運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
36件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1
  • 2

2021-04-09 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

これまでの分野縦割り研究では解決が困難なもの、また、福島通り地域浜通りならではという、浜通りだからこそ挑める地域課題に対して、新たな技術手法等を学際的に融合させて取り組むことにより、産業構造社会システムの転換につなげることとしております。  現在、復興庁を中心に、関係省庁が参画する体制の下で検討を行っており、今年度中には本拠点基本構想を作成してまいります。

横山信一

2021-03-10 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第2号

次いで、参加委員との間で、ロボットテストフィールド地元中小企業を参入させていく必要性処理水対策在り方帰還等の意思の把握及び避難者帰還できない理由の分析、福島子供たち内面世界復興計画に位置付ける必要性福島通りトライデックなど地域が主体となる取組支援することの重要性、第二期復興創生期間における福島復興再生に向けた国の仕組みの在り方などについて意見が交わされました。  

森まさこ

2021-03-08 第204回国会 参議院 予算委員会 第6号

国務大臣加藤勝信君) 国際教育研究拠点については、福島通り地域等に新たな産業創出等を目指す福島イノベーション・コースト構想の更なる進展に向け、研究開発人材育成の中核となるものと認識をしております。  今、平沢大臣からも答弁がございましたが、昨年十二月の復興推進会議において、国際教育研究拠点整備に関する基本的な方針も決定させていただきました。

加藤勝信

2020-12-02 第203回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

私は、このトライデック機能国際教育研究拠点を成功に導くためにも重要と考えておりますが、現在、浜通りでも福島通り版トライデック構想が進められておりまして、来年二月にも設立予定とされているところであります。この地元の声を反映した国際教育研究拠点を構築するに当たり、こうした草の根の取組を国としても支援していくべきと思いますが、いかがでしょうか。  

若松謙維

2020-12-02 第203回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

拠点福島通り課題解決に資することはもとより、国際的にも魅力のある、意義のあるものとなるためには、何よりもまず、拠点が取り組む研究開発テーマを明確にするとともに、これらを実行するために必要な人材育成機能研究開発環境整備在り方検討することが重要であります。  

佐藤啓

2020-12-02 第203回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

このような観点から、御指摘福島通り版トライデック、このような動きがあることは望ましいというふうに考えております。こうした動き地域において幅広く認識されるよう、可能な限り協力をしてまいりたいと考えております。  また、HAMADOORI13ですか、地元の方々によるこのような活動に基づき具体的な提案、要望があった場合には、復興庁として真摯に受け止め、対応を図ってまいります。

横山信一

2020-10-29 第203回国会 衆議院 本会議 第3号

中長期の課題を数多く抱える福島通り地域については、風評対策を進めるとともに、住民帰還移住等促進各種インフラ等環境整備農林漁業者等の再建に向けた取組を加速化すべきです。廃炉処理水対策等も安全かつ着実に進めなければなりません。  福島再生切り札は、新産業創出に向けた福島イノベーション・コースト構想です。

石井啓一

2020-06-25 第201回国会 参議院 経済産業委員会 閉会後第1号

原子力災害に見舞われた福島通り地域復興は、これまで原子力政策推進してきた国の社会的な責任を踏まえて、先例にとらわれない大胆な取組政府一丸となって行っていくことを強く求める、このようにあるんです。  この社会的な責任、経産省もずっしりと負っていることだというふうに思います。

新妻秀規

2020-06-25 第201回国会 参議院 経済産業委員会 閉会後第1号

この中におきまして、産学官連携を推し進めるには魅力ある研究環境整備、提供することが必要であること、そのためには、福島通り地域の厳しい状況をこの地にしかない魅力ある研究環境として積極的に捉え、活用していくことが重要であるとともに、大胆な規制改革に取り組むことが欠かせないという指摘をいただいたところでございます。  

石田優

2020-06-25 第201回国会 参議院 経済産業委員会 閉会後第1号

国務大臣梶山弘志君) 福島通り地域復興、そして振興というのは、経済産業省のみならず日本の最重要課題であると思っております。  有識者会議最終取りまとめを受けて、今後政府対応について検討が始められるものと承知しておりますが、経済産業省としては全力協力をしてまいりたいと思っております。

