運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
35305件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-05 第199回国会 衆議院 経済産業委員会 1号

のためのエネルギーの使用の合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案  第百九十八回国会、近藤昭一君外七名提出、国等によるその設置する施設の省エネルギー・再生可能エネルギー源利用改修の実施等に関する法律案  及び  第百九十八回国会、近藤昭一君外七名提出、エネルギー協同組合法案 並びに  経済産業の基本施策に関する件  資源エネルギーに関する件  特許に関する件  中小企業に関する件  私的独占の禁止

赤羽一嘉

2019-08-05 第199回国会 衆議院 厚生労働委員会 1号

本委員会に参考送付されました意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、ILO条約を批准できる水準のハラスメント禁止規定を明確にした法整備を求める意見書外二百五十三件であります。      ――――◇―――――

冨岡勉

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

第百九十八回国会衆法第二二号)   五、国等によるその設置する施設の省エネルギー・再生可能エネルギー源利用改修の実施等に関する法律案(近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二三号)   六、エネルギー協同組合法案(近藤昭一君外七名提出、第百九十八回国会衆法第二四号)   七、経済産業の基本施策に関する件   八、資源エネルギーに関する件   九、特許に関する件   一〇、中小企業に関する件   一一、私的独占の禁止

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 18号

エネルギー源及び廃熱の利用を促進する等のためのエネルギーの使用の合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案  近藤昭一君外七名提出、国等によるその設置する施設の省エネルギー・再生可能エネルギー源利用改修の実施等に関する法律案  及び  近藤昭一君外七名提出、エネルギー協同組合法案 並びに  経済産業の基本施策に関する件  資源エネルギーに関する件  特許に関する件  中小企業に関する件  私的独占の禁止

赤羽一嘉

2019-06-26 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 19号

の土砂搬出計画をやめ  ることに関する請願(第一五八六号外二四件) ○女性差別撤廃条約選択議定書の速やかな批准に  関する請願(第一五八七号外二六件) ○イージス・アショア配備計画の撤回に関する請  願(第一六二九号) ○経済連携協定参加を見直すことに関する請願(  第一七六八号外一三件) ○辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無  条件撤去に関する請願(第一九七二号外四三件  ) ○核兵器を禁止

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

法律案近藤昭一君外五名提出、衆法第二二号)   五、国等によるその設置する施設省エネルギー再生可能エネルギー源利用改修の実施等に関する法律案近藤昭一君外七名提出、衆法第二三号)   六、エネルギー協同組合法案近藤昭一君外七名提出、衆法第二四号)   七、経済産業基本施策に関する件   八、資源エネルギーに関する件   九、特許に関する件   一〇、中小企業に関する件   一一、私的独占禁止

高市早苗

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

悲惨な児童虐待事件が起きたことを踏まえ、親などによる体罰禁止児童相談所の体制強化策などを定めた児童福祉法等改正案が今国会成立をいたしました。  本法律については、将来を担う子供たちの命を守る観点から、与野党の枠を超えて活発な議論を行い、早期の成立が実現できたことは、大きな成果と言えます。  

佐藤英道

2019-06-19 第198回国会 参議院 本会議 27号

令和元年六月十九日(水曜日)    午前十時十六分開議     ━━━━━━━━━━━━━ ○議事日程 第二十七号   令和元年六月十九日    午前十時開議  第一 私的独占禁止及び公正取引の確保に関   する法律の一部を改正する法律案内閣提出   、衆議院送付)  第二 法科大学院教育司法試験等との連携   等に関する法律等の一部を改正する法律案(   内閣提出、衆議院送付)  第三 視覚障害者

None

2019-06-19 第198回国会 参議院 本会議 27号

日程第一 私的独占禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。  まず、委員長の報告を求めます。経済産業委員長浜野喜史君。     ─────────────    〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕     ─────────────    〔浜野喜史君登壇、拍手〕

伊達忠一

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

本改正法案では、体罰禁止法定化しております。この改正によりまして、体罰が子の監護、教育に必要な範囲には含まれないと解釈されまして、懲戒権の行使としても許されないものであることが法律上明らかになります。  また、委員御指摘のとおり、そもそも親権者以外の方については懲戒権そのものがございませんので、現在でも体罰禁止されております。

浜谷浩樹

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

というのは、多少なりともイランに接したことがある方であれば、多分、岡局長も聞いたことがあると思いますけれども、イラン革命の直後、一九七九年、ホメイニ師自身がそれまでシャーの政権の下で行われていたテヘランでの核の施設を自ら暴露して、そして大量破壊兵器、特に核兵器については非戦闘員を巻き込むのでイスラム法上禁止されているというふうに明確に述べていて、その後、イランにおいては核兵器の製造は国是として反対されているというふうに

大野元裕

2019-06-18 第198回国会 衆議院 本会議 30号

本案は、参議院に係る経費の節減の必要性を踏まえ、令和四年七月三十一日までの間において、参議院議員歳費の一部に相当する額の返納による国庫への寄附について公職選挙法の寄附禁止の規定を適用しないこととすること等により、参議院議員が、支給を受けた歳費の一部に相当する額を国庫に返納することができるようにするものであります。  

高市早苗

2019-06-18 第198回国会 参議院 経済産業委員会 14号

○浜口誠君 私は、ただいま可決されました私的独占禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主党・民友会・希望の会、国民民主党新緑風会公明党日本維新の会希望の党及び日本共産党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     

浜口誠

2019-06-18 第198回国会 参議院 経済産業委員会 14号

   国務大臣        国務大臣        (内閣府特命担        当大臣)     宮腰 光寛君    政府特別補佐人        公正取引委員会        委員長      杉本 和行君    事務局側        常任委員会専門        員        山口 秀樹君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○私的独占禁止

None

2019-06-18 第198回国会 参議院 経済産業委員会 14号

○委員長(浜野喜史君) 私的独占禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案に対する質疑は既に終局しておりますので、これより討論に入ります。──別に御意見もないようですから、これより直ちに採決に入ります。  私的独占禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に賛成の方の挙手を願います。    〔賛成者挙手〕

浜野喜史

2019-06-17 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 30号

第一に、参議院議員が、本年八月一日から令和四年七月三十一日までの間において、支給を受けた歳費の一部に相当する額を国庫に返納する場合には、当該返納による国庫への寄附については、公職の候補者等の寄附を禁止する公職選挙法第百九十九条の二の規定は、適用しないこととするとともに、これにより歳費国庫に返納するに当たっては、返納の措置が参議院に係る経費の節減に資するためのものであることに留意し、月額七万七千円を

岡田直樹

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

例えば、独占禁止法上の観点から、優越的な地位の濫用を事業者だけではなくて個人にも情報収集に際して適用できないかということも御検討いただいているやに聞いております。ただ、そもそも独占禁止法というのはイの一番に消費者利益の保護でありまして、まさに独占禁止法並びにそれを所管をする公正取引委員会の考え、それ自体が消費者保護なのであります。  

小倉將信

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

また、証券会社には、これに加えまして、顧客に対する誠実義務や虚偽告知の禁止などの規制がありまして、みずから販売を行う金融商品に関しましては商品内容や発行会社を審査していないことが、こうした規制にかかわっている問題だという可能性もございます。  したがいまして、私どもとしては、証券会社がみずから販売を行おうとする金融商品の審査等を適切に行う必要があるというふうに考えてございます。  

井藤英樹