運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
5259件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

文部科学は、過去五年、調べた結果、報告書を受け取らなかった事例はなかった。  法務省は、過去五年間、同じであります、受け取った。事例はない。  農水省も、審議会の担当者に照会をしたが、そういう事例はなかった。  もとより金融庁は、六月十四日の私との質疑において、そうした前例がなかったことを答弁しております。  

松原仁

2019-06-20 第198回国会 参議院 文教科学委員会 14号

文部科学といたしましては、夜間中学に携わる教職員等を対象とした日本語指導に関する研修会を開催をいたしました。今年度も引き続きこうした研修会を開催する予定であります。  そして、今人材の充実ということについて御指摘をいただきました。公立の夜間学級、いわゆる夜間中学が置かれる中学校において、習熟度別授業など生徒の学習指導等のために加配を活用するということが可能であります。  

柴山昌彦

2019-06-20 第198回国会 参議院 文教科学委員会 14号

このICT支援員の配置に係る所要の経費については、四校に一人の割合を前提とした地方財政措置が講じられているところでありまして、文部科学といたしましては、この経費を活用して円滑に配置がなされるよう、各自治体に対し、ICT支援員の必要性や具体的な役割などについて情報提供を行っているところでございます。  

柴山昌彦

2019-06-20 第198回国会 参議院 文教科学委員会 14号

文部科学といたしましては、第三期教育振興基本計画などを踏まえ、全ての都道府県に少なくとも一つは夜間中学が設置されるように促進をしているところであります。今委員から御紹介をいただいたとおり、今年四月には川口市と松戸市に新たに開校し、複数の自治体においても設置に向けた検討が具体化しておりますけれども、現時点においては、全国九都府県二十七市区、三十三校の設置にとどまっております。  

柴山昌彦

2019-06-19 第198回国会 衆議院 文部科学委員会 18号

法案が成立した暁には、文部科学を始め関係行政機関と協力して基本計画を策定していくこととなるわけでございますが、私ども厚労省といたしましても、視覚に障害のある方に対してきめ細やかなサービスが行われるように、関係施策の着実な推進に努めて、努力していきたいと考えております。

橋本泰宏

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

司法修習のカリキュラムは、法科大学院における教育課程の編成やその教育水準、司法試験の内容や実施時期等と相互に関係するものでございますため、法科大学院教育との円滑な接続という観点も踏まえまして、法務省及び文部科学における今回の制度改正に係る各取組の進捗状況に応じまして必要な検討を行ってまいりたいと考えております。

堀田眞哉

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

○国務大臣(柴山昌彦君) 先ほど答弁をさせていただいたとおり、これからのそういったポスドクと言われる方々についての処遇を改善するとともに、先ほど、委員の言葉を借りればロストジェネレーションと言われている方々が今大変将来の不安に悩んでいるという問題についても、例えばリカレント教育ですとか、あるいは採用の通年化、あるいは中途採用の強化等々、これは文部科学だけでできる話ではありませんけれども、様々な対策

柴山昌彦

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

じゃ、これはまあ内閣府と文部科学と厚生労働省共通ですから。  ただ、今まで面会できた者のうち、さっきも言いました、虐待のおそれありと判断して情報を共有した方が百七十二人います。この方々はその後どのような対応をされているんでしょうか。

足立信也

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

委員御指摘のありました文部科学が平成二十九年度に行いました調査によりますと、小中学校における不登校児童生徒数は約十四万四千人でございまして、このうち出席日数がゼロ日の者は約五千人、全体の約三・六%程度となっております。  

丸山洋司

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

4 東京福祉大学の外国人留学生が多数所在不明となり同大学を除籍されていることを契機として、外国人の在留管理を行う法務省や、留学生の在籍状況を把握する立場にある文部科学等の関係省庁間の情報共有が不十分な事態が明らかとなったこと、また、近年、所在不明となっている外国人留学生が不法就労で摘発される事例が多数発生していることは、遺憾である。    

石井みどり

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

また、当時、文部科学に対しても同様に、学校での虐待の端緒をどうやって発見するんだ、こう問うたところ、このときも、理由が不明確な遅刻や欠席が多い、あるいはまた急に増えたといったようなこと、あるいは、保護者において家庭訪問や懇談等のキャンセルが多いといったような、こうした児童生徒の身体や行動、家庭環境の変化について児童虐待を疑うポイント、そうしたものを示して、教職員用の研修教材といたしまして、まとめ、

岡本充功

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

学校において、児童虐待を含めた様々な課題を抱える児童生徒に対して、心理の専門家であるスクールカウンセラーや福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカー等の教職員が連携、協力をして個別の児童生徒の状況を把握してチームで支援を行うことが重要であるというふうに考えておりまして、この認識の下で、文部科学では、スクールカウンセラーを全公立小中学校に、スクールソーシャルワーカーを全中学校区に配置する経費を本年度

中村裕之

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

内閣府政策統括官)    (内閣府子ども・子育て本部統括官)        小野田 壮君    政府参考人    (内閣府男女共同参画局長)            池永 肇恵君    政府参考人    (警察庁長官官房審議官) 田中 勝也君    政府参考人    (法務省大臣官房審議官) 筒井 健夫君    政府参考人    (法務省大臣官房審議官) 保坂 和人君    政府参考人    (文部科学大臣官房審議官

None

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

また、文部科学におきましては、妊娠、出産等を含む児童生徒の健康問題を総合的に解説した教材の作成、配付等を実施してきたところでございまして、今後、指導の充実が図られるように努めてまいりたいと考えております。

矢野和彦

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

この制度の認知状況の差が大きいということを先生御指摘でありますけれども、文部科学としても制度が周知されることが重要だと考えておりまして、教育委員会への、担当者会議などを通じて、こうした周知を徹底するように、お願いというか、啓蒙しているところでありますけれども、少しずつ改善は図られているものの、まだ地域ごとに差があるという実情だというふうに思っております。  

