運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6124件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 9号

誠君    中野 洋昌君       笠井  亮君    足立 康史君     …………………………………    経済産業大臣政務官    中野 洋昌君    経済産業委員会専門員   佐野圭以子君     ――――――――――――― 十二月二日  原発再稼働をやめ、エネルギー基本計画を見直し、再生可能エネルギーの比率を大幅に増加させることに関する請願笠井亮紹介)(第二七二号)  放射能汚染水を福島

None

2019-12-09 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 第9号

誠君    中野 洋昌君       笠井  亮君    足立 康史君     …………………………………    経済産業大臣政務官    中野 洋昌君    経済産業委員会専門員   佐野圭以子君     ――――――――――――― 十二月二日  原発再稼働をやめ、エネルギー基本計画を見直し、再生可能エネルギーの比率を大幅に増加させることに関する請願笠井亮紹介)(第二七二号)  放射能汚染水を福島

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 参議院 経済産業委員会 第7号

○原発再稼働をやめ、エネルギー基本計画の見直  しで再生可能エネルギーの比率を大幅に増加さ  せることに関する請願(第二〇六号外一件) ○原発からの撤退を決断し、エネルギー政策の転  換を求めることに関する請願(第二〇七号) ○原発から撤退し、再生可能エネルギーへの転換  を求めることに関する請願(第二四六号) ○小規模事業者に対する支援策の実施等に関する  請願(第二四七号) ○放射能汚染水を福島

会議録情報

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

この点についてお聞きしたいと思いますが、福島の県民健康調査において、甲状腺がんと放射線被曝の関連は現時点でどのように評価されているのかと。また、この同調査の検討委員会で示されました基本調査の実施状況によりますと、三・一一から四か月間の累積被曝線量は福島県民の九四%が二ミリシーベルト以下だったと、こう言われています。当時、この低線量被曝って物すごくネットに載ったんですよ。

浜田昌良

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

最後に、小泉大臣にお聞きしたいと思うんですが、原子力事故の際にこの自主避難者、本当は自主ではないんですけど、を極力少なくするために、いわゆる基準策定をする規制庁、規制委員会、そして福島の県民健康管理調査等の健康データを担当する環境省、そして原子力防災訓練や立地市町村とやり取りを担当する内閣府原子力防災の連携、どうしてもこの三つの連携がとても必要だと思っています。  

浜田昌良

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

御指摘の福島県民健康調査で見付かっています甲状腺がんにつきましては、環境省だけでなく、国連や福島でも開催された複数の専門家会議におきまして、現時点では放射線の影響とは考えにくいとの趣旨の評価がなされているところでございます。  また、さらに、御指摘の累積被曝線量に関する調査結果につきましては、福島の県民健康調査検討委員会におきまして次のとおり評価がなされているところでございます。  

和田篤也

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

この際、昨四日、陸上自衛隊郡山駐屯地の実情調査のため、福島において視察を行いましたので、参加委員を代表して、私からその概要を御報告申し上げます。  参加委員は、自由民主党長島昭久君、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの小熊慎司君、篠原豪君、公明党佐藤茂樹君、そして私、西銘恒三郎の五名であります。  

西銘恒三郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

この際、昨四日、陸上自衛隊郡山駐屯地の実情調査のため、福島において視察を行いましたので、参加委員を代表して、私からその概要を御報告申し上げます。  参加委員は、自由民主党長島昭久君、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの小熊慎司君、篠原豪君、公明党佐藤茂樹君、そして私、西銘恒三郎の五名であります。  

西銘恒三郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

私は、福島選出の国会議員でございます。ちなみに、第一原発から四十キロに家がございます。生まれた家でもあり、今住んでいる家でもありますけれども、朝河貫一は高校の大先輩でございまして、イエールにも、その冠のシンポジウムに招かれたこともございました。  御承知のとおり、この歴史に残る国会事故調の報告書の「はじめに」で朝河貫一が引用されています。

玄葉光一郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

私、何度も、福島高校とか福島の高校生とお話ししているという話をしましたけれども、Xデーをどのような状態で迎えるのかということが極めて本質的であるというふうに考えております。  世の中の御議論を拝見していますと、Xデー、例えば、福島原発事故の場合は、三・一一の地震発生以降の議論がたくさん行われております。

石橋哲

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

この点についてお聞きしたいと思いますが、福島の県民健康調査において、甲状腺がんと放射線被曝の関連は現時点でどのように評価されているのかと。また、この同調査の検討委員会で示されました基本調査の実施状況によりますと、三・一一から四か月間の累積被曝線量は福島県民の九四%が二ミリシーベルト以下だったと、こう言われています。当時、この低線量被曝って物すごくネットに載ったんですよ。

浜田昌良

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

最後に、小泉大臣にお聞きしたいと思うんですが、原子力事故の際にこの自主避難者、本当は自主ではないんですけど、を極力少なくするために、いわゆる基準策定をする規制庁、規制委員会、そして福島の県民健康管理調査等の健康データを担当する環境省、そして原子力防災訓練や立地市町村とやり取りを担当する内閣府原子力防災の連携、どうしてもこの三つの連携がとても必要だと思っています。  

浜田昌良

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

御指摘の福島県民健康調査で見付かっています甲状腺がんにつきましては、環境省だけでなく、国連や福島でも開催された複数の専門家会議におきまして、現時点では放射線の影響とは考えにくいとの趣旨の評価がなされているところでございます。  また、さらに、御指摘の累積被曝線量に関する調査結果につきましては、福島の県民健康調査検討委員会におきまして次のとおり評価がなされているところでございます。  

