運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
43499件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1949-12-16 第7回国会 参議院 労働委員会 第1号

五十四億の節約ができる筈であろが、これは組合協力によるものであるかといことでございますが、先程申上げました通りこの行政整理によあまするところの人件費の節減並びに脇件費節約、これらは従事員の、真に国鉄経営を思い、国民のためにするという真剣な活動がなければできなかつたと思うのでございまして、本年度の千百五十二億の支出予算実施に当りましてこれに協力した国鉄労働組合、並びに国鉄従事員全般協力は私は高く評価

加賀山之雄

1949-12-09 第7回国会 衆議院 通商産業委員会経済安定委員会連合審査会 第2号

特に宮幡政務次官のごときは、私もよく平素から知合いの中でもあり、大体その実力はわれわれは高く評価して伺つているわけでありますが、あなたの高邁なる御構想でもけつこうですから、今政府としてはこう考えているのだ。こういう点をやつぱり言つていただかないと、われわれ審議会の案を出すまでは、つんぼさじきであるということでは、この問題をともども、検討して行く余地がないわけでありますが、どうでありますか。

風早八十二

1949-12-08 第7回国会 衆議院 通商産業委員会経済安定委員会連合審査会 第1号

稻垣國務大臣 今の小金さんの御質問は、日発が一般の企業に比してどういう評価を受けているかというお話でありますが、これはなかなかお答えするのにむずかしい問題でありまして、われわれの方といたしましては、会計制度もありまして、日発経理内容その他については十分検討をいたしております。従つて日発が経理的にどうこうというような問題はなかろうと私は存じておるのであります。

稻垣平太郎

1949-12-05 第7回国会 参議院 通商産業委員会 第1号

それから税制改革産業振興対策に関する調査  一、事件の名称 税制改革産業振興対策に関する調査  一、調査の目的 今回の税制改革わが国産業に及ぼす影響は極めて重大であり、特に固定資産の再評価並びに附加価値税固定資産税等一連産業課税については、その実施に当つて愼重なる考慮を要し、その運用に際して万全の措置を講ずべきである。

山本友太郎

1949-12-03 第6回国会 参議院 大蔵委員会 第16号

それで先程来評価益の問題絡みまして、農林当局意見伺つてつたわけなんです。ところが段々質疑を読行しておりますると、私がお聽きする評価益というものが跳上つておる状態の場合、又出荷が供給を上廻る、こういう状態の場合には絶対起きないということが明らかになつた。又十六、七年頃の持越しを今日までそのまま持越すべき筈がないということで、その点は明らかになつた。

天田勝正

1949-12-03 第6回国会 参議院 大蔵委員会 第16号

政府委員三浦辰雄君) 一番の会計令によつたことが、悪いことではないということを明らかにしろというお話でありますが、又私共としてもこの会計令によつて定められてありますように、この特別会計が持つておる年度末の薪炭評価というものを、三十一日の市価でやるということについて誤りはないと考えております。  

三浦辰雄

1949-12-02 第6回国会 参議院 大蔵委員会 第15号

ただ先程来申上げておりますのに簡單に御説明をしたので或いはあれですが、その品物自身評価益を出すことはそれ自身当然なことである。これは決して差支ないことなんですが、その方式でやりますと年度を変えた明くる日といいますか、翌年度の当初に売つて見て初めて入つて来る、いわゆる利益分がございます。その利益分も一応そこに前年度の決算のときに評価益だとみなしておるわけであります。

三浦辰雄

1949-12-02 第6回国会 参議院 地方行政委員会 第13号

請願の趣旨は、地方税制も画期的な大変革が行われることになつたが、改革方針として地方自治の確立のために、財政力の強化を図り、殊に市町村に有力な財源が与えられたことは、誠に有意義なことであるが、これらの財源の付与と対応して徴收の面においても、地方税課税方法資金評価等について納税者負担軽減を図られたい、こういう請願であります。

