運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
63426件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 7号

)(第二九五号)  同(稲富修二君紹介)(第三〇三号)  同(逢坂誠二紹介)(第三〇四号)  同(阿部知子紹介)(第三一三号)  同(西村智奈美紹介)(第三一四号)  国民が安心して暮らせるための社会保障制度の確立等を求めることに関する請願岸本周平紹介)(第三〇〇号)  同(下条みつ君紹介)(第三一五号)  同(森山裕紹介)(第三一六号) 同月三日  筋痛性脳脊髄炎の根治薬と難病指定の研究促進

None

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

遠藤利明君外八名提出、第百九十八回国会衆法第二〇号)   二、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案川内博史君外五名提出、衆法第五号)   三、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案城井崇君外六名提出、衆法第一〇号)   四、文部科学行政基本施策に関する件   五、生涯学習に関する件   六、学校教育に関する件   七、科学技術及び学術の振興に関する件   八、科学技術研究開発

高木毅

2019-12-09 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 9号

成子君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○全国一律最低賃金制度の実現に関する請願(第  一五号外一八件) ○若い人も高齢者も安心できる年金制度に関する  請願(第六二号外二〇件) ○七十五歳以上の医療費負担の原則二割化反対に  関する請願(第八七号外七件) ○国の責任社会保障制度を拡充することに関す  る請願(第九三号外二八件) ○筋痛性脳脊髄炎の根治薬と難病指定の研究促進

None

2019-12-09 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 9号

これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一二一号筋痛性脳脊髄炎の根治薬と難病指定の研究促進に関する請願外三十七件、第二五七号保育学童保育職員の増員、仕事と子育ての両立支援策の拡充等に関する請願外二十四件及び第四〇三号国民が安心して暮らせるための社会保障制度の確立に関する請願外十三件は採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとすることに意見が一致し、第一五号全国一律最低賃金制度

そのだ修光

2019-12-09 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 11号

次に  第百九十八回国会遠藤利明君外八名提出、青少年自然体験活動等の推進に関する法律案  川内博史君外五名提出、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案  及び  城井崇君外六名提出、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案 並びに  文部科学行政基本施策に関する件  生涯学習に関する件  学校教育に関する件  科学技術及び学術の振興に関する件  科学技術研究開発

橘慶一郎

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

遠藤利明君外八名提出、第百九十八回国会衆法第二〇号)   二、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案川内博史君外五名提出、衆法第五号)   三、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案城井崇君外六名提出、衆法第一〇号)   四、文部科学行政基本施策に関する件   五、生涯学習に関する件   六、学校教育に関する件   七、科学技術及び学術の振興に関する件   八、科学技術研究開発

高木毅

2019-12-09 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第9号

成子君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○全国一律最低賃金制度の実現に関する請願(第  一五号外一八件) ○若い人も高齢者も安心できる年金制度に関する  請願(第六二号外二〇件) ○七十五歳以上の医療費負担の原則二割化反対に  関する請願(第八七号外七件) ○国の責任社会保障制度を拡充することに関す  る請願(第九三号外二八件) ○筋痛性脳脊髄炎の根治薬と難病指定の研究促進

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第9号

これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一二一号筋痛性脳脊髄炎の根治薬と難病指定の研究促進に関する請願外三十七件、第二五七号保育学童保育職員の増員、仕事と子育ての両立支援策の拡充等に関する請願外二十四件及び第四〇三号国民が安心して暮らせるための社会保障制度の確立に関する請願外十三件は採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとすることに意見が一致し、第一五号全国一律最低賃金制度

そのだ修光

2019-12-09 第200回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

医療分野の研究開発を推進するに当たりましては、研究の一線における最近の取組や課題について把握することは重要でございます。専門調査委員会参与会合等におきまして専門家から意見をいただいた上で、資源配分方針を健康医療戦略推進本部で決定し、その方針に沿いまして、関係各省が必要な予算要求を行っております。  

渡邉その子

2019-12-09 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 第7号

)(第二九五号)  同(稲富修二君紹介)(第三〇三号)  同(逢坂誠二紹介)(第三〇四号)  同(阿部知子紹介)(第三一三号)  同(西村智奈美紹介)(第三一四号)  国民が安心して暮らせるための社会保障制度の確立等を求めることに関する請願岸本周平紹介)(第三〇〇号)  同(下条みつ君紹介)(第三一五号)  同(森山裕紹介)(第三一六号) 同月三日  筋痛性脳脊髄炎の根治薬と難病指定の研究促進

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第11号

次に  第百九十八回国会遠藤利明君外八名提出、青少年自然体験活動等の推進に関する法律案  川内博史君外五名提出、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案  及び  城井崇君外六名提出、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案 並びに  文部科学行政基本施策に関する件  生涯学習に関する件  学校教育に関する件  科学技術及び学術の振興に関する件  科学技術研究開発

