運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
90件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1951-12-15 第13回国会 参議院 本会議 第3号

労働委員長から労働関係法規改廃問題並びに労働行政の実情に関する調査のため、秋田山形県新潟県長野県に村尾重雄君、堀眞琴君を、長崎県福岡県大分県に岩男仁藏君、堀木鎌三君を明年一月十日から三十一日までのうち八日間。京都府兵庫県に重盛壽治君、椿繁夫君を明年一月十日から三十一日までのうち七日間。  

佐藤尚武

1951-08-06 第10回国会 衆議院 水産委員会 第41号

第一点について、本班は特に岩手県においては大槌川、織笠川、津軽石川青森県においては奥入瀬川上流の相坂川並びに秋田にまたがる十和田潮、秋田では雄物川山形県においては月光川並びに日向川、新潟県では三面川の各水系におけるさけます孵化養殖場をつぶさに調査いたしましたが、いずれも関係地元漁民が、本事業について数十年来多大の犠牲を払い、幾多の障害を排除して今日までその維持、保全に努め、並々ならぬ苦労を重

鈴木善幸

1951-07-26 第10回国会 参議院 厚生委員会 閉会後第1号

岩手県では、身体障害者推定数五千名に対し、身体障害者手帳交付者千五百九十二名、青森県では四千名に対し二千六十八名、秋田では五千百四十八名に対し、千七百四名でありまして、関係当局は同法律の趣旨の徹底を図ると共に、各種の援護の手を差延べ、歩一歩目的の達成に堅実な努力を続けていることが看取されたのであります。

中山壽彦

1951-06-02 第10回国会 参議院 本会議 第51号

衆議院提出)(委員長報告)  第九 商法の一部を改正する法律施行に伴う銀行法等の金融関係法律の整理に関する法律案内閣提出、衆議院送付)(委員長報告)  第一〇 住宅金融公庫法の一部を改正する法律案衆議院提出)(委員長報告)  第一一 ニツケル製錬事業助成臨時措置法案(内閣提出、衆議院送付)(委員長報告)  第一二 緊要物資の売拂に関する法律案内閣提出、衆議院送付)(委員長報告)  第一三 秋田鷹巣町

会議録情報

1951-05-30 第10回国会 参議院 本会議 第49号

委員長報告)  第一二九 電気保安法案中一部修正に関する請願(委員長報告)  第一三〇 港湾法中一部改正に関する請願(委員長報告)  第一三一 郵便の日曜、祭日、配達廃止反対の請願(委員長報告)  第一三二 郵便法中一部改正に関する請願(委員長報告)  第一三三 小包はがき発行計画中止等に関する請願(委員長報告)  第一三四 簡易生命保險及郵便年金積立金運用再開に関する請願(委員長報告)  第一三五 秋田能代市豊祥台

会議録情報

1951-05-30 第10回国会 参議院 本会議 第49号

秋田能代市豊祥台に郵便局設置の請願福島県木幡郵便局に集配事務開始の請願栃木県宇都宮市一ノ沢町に無集配特定郵便局設置の請願川崎市新城町に郵便局設置の請願、鹿兒島県吾平町岡牟田に無集配郵便局設置の陳情は、いずれも郵政施設の改善、利用の増進等、郵政省の措置を要望する請願陳情であります。

中川幸平

1951-05-28 第10回国会 参議院 本会議 第48号

委員長報告)  第一三九 電気保安法案中一部修正に関する請願(委員長報告)  第一四〇 港湾法中一部改正に関する請願(委員長報告)  第一四一 郵便の日曜、祭日、配達廃止反対の請願(委員長報告)  第一四二 郵便法中一部改正に関する請願(委員長報告)  第一四三 小包はがき発行計画中止等に関する請願(委員長報告)  第一四四 簡易生命保險及郵便年金積立金運用再開に関する請願(委員長報告)  第一四五 秋田能代市豊祥台

会議録情報

1951-05-26 第10回国会 参議院 運輸委員会 第25号

陳情第三百九十一号、船川港存続に関する陳情、運輸省の整理方針によつて船川特定港が廃止される由であるが当港は秋田に於ける産業経済上の重要港であるから特定港として存続せられたいというのであります。政府当局の方針としては何港を特定港から除外するかということは未だ決定する段階に至つていない。従つて当港についても特定港から除外するかどうかは未定であるということであります。願意は妥当であると認めました。

岡田信次

1951-05-21 第10回国会 参議院 大蔵委員会 第38号

それから参りますと、金融の健全性ということははつきりまあ両方に現われておつたのでありますが、その中に小さな業者のほうからも、員外預金を制限すればつぶれると、府県でいえば、秋田の場合でいえば殆んどなくなつてしまう。こういう心配もあつたので、各府県の代表者が上京されまして、是非とも信用組合を残存させる意味で在来の、今までの通りにやらせて欲しいのだという希望も申込まれました。

宮腰喜助

1951-05-11 第10回国会 参議院 予算委員会 第37号

派遣地及び日数は第一班が北海道のうちの小樽、帯広、釧路十四日間、それから第二班は山形県及び秋田十日間、第三班が愛知県及び岐阜県十一日間第四班が広島県及び岡山県十二日間、第五班が宮崎県及び鹿児島県十四日間、派遣人員は各班三名ずつ、こういうような計画を立てたのでありますが、これについて御質疑等ありますればお答えいたしますが如何でしようか……。

