運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
21688件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

の規制等に関する法律の一部を改正する法律案山尾志桜里君外六名提出、第百九十五回国会衆法第八号)   二、民法の一部を改正する法律案山尾志桜里君外四名提出、第百九十六回国会衆法第三七号)   三、民法の一部を改正する法律案西村智奈美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第一五号)   四、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三五号)   五、裁判所

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 法務委員会 14号

第百九十五回国会山尾志桜里君外六名提出、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会山尾志桜里君外四名提出、民法の一部を改正する法律案  第百九十八回国会西村智奈美君外五名提出、民法の一部を改正する法律案  及び  第百九十八回国会平野博文君外五名提出、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 並びに  裁判所司法行政に関する件  法務行政

松島みどり

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

の規制等に関する法律の一部を改正する法律案山尾志桜里君外六名提出、第百九十五回国会衆法第八号)   二、民法の一部を改正する法律案山尾志桜里君外四名提出、第百九十六回国会衆法第三七号)   三、民法の一部を改正する法律案西村智奈美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第一五号)   四、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三五号)   五、裁判所

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 法務委員会 第14号

第百九十五回国会山尾志桜里君外六名提出、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会山尾志桜里君外四名提出、民法の一部を改正する法律案  第百九十八回国会西村智奈美君外五名提出、民法の一部を改正する法律案  及び  第百九十八回国会平野博文君外五名提出、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 並びに  裁判所司法行政に関する件  法務行政

松島みどり

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

御指摘の事案は、平成二十九年六月三十日に沖縄県警から那覇地方検察庁送致を受けた中国人二名についての道路運送法違反事件であると思われますが、この二名のうちの一名につきましては、那覇区検察庁におきまして那覇簡易裁判所に略式命令請求をいたしまして、同裁判所におきまして罰金五十万円に処せられたものと承知をしております。  

保坂和人

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

御指摘の事案は、平成二十九年六月三十日に沖縄県警から那覇地方検察庁送致を受けた中国人二名についての道路運送法違反事件であると思われますが、この二名のうちの一名につきましては、那覇区検察庁におきまして那覇簡易裁判所に略式命令請求をいたしまして、同裁判所におきまして罰金五十万円に処せられたものと承知をしております。  

保坂和人

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

家庭裁判所弁護士も介在できずということでございます。  そして、これも午前中櫻井委員が、なぜ養育費が払われないのか、要因をちゃんと追求しないと対策立てられないだろう。そのなぜの中に二つ、一つは経済の問題ですけど、もう一つは相手と関わりたくないと。そりゃそうです、離婚の状態まで行くんですから、お互いに関わりたくないので、子供のための養育費などを言わば議論するというその場ができていないわけです。

嘉田由紀子

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

次に、今度は裁判例の翻訳の提供についてお聞きをしますが、これも大変遅れているところでありますが、こうやって日本法の裁判例が公開をされると、いろんな意味で、日本企業海外で展開する基盤の充実も期待できるということにもなってくるだろうと思っていますけれども、ただ、法令とちょっと性格が異なるので、具体的な事例が前提と判決はされますから、なかなか難しいところがあるんだろうと思っていますが、裁判所でも取組が始

柴田巧

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

家庭裁判所弁護士も介在できずということでございます。  そして、これも午前中櫻井委員が、なぜ養育費が払われないのか、要因をちゃんと追求しないと対策立てられないだろう。そのなぜの中に二つ、一つは経済の問題ですけど、もう一つは相手と関わりたくないと。そりゃそうです、離婚の状態まで行くんですから、お互いに関わりたくないので、子供のための養育費などを言わば議論するというその場ができていないわけです。

嘉田由紀子

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

次に、今度は裁判例の翻訳の提供についてお聞きをしますが、これも大変遅れているところでありますが、こうやって日本法の裁判例が公開をされると、いろんな意味で、日本企業海外で展開する基盤の充実も期待できるということにもなってくるだろうと思っていますけれども、ただ、法令とちょっと性格が異なるので、具体的な事例が前提と判決はされますから、なかなか難しいところがあるんだろうと思っていますが、裁判所でも取組が始

