運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
10511件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-05-19 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号

普及に当たりましては、アニマルウェルフェア飼養管理におきます総合的な取組によるものでございますし、また、生産による施設投資努力のみならず、やはり畜産物価格への影響といった点も含めまして消費者理解も必要でございますので、アニマルウェルフェア取組を推進する重要性メリットを示しつつ、生産消費者理解を得ながら取組拡大していくこととしたいと考えております。

水田正和

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

政府参考人青山豊久君) みどり食料システム戦略につきましては、大臣もお答えいただきましたけれども、農林水産物や肥料、飼料といった、飼料についての輸入から国内資源への転換、地域資源エネルギー活用など脱炭素社会への牽引、環境と調和した食料農林水産業の推進や国産品評価向上による輸出拡大生産裾野拡大など持続的な地域産業基盤の構築、食品ロス削減消費者生産交流を通じた相互理解促進

青山豊久

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

国務大臣野上浩太郎君) 今お話ございましたとおり、昨年の十月に検討指示をしまして、本年の五月十二日、先般ですね、策定をしたわけでありますが、その過程では、私や副大臣政務官参加をして、各品目生産ですとか若手新規就農者ですとか、あるいは中山間中小家族経営等生産方々、また食品事業者メーカー消費者団体等の幅広い関係者方々と二十二回、計百七十二名の方々意見交換を行ってまいりました

野上浩太郎

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

我が国欧米に比べて生産高齢化が進んでおり、今後十年間で生産減少高齢化が一層進むと予想されております。さらに、我が国欧米と比較して温暖湿潤な気候のため、病害虫や雑草が発生しやすい気候条件下にあることや、農業については稲作が食料生産の基本であり、小規模生産が多いといった特徴があります。  

菱沼義久

2021-05-14 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第10号

我が国といたしましても、これまでの持続的な食料システム在り方について、生産団体消費者団体など、食料システムを構成する幅広い関係者意見交換を行ってきております。これらを踏まえまして、我が国の考える持続的な食料システムの目指す姿ということを取りまとめた上で国連に提出をするとともに、サミットにおいて積極的にそれを発信して、議論に積極的に貢献をしていくという考えでございます。

谷村栄二

2021-05-14 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第10号

その検討過程では、大臣、副大臣政務官参加し、各品目生産、若手新規就農者、中山間中小家族経営などの生産方々や、食品事業者メーカー消費者団体などの幅広い関係者と二十二回にわたり意見交換を行いました。このほか、有識者との意見交換審議会パブリックコメントを行うなど、関係者皆様の御意見を踏まえて五月十二日に策定したところでございます。  

川合豊彦

2021-05-14 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第10号

みどり食料システム戦略は、自然災害気候変動に伴う影響生産減少などによる生産基盤脆弱化農山漁村地域のコミュニティーの衰退、様々な産業でSDGsや環境への対応が重視されていることなどを背景に、若手新規就農者、中山間地域生産、中小家族経営などの生産方々も含む幅広い関係者との意見交換を精力的に行い、御意見を伺いながら策定したものであります。

川合豊彦

2021-05-12 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

野上国務大臣 農林水産省としましても、消費者庁と連携をしまして、適切な菌床原産地表示につきまして地方自治体、JAあるいは全国森林連合会種菌事業者で組織する団体等を通じて生産に周知を図るとともに、消費者向けのチラシを作成して森林の保全に果たす役割について啓発を図るとともに、引き続き国産菌床シイタケ生産の振興を図ってまいりたいと考えております。

野上浩太郎

2021-05-12 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

天羽政府参考人 委員御指摘のとおり、今年の主食用米需給状況、それから作付の意向などにつきましても集荷業者皆さんそれから生産皆さんにも正確な情報をお伝えしていく必要があるというふうに考えておりまして、私どもはキャラバンというふうに呼んでおりますけれども、全国会議をして関係者皆さんに集まっていただいて、若しくはウェブで御説明をしたり、地域協議会なり地域集荷業者皆さん、それから生産、法人経営