和田篤也

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

環境省では、平成二十三年八月から福島及びその周辺一都八県において、河川沿岸域等の公共水域における放射性セシウム濃度の調査を行っております。  その調査結果によると、関東河川底質の放射性セシウム濃度が最も高かったのは平成二十四年五月の二万二百ベクレル・パー・キログラムであり、また、東京湾の底質では平成二十四年十二月の七百八十ベクレル・パー・キログラムでありました。

正林督章

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

環境省では、平成二十三年八月から福島及びその周辺一都八県において、河川沿岸域等の公共水域における放射性セシウム濃度の調査を行っております。  その調査結果によると、関東河川底質の放射性セシウム濃度が最も高かったのは平成二十四年五月の二万二百ベクレル・パー・キログラムであり、また、東京湾の底質では平成二十四年十二月の七百八十ベクレル・パー・キログラムでありました。

正林督章

2019-12-03 第200回国会 参議院 経済産業委員会 6号

まず、福島第一電子力発電所事故から間もなく八年九か月となりますが、今なお福島の皆様を始め、広く社会の皆様に多大なる御負担と御心配をお掛けしておりますことを、この場をお借りしておわびを申し上げます。  先生の御質問にお答えいたします。  先生の御指摘のとおり、福島第一で貯蔵されている処理水のトリチウム総量は、ラアーグ再処理施設で一年間に排出されるトリチウムの約十六分の一と認識しております。

小早川智明

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

これは、全体、福島が除かれておりますので、自治体数は千六百八十二団体です。  これをごらんいただきますと、何と、人口一万人から三万人都市以下の都市が九百八団体、パーセンテージにすると五三・九八%、五四%は三万人以下の自治体なんです、大臣。三万人から十万人を加えても、十万人以下だと八三%です。  

福田昭夫

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

これは、全体、福島が除かれておりますので、自治体数は千六百八十二団体です。  これをごらんいただきますと、何と、人口一万人から三万人都市以下の都市が九百八団体、パーセンテージにすると五三・九八%、五四%は三万人以下の自治体なんです、大臣。三万人から十万人を加えても、十万人以下だと八三%です。  

福田昭夫

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

そして、環境省として、福島復興、そして環境の再生、また未来志向プロジェクトを通じて二〇四〇年の福島が掲げる再生可能エネルギーで一〇〇%自立をできる、そういった県づくりをしたい、そういったことを受けて、環境省として責任を持って環境省の所管の部分をしっかりと取り組んでいくということであります。

小泉進次郎

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

中間貯蔵のこと、そして除染のこと、そしてまた、これから未来に向けて、いかに福島が今掲げている県づくりを福島と一緒になって環境省が支えていけるか、そういったことに対して、一つ一つがちゃんと進んでいくように行政をつかさどり、そしてまた進めていくことが環境大臣としての務めだと考えております。

小泉進次郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 経済産業委員会 第6号

まず、福島第一電子力発電所事故から間もなく八年九か月となりますが、今なお福島の皆様を始め、広く社会の皆様に多大なる御負担と御心配をお掛けしておりますことを、この場をお借りしておわびを申し上げます。  先生の御質問にお答えいたします。  先生の御指摘のとおり、福島第一で貯蔵されている処理水のトリチウム総量は、ラアーグ再処理施設で一年間に排出されるトリチウムの約十六分の一と認識しております。

小早川智明

2019-11-28 第200回国会 参議院 総務委員会 4号

台風十九号で被害を受けた福島のいわき市にある平浄水場の浸水の状況、そして昨年の西日本豪雨で被害を受けた愛媛県宇和島市の吉田浄水場、壊滅的な状況であり、再建できる別な場所に造っていきたいと、こういう方向を聞いております。その写真が、上の方がいわき市の写真で、下にある写真愛媛県の状況です。もう壊滅的に壊れてしまっているということです。  

小林正夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 4号

この件につきましては、私、就任直後から、台風十五号、十七号、十九号のほとんど全ての被災地、また、近年の激甚災害につきましては、熊本地震、昨年の西日本豪雨災害、また今年の佐賀県の六角川の氾濫、また、東日本大震災岩手県宮城県の各地域、また福島も含めてでございますが、なるべく現地に行かせていただきながら、しっかりとした、被災者に寄り添った支援対策を講じてきているつもりでございます。

赤羽一嘉

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

福島郡山市、本宮市、宮城県丸森町を視察してまいりましたが、多くの水田が水没し、現在は水が引いておりましたけれども、流れ着いたタイヤや大木などがそのまま放置されているような状態でした。営農を再開するためには、これらの災害廃棄物と土砂の撤去が必要ですが、どのような計画で進められる予定でしょうか。

森夏枝

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

前回の台風、私は福島でありますけれども、それはいろいろな被害の程度がありましたが、全県的に被害に見舞われました。深刻な被害もあったわけでありますけれども、とりわけ稲わらの処理についてお伺いいたします。  国も、農水省環境省協力して、この稲わらの処理のスキームをつくっていただきました。

小熊慎司

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

福島郡山市、本宮市、宮城県丸森町を視察してまいりましたが、多くの水田が水没し、現在は水が引いておりましたけれども、流れ着いたタイヤや大木などがそのまま放置されているような状態でした。営農を再開するためには、これらの災害廃棄物と土砂の撤去が必要ですが、どのような計画で進められる予定でしょうか。

森夏枝

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

前回の台風、私は福島でありますけれども、それはいろいろな被害の程度がありましたが、全県的に被害に見舞われました。深刻な被害もあったわけでありますけれども、とりわけ稲わらの処理についてお伺いいたします。  国も、農水省環境省協力して、この稲わらの処理のスキームをつくっていただきました。

小熊慎司