運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
26157件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-22 第201回国会 参議院 文教科学委員会 閉会後第1号

今日の新聞ですか、昨日からスポンサー追加分の費用をまた出してもらえるような交渉を始めたという新聞記事がありました。七月、八月、九月にかけてそれをやっていきたいんだと。  ところが、スポンサーにまたアンケートをしているんですね。お付き合いしてこれからもスポンサーでお金出しますというのは全体の、今やっていただいているスポンサーの一二%、六五%のスポンサーはそんなこと今決められるわけないでしょうと。

松沢成文

2020-07-22 第201回国会 参議院 文教科学委員会 閉会後第1号

松沢成文君 なかなかその条件をはっきり言えないとは思うんですが、ただ、組織委員会森会長はいろんなところでいろんなことをしゃべってくれますので、昨日もNHKとの、これインタビューなんですか、今日記事が出ていました。今のようなパンデミックの状況が続いていたら、開催はもうできないとはっきりおっしゃっているんですね。決めるのはIOCだけれどもと言っていました。

松沢成文

2020-07-09 第201回国会 参議院 内閣委員会 閉会後第1号

記事には、誰一人として単なる数字で表せる存在ではなかったなどとしてしたためられています。日本新聞ではあり得ないことなんですが、やはり一人一人の人生と命の大切さを伝え、政府対策強化を求めるメッセージとなったというふうに評価されております。  日本でも、当然、命の重さ、担当大臣としてしっかりと御認識いただいて対応いただいていることと思います。

矢田わか子

2020-07-09 第201回国会 参議院 内閣委員会 閉会後第1号

今日、一枚資料をお配りさせていただいて、新聞記事でございますけれども、参考に御一読いただければと思いますけれども、今日何度かそういったIT関係の御質問も出ておりました。私の方から、このHERSYSですね、新型コロナウイルス感染者等情報把握管理支援システムのこのHERSYS、これが稼働したわけです、五月二十九日から。

高木かおり

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

先日の読売新聞自衛隊中東派遣に係る武器使用についての新たな見解を出したとの記事を見ましたので、その件についてちょっとお聞きしたいと思うんですけれども、この記事では、自衛隊中東派遣に係る武器使用に関して、政府は、日本籍船海上自衛隊護衛艦と並走している、並んで走るですね、並走しているなど海自部隊の管理下に入っている場合、外国組織による襲撃から海上自衛艦海自艦ですね、海自艦武器を使って防護

白眞勲

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

そうした場合に、皆さん資料の六ページ目にタイトルだけの記事をつけておりますが、実は、西日本豪雨災害、あれだけの、倉敷市だけじゃなくて本当に広範囲に、広島県を含めてあったわけですが、四国の愛媛とか含めてですね。こういう今の事態の中で一刻も早く避難が求められるときに、何と四割近くの方が、まさに今、新型コロナウイルス、まさに同時進行複合災害という状況の中で、避難所に行きたくないと。

柚木道義

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

ふだん、例えば、分科会に先日出された資料にはないデータがこの記事には載っていますが、要すれば、推定感染日ですね。要は、検査で陽性が出たタイミングじゃありません、その前に感染しているわけですから、感染推定日を見ると、緊急事態宣言が発令されたのは大分後で、むしろ三月の中旬の取組が重要だったことがわかります。  

足立康史

2020-07-08 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第20号

この資料の七ページ目の記事には「「三密」回避 新様式を模索」とあるんですが、まさに大きな被害があった私の地元倉敷市の中における真備町、これは実は加藤大臣の選挙区ではあるんですが、私もほぼ一緒なので、地元の方は、こういう三密回避、新様式のようなスペース、様態を確保できるような、適する場所がないというふうに実は市の担当の方は答えられていて、それはきょうの新聞記事にもなっているんですが、すぐには解決できない

柚木道義

2020-07-08 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

河野国務大臣 どうも、最近の記事イージス艦を二隻ふやすんだという話がございますが、それは、そういう案もあるよねということだと思います。  少なくとも今後五年程度は、イージス・アショアの配備を仮にしたとしても、イージス艦とPAC3で弾道ミサイル防衛をやるということでありましたが、今の自衛隊の、特に採用面を見ると、海上自衛隊、非常に採用が厳しいという現実はございます。  

