運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
3560件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-27 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

続いて、二〇一六年四月に環境省が公表をしました中間貯蔵除去土壌等の減容・再生利用技術開発戦略によりますと、除去土壌の再利用を実施するための技術基盤の開発を今後十年程度で一通り完了させて、その後、再利用の実施に移行するとされています。除去土壌において再生利用量が増加すれば、その分だけ県外で最終処分される土砂の量というのが減少することを意味しているわけであります。  

清水真人

2019-11-27 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

そのため、除去土壌等の減容・再生利用に関する検討会や、再生利用の実証事業等の情報を記者発表や環境省ウエブサイト等により広く発信してきたところでございます。また、理解醸成に向けたコミュニケーションの在り方や方法について有識者に御議論をいただくとともに、理解醸成に関する取組も実施しており、これらの成果も活用していく予定でございます。  

森山誠二

2019-11-21 第200回国会 参議院 内閣委員会 5号

       備運用部長    下田 隆文君        総務省自治行政        局選挙部長    赤松 俊彦君        法務省大臣官房        審議官      保坂 和人君        国土交通省水管        理・国土保全局        次長       塩見 英之君        観光庁審議官   秡川 直也君        気象庁予報部長  長谷川直之君        環境省環境再生

None

2019-11-21 第200回国会 参議院 内閣委員会 5号

さらには、そこから先もございますので、特に仮置場の搬出に関しては、今回量が大量ですので広域的な処理も重要ということでございまして、環境省におきまして広域処理を調整しておりまして、例えば長野県からでいきますと、富山県三重県愛知県といったところ、処理施設への搬出を既に行っているというところでございます。  

山本昌宏

2019-11-20 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 3号

これに向けまして、内閣官房総務省文科省農水省環境省から成る関係省庁連絡会議の下で、各省が送り側それから受入れ側への支援等必要な施策を連携して実施をしているところでございます。  子供の農山漁村体験は長期の取組であるほどより教育効果があるとされておりまして、武蔵野市のように、市立の小中学校の生徒さんを対象として四泊五日あるいは六泊七日といった長期の宿泊体験学習を実施をしている例もございます。

菅家秀人

2019-11-20 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 3号

このため、農林水産省としても、環境省、それから厚生労働省、それから消費者庁とも連携の上、ゲノム編集技術で得られた農林水産物について、その利用に先立ちまして、技術の内容や生物多様性への影響、それから、開発者等からの情報提供を求めまして影響がないことを確認した上で、農林水産省のホームページで公開するようなことをしております。  

島田和彦

2019-11-20 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

環境省さんの方でも、廃棄物処理体制検討事業ということで予算も組まれていることもあるかというふうに思います。平時からこのような体制がつくれるような在り方というものも引き続き御検討をいただいて、今回のことを教訓として、更なる発展に向けてのお取組を要望をしたいというふうに思います。よろしくお願いします。  じゃ、次の質問に移らせていただきたいというふうに思います。  

矢倉克夫

2019-11-20 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

また、その後、集積所からの処理につきましては市町村がこれを実施することといたしまして、処理費用につきましては環境省が支援を行うという、そういう仕組みを整備したところでございます。  今後とも、被災された生産者の方々が一日も早く経営再建できるよう取り組んでまいりたいと考えております。

前島明成

2019-11-20 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

災害廃棄物の収集、運搬を支援する輸送体制ということでありましたが、収集、運搬を支援するために、環境省が調整いたしまして、支援自治体あるいは民間廃棄物関係団体がごみ収集車両を派遣するとともに、それから防衛省・自衛隊やボランティアとも連携して災害廃棄物の撤去を着実に進めておるところでございます。  

山本昌宏

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

それから、先ほど、ごみがまじっているものも多分にあるんじゃないかというお話がありましたが、それについては、環境省とも切れ目のないスキームはつくりましたけれども、これについては、コンクリートの中にまぜ込む、原材料に使っていただくということも今始まっておりますし、きれいなものについては、また圃場に戻したり堆肥化するということもありますので、それについての運搬についても支援の対象とさせていただくということにしております

江藤拓

2019-11-20 第200回国会 衆議院 内閣委員会 5号

(宮本委員「はい」と呼ぶ)  会計検査院十二、内閣法制局十八、人事院十三、内閣官房百二十六、内閣府五百八十四、宮内庁二十三、公正取引委員会十二、警察庁六十一、個人情報保護委員会四、金融庁二十六、消費者庁十九、復興庁三十三、総務省三百七十五、法務省六十九、外務省は抜かせていただきます、財務省百九、文部科学省五百四十六、厚生労働省百八十八、農林水産省百三十二、経済産業省百六十五、国土交通省二百五十二、環境省九十五

大塚幸寛

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

環境省としては、予算措置も活用しながら、公共浄化槽の設置が進むように、地方公共団体を支援をしてまいりたいと思います。  また、協議会の設置により、地方公共団体や浄化槽管理者、関連事業者が打合せをする場が決まり、維持管理の負担軽減を始めとした課題の解決について、地域に合った形でしていくことが可能となりました。  

