんですが、ことしはもう概算の段階から、初めから減らして要求する。これは私はちょっと、私自身は初めてだと思うんですけれども。  

藤野保史

2019-11-13 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 3号

麻生国務大臣 これは全くごもっともな御指摘なんですけれども、これは、山田先生、もともとは財務省の方が早くやったんですよ。財務省としては珍しく、二〇〇五年にこれは電子でいいですよということを言ったの。ところが、届けた件数は一千七百少々あったんですけれども、電子で届けたのは実に二十七件しかなくて、一・六%しかなかったんですよ、当時は。

麻生太郎

2019-11-13 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 3号

財務省の方に最後、確認したい、できれば麻生大臣に答えていただきたいわけですが、財務省としても、今回中小企業庁と連名でこうした事務連絡を発出したわけで、クレジット決済がふえることによって資金繰りに苦心している、そういう業者の実態については把握していただいていると思うんですが、経産省の方で今後一層低金利の融資を検討する場合、例えば、優遇する金利分などについては予算措置の必要性も出てくるかもわからないと思

清水忠史

2019-11-12 第200回国会 参議院 法務委員会 3号

      保坂 和人君        法務省大臣官房        司法法制部長   金子  修君        法務省民事局長  小出 邦夫君        法務省矯正局長  名執 雅子君        法務省保護局長  今福 章二君        法務省人権擁護        局長       菊池  浩君        出入国在留管理        庁次長      高嶋 智光君        財務省主計局

None

2019-11-12 第200回国会 参議院 総務委員会 2号

総務省情報流通        行政局長     吉田 眞人君        総務省情報流通        行政局郵政行政        部長       長塩 義樹君        総務省総合通信        基盤局長     谷脇 康彦君        総務省サイバー        セキュリティ統        括官       竹内 芳明君        消防庁次長    米澤  健君        財務省理財局次

None

2019-11-12 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 3号

創生本部事務局次長丸山雅章君、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長菅家秀人君、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長岸本武史君、内閣府大臣官房長大塚幸寛君、内閣府大臣官房総括審議官渡邉清君、内閣府地方創生推進事務局審議官中原淳君、内閣府地方創生推進事務局審議官木村聡君、内閣府地方創生推進事務局審議官村上敬亮君、内閣府地方創生推進事務局審議官田口康君、総務省自治行政選挙部長赤松俊彦君、財務省主計局次長阪田渉君

山口俊一

2019-11-12 第200回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

財務省のホームページに予算執行調査資料というのが載りまして、相談員一人一日当たりの相談件数が少ないというのが載りまして、もう関係者から、消費生活相談員の実態を見ないものだという怒りの声が上がっているんです。  そういう点では、相談だけではなく、いろいろな仕事を、出前講座に行く、消費者教育に行く、被害の防止や救済をやっている、あらゆることをやっているのが相談員なんですね。  

畑野君枝

2019-11-08 第200回国会 衆議院 法務委員会 6号

その中で、今回、会社法の改正があるわけですけれども、もう時間なのであれですけれども、財務省法人企業統計、数字を出しています。二十年で限定で見ても、九〇年代後半から今の間で、設備投資もほぼ上がっていない、賃金は残念ながらちょっと下がっている、役員報酬は一・三倍ぐらいの中で、配当金はこの二十年で六・二倍にふえているわけです。

落合貴之

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 3号

財務省は、森友学園での公文書改ざん国会での虚偽答弁。結果として、総理大臣夫人、昭恵夫人が森友学園を視察した直後の交渉記録やメモは、相談メモは、これだけ出てきていません。ですから、いつまでたっても疑惑は晴れません。  内閣府文科省は、加計学園問題で怪文書と切り捨てたものが結局は存在を認めることになりました。

福山哲郎

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 3号

麻生財務大臣は、森友学園の文書改ざん、虚偽答弁、これは財務省にとっては前代未聞のことです。しかし、まだ大臣でいらっしゃいます。事務次官セクハラ問題では、セクハラ罪という罪はないと言われました。男の番記者に替えればいいと発言されました。子供を産まない方が問題とも度々発言をされています。二千万の貯蓄問題では、報告書の受取を拒否されました。  総理、先ほど、あれだけ大臣副大臣お辞めになっていますね。

