運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
26714件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-05 第199回国会 衆議院 本会議 2号

次に、総務委員会から申出の地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会から申出の公職選挙法及び地方自治法の一部を改正する法律案、地方創生に関する特別委員会から申出の地域再生法の一部を改正する法律案は、各委員会において閉会中審査をするに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕

大島理森

2019-08-05 第199回国会 参議院 総務委員会 1号

○委員長(秋野公造君) ただいまから総務委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言御挨拶を申し上げます。  去る一日の本会議におきまして総務委員長に選任をされました秋野公造でございます。  本委員会は、行政制度、地方行財政、選挙、消防に加え、情報通信や郵政事業など国民生活に密接に関わる重要な事項を所管しており、その委員長たる職責は誠に重大であると痛感をいたしております。  

秋野公造

2019-08-05 第199回国会 衆議院 総務委員会 1号

      宗清 皇一君    山口 俊一君       山口 泰明君    伊藤 俊輔君       小川 淳也君    岡島 一正君       中谷 一馬君    長尾 秀樹君       山花 郁夫君    稲富 修二君       日吉 雄太君    國重  徹君       本村 伸子君    足立 康史君       吉川  元君    井上 一徳君     …………………………………    総務大臣政務官

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

法律案(初鹿明博君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二七号)   一三、多文化共生社会基本法案(中川正春君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二八号)   一四、内閣の重要政策に関する件   一五、公務員の制度及び給与並びに行政機構に関する件   一六、栄典及び公式制度に関する件   一七、男女共同参画社会の形成の促進に関する件   一八、国民生活の安定及び向上に関する件   一九、警察に関する件  総務委員会

高市早苗

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

―――――――――――――    閉会中審査の件の採決順序  1 憲法審査会から申出の     日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案(第百九十六回国会、細田博之君外六名提出)               反対 共産、社民  2 総務委員会から申出の     地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案(第百九十八回国会、細田博之君外十二名提出)    政治倫理

岡田憲治

2019-08-01 第199回国会 参議院 本会議 1号

〔拍手〕  総務委員長に秋野公造さんを指名いたします。    〔拍手〕  法務委員長に横山信一さんを指名いたします。    〔拍手〕  外交防衛委員長に中川雅治さんを指名いたします。    〔拍手〕  財政金融委員長に中西健治さんを指名いたします。    〔拍手〕  文教科学委員長に上野通子さんを指名いたします。    〔拍手〕  厚生労働委員長に石田昌宏さんを指名いたします。    

山東昭子

2019-06-26 第198回国会 衆議院 本会議 33号

次に、総務委員会から申出の地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会から申出の公職選挙法及び地方自治法の一部を改正する法律案は、各委員会において閉会中審査をするに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕

大島理森

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

のための手段の確保の促進に関する法律案(初鹿明博君外七名提出、衆法第二七号)   一三、多文化共生社会基本法案(中川正春君外五名提出、衆法第二八号)   一四、内閣の重要政策に関する件   一五、公務員の制度及び給与並びに行政機構に関する件   一六、栄典及び公式制度に関する件   一七、男女共同参画社会の形成の促進に関する件   一八、国民生活の安定及び向上に関する件   一九、警察に関する件  総務委員会

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

―――――――――――――    閉会中審査の件の採決順序  1 地方創生に関する特別委員会から申出の     地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出)    憲法審査会から申出の     日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案(第百九十六回国会、細田博之君外六名提出)               反対 共産、社民  2 総務委員会から申出の     地域人口の急減に対処するための

向大野新治

2019-06-26 第198回国会 衆議院 総務委員会 17号

 俊介君       宗清 皇一君    山口 俊一君       伊藤 俊輔君    小川 淳也君       岡島 一正君    中谷 一馬君       長尾 秀樹君    山花 郁夫君       稲富 修二君    日吉 雄太君       國重  徹君    本村 伸子君       足立 康史君    吉川  元君       井上 一徳君     …………………………………    総務大臣政務官

