運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
3805件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

在外被爆者に対しては、調査を行った平成十三年当時は被爆者援護法が適用されない取扱いでございましたけれども、その後、累次の制度改正によりまして、現在は、被爆者援護法に基づき、海外からも最寄りの領事館を経由して手帳申請や各種手当の申請は可能となってございます。また、居住地で医療を受けた場合でも医療費の支給を実施しているところでございます。  

奈尾基弘

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

御指摘の平成十三年三月、在北朝鮮被爆者実態調査代表団が現地を訪問し、当時、北朝鮮に居住されている被爆者は約九百名、平均年齢は六十九歳である等の説明を受けたと承知しております。在外被爆者に対しては、調査を行った平成十三年当時は被爆者援護法が適用されない取扱いでございましたが、その後、累次の改正を経て支援策が講じられてきたと承知しております。  

遠藤和也

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

被爆地は核兵器が人道的にも環境的にも悲劇的な結末をもたらすことの証人である、そういうこととか、あるいは、大勢の人々が苦しんでいることに無関心でいることは許されない、そういったようなことが多くの人の心に響いたと思います。  被爆国の私たちがやらなければならないことは、核廃絶への取組と核兵器の悲惨さを示す証人でもある被爆者の救済だと思います。

高良鉄美

2019-11-12 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 3号

井上哲士君 まとめますけど、広島でも長崎でも被爆者の皆さんから大きな憤りの声が上がっております。その声をしっかり正面から受け止めて、核兵器禁止条約にも参加をするし、そして、この非人道性を広げる、その先頭にこそ日本政府が立つべきだと、こういうことを強く申し上げまして、質問を終わります。

井上哲士

2019-11-12 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 3号

私は、これは唯一の戦争被爆国である日本存在が問われる変更だと思うんですね。この核兵器使用による非人道的結末についての深い懸念というのは、核兵器禁止条約にも結び付いた、そういう根底にあるものだと思います。  これが国際的に広がる大きなきっかけは、二〇一〇年のNPT再検討会議での長崎被爆者、谷口稜曄さんの演説でありました。長崎被爆をして、一年九か月動くことができなかった。体にウジが湧いた。

井上哲士

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

政府参考人(久島直人君) 唯一の戦争被爆国としまして、我が国は核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取組をリードしていく使命を有していると認識しております。世界の指導者、政府関係者、民間の方々が被爆地を訪問することを通じまして、国際社会被爆の実相に関する正確な認識を持つことは、核軍縮に向けたあらゆる取組のスタートとして重要であると考えております。  

久島直人

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

これは、例えば私なりの思いとしては、日本というのは何といっても世界唯一の被爆国でありますので、ミサイルというだけじゃなくて、当然これは北朝鮮核開発をまだしているというふうに見られている国なわけですから、要するに、核弾頭を載せたミサイルを飛ばすための実験をしている。これはもう被爆国としては言語道断である、こういう日本独自の声明を出すとか、何かしら、もちろん単に国連安保決議違反です。

重徳和彦

2019-10-09 第200回国会 参議院 本会議 3号

こうした中で、唯一の戦争被爆国である日本が、核なき世界へ向けた国際社会合意形成に果たすべき役割は非常に大きいと考えます。  核兵器保有国と非保有国の橋渡し役として、公明党被爆地開催を提唱し、継続的に活動してきた賢人会議が、NPT再検討会議とその後のプロセスを見据えた報告書を提出することになっています。

山口那津男

2019-10-09 第200回国会 参議院 本会議 3号

我が国は、唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取組をリードしていく使命を有しています。これは私の揺るぎない信念であり、我が国の確固たる方針です。  近年、核軍縮をめぐっては、核兵器国と非核兵器国のみならず、非核兵器国同士、さらには核兵器国同士の間で各国の立場の隔たりが拡大しています。

安倍晋三

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

我が国は、唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取組をリードしていく使命を有しています。これは、私の揺るぎない信念であり、我が国の確固たる方針であります。  我が国は、非核兵器国のみならず、核兵器国をもしっかりと巻き込んだ核軍縮の取組を進めていくことを重視しています。  

