運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4323件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

その結果、児童相談所におきまして過去二件取扱いがあること、いずれも付近住民からの児童相談所への通報であり、本件同様、子供の泣き声がするとの内容であったこと、また、児童相談所が親子と面接したが虐待事実は認められず、児童の発育状況も問題がなかったということについて回答を得たものと承知しております。

小田部耕治

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

都市部の、今は、最低基準で、園庭をつくらなくても、近くに公園があればそれで園庭とみなすということをやっていますけれども、その同じ公園に、三つも四つも保育園が園庭として使っていて、時間帯によっては、各保育園の子供でわんさか、公園がもういっぱいで、普通に遊びに来た親子が遊べないぐらい子供がいてるとか、そういう逆の社会問題も引き起こしているわけですね。  

浦野靖人

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

そして、この児童虐待の通告があった場合には、一般的に児童相談所の児童福祉司さんはどのような対応をしているのか、また、子供保護者の状況に照らし、一時保護などの親子を分離させる措置が必要だと判断された場合には児童福祉司さんはどのような対応を行うのかを少し、一例でもいいですので、具体的に、また簡潔にお願いします。

島村大

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

例えば、本当の親子になるのに年齢の三倍掛かると言われました。二歳の子を里親で引き受けると、本当に心を開いて親子の関係になるまでには六年掛かる、三歳であれば九年掛かる、六歳であれば十八年掛かると、そういったお話を伺いまして、やはり一度親との何らかのトラブルを抱えて、子供たちというのは、本当に心を開くまでに時間掛かるし、心を開くまでにいろんなお試し行動をするそうです。

河野義博

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

○徳茂雅之君 特別養子縁組は、法制度上は実親子関係を断ち切る仕組みということでありますけれども、当然のことながら元の実親子関係、これは生物学的にはもちろんつながっているわけでございます。参考人の意見陳述の中にもありましたけれども、養親が元の実親を意識する余り、逆に養親子関係が悪化するケースということもあろうということでございます。

徳茂雅之

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

国務大臣山下貴司君) 本当に親子関係は、親子それぞれの年齢や置かれている状況によって異なると思います。子供が成人しても、私の父親は最近でも私のことをこの子はというふうに言って、答弁の仕方を見て礼儀がなっていないとか叱られるわけでございますが、そういった、それがいい親子関係かどうかは分かりません、ただ、そこは極めて主観的な問題なんだろうというふうに思っております。

山下貴司

2019-06-04 第198回国会 参議院 法務委員会 17号

国務大臣山下貴司君) 先ほど民事局長から御説明させていただいたとおり、民法においては、親子関係にあることから生ずる様々な法律効果に対して、必要に応じて個別にその範囲を限定する、制限する規律を設けているということでございます。それを離れて一般的に実親子関係を解消する制度は、特別養子制度のほかには存在をしていないわけでございます。  

山下貴司

2019-06-04 第198回国会 参議院 法務委員会 17号

山口和之君 特別養子制度においては、それが子の利益になるからこそ実親子関係を解消することになっているはずですが、特別養子縁組の対象にならない年齢の者であっても、実親から虐待や悪意の遺棄などをされた子については、その子の利益を守るために実親子関係を解消する必要性が認められる場合もあると思われます。

山口和之

2019-06-04 第198回国会 参議院 法務委員会 17号

国務大臣山下貴司君) 今回、特別養子ということで、実親子関係の法律上の親子関係が切れるということで、この親子関係というのは、法律上当然に、あるいは権利を有し、義務を負うと。例えば扶養義務もしかりでございます。それが法律上当然に親子であるという法律関係から導かれるというところは終了すると。  

山下貴司

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

それは、一九六〇年の第一子の平均出産年齢が二十五歳ということでしたので、それから四十年たって、お母さんは六十五になり子供が四十歳になったということが介護保険施行当時の親子の状況でございました。  現在は第一子を出産する年齢が上がってきておりますので、母親が六十五歳以上になったときの第一子の年齢は若くなっている、低年齢化しているという、そういう状況はございます。

大島一博

2019-05-31 第198回国会 衆議院 文部科学委員会 17号

きょうは教育、文科、科学行政というテーマでございますので、その映画の最終的なテーマは人と人とのきずな、親子でなくても人と人のきずなといったものが大事であり、きょう並走しています環境委員会動物愛護の、八週齢を始めとする議員立法が提起されました、動物の命も命でございますが、そういった命の大切さだとか、道徳、あるいは心の教育

杉本和巳

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

ゴールデンウイーク前の四月十九日には、豊島区東池袋で、八十七歳の高齢運転者が運転する車が暴走して、親子二人がお亡くなりになり、また十人が重軽傷を負うという事故が発生をいたしました。五月八日には、滋賀県大津市で、県道交差点で車二台が衝突し、そのうち一台がはずみで保育園児の列に突っ込み、十六人が死傷する、そういう事故が発生をしたわけでございます。  

佐藤茂樹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

そこを、やはり親子が安心して暮らせるようにしていく。女性たちを守る、子供たちを守る、男性も被害を受けているということもあるかもしれませんけれども、あるでしょうが、そういうところで、今回中心となっていくのが児童相談所。児童虐待、この中心的な役割を担っていくということですけれども、どこのどんなルートからも、このDVと児童虐待との関連というものが判別できる、そういう専門家が必要なわけです。  