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 総務委員会 13号

○委員長(秋野公造君) ただいまから総務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、藤木眞也君、宮沢由佳君、小西洋之君及び進藤金日子君が委員を辞任され、その補欠として山崎正昭君、吉川沙織君、又市征治君及び太田房江君が選任されました。     ─────────────

秋野公造

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

しかし、この数字は伝統ある総務省家計調査に基づく、既に公表済みの数字であり、赤字という表現は、これまでも政府は国会答弁で使っているのです。  例えば、平成二十八年十月の厚労委員会で、家計調査に基づく私の質問に対して、総務省は、「二〇一三年及び二〇一四年は赤字が拡大している状況が見られます。」と、高齢無職世帯の赤字額が明記された資料に基づいて平気で答弁しています。

長妻昭

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

午後三時四十七分散会      ――――◇―――――  出席国務大臣        内閣総理大臣  安倍 晋三君        財務大臣    麻生 太郎君        総務大臣    石田 真敏君        法務大臣    山下 貴司君        外務大臣    河野 太郎君        文部科学大臣  柴山 昌彦君        厚生労働大臣  根本  匠君        農林水産大臣

大島理森

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

三日前の六月十八日、私は、総務省の情報公開・個人情報保護審査会から答申書の写しをいただきました。それは、令和元年六月十七日付の麻生財務大臣に対する情報公開・個人情報保護審査会の答申書の写しでありました。  その答申書に示された審査会の結論は、本件対象文書につき、その全部を不開示とした決定については、理由の提示に不備がある違法なものであり、取り消すべきであるというものでした。

川内博史

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

今週の十七日、総務省の第三者機関、情報公開・個人情報保護審査会は、森友学園の関連文書を不開示と決定した麻生大臣に対して、違法なものである、取り消すべきという答申を行いました。政府の第三者機関でさえも、麻生大臣の隠蔽体質を違法であると認定しているんです。これ以上隠蔽菌をまき散らすのは本当にやめていただきたい。そのためにも、即刻大臣をやめるべきです。  

今井雅人

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

総務省は、十五ある審議会において、過去五年間、そのような事例はない。  国土交通省は、過去十年間に報告書を受け取らなかった事例は確認できない。  経産省は、平成二十八年から三十一年の該当する事例の有無は、なかった。  環境省は、平成二十一年以降、答申を受け取らなかった事例は確認されなかった。  外務省は、政務が諮問機関から報告書を受け取らなかった事例はなかった。  

松原仁

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

これだけにとどまらず、衆議院厚生労働委員会で総務副大臣が、家計調査によれば、二人以上の世帯のうち世帯主が六十五歳以上の無職世帯において二〇一三年及び二〇一四年は赤字が拡大していると答弁しています。金融庁や総務省という政府機関が、公的年金だけでは不足する、赤字であることを認めている。これが政府の政策スタンスなのです。  そしてさらに、今朝の新聞報道です。

江崎孝

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

前代未聞の公文書改ざんを行っておきながら、実態解明の努力を行わないこの姿勢に驚きを禁じ得ませんでしたが、我が党の川内博史衆議院議員が、財務省のこの決定を不服として総務省の情報公開・個人情報保護審査会に訴えたところ、今年六月十七日に、当該審査会は、不開示と判断した根拠を具体的に示していない違法なもので取り消すべきだと、不開示は違法と提言をしました。  

蓮舫

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

○落合委員 生産性革命の柱、世耕大臣の場合は、ITについてで、大臣所信にもソサエティー五・〇ですとかいろいろといっぱい片仮名が並んでいますが、経産省ではない、総務省の調べで、日本のICTへの日本企業の投資、これは、一九九五年を一〇〇とした場合、日本は一一〇か二〇ぐらいなんですね。米国は三〇〇近くまで上がっている。  

落合貴之

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

高野光二郎君    藤木 眞也君       舞立 昇治君    牧野たかお君       山田  宏君    福山 哲郎君       大塚 耕平君    榛葉賀津也君       西田 実仁君    山口那津男君       小池  晃君     …………………………………    内閣総理大臣       安倍 晋三君    財務大臣    国務大臣    (金融担当)       麻生 太郎君    総務大臣