安倍晋三

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

爆発はなくても、核兵器を使うための実験であり、許されない、これが被爆者の声です。ところが、総理は、来日したトランプ大統領抗議もしませんでした。  総理、未臨界核実験は核不拡散条約第六条の核軍縮義務に反すると認識をしていますか。また、北朝鮮の核問題の解決と朝鮮半島の非核化の実現に逆行するものではありませんか。明確にお答えください。  被爆者の声を受け止め、米国に抗議をするべきです。  

井上哲士

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

福島みずほ君 被爆者の高齢化も進んでいて、救済の範囲をこれを広げるべきではないか。  心筋梗塞、甲状腺機能低下症、慢性肝炎、肝硬変については、被爆地点が爆心地より約二キロ、投下より翌日までに爆心地から約一キロ以内に入市した者とされておりますが、悪性腫瘍の例などと同様にすべきではないですか。この差異が分かりません。

福島みずほ

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

福島みずほ君 若年時の被爆によって遅発性白内障が出るという報告もあります。今、柔軟にやっているとおっしゃいましたが、本当にこれ柔軟に判断をしっかりしていただきたい。  それから、原爆被爆者に対する援護に関する法律の第十条は、厚生労働大臣は、原子爆弾傷害作用に起因して負傷し、又は疾病にかかり、現に医療を要する状態にある被爆者に対し必要な医療の給付を行うと定めております。

福島みずほ

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

我が国は唯一の戦争被爆国でありまして、政府としても平和の大切さを訴えていくことは重要であると、そのように認識をいたしております。  大会組織委員会が取りまとめました二〇二〇年東京大会の開会式、閉会式の全体コンセプトには、積極的に平和をつくり上げていく姿勢を示すということが含まれております。

鈴木俊一

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

長崎を最後の被爆地にしたい、私たちはあの悲惨さを繰り返すことがあってはならない、そう強い意思を持っています。クーベルタン先生は、オリンピックの目的を、スポーツを通じて平和な世界の実現に寄与すると語られました。大臣から長崎の思いを伝えていただきたい、そのようにお願いをしたいと思いますが、御見解をお伺いしたいと思います。

秋野公造

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

おじが被爆死した近くに城山小学校被爆遺構がありまして、過去に国の文化財として保護すべきと申し上げまして、国は即座に史跡として対応してくださり、そのおかげで、パグウォッシュ会議のダナパラ会長を始め幹部全員が、外務省の賢人会議の皆様も全員が足を運んでくださり、被爆者の皆様方とともにお迎えをすることができたというのは非常にうれしいことであります。

秋野公造

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

核兵器使用がもたらすのは悲惨な現実であり、被爆者の苦労は今なお続いていることを理解していただけるはずですというふうに述べておられます。  長崎県中村知事も抗議文を出しておられますけれども、これまでも核実験を行わないように求めてきたが、繰り返されたことは極めて遺憾であるというふうにいたしまして、長崎県民は一日も早い核兵器廃絶を願っているということを述べておられます。  

武田良介

2019-05-29 第198回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 3号

○武田良介君 私は、日本は唯一の戦争被爆国なわけですから、こういう未臨界核実験が行われたということに対してやはり抗議をしていくことが本当に必要になってくるというふうに思っているんですが、河野大臣、今公表しているのはアメリカだけというお話もありましたけれども、今回の未臨界核実験についてアメリカからはどのような説明がされているんでしょうか。

武田良介

2019-05-14 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 13号

核兵器禁止条約については、議長勧告に盛り込まれたように、NPTをむしろ補強するものだと推進する国々も言っているわけでありまして、是非、来年のNPT再検討会議が過去の合意をしっかり踏まえた核兵器廃絶に前進するような会議になるように、そして、そのためにも、唯一の戦争被爆国として核兵器禁止条約にも参加をしてしかるべき役割を果たすということを、これが被爆者や国民の大きな思いでありますから、そのことを改めて強

井上哲士

2019-04-04 第198回国会 参議院 決算委員会 2号

若松謙維君 総理にお尋ねしたいんですけど、このLAWS、もう恐らく国際人道法又は倫理上の観点から看過できないという理解はされていると思いますが、残念ながらこのLAWSに関する、先ほど外務大臣がお話ししました、各国の立場の隔たりが大きいということでありますけど、やはり国際社会合意形成に向けた日本の果たす役割は大事ではないかと思いますし、ましてや唯一の被爆国でもあります。  

