運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
10643件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-12 第204回国会 参議院 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第1号

各要素につきまして、具体的には、中央最低賃金審議会での審議では、労働者生計費については、最低賃金生活保護を比較した資料消費者物価指数推移都道府県別標準生計費など、労働者賃金につきましては、春闘賃上げ妥結状況一般労働者、短時間労働者賃金推移初任給推移など、企業賃金支払能力については、GDPや法人企業統計による企業収益労働生産性推移、日銀短観による企業業況判断収益推移

小林洋子

2021-04-12 第204回国会 参議院 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第1号

伊波洋一君 現在、コロナ禍により二百万人近くが職を失ったとも報道されていますが、就労しているにもかかわらず年収合計生活保護最低生活費を下回る貧困状態にある、いわゆるワーキングプアと言われるような雇用が広がっていることが問題の背景にあります。  ワーキングプアは、現在、大まかに世帯年収二百万未満と考えられます。政府は、全世帯のうちどれくらいの世帯年収二百万未満と考えていますか。

伊波洋一

2021-04-06 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号

野上国務大臣 福祉政策観点から、生活保護受給世帯に対して学校給食費の無償化等従前より講じられているわけでありますが、新型コロナ影響による休校の状況等を踏まえて、一人親世帯ですとかあるいは生活困窮世帯に限って、お米等現物支給ですとかあるいは商品券の配付を行っている自治体もあるということは承知いたしております。  

野上浩太郎

2021-04-06 第204回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

標準化予定の十七業務、その中には、障害者福祉あるいは後期高齢者医療介護保険生活保護こういった社会保障分野事務が含まれております。  社会保障分野では、地方単独事業として独自の上乗せ、横出し、こういうことが独自に行われており、まさに独自性が発揮されているところだというふうに思います。  

吉川元

2021-04-02 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第8号

ただ、そこで自立相談という形で、もうこのままお貸しし続けてもどこかで限界が来るので、それならば、もうこの際、生活保護、他制度もあるかも分かりません、とにかく雇用の方につなげるためのいろんな施策につなげた方がいいという御判断をそこでされた場合には、もう早晩、もう一回お貸ししたとしてもその後同じことになるならば、時間を考えれば早く立ち直っていただいた方がいいわけでありますので、そういうような丁寧なつなぎといいますか

田村憲久

2021-04-02 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第8号

速やかに生活保護に移行させてあげないと、本当に自殺者が多発する事態になりかねませんので、やはりそれだけコロナ禍が長引いちゃって、一年ですから。やはり仕事が、今までずっと働いていた人が仕事がなくなっているわけで、やはり私は、その間貸してあげるというのが一番いい。つまり、不承認をできるだけ承認してあげると。  

高井崇志

2021-04-02 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第8号

やはり、大臣が原則貸すんだと言うのはいいんですけれども、その後段で、しかし、やはり高額になり過ぎて返せなくなってしまうと、生活保護なり、ほかの手段なりというそこの部分をやはり、どうしても、社会福祉協議会は元々ずっとそういう仕事をしていますから、やはりそこがしみついてしまっていて、これ以上貸したらこの方はもう生活が成り立たない、返してもらえないということで、多分、蓋を開けたら、かなり不承認が出ると思います

高井崇志

2021-04-01 第204回国会 衆議院 本会議 第16号

(拍手)  今回のコロナ禍で、医療介護子供、子育てなどの社会保障生活困窮者支援生活保護といった社会的セーフティーネット重要性が、私たちの暮らしにとって安心の基盤であることが改めて実感されました。  政府が二月に発表した二〇二〇年の出生数は、速報値で八十七万二千六百八十三人と、過去最少を記録しました。

古屋範子

2021-03-31 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第7号

生活保護制度を見直してもらわないと申請できません。  菅総理の発表は何だったのでしょうか。満額借りている方にもとか、自殺防止とか、寄り添ってとか、できないなら最初から言わないでほしい。  すがる思い申請しても落とされ、他の支援へのつなぎもない。自殺防止どころか、自殺するよう仕向けられていると思います。  政府生活保護に陥る状態になっても何もしないということですよね。

高井崇志

2021-03-31 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第7号

だからこそ、これだけ、百七十倍も申請が来て、やはり、最後生活保護はハードルが高いという方が多くて、これはやはり一朝一夕では変わらない、なかなか難しい、何か周囲の目とか、いろいろなものがあるので、やはり今、生活保護に行く一歩手前の、まさにセーフティーネットがこの総合支援資金というすばらしい制度になっているので、これを、だから、変に返済能力を見て不承認を増やすなんてことはせず、ここは貸付けですから。

