運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
24493件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-05 第199回国会 衆議院 決算行政監視委員会 1号

予算執行職員等の責任に関する法律の一部を改正する法律案篠原豪君外十三名提出、第百九十六回国会衆法第二二号)  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会内閣提出)  平成三十年度一般会計予備費使用調書及び各省各庁所管使用調書(その2)(承諾を求めるの件)(第百九十八回国会内閣提出)  平成二十八年度一般会計歳入歳出決算  平成二十八年度特別会計歳入歳出決算

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

関する件   四、循環型社会の形成に関する件   五、自然環境保護及び生物多様性の確保に関する件   六、公害の防止及び健康被害の救済に関する件   七、原子力の規制に関する件   八、公害紛争の処理に関する件  安全保障委員会   一、国の安全保障に関する件  予算委員会   一、予算の実施状況に関する件  決算行政監視委員会   一、平成二十八年度一般会計歳入歳出決算     平成二十八年度特別会計歳入歳出決算

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

関する件   四、循環型社会の形成に関する件   五、自然環境保護及び生物多様性の確保に関する件   六、公害の防止及び健康被害の救済に関する件   七、原子力の規制に関する件   八、公害紛争の処理に関する件  安全保障委員会   一、国の安全保障に関する件  予算委員会   一、予算の実施状況に関する件  決算行政監視委員会   一、平成二十八年度一般会計歳入歳出決算     平成二十八年度特別会計歳入歳出決算

高市早苗

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

令和元年六月十四日(金曜日)    午前十時一分開議     ━━━━━━━━━━━━━ ○議事日程 第二十六号   令和元年六月十四日    午前十時開議  第一 平成二十九年度一般会計歳入歳出決算、   平成二十九年度特別会計歳入歳出決算平成   二十九年度国税収納金整理資金受払計算書、   平成二十九年度政府関係機関決算書  第二 平成二十九年度国有財産増減及び現在額   総計算書  第三 

None

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

議長伊達忠一君) 日程第一 平成二十九年度一般会計歳入歳出決算平成二十九年度特別会計歳入歳出決算平成二十九年度国税収納金整理資金受払計算書、平成二十九年度政府関係機関決算書  日程第二 平成二十九年度国有財産増減及び現在額総計算書  日程第三 平成二十九年度国有財産無償貸付状況総計算書  以上三件を一括して議題といたします。  まず、委員長の報告を求めます。

伊達忠一

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

       三井 秀範君        厚生労働大臣官        房年金管理審議        官        高橋 俊之君        厚生労働省年金        局長       木下 賢志君        国土交通省港湾        局長       下司 弘之君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○平成二十九年度一般会計歳入歳出決算平成二  十九年度特別会計歳入歳出決算

None

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

仁比聡平君 私は、日本共産党代表して、二〇一七年度一般会計歳入歳出決算特別会計歳入歳出決算、国税収納金整理資金受払計算書、政府関係機関決算書の是認に反対、内閣に対する警告及び決算審査措置要求決議案をそれぞれ決議することに賛成、国有財産増減及び現在額総計算書是認に反対、国有財産無償貸付状況総計算書の是認には賛成する立場から討論を行います。  

仁比聡平

2019-06-04 第198回国会 参議院 農林水産委員会 14号

かつて、いわゆる特別会計から一般会計になるというときに、私どもは、いわゆる木材価格の調整弁機能を国有林に求めてまいりました。今もその機能は当然残っております。しかし、今回の樹木採取地から搬出される樹木採取権に基づいて市場に出される木材は、その木材の使い道という条件はありますけれども、相対的に、市場に出てくるということは、いわゆる木材価格を下げる圧力になります。  

小川勝也

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

─────────────   本日の会議に付した案件 ○平成二十九年度一般会計予備費使用調書及び  各省各庁所管使用調書(その1)(第百九十六  回国会内閣提出、第百九十八回国会衆議院送付  ) ○平成二十九年度一般会計予備費使用調書及び  各省各庁所管使用調書(その2)(第百九十六  回国会内閣提出、第百九十八回国会衆議院送付  ) ○平成二十九年度一般会計歳入歳出決算平成二  十九年度特別会計歳入歳出決算