大河原雅子

2019-05-29 第198回国会 衆議院 法務委員会 20号

しかし、すぐ近くに、隣に親子面会所というのがあって、そこは仕切りもなくて、スキンシップできるわけですね。ところが、それが使われていないわけです。  ことしの四月に入っても、この三月二十九日の通達が出た後になっても、実際、子供を連れていったのに親子面会できず、ガラス越しのだったというふうにも聞いております。  法務省にお聞きしますが、これは何でそういう状態になっているのか。

藤野保史

2019-05-29 第198回国会 衆議院 法務委員会 20号

すると、法律上は三歳違いの親子ができるわけですよ。これは、自然の親子では三歳違いの親子というのはあり得ない。でも、それすらも制度上は認めているわけですよ、制度上は。  父子家庭や母子家庭というのは、自然の親子であり得る形態ですよ。これを排除しておいて、自然の形態ではあり得ない親子は認めている。

黒岩宇洋

2019-05-29 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

消費者庁は、これまでシンポジウム形式の意見交換会の開催等を通じて消費者へのリスクコミュニケーションを進めてきたところでございますが、御指摘のとおり、このような場への参加が難しいという方々もいらっしゃいますし、特にそういった参加が難しいと思われる子育て世代にも食品安全に関する理解を深めていただけるよう、親子参加型イベントへの出展等を通じまして分かりやすい情報提供に取り組むこととしております。  

橋本次郎

2019-05-28 第198回国会 衆議院 本会議 26号

しかし、保護はイコール親子分離ではなく、親子関係改善のプロセスと位置づけるべきです。そのためにも、一時保護所は子供にとって安全で安心の居場所であること。残念ながら、職員による虐待や子供間の性トラブルなども判明する中、管理と支配の関係ではなく、心を開ける信頼関係を築くことは一層重要です。  なお、DVと児童虐待対応の連携強化が明記されました。

高橋千鶴子

2019-05-24 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 21号

一時保護イコール親子分離ではなく、親子関係改善のプロセスと位置づけるべきです。なお、そのために、一時保護所は子供にとって安全で安心の居場所であること。残念ながら、職員による虐待や子供間の性トラブルなどもある中、管理と支配の関係ではなく、心を開ける信頼関係を築くことは一層重要です。  

高橋千鶴子

2019-05-24 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 21号

二十二日の委員会で、私は、一時保護イコール親子分離ではなくという話をしました。子供の命を守るためにちゅうちょなく一時保護を行うことは必要ですが、再発防止、あるいは虐待の芽を摘む未然防止策が重要だと思っています。  そこで、二十二日の質問のときには、保護者支援プログラムや、家庭環境改善のために円滑な家庭復帰を図っていくとの答弁がありました。

高橋千鶴子

2019-05-24 第198回国会 参議院 本会議 20号

法律案は、国民の利便性の向上及び行政運営の効率化を図るため、本籍地の市町村長以外の市町村長に対する戸籍証明書等の交付の請求及び戸籍電子証明書提供用識別符号等の発行の制度を設けるとともに、法務大臣が、磁気ディスクをもって調製された戸籍又は除かれた戸籍の副本に記録されている情報を利用して親子関係の存否、婚姻関係の形成等に関する情報その他の戸籍関係情報を作成し、これを行政手続における特定の個人を識別するための

横山信一

2019-05-23 第198回国会 参議院 法務委員会 15号

ちなみに、二〇一八年一月の日弁連の意見書では、戸籍情報は、親子等の身分関係や出自等を推定させる情報など差別等の原因ともなり得るセンシティブな情報を含むものであり、差別目的での需要も高く、いまだに多くの悪用事例が発生している、このような個人情報個人番号がひも付けられることによるプライバシーへの危険性は高い、だからこそ、戸籍情報個人番号とのひも付けについては特に慎重な検討が必要であったにもかかわらず

糸数慶子

2019-05-22 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 20号

入管当局は、従来は、親子分離による子供精神的負担を考慮して、子を持つ外国人は原則拘束せずに退去手続を進めるということで、そういう方針で従来はやってきたというふうに聞いています。ところが、この子供の分離が急増している背景には、法務省が、こうした非正規滞在外国人の帰国を促すために外国人を追い込む方針を強化したためではないかという見方があります。  

大西健介

2019-05-22 第198回国会 衆議院 法務委員会 18号

ともかく法的な親子関係をつくり出す、新しい法的な親子関係をつくり出し、古いものは切り捨てるということだけを目指すという方向に動いているのかというと、それはそうではないということで、従前同様、実の親子の関係に近いものをつくりたいというところは維持されているのだろうと思います。  

大村敦志

2019-05-22 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

また、家族がお集まりになるような親子イベントのようなものも通じまして、父親も含め、母親ももちろん含めて、子育てに関わる全ての方々に届くような啓発活動を推進していきたいというふうに思っております。  ちょっと例を挙げますと、厚生労働省の方で、昨年、イクメンプロジェクトというのをやっておられまして、イクメン侍ツイッターという名前のツイッターを出しておられます。

高島竜祐

2019-05-22 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

ずっと、せっかくアブナイカモということが親しまれて、それが認知され、親子そろって、ああ、こういうことを気を付けようねというような、小さいお子さんにも分かりやすい内容で発信をしてきたんですから、別にそれは一切使えませんとまで、そこまでアブナイカモを切り捨てる必要があるのかということなんですね。  

田名部匡代