天羽隆

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

そのため、中小家族経営を中心とする国内生産を着実に支えていく必要がある。   畜産酪農経営を維持・発展させるためには、生産基盤及び国際競争力強化が喫緊の課題であり、省力化機械の導入や増頭増産等取組を推進するため、畜産業経営実態に合った畜舎等建築等をできるよう措置し、畜舎等建築に係る負担を軽減することが急務である。   

田名部匡代

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

日本においては、限られた敷地内で効率よく、衛生環境が保たれた卵を提供するために現在の養鶏採卵システムが構築されていることは承知していますし、ここまでそれを支えてこられた生産方々には敬意を表します。  しかしながら、輸入飼料抗生剤等に依存する現在のバタリーケージによる養鶏採卵システムは、鳥インフルエンザの猛威にさらされた際には数百万羽の殺処分という大きな被害も被っております。

須藤元気

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

アニマルウエルフェアの実現のためには、生産現場における総合的な取組が必要であるということ、また、その生産による設備投資等努力のみならず、畜産物販売価格への影響という点も含めましたら消費者理解も必要なことから、アニマルウエルフェア取組を推進する重要性メリットを示しつつ、生産消費者理解を得ながら時間を掛けて取組拡大してまいりたいというふうに考えております。  済みません。

宮内秀樹

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

また、国産競合関係にある品目ですとかあるいは生産団体国産巻き返しを図りたいとする品目関税撤廃対象外とするとともに、譲許した品目についても、用途価格面国産品と明確にすみ分けができているもの、あるいはRCEP参加国からの輸入実績がゼロ又はごく僅かなもの、締結済みEPAと同水準関税率であるものであることに加えまして、多くの品目長期関税撤廃期間を確保しております。  

野上浩太郎

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

国務大臣野上浩太郎君) 主食用米需要は毎年減少していくと見込まれる状況にありますが、まず、このような中で引き続き行政による生産数量目標配分を行うこととした場合、生産自らが市場ニーズを捉えて需要に応じた生産を行う状況に導くのが難しく、また、生産数量目標配分に基づいて決められる主食用米作付面積も減り続けることがあると考えられます。  

野上浩太郎

2021-04-27 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第10号

国務大臣野上浩太郎君) やはり、米政策進める上で、現場生産としっかりとその理解を得ながら進めるということが極めて重要であります。先ほど来、様々な全国大会あるいはウエブ等々の交流等々も話をさせていただいておりますが、その現場生産理解を得ながら進めるということに全力を挙げてまいりたいと考えております。

野上浩太郎

2021-04-27 第204回国会 参議院 外交防衛委員会 第10号

また、国産競合関係にある品目生産団体国産巻き返しを図りたいとする品目については関税撤廃対象外とするとともに、譲許した品目についても、用途価格面国産品と明確にすみ分けができるもの、RCEP参加国から輸入実績がゼロ又はごく僅かなもの、締結済みEPAと同水準関税率であるものであることに加え、多くの品目長期関税撤廃期間を確保しております。  

青山豊久

2021-04-23 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第13号

これについては、私が事前レクをお願いしたところ、農水省の方からは、生産商品に表示するという意思を持っておられるということでありますが、それについてはそれでいいのかということ。  あとはやはり、内閣府副大臣に伺いたいと思いますが、これは遺伝子組み換え食品と同じように将来的な安全性というのは担保されないわけですね。

前原誠司

2021-04-23 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

では様々な農産品生産をされておりますけれども、今ということでいいますと淡路島の新タマネギが非常に全国的にも有名になっておりますけれども、淡路島農産物直販所なんかでは所狭しと新タマネギが並んでいるということになるわけですけれども、そこでは、こだわりの農法を説明するようなこういうものであるとか、その隣に実は、何とか、大手のモールですね、ランキング一位というのが貼ってあったりしまして、そういうことは生産