高井崇志

2021-03-30 第204回国会 参議院 総務委員会 第9号

最後に、通告はありませんが、武田大臣、やはり生活保護とほぼ同等の収入しかないような方とか、それから学生、こういった面での減免措置がまだまだちょっと足りないのではないかなということもありますし、受信料から災害に対する備え、これも負担していくというのはなかなか大変な部分もあると思うので、災害に対する部分についてはしっかりともう国もサポートするのだというようなことをお願いしたいんですが、いかがでしょうか

芳賀道也

2021-03-30 第204回国会 参議院 総務委員会 第9号

あるいは、生活保護を受けていれば免除なんですけれども、車を手放したくない、子供もいるということで、本当にぎりぎりで、生活保護対象になるんだけれども生活保護を受けていないような所得の低い人、こういった人も対象になっていない。やっぱりもうちょっとこれは拡充すべきだなというふうに要望をし、提案をいたします。  また、先ほど柳ヶ瀬委員からも、若い人を中心にテレビ離れということがありました。

芳賀道也

2021-03-30 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第5号

新たな困窮者支援の創設が必要だし、生活保護制度の一層弾力的な運用を求めておいでです。  そこで、生活保護について伺います。再々議論もありました扶養照会の問題ですね。  厚労省のホームページで、生活保護申請国民権利ですと、ためらわずに相談ください、画期的な発信がされたと受け止めております。住まいを失って手持ちが数百円となっても申請ためらうと、最大の要因が扶養照会だという調査結果も出ております。

倉林明子

2021-03-24 第204回国会 衆議院 法務委員会 第7号

二〇一八年五月十二日の衆議院国土交通委員会における審議の際に、生活保護受給局面において、土地を持っているから生活保護受給要件を満たさないのではないか、そういうふうな事例に直面して困っている方が選挙区にいます、これはどうなっているのだという政府に対する質疑があったところでございまして、厚労省の方からは、不適切な結果にならないように努めるという答弁がされているということを御紹介いただきました。

藤野保史

2021-03-24 第204回国会 衆議院 法務委員会 第7号

上川国務大臣 今の生活保護申請につきましては、土地があることが受給要件との関係でどのように評価をされるかにつきましては生活保護在り方そのものの問題であるということで、なかなか法務省としてお答えする立場にはないということでございますが、生活保護申請に係る事務を担当している者などがこの相続土地国庫帰属制度の内容を誤解したり、また、それによって不適切な対応が生ずるといった事態が生ずることはあってはならないというふうに

上川陽子

2021-03-24 第204回国会 参議院 予算委員会 第15号

他方、福祉政策観点から、生活保護受給世帯等に対して学校給食費の無償化等従前より講じられておりますが、コロナ影響も踏まえまして、一人親世帯生活困窮世帯に限ってお米等現物支給やあるいは商品券の配布を行っている地方自治体もあると承知をいたしております。  農林水産省としましては、これらの施策と相まって生活困窮者等への支援が広がっていくように連携して対応してまいりたいと考えております。

野上浩太郎

2021-03-24 第204回国会 参議院 予算委員会 第15号

農務省が実施しているものでございますけれども、制度の趣旨、位置付けとしては、要は我が国におけます生活保護に近いものでございます。  本制度予算につきましては、二〇二〇年の予算額として約六百九十一億ドルが措置をされ、さらに、新型コロナウイルス感染拡大に伴う対策として二〇二〇年三月に百五十八億ドルが追加的に措置されております。

森健

2021-03-23 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

そして、生活保護世帯は激増していますし、就職氷河期を経て、高齢者と無職の子のいわゆる八〇五〇問題なども深刻している現状であります。ですから、そんな中でこの信託を組める人は、冒頭申し上げたように、やはり裕福な家庭なのではないかと。だから、そういったところの相続税あるいは贈与税対策というのが必要なのかというのが私の問題意識であります。  

勝部賢志

2021-03-23 第204回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

では、避難する方々実態がどうなっているかということで、浪江町では、二〇一五年に二世帯だった生活保護世帯が二〇二〇年には八十二世帯、五年間で四十一倍に急増しているんですね。突発的な出来事があればすぐにでも生活が困窮する状況だという声や、家賃や食費など事故前には必要のなかった経済的な負担が増えて、損害賠償も打ち切られて、公共料金を支払うことも大変だという実態も寄せられているんですね。  