梶山弘志

2020-05-27 第201回国会 参議院 本会議 第19号

こうした取組を通じて、地元企業地元住民の御要望に一定程度応えてきたと認識しておりますが、今後は、より一層の御要望に応えられるよう、構想への地元企業の更なる参画を促し、地元への経済効果につなげ、福島通りの一日も早い復興を実現できるよう、全力で取り組んでまいります。  福島イノベーション・コースト構想における石炭火力発電推進についてお尋ねがありました。  

梶山弘志

2020-05-19 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第5号

さらには、将来の福島を担うふたば未来学園が創設され、足元で福島通り国際教育研究拠点についても検討がされるなど、グローバルな視点を大切にしながら、将来を先取りした構想をもとに復興が進められてきました。  震災の前の姿に戻すだけでは復興庁を延長する意味はありません。震災前の姿を超えて新しい東北を実現するために、復興を更に加速してほしいと思います。  

根本匠

2020-05-14 第201回国会 衆議院 本会議 第24号

福島イノベーション・コースト構想は、福島通り地域に新たな産業基盤を構築し、自立的、持続的な産業発展を目指す、福島復興切り札でございます。  この三月に福島ロボットテストフィールド福島水素エネルギー研究フィールド全面開所するなど、拠点整備が進み、実用化開発推進企業誘致等の実績も上げてきております。  

田中和徳

2020-05-13 第201回国会 参議院 決算委員会 第4号

福島イノベーション・コースト構想は、福島通り地域に新たな産業基盤の構築を目指す福島復興切り札であります。  特に、先ほど委員から御発言のありました福島ロボットテストフィールドは、ロボットやドローンの研究実証のできる、世界でも類を見ない拠点であり、この三月末に全面開所をいたしました。

小山智

2020-04-15 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

有識者会議では昨年七月から大変熱心に御議論いただいておりまして、昨年の十一月の中間取りまとめでは、例えばこの拠点に関して、特に定住人口拡大、若い世代の定着、移住等に資する拠点とすること、あるいはハンフォードサイトにおける事例等も参考にし、地元企業自治体と密接に連携する組織や枠組みを検討することなど、原子力災害に見舞われた福島通り地域復興創生に資する教育研究拠点であることが重要とされております

横山信一

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

田中国務大臣 十二日に、三月の、第九回福島通り地域国際教育拠点に関する有識者会議が開催され、個別論点整理として組織形態議論をされております。その中で、座長私案として国際教育研究拠点基本コンセプト案が提出され、「国立研究開発法人を新設することが望ましい。」と提示をされておるところでございますので、そういう中で、今、最終的な議論がございます。  

田中和徳

2020-02-03 第201回国会 衆議院 予算委員会 第5号

一方、心のケアなどのきめ細かい被災者への支援原子力災害被災地における帰還移住の一層の促進福島通り地域等産業集積だとか人材育成、さらには輸入規制の撤廃に向けた取組風評払拭などの課題が残るものもたくさんございます。  このため、昨年十二月の復興創生期間後の基本方針において、復興庁の十年間延長を含む方針をお示ししたところでございます。

田中和徳

2018-11-14 第197回国会 衆議院 文部科学委員会 第2号

今御紹介をいただいたような教職員加配スクールカウンセラー等の配置ですとか経済的支援、また特色ある教育活動を展開するふるさと創造学取組などを支援してきたところでありますけれども、今、加えて御指摘になられた福島通り地域において、全国大学等が有する復興に資するいわゆる復興知を誘導、集積していくために、地元の市町村と連携して組織的に教育研究活動を行う大学等支援をしているところであります。  

柴山昌彦

2018-04-04 第196回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

福島通りの新産業創出を目指す福島イノベーション・コースト構想は、今御指摘のありましたとおり、復興の重要な鍵であり、その実現のためには地元中小企業のチャレンジや新たな中小企業誘致を後押しすることが不可欠と私たちも認識しております。  議員御指摘のとおり、研究開発により生まれた知財につきましては、それをいかにうまくマネジメントしていくか、いかに活用していくかということが重要であります。

小山智

  • 1
  • 2