運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4057件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-04 第200回国会 参議院 本会議 第10号

この日米貿易協定は、TPP11、日EU・EPAに合わせれば、我が国を中心として世界経済の六割を占める自由貿易圏を生み出すものであり、非常に大きな意義を持っています。  今回の日米貿易協定では、幅広い工業品について、米国の関税削減、撤廃が実現します。懸念された追加関税についても課されないことが確認されています。更なる交渉による関税撤廃についても協定上明記されています。

山田宏

2019-12-04 第200回国会 参議院 本会議 第10号

日本維新の会は、自由貿易圏の拡大が、人口減少に直面する我が国の経済を持続可能にし、成長させる大きな原動力となるのと同時に、圏内の安全保障にも資するものと考えます。十九世紀にリカードが唱えた比較優位の原理は、今なお妥当性を持ちます。我が党は、そういう意味から、この二つの協定国益にかなうという観点から議論してきました。  

浅田均

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

米国がTPPに復帰すれば、まさに今言われた自由で開かれたインド太平洋構想にも合致するというふうな話もありましたけれども、実はその前段階として、このTPP11のみならず、今回議論している日米貿易協定デジタル協定インド太平洋構想の法の支配自由貿易の普及、定着、経済的繁栄の追求と軌を一にする部分も多いかと思います。

佐藤正久

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

その上で、この米通商法二三二条の追加関税日本自動車部品に賦課することにつきましては、同盟国である日本との貿易関係、これは米国の経済的繁栄のみならず、安全保障にも貢献をしている、日本からの自動車及び自動車部品の購入は米国の安全保障上の障害になったことはなく、これからもなることはない、仮に自動車等に対して貿易制限的措置が導入されれば、米国の自動車産業を含む米国経済世界経済自由貿易体制にもマイナス

茂木敏充

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

国務大臣茂木敏充君) 国際的な自由貿易の体制、これは、WTOを中心にしながらも、様々なマルチ、そしてバイの協定がそれを補完する、さらにはそれを加速する、こういった形で重層的に組み上がって更に強固なものになっていくと、そのように考えております。  そういった意味において、日本は昨年の十二月三十日に、日本が主導してTPP11、これを発効させました。

茂木敏充

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

米国がTPPに復帰すれば、まさに今言われた自由で開かれたインド太平洋構想にも合致するというふうな話もありましたけれども、実はその前段階として、このTPP11のみならず、今回議論している日米貿易協定デジタル協定インド太平洋構想の法の支配自由貿易の普及、定着、経済的繁栄の追求と軌を一にする部分も多いかと思います。

佐藤正久

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

その上で、この米通商法二三二条の追加関税日本自動車部品に賦課することにつきましては、同盟国である日本との貿易関係、これは米国の経済的繁栄のみならず、安全保障にも貢献をしている、日本からの自動車及び自動車部品の購入は米国の安全保障上の障害になったことはなく、これからもなることはない、仮に自動車等に対して貿易制限的措置が導入されれば、米国の自動車産業を含む米国経済世界経済自由貿易体制にもマイナス

茂木敏充

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

国務大臣茂木敏充君) 国際的な自由貿易の体制、これは、WTOを中心にしながらも、様々なマルチ、そしてバイの協定がそれを補完する、さらにはそれを加速する、こういった形で重層的に組み上がって更に強固なものになっていくと、そのように考えております。  そういった意味において、日本は昨年の十二月三十日に、日本が主導してTPP11、これを発効させました。

茂木敏充

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

これまで、国会答弁で、世界的に保護主義への懸念が高まっている今こそ、日本自由貿易の旗手として、自由で公正なルールに基づく経済圏を世界へと広げていくことが重要ということで答弁をいただいているところではございます。そうした文脈の中で捉えていきますと、この度の日米貿易協定合意というものは意義があるものと私どもも共有しているわけであります。  

谷合正明

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

しかし、東大の鈴木教授も、元農林水産省のTPPの交渉官であった明治大学の作山教授も、自由貿易研究者、専門家ですよね、日米貿易協定は日米FTAだとおっしゃっていて、令和の不平等条約、又は失うだけの日米交渉だったとおっしゃっています。そして、これまでの議論にもあったように、FTAはWTO違反、国際ルール違反であると厳しく指摘をされております。  

徳永エリ

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

これまで、国会答弁で、世界的に保護主義への懸念が高まっている今こそ、日本自由貿易の旗手として、自由で公正なルールに基づく経済圏を世界へと広げていくことが重要ということで答弁をいただいているところではございます。そうした文脈の中で捉えていきますと、この度の日米貿易協定合意というものは意義があるものと私どもも共有しているわけであります。  

谷合正明

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

しかし、東大の鈴木教授も、元農林水産省のTPPの交渉官であった明治大学の作山教授も、自由貿易研究者、専門家ですよね、日米貿易協定は日米FTAだとおっしゃっていて、令和の不平等条約、又は失うだけの日米交渉だったとおっしゃっています。そして、これまでの議論にもあったように、FTAはWTO違反、国際ルール違反であると厳しく指摘をされております。  

