運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
34256件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-28 第201回国会 衆議院 総務委員会 第1号

この中でも、特に扶助費というのが増加が続いていて、生活困窮者や障害者、また高齢者などに対する福祉政策に支出されている社会保障関連経費であります。法令義務づけられているものが多い、自治体裁量の余地がない経費です。  この経常収支、都道府県で見た場合と、ごらんのように都道府県市町村を足し合わせた合計でそれぞれ見ると、括弧の中の数字が一〇〇を超えています。この括弧の中の数字、重要なんです。  

緑川貴士

2020-01-28 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号

農林水産関係の基本施策に関する事項  食料の安定供給に関する事項  農林水産業の発展に関する事項  農林漁業者の福祉に関する事項  農山漁村の振興に関する事項 以上の各事項について、実情を調査し、その対策を樹立するため、本会期中調査をいたしたいと存じます。  つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

吉野正芳

2020-01-24 第201回国会 参議院 本会議 第3号

都道府県は、広域の地方公共団体として、広域事務、連絡調整事務及び補完事務を処理し、住民福祉の増進を図るため相当の機能を担っていますが、今後、行政サービスを安定的、持続的、効率的かつ効果的に提供する観点から、市町村間の広域連携が困難な地域で補完機能を発揮するなど、都道府県が果たすべき役割の重要性は増していくことになるものと考えています。  

安倍晋三

2020-01-17 第200回国会 参議院 議院運営委員会 閉会後第1号

昨年の参議院選挙後、議運理事会では、重度の障害を持つ議員が二十四時間必要とする介助を議会活動中にどう保障するのか、公用車への福祉車両の導入、また議事堂も含む参議院施設バリアフリーについて積極的に議論してきました。本年度の予定経費の補正により、当事者の要望におおむね応える対応がなされたことを歓迎いたします。  

田村智子

2019-12-09 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 7号

第百九十六回国会、吉田統彦君外九名提出、介護・障害福祉従事者の人材確保に関する特別措置法案  第百九十六回国会西村智奈美君外九名提出、保育等従業者の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案  第百九十八回国会、森山浩行君外十名提出、公職の候補者となる労働者雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案  及び  第百九十八回国会田村憲久君外五名提出、認知症基本法案 並びに  厚生労働関係

盛山正仁

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

川内博史君外五名提出、衆法第五号)   三、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案城井崇君外六名提出、衆法第一〇号)   四、文部科学行政基本施策に関する件   五、生涯学習に関する件   六、学校教育に関する件   七、科学技術及び学術の振興に関する件   八、科学技術研究開発に関する件   九、文化芸術、スポーツ及び青少年に関する件  厚生労働委員会   一、介護・障害福祉従事者

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号

 第百九十六回国会佐々木隆博君外六名提出、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律案  第百九十六回国会長妻昭君外六名提出、農業者戸別所補償法案  及び  第百九十八回国会平野博文君外五名提出、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案 並びに  農林水産関係の基本施策に関する件  食料の安定供給に関する件  農林水産業の発展に関する件  農林漁業者の福祉

吉野正芳

2019-12-09 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 第7号

第百九十六回国会、吉田統彦君外九名提出、介護・障害福祉従事者の人材確保に関する特別措置法案  第百九十六回国会西村智奈美君外九名提出、保育等従業者の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案  第百九十八回国会、森山浩行君外十名提出、公職の候補者となる労働者雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案  及び  第百九十八回国会田村憲久君外五名提出、認知症基本法案 並びに  厚生労働関係

盛山正仁

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

川内博史君外五名提出、衆法第五号)   三、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案城井崇君外六名提出、衆法第一〇号)   四、文部科学行政基本施策に関する件   五、生涯学習に関する件   六、学校教育に関する件   七、科学技術及び学術の振興に関する件   八、科学技術研究開発に関する件   九、文化芸術、スポーツ及び青少年に関する件  厚生労働委員会   一、介護・障害福祉従事者

高木毅

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

務官       和田 政宗君    事務局側        常任委員会専門        員        林  浩之君    政府参考人        内閣府政策統括        官        青柳 一郎君        文部科学省総合        教育政策社会        教育振興総括官  寺門 成真君        厚生労働省社会        ・援護局障害保        健福祉部長

