運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
28139件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-05 第199回国会 衆議院 農林水産委員会 1号

農林水産大臣政務官    濱村  進君    農林水産委員会専門員   梶原  武君     ――――――――――――― 八月一日  主要農作物種子法案後藤祐一君外八名提出、第百九十六回国会衆法第一三号)  国有林野事業に従事する職員労働関係を円滑に調整するための行政執行法人の労働関係に関する法律の一部を改正する法律案佐々木隆博君外四名提出、第百九十六回国会衆法第一八号)  国有林野事業に従事する職員給与

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 農林水産委員会 1号

第百九十六回国会後藤祐一君外八名提出、主要農作物種子法案  第百九十六回国会佐々木隆博君外四名提出、国有林野事業に従事する職員労働関係を円滑に調整するための行政執行法人の労働関係に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会佐々木隆博君外四名提出、国有林野事業に従事する職員給与等に関する特例法案  第百九十六回国会佐々木隆博君外六名提出、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構

武藤容治

2019-08-05 第199回国会 衆議院 内閣委員会 1号

国民経済及び国民生活に重大な影響を及ぼすおそれのある通商に係る交渉に関する情報の提供の促進に関する法律案  第百九十八回国会初鹿明博君外七名提出、手話言語法案  第百九十八回国会初鹿明博君外七名提出、視聴覚障害者等の意思疎通等のための手段の確保の促進に関する法律案  及び  第百九十八回国会中川正春君外五名提出、多文化共生社会基本法案 並びに  内閣の重要政策に関する件  公務員制度及び給与

牧原秀樹

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

近藤和也君外六名提出、第百九十八回国会衆法第二五号)   一一、手話言語法案初鹿明博君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二六号)   一二、視聴覚障害者等の意思疎通等のための手段の確保の促進に関する法律案初鹿明博君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二七号)   一三、多文化共生社会基本法案(中川正春君外五名提出、第百九十八回国会衆法第二八号)   一四、内閣の重要政策に関する件   一五、公務員制度及び給与

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 内閣委員会 23号

の表記の取扱い等に関する法律案  近藤和也君外六名提出、国民経済及び国民生活に重大な影響を及ぼすおそれのある通商に係る交渉に関する情報の提供の促進に関する法律案  初鹿明博君外七名提出、手話言語法案  初鹿明博君外七名提出、視聴覚障害者等の意思疎通等のための手段の確保の促進に関する法律案  及び  中川正春君外五名提出、多文化共生社会基本法案 並びに  内閣の重要政策に関する件  公務員制度及び給与

牧原秀樹

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

通商に係る交渉に関する情報の提供の促進に関する法律案(近藤和也君外六名提出、衆法第二五号)   一一、手話言語法案初鹿明博君外七名提出、衆法第二六号)   一二、視聴覚障害者等の意思疎通等のための手段の確保の促進に関する法律案初鹿明博君外七名提出、衆法第二七号)   一三、多文化共生社会基本法案(中川正春君外五名提出、衆法第二八号)   一四、内閣の重要政策に関する件   一五、公務員制度及び給与

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 17号

第百九十六回国会後藤祐一君外八名提出、主要農作物種子法案  第百九十六回国会佐々木隆博君外四名提出、国有林野事業に従事する職員労働関係を円滑に調整するための行政執行法人の労働関係に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会佐々木隆博君外四名提出、国有林野事業に従事する職員給与等に関する特例法案  第百九十六回国会佐々木隆博君外六名提出、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構

武藤容治

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

厚労省に最初に確認したいと思うんですが、衆議院の議論の中で、現在の動物看護師収入や今後の処遇改善に関わる質問農水省が答弁している中で、獣医師給与については厚生労働省が行っております賃金構造基本統計調査で把握ができる、ただ、動物看護師については現在対象となっていないために統計的に把握できていない状況だという答弁がありました。  

武田良介

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

そこで、今委員がおっしゃったように、若い人たちの給与がふえることというのは、支え手の皆さんの保険料もふえていきますから、年金財政にはプラスになっていくことが当然のことであろうと思います。  そういう点におきましては、この六年間で三百八十万人の方が新たに働き始めた。正社員においても、この六年間で百五十万人ふえました。