橘慶一郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

このいわゆる自主避難者の発生を少なくするには、OILの設定値そのものよりも、むしろ防護対策の内容、意味について平時から住民の方々の理解を得ておくことが重要であり、さらに、緊急時に情報を発信する際に指示と異なる独自の判断を生まないように適切な情報を付与することが重要であるという、これは海外研究もありまして、準備段階、緊急時、それぞれにおける情報発信については重要な検討課題であるというふうに認識をしております

更田豊志

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

環境省が今いろいろと進めている環境研究総合推進費ですか、これによる研究の成果。それから、バイオミメティクスというのが今度の第五次基本計画に初めて取り入れられました。それから、大臣も展示会を御覧になったというモーターショーのエコカーと自動運転の環境省の役割の部分ですけれども、その三つ、併せて御答弁をお願いできますでしょうか。

青木愛

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

また、防衛装備、技術協力につきましては、UGV、あるいはロボティクスの分野での共同研究についての連携を確認し、海上安全保障協力に関しましては、海上自衛隊インド海軍の間で、船舶情報を含めた情報交換の運用が開始されたということを確認したところでございます。  今後とも、日印の防衛協力自由で開かれたインド太平洋を目指しながら、しっかりと進めてまいりたいと思います。

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

なぜならば、もし、問題が起こったときに、情報漏えいが起こったときに、あるいは多大なる、この事業の実施ができないような大きな障害が起きたときに、どのような形で損害賠償をするのか、あるいは解決に当たるのか、何も書いていないし、第一、この学力評価研究機構ってどんな会社ですか、所長。  ちょっと聞きましょう。学力評価研究機構って、一体、社員は何人でしょう。

水岡俊一

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

世界に冠たるライフサイエンスの研究教育拠点と言っていて、レベル3、レベル4の研究室がなかったらできないでしょう。既にある獣医学部で八か所、レベル3、レベル4のありますよ。それで、ほかの大学ではできないから、だから加計学園なんだといってつくったんですよ。全部うそじゃないですか。  京都産業大学はちゃんとバイオセーフティーレベル3持っていて、しかも、鳥インフルエンザで実績がある。

森ゆうこ

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

また、防衛装備、技術協力につきましては、UGV、あるいはロボティクスの分野での共同研究についての連携を確認し、海上安全保障協力に関しましては、海上自衛隊インド海軍の間で、船舶情報を含めた情報交換の運用が開始されたということを確認したところでございます。  今後とも、日印の防衛協力自由で開かれたインド太平洋を目指しながら、しっかりと進めてまいりたいと思います。

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

和生君    浅野  哲君       逢坂 誠二君    菅  直人君       玄葉光一郎君    田嶋  要君       日吉 雄太君    本多 平直君       松原  仁君    宮川  伸君       岡本 三成君    高木美智代君       藤野 保史君    足立 康史君     …………………………………    参考人    (アドバイザリー・ボード会長)    (政策研究大学院大学名誉教授

会議録情報

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

本日は、本件調査のため、参考人として、アドバイザリー・ボード会長及び会員の、政策研究大学院大学名誉教授黒川清君、政策研究大学院大学客員研究員/東京理科大学経営学研究教授石橋哲君及び拓殖大学政経学部教授益田直子君、以上三名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人各位に委員会代表いたしまして一言御挨拶を申し上げます。  

江渡聡徳

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

なぜならば、もし、問題が起こったときに、情報漏えいが起こったときに、あるいは多大なる、この事業の実施ができないような大きな障害が起きたときに、どのような形で損害賠償をするのか、あるいは解決に当たるのか、何も書いていないし、第一、この学力評価研究機構ってどんな会社ですか、所長。  ちょっと聞きましょう。学力評価研究機構って、一体、社員は何人でしょう。

水岡俊一

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

世界に冠たるライフサイエンスの研究教育拠点と言っていて、レベル3、レベル4の研究室がなかったらできないでしょう。既にある獣医学部で八か所、レベル3、レベル4のありますよ。それで、ほかの大学ではできないから、だから加計学園なんだといってつくったんですよ。全部うそじゃないですか。  京都産業大学はちゃんとバイオセーフティーレベル3持っていて、しかも、鳥インフルエンザで実績がある。

森ゆうこ

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

このいわゆる自主避難者の発生を少なくするには、OILの設定値そのものよりも、むしろ防護対策の内容、意味について平時から住民の方々の理解を得ておくことが重要であり、さらに、緊急時に情報を発信する際に指示と異なる独自の判断を生まないように適切な情報を付与することが重要であるという、これは海外研究もありまして、準備段階、緊急時、それぞれにおける情報発信については重要な検討課題であるというふうに認識をしております

更田豊志

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

環境省が今いろいろと進めている環境研究総合推進費ですか、これによる研究の成果。それから、バイオミメティクスというのが今度の第五次基本計画に初めて取り入れられました。それから、大臣も展示会を御覧になったというモーターショーのエコカーと自動運転の環境省の役割の部分ですけれども、その三つ、併せて御答弁をお願いできますでしょうか。

青木愛