波多野鼎

1951-05-08 第10回国会 参議院 厚生委員会 第25号

こういうことがありまして、そうしましたら、嫁いだ先が秋田の山の中で、又非常に心配しまして、もつと芸の細かい手紙が来まして、神降しとか市子に見てもらつたらば、何代か前の祖先ですが、そのかたが非常に浮ばれないでいるから、その法事をすればすぐ治るというこういう手紙が来た。これは非常に愛情のある手紙でございますけれども、私はこれを一笑に附せられないと思う。

千葉千代世

1951-05-08 第10回国会 参議院 建設委員会 第12号

衆議院議員(田中角榮君) 今のはあれですが、建設省の資料によりますと、秋田で百四十万円、福岡県で八十六万円、愛知県が三百十七万円、福井県で九十万円、兵庫県で千二百三十六万円、京都府で二百六十七万円、愛媛県四百二十万円、熊本県で四十五万円、それから東京、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬六県で七千四百万円、以上であります。

田中角榮

1951-03-31 第10回国会 参議院 本会議 第35号

このほか災害事業費全額国庫負担に関するもの、及び秋田雄物川改修に伴う農村の損害補償に関する請願海岸法制定に関する陳情であります。  道路の改良改修に関するものは、国道については第二十号線ほか六カ線及び関門トンネル工事の促進並びに阪神四国連絡道路の実現に関するものであります。又府県道としては、京都府下、京福線ほか八カ線に関する改良工事及び開さくに関する請願でありすす。  

小林英三

1951-03-30 第10回国会 参議院 本会議 第34号

請願(委員長報告)  第一〇二 郵政省職員の特別俸給表設定に関する請願(委員長報告)  第一〇三 愛知県原町地域給に関する請願(委員長報告)  第一〇四 愛知県福江町の地域給に関する請願(委員長報告)  第一〇五 愛知県二川町の地域給に関する請願(委員長報告)  第一〇六 山口県徳山市の地域給に関する請願(委員長報告)  第一〇七 香川県多度津町の地域給に関する請願(委員長報告)  第一〇八 秋田

会議録情報

1951-03-30 第10回国会 参議院 本会議 第34号

次に請願第千四百十一号は秋田の薪炭手当に関する件でございますが、秋田の気温は青森県と殆んど変らず、採暖様式は北海道と同じくストーブによつており、これに要する燃料北海道石炭に対し秋田は薪と木炭を用いている等、生活上に及ぼす自然的條件の影響は北海逋や青森と同じであるから、石炭手当に相当する薪炭手当を支給せられたいとの要請であります。

木下源吾

1951-03-28 第10回国会 参議院 本会議 第32号

秋田船川港に巡視艇を常置し、海難救助に万全を期せられたいというのであります。陳情第六十八号、鹿児島港、琉球間船荷運賃を距離に比例した單独運賃設定の陳情。現在日本琉球間の船荷運賃は一本の運賃で定められているがため、距離に比例する等差運賃に訂請正せられたいとの陳情てあります。陳情第二百五十八号、仙台市霞目飛行場改修拡張に関する陳情。

高田寛

1951-03-27 第10回国会 参議院 運輸委員会 第12号

陳情第三十六号、巡視艇常置に関する陳情、秋田船川港に巡視艇を常置し海難救助に万全を期せられたいというのでありまして願意は妥当であると認めました。  陳情第六十八号、鹿児島港、琉球間船荷運賃を距離に比例した單独運賃設定の陳情、現在日本琉球間の船荷運賃は一本の運賃で定められているが、これを距離に比例する等差運賃に訂正せられたいとの陳情であります。願意は妥当であると一認めました。  

高木正夫

1951-03-23 第10回国会 衆議院 運輸委員会 第12号

その際加賀総裁は、青森県の重要性は十分認める、従つて今回はその運動の力によつて管理局を設置するようなことは、絶対あり得ない、秋田の運動が猛烈になつているが、青森県だけはそういう運動を控えてほしい、こういうことを言われ、その後数回にわたつて総裁とも面会いたして陳情いたしたのでありますが、青森県だけは決して心配がない、こういうことを確言してあつたのであります。

横山實

1951-03-19 第10回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号

そういう意味で、ことに私の方の秋田では、パルプの製造会社がまた建てられるという評判があります。現在地方に対する平衡交付金ですら思うようにくれないというこの際、濫伐して治山、治水上大きな弊害を生じて、土地改良ができない、あるいは公共事業が思うようにできない、こうなつた場合に、私は地方農村に対する対策としてもマイナスではないかと考えておる。

宮腰喜助

1951-03-05 第10回国会 参議院 予算委員会 第19号

特に財政力の貧弱な、例えば山形県のような場合をとつて見ますると、二十五年度におきましては、県税收入の三・七倍の平衡交付金が交付され、又秋田では三・三倍の交付金をもらつているといつたような状態であります。又町村におきましても町村税收入の二倍乃至三倍というものも決して稀れではないのであります。

藤田武夫

1951-03-01 第10回国会 衆議院 運輸委員会 第8号

目ぼしいものといたしまして、御承知のように秋田の八橋油田も活溌に活動するように相なつておるわけであります。それからただいま非常に嘱目されておるものとして、北海道の天北地区における石油資源の開発ということがあるわけであります。さらに地質的な問題といたしまして、まだ確率性は増しておりませんが、関東地区も石油資源地帶として、地質構造上一つの望みを嘱する地帶であるといわれております。

徳永久次