福山哲郎

2019-11-08 第200回国会 衆議院 外務委員会 5号

両件審査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房参事官遠藤和也君、大臣官房参事官御巫智洋君、経済局長山上信吾君、領事局長水嶋光一君、内閣官房TPP等政府対策本部政策調整統括官澁谷和久君、内閣府大臣官房審議官小平卓君、金融庁総合政策参事官吉田昭彦君、財務省大臣官房審議官小野平八郎君、大臣官房審議官山名規雄君、主計局次長角田隆君、厚生労働省大臣官房生活衛生食品安全審議官浅沼一成君、農林水産省大臣官房総括審議官浅川京子君

松本剛明

2019-11-08 第200回国会 衆議院 外務委員会 5号

内閣府大臣官房審議官) 小平  卓君    政府参考人    (金融庁総合政策参事官)            吉田 昭彦君    政府参考人    (外務省大臣官房参事官) 遠藤 和也君    政府参考人    (外務省大臣官房参事官) 御巫 智洋君    政府参考人    (外務省経済局長)    山上 信吾君    政府参考人    (外務省領事局長)    水嶋 光一君    政府参考人    (財務省大臣官房審議官

None

2019-11-07 第200回国会 衆議院 総務委員会 2号

○井上(一)委員 この東京から地方への企業の本社機能移転、これについては、政府としても、さまざまな施策を総動員した総合的かつ抜本的な方策について検討し、年内に成果を得るということになっていますので、ぜひこの点については、いろいろ聞いてみると、やはり財務省との調整が大変だとかいうふうな話は聞きますけれども、そういうことだと絶対前に進まないわけです。

井上一徳

2019-11-07 第200回国会 衆議院 総務委員会 2号

株の売却については金融庁で判断を、財務省で判断をされることでございます。  総務省としては、これまで不適切営業問題について、適時報告を受け、指導も行って、適切に対応してきたと考えております。  この報告内容などを踏まえて、今後も厳正に対処するということで監督責任を果たしてまいりとうございます。

高市早苗

2019-11-07 第200回国会 衆議院 外務委員会農林水産委員会経済産業委員会連合審査会 1号

       宮下 一郎君    外務大臣政務官      尾身 朝子君    外務大臣政務官      中山 展宏君    経済産業大臣政務官    宮本 周司君    政府参考人    (内閣官房TPP等政府対策本部政策調整統括官)  澁谷 和久君    政府参考人    (外務省大臣官房参事官) 御巫 智洋君    政府参考人    (外務省経済局長)    山上 信吾君    政府参考人    (財務省大臣官房審議官

None

2019-11-07 第200回国会 参議院 財政金融委員会 2号

そのときに財務省の方から答弁いただいたのは、科学技術への投資は、経済社会の激変がもたらす様々な課題を解決し得るイノベーションを生み出し、日本、ひいては世界の新たな未来を切り開いていく重要な未来への投資だと、重要な未来への投資であり、そうした点に血税を使わせていただくことの意義があると、そのように答弁をいただきました。  科学技術への投資はもう日本の発展に必要不可欠だということだと思います。

熊野正士

2019-11-07 第200回国会 参議院 財政金融委員会 2号

財務省参考人に伺います。  資料の六の二を御覧いただきたいと思いますが、覚醒剤の押収量を見ますと、全体の九割以上が実は税関で摘発をされております。夏季休暇の取得期間が先ほどのお話のように七月から九月までというふうに限定されることで、税関業務、特に取締り業務に支障が出るおそれが、特に今後、未来においてないんでしょうか。  

古賀之士

2019-11-07 第200回国会 参議院 財政金融委員会 2号

公正取引委員会        事務総局官房総        括審議官     粕渕  功君        公正取引委員会        事務総局審査局        長        山田  弘君        金融庁総合政策        局長       森田 宗男君        金融庁企画市場        局長       中島 淳一君        金融庁監督局長  栗田 照久君        財務省大臣官房

None