上原六郎

1949-12-01 第6回国会 参議院 大蔵委員会 第14号

こういうところから考えまして、又法人税收入資産評価によつて初年度分がどうなつて来るかということにつきまして、法人税收入が五百億からどれだけ上廻るか、どれだけ下になるかということも検討して、最後に所得税に皺寄せをして、ここで結論を得たいと思つているのでございます。従いまして、例えば芋の割当が、昨年は五千万貫でございましたが、これが一億貫になつた。今一億二千万貫ぐらいの予定でおります。

池田勇人

1949-12-01 第6回国会 衆議院 本会議 第22号

以上、本法律案提出経過と理由とについて申し述べたのでありますが、本案の内容とするところは、第一、地方公共体の所有する警察用有線電気通信設備及びその機器、素材は、屋内交換設備を除いて、これを国に讓り渡すこと、第二、この讓渡は原則として有償とし、買收価格国家公安委員会委員地方自治委員及び関係官庁の職員をもつて組織する評価審議会評価によつて決定し、国は昭和二十五年度から毎年その五分の一以上を支拂

辻寛一

1949-12-01 第6回国会 衆議院 決算委員会 第11号

しかるにこうした大きな会社の財産の移転の場合に、その評価が計画的にこれは低評価されている。そして税をのがれる方法を当事者間においてやられておるのであります。会計検査院で指摘されていることは、このうちのごく一部分だと思うのでありますが、これを全般的に調査してやれるような努力は、検査院の方で拂つていましようかどうですか。

井之口政雄

1949-12-01 第6回国会 衆議院 決算委員会 第11号

次は登録税ですが、この登録税司法事務局で登録される物件評価内容にまで立ち入つてやられる権限があるか、また事実やつているのかどうか。この点、向うからのただ言いなりで、それだけを承認しているものか。この状態で見ますと、あまりに評価額が違うようでございますので、ただ言いなりでやられていたのでは——こういうことは日本全国に行われていて、どうしても抜けない。

井之口政雄

1949-12-01 第6回国会 衆議院 考査特別委員会 第11号

中島参考人 この文学の評価それ自体は話にならないので、やはり長くたたないと、ほんとうのふるいがかからないようであります。しかし私の印象から申しまして、私ども專門家から申しますと、今そちらで名前をあげられたところの、たとえばミルトンであるとか、あるいはトルストイとかいうものと比較いたしますと、文学的にはちよつと比較にならない。

中島健藏

1949-12-01 第6回国会 参議院 農林委員会 第8号

いろいろ御懇切な説明はありましたけれども、見返資金でも五十億融通して来ると、これが現在のつまり農業保護政策だけだというふうに伺つたわけなんですが、民自党政府の持つておる農業保護発展を期するためには、この見返資金五十億に期待をかけておる、それ以外にないのでありましようかどうかということと、それから農業協同組合というものを必要だと言われましたが、今度のシヤウプ勧告に基きます資産評価によつてみまするとこれは

板野勝次

1949-11-30 第6回国会 参議院 大蔵委員会 第13号

それから又ずつと前とごく最近に上つたものにつきましては、あの評価では不十分だ、こういう点があるのであります。こういう点はよく私が肚を決めてかからなければならんものである。従来から事務当局は、時間は別ですという話があつたのでありますが、昨日漸く十一時過ぎから十二時半頃までこの院内で省議を開いたような状況であります。

池田勇人

1949-11-30 第6回国会 参議院 大蔵委員会 第13号

九鬼紋十郎君 昨日この委員会において、私は大蔵大臣に対して、資産評価の問題についてその後何か適当な緩和策とか、そういつた修正の考えをしておられるものと考えまして、その後の経過を開いたのでありますが、そのとき大蔵大臣は今のところ非常に忙しいので、只今停頓しておるというような御答弁であつたのでありますが、今日の朝日新聞を拜見しますと、資産評価については相当融通性というか、大幅の彈力性を持たせるような

九鬼紋十郎

1949-11-30 第6回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第10号

しかるがゆえに、今回ただちにこれが認証されて、立法化されたということも言い得るのでありまして、もちろん私どもも、他の全国の各観光地を、決してこれを過小評価するものではないのでありますが、外貨獲得意味におきましては、別府をおいて他に、つえを引いて、たといそこに一週間でも滞在して、海に山に、あるいは温泉に、外客が非常にそこに魅力を持ち得るという所は、ないのではないか。

村上勇