安倍晋三

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

倉林明子君 実際に現場際までどうやって給与水準上がっているのかということをつかむということですから、しっかりつかんで更なる引上げにつなげていただきたいと思っているわけです。  既に全国婦人相談員連絡協議会が調査しておりまして、二〇一八年の調査ですが、経験五年未満の相談員が実に六一%を占めています。東京都市区で見ると、三年未満の経験しかないという方が七〇%に上っております。

倉林明子

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

具体的には、多様な研究機関において活躍し得るキャリアパスを提示する卓越研究員事業の実施ですとか、国立大学における人事給与マネジメント改革の推進によって特に若手研究者のポストの確保を図るとともに、いわゆる科研費におきまして、科研費若手支援プランの実行を通じて研究者のキャリア形成に応じた支援の強化も図らせていただいております。  

柴山昌彦

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

てきたので、そこで支援を提供する私たちが働く場としてきちんと、お給料だったり休みだったり心のケアだったりとか、そういうものがきちんと保障されていかないと、あと、スキルを身に付けるための研修であったりとか、そういう時間もきちんと割かれているであったりとか、私たちが生き生きと働けないと、本当に苦しい人たちに対しての適切な支援ってできないと思うので、何かお金のことばかり言って申し訳ないんですけど、やっぱり給与

高橋亜美

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

政府参考人(浜谷浩樹君) ちょっとこの総額が減っていることについては、具体的には総務省で行っておりますので我々は詳細承知しておりませんけれども、ただ、積算基礎となっております職員一人当たりの給与単価、これにつきましては、児童相談所職員に限らず、地方公務員である全職員で一律に定められているものと聞いております。

浜谷浩樹

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

保育士の、保育について学び保育資格を取得した後、一旦は保育サービスの現場に働いたものの、給与水準などから勤務継続を諦めて潜在保育士となっているという場合も多いと聞いております。子供が好きで、保育の仕事自体の魅力を感じ資格を保有していながら、現場で働くことを諦めなければならない埋もれた人材が数多くいらっしゃることはもったいないと思います。  

小宮山泰子

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

なお、日本につきましては、毎月勤労統計調査における三十人以上規模の事業所の一人当たりの現金給与総額の月額の年平均を用いているものというふうに考えられますが、これを仮に総実労働時間当たりの現金給与総額、要するに時給換算した場合では、この二十一年間の変動率は約二・三%の減少ということになるというふうに試算できるところでございます。

土田浩史

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

そして、給与費の総計単価、これ児相のところだけで結構です、AとB、直近二〇一九年はどうなっているか、額でお示しいただきたい。  そして、更に聞きます。職員Aについて見ますと、この児相のところで見ると、二〇〇三年がピーク、四十三人、その後減少しているんですね。その理由は何ですか。

倉林明子

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

地方交付税の単位費用の積算に当たりまして、職員給与費単価につきましては、課長補佐相当の職務に就く職員職員A、係長以下相当の職務に就く職員職員Bとして給与費の積算を行ってございます。令和元年度の都道府県分の単位費用の積算におきまして、職員Aの給与費単価は一人当たり八百三十六万円、職員Bの給与費単価は一人当たり五百三十八万円としております。  

多田健一郎

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

獣医師給与につきましては、厚生労働省が行っております賃金構造基本統計調査で把握ができるのでございますが、動物看護師につきましては、現在調査対象となっていないため、統計的に把握できていない状況にございます。  また、二点目に、動物看護師の処遇の向上につきましてお尋ねがございました。  基本的には、環境省からただいま説明があったとおりでございます。  

小川良介

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

育休に入る前の給与の八割が保障される、男性だったら二回に分けて取れる、いろんな配慮をしているんですね。ところが、もう啓蒙、周知活動を二十年やってきて、一・五から六%に増えて三倍ですと言って喜んでいる場合ではないと思うんです。  まず、大臣、どうして、このようなすばらしい制度がありながら、男性は育休を取得できていないままにあると思われますか。

松川るい

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

また、国会法三十五条は、「議員は、一般職国家公務員の最高の給与額より少なくない歳費を受ける。」としています。その趣旨について、委員会審議では事務総長から、最高機関の構成員としての権威と機能を十分に発揮するためとの議論があったと答弁があり、憲法学者も、明治憲法下の議員地位、待遇が官吏に及ばなかったことを改め、その地位、待遇を最高機関にふさわしいものとするためとして定められたと述べております。  

井上哲士