中村裕之

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

そうしたことから、文部科学といたしましても、昨年三月に策定した運動部活動のガイドラインに基づく運動部活動の適切な運営に向けた取組の徹底について、学校や教育委員会等の学校の設置者に要請するとともに、日本高校野球連盟や全国高等学校体育連盟、日本スポーツ協会等の関係団体に対しても協力を要請しております。  

白須賀貴樹

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

文部科学といたしましては、虐待等の事案への適切な対処が図られるよう、教育委員会に対しまして通知の発出や、各種会議において教職員を対象とした研修の充実など、各種の取組を通じて教員の資質向上に努めてまいりたいというふうに考えております。

丸山洋司

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

○政府参考人(丸山洋司君) 文部科学では、本年三月十九日の関係閣僚会議で決定をされました児童虐待防止対策の抜本的強化についての決定に基づきまして、児童虐待への対応や研修への活用に資するため、本年五月、学校、教育委員会等が児童虐待の対応に留意すべき事項をまとめました学校・教育委員会向けの虐待対応の手引きを作成をしまして、文部科学のホームページで公表したところでございます。  

丸山洋司

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

仁彦君    復興大臣政務官      安藤  裕君    政府参考人    (内閣官房内閣審議官)  十時 憲司君    政府参考人    (内閣府大臣官房審議官) 米澤  健君    政府参考人    (復興庁統括官)     末宗 徹郎君    政府参考人    (復興庁統括官)     東   潔君    政府参考人    (復興庁統括官)     小山  智君    政府参考人    (文部科学大臣官房審議官

None

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官十時憲司君、内閣府大臣官房審議官米澤健君、復興庁統括官末宗徹郎君、復興庁統括官東潔君、復興庁統括官小山智君、文部科学大臣官房審議官矢野和彦君、厚生労働省大臣官房審議官迫井正深君、厚生労働省子ども家庭局児童虐待防止等総合対策室長藤原朋子君、農林水産省農村振興局整備部長横井績君、林野庁森林整備部長織田央君、経済産業省大臣官房原子力事故災害対処審議官新川達也君

古川禎久

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

この佐野さんの文章にもございましたが、基本的に観光、文化、環境といった観点から、今後は棚田を活用した地域振興の取組も行っていく必要があるだろうということで、環境省、国交省、観光庁、文部科学等、関係省庁の関連施策と積極的に連携を図りながら棚田振興に取り組んでまいりたいと考えてございます。  

室本隆司

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

いわゆる教育は文部科学の所管でありますので、文部科学の専門教育の分野と林野庁とがどうやって日本の森を守る人材を育てていくのかということを未来志向で御答弁をいただければというふうに思いますが、いかがでしょうか。

小川勝也

2019-06-11 第198回国会 参議院 内閣委員会 23号

ただし、文部科学の補助事業により日本学校保健会が作成した学校における健康診断マニュアルにおいては、健康診断結果の通知と治療勧告書の例を示しておりまして、治療が完了した際に学校への報告書を提出するよう促しているところであります。  以上です。

中村裕之

2019-06-11 第198回国会 参議院 内閣委員会 23号

文部科学としては、こうした認識の下、スクールソーシャルワーカーを全中学校に配置することを目標として、今年度予算において必要な経費を計上しているところです。全中学校ということは、一万校の中学校ということに、あっ、全中学校区に配置をするということですので、校区です、校区、失礼しました。一万校の校区にですね。ということで、必要な経費を計上していることです。  

中村裕之

2019-06-11 第198回国会 参議院 内閣委員会 23号

就学援助の具体的な実施方法につきましては主体的に行う各市町村が判断するものですが、文部科学においては、就学援助の周知が進むように、市町村ごとの周知の実施状況を調査し公表をするほか、周知徹底を促す通知の発出や各種会議での呼びかけなどを行っており、入学時や毎年度の進級時に書類を配付する市町村の割合が増加するなど、周知のための取組について一定の改善が図られているところであります。  

中村裕之

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

4 東京福祉大学の外国人留学生が多数所在不明となり同大学を除籍されていることを契機として、外国人の在留管理を行う法務省や、留学生の在籍状況を把握する立場にある文部科学等の関係省庁間の情報共有が不十分な事態が明らかとなったこと、また、近年、所在不明となっている外国人留学生が不法就労で摘発される事例が多数発生していることは、遺憾である。    

石井みどり

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

○櫻井充君 しかし、それは一つの考え方ですが、この間文部科学に一応数字出していただいたので、今日文科省来ていただいていると思いますが、これ、一人親家庭の子供さんとそれから一般の家庭の子供さんの奨学金の借入れの割合ってどのぐらい違っていますか。

櫻井充

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

文部科学におきましては、学校教育、生涯学習、スポーツ、文化芸術などの各分野においてより重点的に進めるべき六つの政策プランとして、本年四月に障害者活躍推進プランを策定をし、障害者の活躍の場の拡大に向けた取組を進めております。  

瀧本寛

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

文部科学としましては、入職後における教師の障害の状況にも配慮した合理的配慮が適切に行われるよう好事例を収集、発信することにより、任命権者である各教育委員会等の取組を促してまいりたいというふうに考えております。

平野統三

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

子供に関わる機関におけるDVに関する知見の専門的研修、教育の義務付けについてはお答えする立場にはありませんが、文部科学の学校・教育委員会等向けの虐待対応の手引、厚生労働省の地方自治体職員向けの子ども虐待対応の手引では、子供への影響を含むDVに関する知見が記載されており、学校や児童相談所等ではこれらの手引を踏まえた対応が取られていると承知をしております。  

片山さつき