None

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

じゃ、それで一極集中とか三大都市圏への集中は是正されたかということなんですけれども、総務省統計局住民基本台帳人口移動報告では、二〇一七年、東京への流入は減るどころか、転入者が転出者を約十二万人上回る転入超過。二十二年連続の転入超過、減るどころか増え続けている。この結果、二〇一八年も同じなんです、転入者が転出者を上回る転入超過が二十三年間連続。  

山本太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

今朝の報道で、月に五万円の赤字となり、三十年で二千万円が必要とする試算の根拠は厚生労働省が示した資料だったことが分かった、昨日の野党ヒアリングでは、厚労省がよく使っている資料だ、総務省の家計調査でオープンになっており、よく知られている収支の差だと厚生労働省年金局吉田一生企業年金・個人年金課長がおっしゃったということなんですが、これはそのとおりでよろしいですか。

渡辺喜美

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

○蓮舫君 いや、総務省の資料では不足と明確に書いてあって、金融庁のワーキング・グループのところではそれを赤字と書いたのが不適切で、不足なのが不安を生んだというから大臣は受取を拒否をしたと。  二枚目の資料は、これは厚労省です。厚労省の今年二月の社会保障審議会の企業年金・個人年金部会で使われた資料で、これ全く金融庁のワーキング・グループで使われた資料と一緒なんですよ。

蓮舫

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

金融庁、ちょっと改めて確認ですが、これ今日、具体的に五・五万円の不足云々についてお答えいただいていますが、いわゆる年金の推計ですね、今後いろんな御世帯で年金が不足する、家計調査、総務省の家計調査の支出、標準的な世帯、様々な例があろうかと思いますが、こういったことも含めて年金収入との比較で寿命が延びている中で不足してくる、こういった具体的な年金に関するプレゼンなり資料なりデータの提供も含めて、厚生労働省以外

石橋通宏

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

成子君    政府参考人        内閣官房まち・        ひと・しごと創        生本部事務局次        長        辻  庄市君        内閣府男女共同        参画局長     池永 肇恵君        警察庁長官官房        審議官      小田部耕治君        金融庁総合政策        局参事官     佐藤 則夫君        総務大臣官房審

None

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

○国務大臣(岩屋毅君) 電波による人体への影響につきましては、総務省の電波防護指針等によりまして一ミリワット・パー・平方センチメートルの基準値を超えないこととされておりまして、基準値を上回る場所については人が立ち入れないように対策を講じることとされております。  なお、この基準値は、安全上の観点から、五十倍の安全率を掛けているところでございます。  

岩屋毅

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

私が最後に島田先生のお姿を拝見したのは、四月二十五日の総務委員会でした。私にとって、それが先生とのお別れの日となるとは、いまだに信じられない思いであります。  私は、ここに、同僚議員各位のお許しを得て、議員一同を代表し、正六位旭日小綬章故島田三郎先生の御霊に対し、謹んで哀悼の言葉をささげるものであります。  

秋野公造

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

そういった意味では、この議論を、私は、内閣府や内閣官房、あるいは公正取引委員会や経産省、総務省にだけ任せるのではなくて、やはりこの問題、デジタル化時代に合わせていかに消費者を守っていくかというような考えを消費者庁こそ真剣に考えていただいて、具体的に動いてほしいというふうに考えてございます。  

小倉將信

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

私、今回が最初じゃなくて、実は、二年近く前の二〇一七年の九月に一度、総務省の政務官をやっていたときに視察をしてまいりまして、自民党の消費者問題調査会の事務局長をやっておりますもので、ことしの一月にも同じように徳島県に行ってまいりました。今回で三回目ということで。  実は、今から三年前、消費者庁の移転の話が出たときに、私は、正直申し上げまして、党内で慎重な意見を申し上げてまいりました。

小倉將信