河野太郎

2020-07-01 第201回国会 衆議院 厚生労働委員会 第19号

他方で、先ほど阿部委員配付資料の中で御指摘された和歌山県知事記事を、興味深く、私もしみじみと読ませていただきました。この間、地方の保健所機能が弱まってきてしまったところにコロナの問題が出てきてしまったということが、やはり構造的な問題としてあるんだというふうに思うんです。  

西村智奈美

2020-07-01 第201回国会 衆議院 厚生労働委員会 第19号

大臣のお手元に、新聞記事ですが、四月は三分の二の病院赤字だということを申し添えてあります。これは、いずこの調査でも、医師会調査でも、病院協会調査でも、保険医協会調査でもほぼ同じ傾向です。受け入れた病院赤字、受け入れなかった病院赤字診療所赤字医療基盤が揺らいでいるんだと思います。  

阿部知子

2020-06-25 第201回国会 参議院 経済産業委員会 閉会後第1号

ただ、あのサービスデザイン推進協議会に関わる一連の報道、ずっと続いておりますけれども、つい最近も、六月二十二日、朝日新聞に気になる記事掲載をされました。持続化給付金について野党に対して間違った説明をしたという中小企業庁職員人事異動したんじゃないかと、こういう指摘なんですけれども、あたかも間違った説明をしたことが人事異動の原因であるかのような記事になっておりました。  

太田房江

2020-06-25 第201回国会 参議院 経済産業委員会 閉会後第1号

委員から御指摘がありました六月二十三日火曜日の朝日新聞朝刊に、中小企業庁担当職員野党ヒアリングの場で間違った説明を行った、また、当該職員が六月二十二日に異動したとの内容記事掲載をされており、あたかも野党ヒアリングの場での間違った説明とその説明をした職員異動が関連しているかのような印象を受ける記事内容でありました。  

梶山弘志

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

それから、国家安全保障戦略、いわゆるNSSの初改定もするのではないかという記事も出ていたり、あるいは防衛計画の大綱、あるいは中期防衛力整備計画などの見直しも必要ではないかというようなこともあり、そして、それに加えて、敵基地攻撃能力の保有についても議論が必要だと、安倍総理は受け止めていかなければならないという発言もされていて、にわかにそういった議論もということに声が上がっているようでありますけれども、

勝部賢志

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

特別寄稿ということで投稿されていまして、このインタビュー記事の中には、何も対策をしないという現実にはあり得ないシナリオでありというふうに述べられているわけなんですね。  ですから、これ二つの前提が混乱していまして、記者会見内容は接触を減らす等の対策を全く取らない場合、これが記者会見だったんです。

梅村聡

2020-06-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 閉会後第1号

それが証拠に、昨日、尖閣諸島関連記事を国会図書館で検索すると、沖縄県という記述が全くない尖閣諸島記事は、この一年間でも、読売新聞で四十六件、朝日で三十一件、日経で三十件、毎日で二十四件ございます。尖閣諸島報道する際、産経新聞沖縄県石垣市を明記することを基本とされているようであります。  

有村治子

2020-06-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 閉会後第1号

ばれるところ、ここは人工のものなのか自然のものなのか非常に議論が激しく行われているところ、長く行われているところでありまして、当時も決着が付いていなかったということでありますが、大切にしなくてはならないということは皆さんの一致するところでありまして、これが人工のものか天然のものか、それが決着が付かないこともミステリーの一つとして大切な価値になるのではないかと、様々なお話もさせていただきながら、この記事

秋野公造

2020-06-16 第201回国会 参議院 内閣委員会 第16号

○国務大臣竹本直一君) 有馬元法務大臣、私もよく存じ上げている方でございますが、有馬先生が雑誌に書かれた記事は私も読まさせていただきました。事実はそのとおりだと思いますが、じゃ、現時点においてこれからどうするかということも含めて考えてみたいと思いますが、事実として、国立大学運営費交付金法人化以降減少傾向にあるのは事実であります。

竹本直一

2020-06-16 第201回国会 参議院 内閣委員会 第16号

この新型コロナウイルス研究について、今日お配りをさせていただいている資料二枚目ですけれども、見ていただければと思いますが、G7中心に十八の国と地域が参加して、抗体検査治療法に関する論文をアメリカの研究機関が管理するデータベースに集約しているというような記事が載っているんですけれども、新型コロナウイルス関連論文がこの四か月で約一万本、いち早く成果を公開する動きが広がっておりまして、よく言われる査読