岩渕友

2021-03-23 第204回国会 衆議院 法務委員会 第6号

三月十日の本委員会におきまして、生活保護法第七十七条第二項の適用件数についてお尋ねをいただきました。それで、平成二十八年七月に保護を開始した世帯扶養義務者につきまして自治体に照会した結果が三件ということで厚労省政府参考人の方から御答弁を申し上げましたが、その後、自治体の方から訂正の連絡がございまして、正しくはゼロ件ということでございました。  

橋本泰宏

2021-03-22 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

政府参考人橋本泰宏君) まず、先ほど何か参考でも捕捉率みたいなものを示せないのかというお話ございましたので、それについて申し上げますと、いわゆる捕捉率という概念とは違うと思いますけれども、私どもの方で、生活保護基準未満の低所得世帯に対する被保護者世帯数割合ということで、被保護世帯割合というものを推計してお示しをさせていただいています。  

橋本泰宏

2021-03-22 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

生活保護法制定時厚生省保護課長小山進次郎氏が著した「生活保護法の解釈と運用」は、昭和二十五年に刊行され、刊行後七十年を経た今もなお読まれ続けている生活保護法の古典です。その本の中で、保護基準はあくまで合理的な基礎資料によって算定さるべく、その決定に当たり政治的色彩の混入することは厳に避けらるべきとあります。  田村大臣、現在も厚生労働省として同様の認識でよろしいですね。

打越さく良

2021-03-22 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

やっぱり国として生活保護基準について政治的色彩を混入させるということは駄目だというふうに、先ほど引用した小山進次郎保護課長おっしゃっていたわけですよね、古典中の古典の本に。それはもう本当、後輩たちについても悲しむと思われますので、再考していただきたい。  生活保護最後セーフティーネットだと、菅首相が最終的には生活保護があると御答弁されたわけですよ。

打越さく良

2021-03-22 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第4号

なんで、ちょっと待って、生活保護もらっている人はどうするんだって、生活保護一〇%上げて一〇%税払ってもらうんだと、そういうようにすればいいんだという話を聞いて、まだ学生の頃で、今から五十年ぐらい前の学生のときにその話を聞いて、へえと思って感心した記憶があるんですけれども、もしそれが完璧にできたら、一〇%も要りません、七%ぐらいで大体全部賄えますと、当時の予算はそんなものだったと言われたので、非常に記憶

麻生太郎

2021-03-19 第204回国会 衆議院 法務委員会 第5号

実は、先ほど深澤議員との間で話題になりました二〇一八年五月十二日の衆議院国土交通委員会における審議の際にも、同じ月に行われた政府に対する質疑の際に、生活保護受給局面において、土地を持っているから生活保護受給要件を満たさないのではないのか、そういうふうな事例に直面して困っている方が選挙区にいます、これはどうなっているのだという政府に対する質疑があったところでございまして、厚生労働省の方から、不適切

山野目章夫

2021-03-17 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第9号

滞納されている方に対して納税を求めるような際にも、まずは、その生活実態を聞き取って、減免申請の手続の案内ですとか生活保護の紹介とか、その税、公共料金の滞納の実態も把握をして、やはり国保料をしっかり払うことによって、保険証の取上げがないような、そういう丁寧な対応なども行われている自治体の例も多く紹介されているところです。  

塩川鉄也

2021-03-16 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第3号

でも、役所の窓口に生活保護申請しに来る人は、親や兄弟から、あるいは子供かもしれませんが、扶養してもらえたら、もうとっくにしていると思いますよ。生活保護支給した後、伴走型でその人の自立をどうサポートするかはもちろんあっていいけれども、今、今日こういう質問をするのは、生活保護在り方を、やっぱり人々をもっと応援する方向にやってもらいたいと思っているからです。

福島みずほ

2021-03-16 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第3号

次に、生活保護についてお聞きをいたします。  この間の土日に行われた女性による、女性のための相談会にも顔を出しました。年末、年越し大人食堂、派遣村や、大久保公園、年末の相談会やいろんなところにも行きました。生活保護、人々生活支援するようにやっぱりもっと変えなければということを思っております。  

福島みずほ

2021-03-16 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第3号

でも、生活保護申請に来た人、経済的な支援が必要なわけじゃないですか。家族相対的扶養義務まで、もう本当に、おじ、おば、めい、おいとかまでやって、そしてやるということ、これは少なくとも外すべきだと思います。  資産要件についてお聞きをいたします。  資産要件があるので、例えば預貯金ですが、最低生活費の半分程度しか認められていないと。東京都だと単身だと約六万円。

福島みずほ