石原宏高

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

金融庁総合政策局参事官石田晋也君、復興庁統括官東潔君、復興庁審議官奥達雄君、財務省大臣官房審議官小野平八郎君、財務省大臣官房審議官山名規雄君、財務省理財局次長富山一成君、農林水産省大臣官房審議官倉重泰彦君、農林水産省大臣官房参事官上田弘君、農林水産省生産局農産部長(政策統括官付)平形雄策君、農林水産省農村振興局農村政策部長村井正親君、農林水産省農村振興局整備部長安部伸治君、国土交通省大臣官房審議官内田欽也君、環境省大臣官房審議官松澤裕君

山口俊一

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

このような広島市の方式というのは、まさにこの公共浄化槽の仕組みを実践しているものだと思いますので、環境省といたしましては、この改正浄化槽法に基づきまして、住民の費用負担減に資する公共浄化槽制度の普及、こういうことに向けて制度の周知を行ってまいりたいと思います。

松澤裕

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

また、十三都県で特別警報が発令されるなど記録的な大雨となり、河川の決壊等が広域で複数発生した台風十九号による被害に際しては、多数の家屋が浸水したことによる住民の生活圏に堆積した大量の汚れた家具等の災害廃棄物の除去を、地方自治体、環境省、NPOやボランティアと連携して、役割分担を決めて実施いたしました。  

菅原隆拓

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

あのたまっている処理水を、じゃ、土地が周りにないのかといったら、なくはないんですが、そこまで言うと環境省といろんなけんかになるかもしれないので、そうではなくて、処理水そのものが環境基準に合致しているんだと、いわゆる害がないんだということをしっかり科学的根拠を示して、まずは地元の皆さんに御理解していただく。

石井章

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

ですが、現実には、環境省は石炭火力の新設には消極的でありますし、また、最近のSDGs、サステナブルファイナンスの観点から、金融機関や国際世論も非常に厳しくなっております。また、EUはタクソノミーを進めている。  

阿達雅志

2019-11-14 第200回国会 参議院 環境委員会 2号

石原 宏高君    大臣政務官        環境大臣政務官  八木 哲也君        環境大臣政務官  加藤 鮎子君    事務局側        常任委員会専門        員        星   明君    政府参考人        内閣府政策統括        官        荒木 真一君        水産庁漁港漁場        整備部長     吉塚 靖浩君        環境省地球環境

None

2019-11-14 第200回国会 参議院 環境委員会 2号

そういった中で、環境省ができること、そしてまたほかの省庁がやるべきこと、そういったこともあると思いますので、環境省として、自然との関わり合いの中で環境に対する思いがその子たちの育ちにつながって、前向きな形でつながっていく環境というのは環境省としても後押しをしたいと思います。

小泉進次郎

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

ですから、私どもとしましても、環境省それから国交省にこのお話をさせていただきまして、公園とかそういったものについてもしっかり管理をしていただけるように、それからキャンプ場、そういった自然公園の中においても残飯を通じて感染が広がらないように、通知とかを出させていただいて、お願いをしているところでございます。

江藤拓

2019-11-13 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 7号

本件調査のため、本日、政府参考人として農林水産省大臣官房長枝元真徹君、大臣官房総括審議官光吉一君、消費・安全局長新井ゆたか君、食料産業局長塩川白良君、生産局長水田正和君、経営局長横山紳君、農村振興局長牧元幸司君、政策統括官天羽隆君、内閣官房内閣審議官大角亨君、外務省大臣官房参事官曽根健孝君、財務省大臣官房審議官山名規雄君及び環境省水・大気環境局長小野洋君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが

吉野正芳

2019-11-13 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 4号

ないから環境省の指針をもとにして言っている。  環境省は、アセスに対する大臣意見の中で、知見は今ないので適切に先例などを踏まえて学びなさいと言っている。当たり前じゃないですか。それを誰がやるかといったら、環境省がやる以外にないんですよ。疫学調査がないんです。  会が独自にやった健康調査もありますが、耳鳴りがする、頭痛がする、畑で仕事をしていれば一時間ももたない、そういう声があるんですね。

高橋千鶴子

2019-11-12 第200回国会 参議院 環境委員会 1号

環境省では、災害廃棄物の処理や流出した除去土壌等への対応など、各地のニーズを踏まえた災害対応をきめ細かく行い、被災地の回復に向けて全力を尽くします。  また、先週、河野防衛大臣と長野県長野市を訪れ、市民、ボランティア、自治体、環境省、自衛隊、民間事業者が一体となった災害廃棄物の撤去活動である「One NAGANO」の現場を視察しました。

小泉進次郎

2019-11-12 第200回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

国税庁長官官房審議官後藤健二君、国税庁課税部長重藤哲郎君、厚生労働省大臣官房生活衛生・食品安全審議官浅沼一成君、厚生労働省大臣官房審議官迫井正深君、厚生労働省大臣官房審議官奈尾基弘君、厚生労働省大臣官房審議官森和彦君、厚生労働省子ども家庭局児童虐待防止等総合対策室長依田泰君、農林水産省大臣官房輸出促進審議官池山成俊君、農林水産省大臣官房審議官神井弘之君、中小企業庁経営支援部長渡邉政嘉君、観光庁観光地域振興部長村田茂樹君、環境省大臣官房審議官白石隆夫君