宮崎雅夫

2021-04-21 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

マルキンにつきまして従来の県別方式にするということ、これは昨年五月の見直しの趣旨にそぐわないため難しいと考えておりますが、本対策によって風評被害を受けている福島県産牛の品質向上ブランド力強化につながると考えておりますので、福島県と連携しながら福島県の生産皆様に丁寧に説明もして、御活用いただきたいと考えております。

野上浩太郎

2021-04-21 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

でも、一方で、畜産クラスター事業というものの基準事業費が引き上げられている措置もあるということで、実際に、安全基準というものをそのままにしながら補助事業支援を更に手厚くして、それで生産規模拡大等を後押しするという考え方もあったのではないかというふうに思うんですが、御所見をいただければと思います。

金子恵美

2021-04-21 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号

○石川(香)委員 鉄骨では一割、木造では三割ということで、非常にこれは生産にとってはありがたいと思います。  ただ、これまで、建築コストそのものがやはり上がっているということが近年の特徴だと思います。資材の搬入なども状況などによってはスムーズにいかないこともあるという中で、今回の緩和は、思い切って規模拡大してみようということを考えている方の背中を後押しするきっかけになると思います。  

石川香織

2021-04-21 第204回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第5号

例えば、プラスチック製品は、単一素材使用を義務付ければ焼却ではなくて削減の方向に進むと言われていますし、プラスチック製品大量製造大量消費という経済社会在り方を見直すこと、そのためにプラスチック生産の、プラスチック製品生産、使用者企業責任を明確にするということも重要だと思うんですが、その辺に関わって角南参考人の御所見をお聞かせください。

伊藤岳

2021-04-21 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第5号

ただ、難しいのは、この返礼品をその市場に、市場にというか、ネットに出すのが地方自治体、そしてその品物自体を出すのはその地方自治体返礼品として認められた生産ですよね、牛肉とか。  実は、ふるさと納税のこの返礼品のチョイスも結構トラブル多いんですよ。例えば、ネットで見て、こんな立派な牛肉だったのにちんけなものしか送ってこなかったとか、文句多いんですよね。

松沢成文

2021-04-21 第204回国会 参議院 本会議 第17号

野菜や果実等については、中国リンゴリンゴ果汁など国産競合関係にある品目や、中国タマネギなど生産団体国産巻き返しを図りたいとする品目関税撤廃対象外とするとともに、用途価格面で明確にすみ分けられている中国のショウガ、ゴボウや、輸入のほとんどないASEAN十か国やオーストラリア、ニュージーランドからのネギ、ニンジンについては関税撤廃するものの、長期撤廃期間を確保しております。  

野上浩太郎

2021-04-20 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第11号

④は、数字が書いてございますが、高齢者一人当たりの、十五歳から六十四歳のいわゆる生産数というものが、二〇〇〇年の三・九人から二〇一五年二・三人、二〇六五年には一・四人に下がるというふうになっておりまして、支援ができる人が減って支援を要する人が増えるということになります。  ⑤は、この図が、階段のような図がございますが、このオレンジ色と赤色の線は、昨年までのマニュアルに記されております。

小池俊雄

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

次に、生産所得向上に資する取組に関して伺いたいと思います。  法改正によりまして拡大される産業分野食品産業だけでも八十万近い企業数であるなど、これまでの農業法人経営体数が二万三千経営体であることと比較をいたしましても、まさに桁違いに対象法人数拡大をいたします。そして、この法改正によりまして投資件数投資額はどの程度増加をすると想定しておられるのか、伺いたいと思います。  

河野義博

2021-04-20 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第9号

生産所得は本当に上がるのかということも心配です。投資促進に関する検討会では、農産物輸出を進めていくためには、輸出先国ニーズに合う商品コストを掛けずに大量に供給していくシステムが不可欠であるというふうに指摘しています。輸出体制生産が組み込まれてしまうと、これ品質だけでなく、価格的にもニーズに合わせざるを得ません。それでは農産物が買いたたかれることにもなるんじゃないでしょうか。

紙智子