柴田巧

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

政府参考人(栗田照久君) 認知症の方の資産管理のための金融サービスといたしましては様々なものがあるわけでございますけれども、例えば、認知症の発症によりまして後見人が選任された場合に、家庭裁判所による関与の下で、後見人を通じて安全財産の保全管理を行うことができる商品といたしまして、後見制度支援信託あるいは後見制度支援預金が導入されております。  

栗田照久

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

我が国の国内法制の場合には、裁判外における当事者の和解合意につきましては、国の司法機関である裁判所等が関与する民事調停裁判上の和解などには執行力が付与されておりますが、裁判外における当事者間の和解合意には執行力がないものとされておりますので、こういった国内法制との整合性を検討する必要があるというふうに考えております。

小出邦夫

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 第13号

我が国の国内法制の場合には、裁判外における当事者の和解合意につきましては、国の司法機関である裁判所等が関与する民事調停裁判上の和解などには執行力が付与されておりますが、裁判外における当事者間の和解合意には執行力がないものとされておりますので、こういった国内法制との整合性を検討する必要があるというふうに考えております。

小出邦夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 法務委員会 8号

そして、この後、この七百六十六条改正で、家裁、つまり家庭裁判所が具体的に変わったのかということで、家裁通信簿というのを関係する家裁を活用した方たちが出しております。その家裁通信簿によりますと、裁判所はほとんど変わっていないという意見が八〇%。つまり、面会交流、特に面会交流について前向きに受け止めてくれていないということでございます。  三点申し上げます。

嘉田由紀子

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

死亡した人によって生計を維持されていた配偶者などという生計同一要件があるがために、DVの被害者が遺族年金の支給を受けられない、認定を受けられないという事態が全国各地で発生をしていて、各地で裁判にもなっておりますが、残念ながら、裁判所判決、これもまちまちでありまして、多くの方々が認定を受けられないという状態に長年これ置かれているというふうに理解をしております。  

石橋通宏

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第7号

死亡した人によって生計を維持されていた配偶者などという生計同一要件があるがために、DVの被害者が遺族年金の支給を受けられない、認定を受けられないという事態が全国各地で発生をしていて、各地で裁判にもなっておりますが、残念ながら、裁判所判決、これもまちまちでありまして、多くの方々が認定を受けられないという状態に長年これ置かれているというふうに理解をしております。  

石橋通宏

2019-11-28 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第4号

さて、あわせて、憲法裁判所の議論がなされています。  我が党は、平成二十八年三月二十四日に、既に憲法裁判所について詳細な解説つきの憲法改正原案を公表をさせていただいています。  山花委員、海外の勉強はいいですが、国内で我が党がもう三年以上前に公表している憲法改正原案の憲法裁判所の箇所について、既に当然お目を通していただけていると思いますが、御意見を賜れればと思います。二十秒以内でお願いします。

足立康史

2019-11-28 第200回国会 参議院 法務委員会 第8号

そして、この後、この七百六十六条改正で、家裁、つまり家庭裁判所が具体的に変わったのかということで、家裁通信簿というのを関係する家裁を活用した方たちが出しております。その家裁通信簿によりますと、裁判所はほとんど変わっていないという意見が八〇%。つまり、面会交流、特に面会交流について前向きに受け止めてくれていないということでございます。  三点申し上げます。

嘉田由紀子

2019-11-27 第200回国会 参議院 議院運営委員会 7号

議事部長     小林 史武君        委員部長     木下 博文君        記録部長     鈴木 千明君        警務部長     大蔵  誠君        庶務部長     金子 真実君        管理部長     金澤 真志君        国際部長    加賀谷ちひろ君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○裁判官弾劾裁判所裁判員

None

2019-11-27 第200回国会 参議院 議院運営委員会 7号

○委員長(松村祥史君) 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員、同予備員、裁判官訴追委員、同予備員、皇室会議予備議員皇室経済会議予備議員検察官適格審査会委員、同予備委員、日本ユネスコ国内委員会委員、国土審議会委員及び国土開発幹線自動車道建設会議委員の選任に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割当て会派からお手元の資料のとおり申出がございました。  

松村祥史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 12号

なぜなら、裁判所が先ほど、月一回というのが一番多いと答えたんです。ですから、大臣、月一回というのは共同養育として十分だというのが大臣の考えであるかどうかを確認したいと思います。これは個別具体的じゃないんです。裁判所のたくさんの数の中の最大値なんです、月一回。

串田誠一