若松謙維

2019-04-03 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 6号

皆さんがよく承知をしている乳幼児医療費とか、一人親家庭とか、重度心身障害者などの主要事業のほかに、右の方を見ていきますと、特定疾患ですとか、ウイルス性肝炎とか、川崎の小児ぜんそくとか、長崎被爆体験者精神影響調査研究など、やはり自治体独自の特殊性というかそういうものがわかるわけですけれども、こういう独自の事業が支部の廃止によって受託できないということがあってはならないなと思うんですけれども、影響はないんでしょうか

高橋千鶴子

2019-02-13 第198回国会 衆議院 予算委員会 6号

私、長崎選出でございますので、被爆長崎市代表として質問をさせていただきます。  今回の条約破棄、私は大変深刻に受けとめております。この一日に破棄を通告して、二日から既に条約義務停止いたしました。また、ロシア義務停止し、プーチン大統領は、自国の安全を強化する追加措置をとると軍備増強を明言されております。  

西岡秀子

2019-02-13 第198回国会 衆議院 予算委員会 6号

また、長崎被爆者の皆様からは、大変、時計の針を戻してしまうことになるのではないかという不安や、核軍縮の動きがこれで停滞をして、逆に核が広がって競争が激化していくのではないかという危機感が大変、長崎の方ではお声を聞くんですけれども、そのことに対して総理の御見解をお願いいたします。

西岡秀子

2019-02-13 第198回国会 衆議院 予算委員会 6号

○西岡委員 そこで、唯一の戦争被爆国である日本首相の果たす役割が大変重要になってくるというふうに思いますので、総理も、毎年、広島、長崎にもおいでになって、被爆者の皆さんの声も毎年聞いていただいているというふうに思いますので、ぜひ、そのことを総理の思いの中に持ちながら、これからもこのことに取り組んでいただきたいというふうに思っております。  それでは、次の質問に行きたいというふうに思います。  

西岡秀子

2019-02-06 第198回国会 参議院 予算委員会 1号

足立信也君 米ロ中と今申しましたが、もう軍拡競争は始まっているのは明らかだと思いますし、日本はやっぱり唯一の核被爆国であるという立場を、これは日本人のDNAとしてしっかりと持って、そして、当然情報共有しなければいけないですけれども、ある人物に近いと余りに言い過ぎないような、そういう矜持を持って私は臨んでいただきたいと思います。  

足立信也

2019-01-29 第198回国会 参議院 本会議 2号

こうした署名活動など、核兵器のない世界の実現に向けた取組を中心となって進めてきたのが被爆者の方々ですが、そうした被爆者も平均年齢八十歳を超え、長年求め続けてきた核兵器廃絶を早期に実現させたいと切望しております。  ヒバクシャ国際署名を始めとした被爆者の方々のこれまでの取組への評価と、国際署名に多くの方々が賛同し、署名していただいている現状について、総理の認識を伺います。  

森本真治

2019-01-29 第198回国会 参議院 本会議 2号

被爆者の方々のこれまでの取組への評価等についてお尋ねがありました。  被爆者の方々は、核兵器のない世界の実現に向け、長年にわたって被爆の悲惨な実相や核兵器の非人道性を世界に伝える活動に取り組まれてきており、その大変な御尽力に対し、改めて心より敬意を表します。  

安倍晋三

2019-01-28 第198回国会 参議院 本会議 1号

唯一の戦争被爆国である日本にとって、核軍縮・不拡散は重要な問題です。核兵器のない世界の実現に向け、核兵器不拡散条約の維持強化や核軍縮の実質的な進展のための賢人会議の開催等を通じ、核兵器国と非核兵器国といった立場の異なる国々の橋渡しに努め、核軍縮・不拡散の現実的かつ実践的な取組を主導します。  

河野太郎

2019-01-28 第198回国会 衆議院 本会議 1号

唯一の戦争被爆国である日本にとって、核軍縮・不拡散は重要な問題です。核兵器のない世界の実現に向け、核兵器不拡散条約の維持強化や核軍縮の実質的な進展のための賢人会議の開催等を通じ、核兵器国と非核兵器国といった立場の異なる国々の橋渡しに努め、核軍縮・不拡散の現実的かつ実践的な取組を主導します。  

河野太郎