高木かおり

2020-06-16 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第14号

畜舎外での病原体による汚染防止のところに、放牧場パドック等における舎外飼養の禁止、これが追加されたことによって、また、日農新聞記事によって、北海道ニュージーランド式完全放牧をやっている酪農家方々が大変だということでもう大騒ぎになって、パブリックコメントもどんどん寄せたという話を聞いております。  この舎外飼養中止というところを削除すると聞いておりますが、間違いないでしょうか。

徳永エリ

2020-06-16 第201回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

今この記事をぱっと見ると、何か危険なままでもう解除しようとしている、しかも国は責任放棄しようとしているというふうな印象を受けるので、こうなると、また福島の皆さん風評被害を受けてしまうというふうに思っております。  そういう意味もあるので、これは、そういう風評被害にならないというために、私はあえて国会で、この場で取り上げさせていただきました。  次に、核燃料サイクルについて伺いたいと思います。  

伊佐進一

2020-06-16 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第19号

川田龍平君 次に、五月二十九日のリスファクスによると、PMDAがルール違反の相談が多過ぎて憤慨しているという記事がありました。医薬品製造メーカーの一部には、医薬品製造業販売業者が持つべきリテラシーが低い者がいるということでしょうか。  そもそも、一発で悪質な事例と分かるような問題を抱えている事業者がきちんとした製造計画なんか作れるんでしょうか。

川田龍平

2020-06-15 第201回国会 参議院 決算委員会 第7号

これは、私、休業手当払われるべきだと思いますし、記事によれば、この男性ツアー出発日に空港に向かう途中でキャンセルの電話を受けた、これさえも何も払われていないんですよ、一円も。やっぱり派遣会社に、休業手当支払義務、こういうのがどういうとき発生するのかということをちゃんと指導しなければならないというふうに思います。  

田村智子

2020-06-15 第201回国会 参議院 決算委員会 第7号

五月六日の朝日新聞には、二十年間ツアーガイドをしていた男性記事がありました。派遣会社に登録をしていて、派遣会社を通じてどのツアーガイドをするのかということを決めるという働き方なんですね。新型コロナの影響で予定していたツアーが全てキャンセルになって、収入がゼロになったという記事なんですよ。こういう場合、予定していたツアー休業手当対象となりますか。

田村智子

2020-06-12 第201回国会 参議院 予算委員会 第22号

山添拓君 インターネットに今も記事が出ていますので御確認いただければよいかと思いますけれども。ですから、当時平川さんと面識がないというのはちょっとにわかに信じ難いと思うんですね。  その後もお二人は幾つもの事業一緒に仕事をされてきました。  二〇一六年にサービスデザイン推進協議会が設立をされて、最初に落札したのがおもてなし規格認証事業で、更に次々と事業を受注しました。

山添拓

2020-06-12 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第16号

梶山国務大臣 まだ、週刊誌記事として載ったということで、私も二週続けての記事は見ておりますけれども、この記事の真偽についてというか、本人に確認をした時点ということで、本人から聞く範囲では、公務員倫理規程に違反している事実はないという監察の専門の者の私への報告でありました。  なかなか、ないという証明というのも難しいと思いますし、事の推移をもう少し見守らせていただきたいと思います。

梶山弘志

2020-06-12 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第18号

仙台市で、廃業後約二十年にわたり修繕もされず廃墟同然となっていたホテル木町という名の分譲マンションが、ようやく解体が決まったという記事です。  実は、これは建築許可ホテルだったんです。だけれども、四階から七階は分譲マンションとなって、ホテルを廃業した後はホテル客室部分も分譲されておりました。七七年開業当時は、東北初高級ホテル分譲とうたい文句があったそうであります。

高橋千鶴子

2020-06-12 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第16号

これまでも、金融庁におきましては、既往債務返済猶予等条件変更について迅速かつ柔軟に対応すること、新規融資について事業者ニーズに迅速かつ適切に対応することなどを繰り返し要請してきておりますけれども、今御指摘のありました記事につきましても、当時、まずは三月期を乗り越えるということが最大の課題である中で、詳細な書類とか説明を求めていたのではとても企業のニーズには対応できないというそういうことから、スピード

栗田照久