運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
3046件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-02-21 第201回国会 衆議院 予算委員会公聴会 第1号

この水準は、太平洋戦争のために国の資源が全て総動員された世界大戦末期、一九四四年度の水準を上回って、更に伸び続けているというような水準にあるということでございます。  また、先ほど、いろいろ、長期金利と成長率に関する議論がございましたけれども、現実問題としまして、今、日本銀行が大規模な金融緩和を行っております。

小黒一正

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 7号

我々は、差別的なつまみ食い協定の横行が世界大戦まで行ってしまったという反省から、戦後、ガットのルールで、二国間の自由貿易協定をやるときは九〇%以上を含まなきゃいけないというルールをみんなで一生懸命守ってまいりました。その結果、二百ぐらいある自由貿易協定の中で、八五%のカバー率を下回る協定はほとんどない状態になっております。  

鈴木宣弘

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

我々は、差別的なつまみ食い協定の横行が世界大戦まで行ってしまったという反省から、戦後、ガットのルールで、二国間の自由貿易協定をやるときは九〇%以上を含まなきゃいけないというルールをみんなで一生懸命守ってまいりました。その結果、二百ぐらいある自由貿易協定の中で、八五%のカバー率を下回る協定はほとんどない状態になっております。  

鈴木宣弘

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 4号

世界大戦後の一九四九年のジュネーブ諸条約の第一追加議定書軍事目標主義を掲げ、武力攻撃は軍事目標のみに限定するとし、同時に第五十八条、攻撃の影響への予防措置として人口の集中している地域又はその付近に軍事目標を設けることを避けることとしています。我が国も、二〇〇四年六月十四日に国会承認、翌二月二十八日から発効しました。  

伊波洋一

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 3号

この政策パンフレットには、主要国における世界大戦後の憲法改正の回数が棒グラフで図示され、憲法制定後七十年以上も改正していない日本は異常だと言わんばかりに、世界におくれているかのような印象操作をしております。同種の発言をする自民党幹部や閣僚経験者もたくさんおります。まことに残念至極です。  

照屋寛徳

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

この政策パンフレットには、主要国における世界大戦後の憲法改正の回数が棒グラフで図示され、憲法制定後七十年以上も改正していない日本は異常だと言わんばかりに、世界におくれているかのような印象操作をしております。同種の発言をする自民党幹部や閣僚経験者もたくさんおります。まことに残念至極です。  

照屋寛徳

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

世界大戦後の一九四九年のジュネーブ諸条約の第一追加議定書軍事目標主義を掲げ、武力攻撃は軍事目標のみに限定するとし、同時に第五十八条、攻撃の影響への予防措置として人口の集中している地域又はその付近に軍事目標を設けることを避けることとしています。我が国も、二〇〇四年六月十四日に国会承認、翌二月二十八日から発効しました。  

伊波洋一

2019-11-07 第200回国会 衆議院 憲法審査会 2号

国会議事堂については、一九九一年、リトアニア独立を恐れるソ連議会テレビ塔など首都ビリニュスの主要施設を制圧しようとしたとき、数万人の市民が、犠牲者を出しながら議事堂の周りに人垣とバリケードをつくって言論の府を守り抜いたこと、世界大戦の直前、カウナス領事館の副領事だった杉原千畝氏が、要件に該当していない者に対してみずからの判断で日本通過ビザを発行し、六千人ものユダヤ人を救ったことが今なおリトアニア

森英介

2019-11-07 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

国会議事堂については、一九九一年、リトアニア独立を恐れるソ連議会テレビ塔など首都ビリニュスの主要施設を制圧しようとしたとき、数万人の市民が、犠牲者を出しながら議事堂の周りに人垣とバリケードをつくって言論の府を守り抜いたこと、世界大戦の直前、カウナス領事館の副領事だった杉原千畝氏が、要件に該当していない者に対してみずからの判断で日本通過ビザを発行し、六千人ものユダヤ人を救ったことが今なおリトアニア

森英介

2019-10-23 第200回国会 衆議院 外務委員会 2号

ラブロフ外相と外相会談を九月二十五日に行われて、その中で平和条約交渉を含む今後の協議の進め方について議論したという報告があるわけですが、私の知る限り、ラブロフ外相の基本認識、これは私が外務大臣のときも同じだったんですけれども、四島は、世界大戦の結果、ロシアのものとなった、そのことをまず前提とするというのはラブロフ外相の一貫した立場ではないかと思うんですが、茂木大臣、同じような認識ですか。

岡田克也

2019-10-23 第200回国会 衆議院 外務委員会 第2号

ラブロフ外相と外相会談を九月二十五日に行われて、その中で平和条約交渉を含む今後の協議の進め方について議論したという報告があるわけですが、私の知る限り、ラブロフ外相の基本認識、これは私が外務大臣のときも同じだったんですけれども、四島は、世界大戦の結果、ロシアのものとなった、そのことをまず前提とするというのはラブロフ外相の一貫した立場ではないかと思うんですが、茂木大臣、同じような認識ですか。

岡田克也

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

グレーゾーンというのは、世界大戦以降のこの世界を考えると、先ほど申し上げたとおり、なかなか大国間の本格的な武力紛争というのは起こりにくい、起こしにくいような状況になってきているというふうに思います。でも、その中で、いろいろな利権争いのために、本格的なものではなくて、少しの小競り合いみたいなものが進んでいっているというふうに思います。  

岩崎茂