土屋品子

2019-11-12 第200回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

もし財源等の面で消費者庁でできなければ、きょうは環境省もいらしていますので、環境省とも協力をして、ぜひこの調査をしていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  最後になります、エシカル消費、倫理的消費について大臣にお伺いをしたいと思います。  国連環境計画などでは、国内で出る食品包装容器など、プラごみは年間約九百トンに上っております。

古屋範子

2019-11-12 第200回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

そういう意味で、きょうは消費者特ということでございますけれども、動物の販売というと環境省というのがどうしてもなっていくんですが、環境省というのは、動物を愛護するという点では専門的な部分の部局があるんですけれども、販売という部分というのは、これはかなり環境省にとっては不得手な部分なんだろうというふうに思っています。  

串田誠一

2019-11-12 第200回国会 衆議院 環境委員会 2号

本件調査のため、本日、政府参考人として林野庁長官本郷浩二君、資源エネルギー庁省エネルギー新エネルギー部長松山泰浩君、資源エネルギー庁電力・ガス事業部長村瀬佳史君、国土交通省大臣官房官庁営繕部長住田浩典君、国土交通省水管理・国土保全局下水道部長植松龍二君、気象庁地球環境・海洋部長大林正典君、環境省大臣官房環境保健部長田原克志君、環境省地球環境局長近藤智洋君、環境省水・大気環境局長小野洋君、環境省環境再生

鷲尾英一郎

2019-11-12 第200回国会 衆議院 環境委員会 2号

そのためにも、予算そして人員、こういったことを、与野党委員の先生方、環境省の応援をぜひしていただきたいと思います。  そして、災害にもっと環境省がより役割を発揮すべきだという関先生の思いも含めて、実現をするために私が必要だと思っているのは、環境省がやるべき、環境省にしかできない仕事をしっかりと見きわめて、やめるべきことはやめるべきだと私は思っています。

小泉進次郎

2019-11-08 第200回国会 衆議院 環境委員会 1号

環境省では、災害廃棄物の処理や流出した除去土壌等への対応など、各地のニーズを踏まえた災害対応をきめ細かく行い、被災地の回復に向けて全力を尽くします。  また、今週、河野防衛大臣と長野県長野市を訪れ、市民、ボランティア、自治体、環境省、自衛隊、民間事業者が一体となった災害廃棄物の撤去活動であるワン・ナガノの現場を視察しました。

小泉進次郎

2019-11-07 第200回国会 参議院 文教科学委員会 2号

暑さ指数、この横の赤棒は暑さ指数三十一で、環境省が運動は原則禁止という警報を出すんですね。このオリンピックの期間、男子、女子とありますけれども、この期間、もう霞ケ関なんか暑さ指数、完全にオーバーしちゃっているんですよ。暑さ指数三十一度のこの赤の棒線、気温にすると三十五度ですよ。霞ケ関見てください。もう四十度なんです、四十度。  

松沢成文

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

こちらにありますのがその資料なんですけれども、台風十号、十三号、十五号及び十七号、暴風雨を含み、台風十九号による被害への支援対策についてということで、農林水産省、環境省、総務省が十月二十五日に出されたものです。  これを読みますと、ハウスの再建支援などの項目が並んでおります。

石井苗子

2019-11-07 第200回国会 参議院 内閣委員会 2号

    上田  弘君        経済産業省大臣        官房商務・サー        ビス審議官    藤木 俊光君        経済産業省大臣        官房審議官    小笠原陽一君        中小企業庁経営        支援部長     渡邉 政嘉君        国土交通省水管        理・国土保全局        次長       塩見 英之君        環境省大臣官房

None

2019-11-07 第200回国会 参議院 内閣委員会 2号

また、先生御指摘のとおり、郡山市でクリーンセンターが停止したことに伴って生活ごみが処理できず、こちらについては、環境省保有の南相馬あるいは浪江の焼却施設、仮設の焼却施設に加えまして、現在、福島県内の自治体の焼却施設でも広域処理を実施しております。引き続き、この郡山市の生活ごみ、早急に処理が、たまっているものがなくなるように、処理先の拡充に向けて調整を行っていきたいと考えております。  

松澤裕

2019-11-07 第200回国会 参議院 財政金融委員会 2号

本来の環境省にももちろん要望を出しておりますし、引き続き、これ、先ほど申し上げましたように、党派を超えて地域住民の皆様方の安全を確保するために、県にも、そして環境省にも訴えをさせていただいている現状がございますので、あとは財源ですとか、あるいは地元の、麻生大臣も含めましたそれこそ地元の皆さん方の御尽力、あるいは財政面でのサポート、こういったものも必要かと思いますので、改めてこの場でお伺いをさせていただいた

古賀之士