徳永エリ

2019-11-26 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 6号

特に、今年の四月から交渉が本格化したわけでありますが、五か月、九月までの間で八回にわたりまして閣僚会議を実施をいたしまして、そして基本的にライトハイザー代表と意見の一致を見る八月後半の会合は八月二十一日から二十三日まで三日間ぶっ続け、閣僚会合だけでも十一時間に及ぶ厳しい交渉でありましたが、日本としては、自由貿易の旗手であると、こういう立場からTPPを既にまとめていたと、そして日EU・EPAも発効していた

茂木敏充

2019-11-26 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第6号

特に、今年の四月から交渉が本格化したわけでありますが、五か月、九月までの間で八回にわたりまして閣僚会議を実施をいたしまして、そして基本的にライトハイザー代表と意見の一致を見る八月後半の会合は八月二十一日から二十三日まで三日間ぶっ続け、閣僚会合だけでも十一時間に及ぶ厳しい交渉でありましたが、日本としては、自由貿易の旗手であると、こういう立場からTPPを既にまとめていたと、そして日EU・EPAも発効していた

茂木敏充

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 1号

安倍首相は、今国会所信表明演説で、自由で開かれたインド太平洋を実現すること、そして、貿易の文脈ではありますが、自由貿易の旗手としての役割を果たしていくことを明言されました。言うまでもなく、経済自由主義政治民主主義は密接不可分の関係にあり、政府は、香港自由人権を守るために、民主化を当然後押しをしていくべきであります。  

音喜多駿

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 第1号

安倍首相は、今国会所信表明演説で、自由で開かれたインド太平洋を実現すること、そして、貿易の文脈ではありますが、自由貿易の旗手としての役割を果たしていくことを明言されました。言うまでもなく、経済自由主義政治民主主義は密接不可分の関係にあり、政府は、香港自由人権を守るために、民主化を当然後押しをしていくべきであります。  

音喜多駿

2019-11-21 第200回国会 参議院 財政金融委員会 4号

また、A国なら何でもオーケー、場合によってはB国やD国やF国でもオーケーと、しかしC国やK国は駄目だというダブルスタンダードの御都合主義も透けて見えてきているという状況でありまして、戦後日本復興と発展を支えてきた自由貿易基本に対し様々な懸念が広がる昨今、麻生大臣におかれましては、更なる本法の理念に基づいた透明かつ適正な執行を強く求めたいと思いますし、私ども引き続き議論をしてまいりたいと思います。

勝部賢志

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

自由貿易は推進されているはずでありますが、この鈍化がどういう意味を持つのか。私は、世界の自由貿易が極限まで伸長し、頭打ちとなっているのではないかとちょっと懸念をいたすんですが、そのことについて御見解をお伺いしたいと思います。

秋野公造

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

自由貿易は推進されているはずでありますが、この鈍化がどういう意味を持つのか。私は、世界の自由貿易が極限まで伸長し、頭打ちとなっているのではないかとちょっと懸念をいたすんですが、そのことについて御見解をお伺いしたいと思います。

秋野公造

2019-11-21 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第4号

また、A国なら何でもオーケー、場合によってはB国やD国やF国でもオーケーと、しかしC国やK国は駄目だというダブルスタンダードの御都合主義も透けて見えてきているという状況でありまして、戦後日本復興と発展を支えてきた自由貿易基本に対し様々な懸念が広がる昨今、麻生大臣におかれましては、更なる本法の理念に基づいた透明かつ適正な執行を強く求めたいと思いますし、私ども引き続き議論をしてまいりたいと思います。

勝部賢志

2019-11-20 第200回国会 参議院 本会議 5号

日米貿易協定を踏まえた更なる自由貿易の推進についてお尋ねがありました。  人口減少に直面する中で、我が国が力強い成長を続けていくためには、海外の活力を積極的に取り込むことが不可欠です。こうした中で、我が国が主導して、TPP11、欧州とのEPA、日米貿易協定を合わせ世界経済の六割を占める自由貿易圏が誕生することは、我が国にとって大きなチャンスであります。  

安倍晋三

2019-11-20 第200回国会 参議院 本会議 5号

さて、この日米貿易協定が早期に妥結したのは、アメリカがTPPからの離脱を表明した後も、我が国が、一貫して自由貿易を推進していくとのスタンスの下、TPP11や日EU・EPAの早期発効を推し進めてきたことが功を奏していることは明らかです。そして、日米貿易協定により、日本が要となって巨大な自由貿易市場が形成され、保護主義的な流れを食い止める大きな壁がつくられたものと高く評価できると考えています。  

中西哲

2019-11-20 第200回国会 参議院 本会議 5号

今般まとめられた両協定、とりわけ日米貿易協定は、経済成長消費者利益、自由貿易推進などの諸点において意義あるものと評価をいたします。  一方、政府にまず強く求めたいことは、協定により影響を受ける可能性のある方々、特に農家を徹底的に支えることであります。これなくして自由貿易推進への理解はあり得ません。  その上で、政府には、自由貿易の旗手として多国間協調主義を守ることにも全力を挙げていただきたい。

矢倉克夫