None

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

務官       和田 政宗君    事務局側        常任委員会専門        員        林  浩之君    政府参考人        内閣府政策統括        官        青柳 一郎君        文部科学省総合        教育政策社会        教育振興総括官  寺門 成真君        厚生労働省社会        ・援護局障害保        健福祉部長

会議録情報

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

ところが、これ厚生労働省も、結局は社会福祉の観点から貧困家庭の問題があって、厚生労働省が取り組むことになっています。厚生労働省と話をした際に、この一人親家庭貧困問題を解決してもらえると、大分厚生労働省として仕事が、ほかのところをきちんとやれるようになるので楽になっていいんですけどねという話をされているわけですよ。  

櫻井充

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

提案内容のうち、三分の一に当たる九十九件が福祉関係、特に子育て介護等にかかわるものであったということでありますが、そのほかの提案の内容は、例えば医療教育防災にかかわるものなどはどのような案分になっているでしょうか。さらに、提案の趣旨が、権限移譲にかかわるもの、規制緩和等にかかわるものと分類されているようですが、その案分についてもまずは教えていただきたいと思います。

山川百合子

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

もう今月ですか、第二期の計画が出てくるという予定になっていますけれども、次の五年間で何とか、人口東京にどんどんどんどん吸い寄せられていって、東京は今後、首都直下型地震の話をきのう「NHKスペシャル」でもやっていましたけれども、そういうリスクもありますから、地方の衰退と東京が抱えるリスク東京が、高齢者も、高齢化していって、福祉も非常に大変な時代に突入することにおいて、やはり分散型の日本の形をつくっていかなければならないと

藤田文武

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

令和元年の例でいいますと、いただいた三百一件の提案のうち、分野別では、医療福祉が九十九件、教育文化で二十一件、消防防災安全で二十件などとなっております。  また、提案の求める措置内容別では、権限移譲が三十五件、規制緩和等が二百六十六件となっております。  以上でございます。

宮地俊明

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

四、服務監督権者である教育委員会及び校長は、教育職員の健康及び福祉を確保する観点から、学校規模にかかわらず、労働安全衛生法によるストレスチェックの完全実施に努めるとともに、優先すべき教育活動を見定めた上で、適正な業務量の設定と校務分掌の分担等を実施することにより、教育職員の在校等時間の縮減に取り組むこと。また、政府は、その実現に向け十分な支援を行うこと。  

水岡俊一

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

これは、去年の十二月八日に成立をいたしました成育基本法のときに野党の先生方の強いお気持ちがあって、児童福祉法の改正で是非産後ケアというものを位置付けてほしいというお気持ちをいただきました。この件は私が政務官になる前からでありますけれども、議員連盟の方でしっかりと役員会を開催していただきまして、この度の母子保健法の中での位置付けということで成立を至ったというふうに認識をしております。  

自見はなこ

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

経産省車椅子自動車への固定方法の標準化、これが実現すれば、車の利用者が極力手間や時間を減らして、福祉車両、タクシーバス等を利用して移動を可能にするということが考えられるわけですけれども、その固定方法の標準化についてどのような調査を行っておられるか、経済産業省にお伺いしたいと思います。

里見隆治

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

そういった観点がやっぱり一番大事なのであって、バリアフリー政策というのは、この前も言ったかと思いますが、福祉的な施しみたいな感覚でやっていたらずっとこういった問題は、課題は解決しないというふうに私は思っておりますので、このことは、本当にJRについてはもう一度抜本的にしっかり見直すように、その見直しの際には障害者団体の皆さんの声を直接聞くようにということを強く求めるというふうに決意をしております。

赤羽一嘉

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

いわゆる皆保険という状況を後世に残していくということを大前提とするのであれば、これは、高福祉高負担のスウェーデン、低福祉低負担のアメリカのちょうど中間ぐらいの中福祉中負担ということを狙っているというのが何となく国民合意というのであるならば、少なくともこの状況を維持するためには、いわゆる全体像というものをつくって、いわゆる高齢者にかなり偏っていたこの福祉の部分を少なくとも全体的にということで割り振っていかないかぬということを

麻生太郎