None

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

小川勝也君 かつては、特別会計の時代は、旧大蔵省財務省から利息を入れろ、もっと木を切って金返せということで、切りたくもない山を切らされてきた、そのつらい時期もよく分かっています。しかし今、これからは、豊富な森林資源の中からどこを切ったら安心、安全なのか、搬出しやすいのかということを選んで切れるわけでありますので、今後、災害が起きたときに言い訳は聞きません。

小川勝也

2019-05-28 第198回国会 参議院 農林水産委員会 12号

この道筋が、当時一兆円を特別会計に残したことによって、これの返済のために崩れているんです。それがこの上のところです。平成二十二年、行政刷新会議の事業仕分です。このときに、実は仕分側から、どうされますかと、もう無理ですよね、木材を売って戻していくのは、もうついては特別会計やめて一般会計化して、この負債、債務も全部一般会計に承継するのはどうだと言われたときに、林野庁はそれを断っているという。

泉英二

2019-05-28 第198回国会 参議院 農林水産委員会 12号

日本は八百団体あって、それでいろいろ弊害が海外マーケットを求めたときに出るんじゃないかという御心配、それを詳しくというか、時間ないので端的でもいいんですが、御説明いただいて、もう一つは、この会計は、昭和二十二年は特別会計でやってきて、もうけも出して一般会計を補ってやってきたんですが、三十九年の木材自由化から国内需要が減ってきて、でも平成十年で下げ止まりして、十五年からは少し上昇ぎみにあるという資料あるんですが

儀間光男

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

権利設定料あるいはいろいろ採取料を払うわけですが、問題は、樹木料の算定基準もまだよく分かりません、それも説明できたらしてほしいんですが、昭和二十二年、特別会計でこれはスタートしています。あの頃は国内材が非常に好調でしたから、もうけもたくさん出して一般会計を補ってきた歴史がありますね。それが、材木不足で、三十九年、材木の輸入自由化した。

儀間光男

2019-05-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

労働保険特別会計では、六兆円を超える予算が組まれているわけです。で、先ほどの助成金のようなほとんど使われていないものに、これ原資は何かというと、雇用保険保険料なんですよ、雇用保険保険料。雇用保険保険料で、しかも事業主のみが負担している保険料が財源として使われているわけですよね。  

東徹

2019-05-22 第198回国会 参議院 本会議 19号

国有林野事業は、豊富にある林業資源を活用し、独立採算が取れることから、昭和二十二年以来、国有林野事業特別会計により、黒字を上げることで国家財政を支えることに寄与してまいりました。しかし、木材需要の逼迫によって、昭和三十九年には木材の完全輸入化を行ったことから、国産材の利用は平成十四年まで下がり続けました。

儀間光男

2019-05-22 第198回国会 参議院 決算委員会 8号

       態対策監     山形 浩史君    説明員        会計検査院事務        総局第一局長   三田  啓君        会計検査院事務        総局第三局長   森   裕君        会計検査院事務        総局第五局長   戸田 直行君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○平成二十九年度一般会計歳入歳出決算平成二  十九年度特別会計歳入歳出決算

None

2019-05-22 第198回国会 参議院 決算委員会 8号

左下のグラフを見ていただくと、政府情報システム関係予算は年々増加して、全府省でおよそ今、年間七千億円、特別会計分を含めれば優に一兆を超えてまいります。政府は、各省庁が別々に整備、運用してきた情報システムに対し、政府全体で共有化するための情報通信基盤として、平成二十五年三月から政府共通プラットフォームを運用しております。  

伊藤孝恵

2019-05-21 第198回国会 衆議院 本会議 25号

かつて、国有林野事業は、林産物の供給に重きが置かれ、その事業を企業的に運営するための特別会計において経理された時代もありました。しかし、木材価格の低迷等により、三・八兆円という莫大な借金を抱え、平成十年度の抜本的改革で公益的機能の維持増進を旨とする管理経営方針に大きく転換し、平成二十五年度には、公益重視の管理経営を一層推進するとともに、一般会計で行う事業に移行しています。  

神谷裕

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 7号

独立行政法人国        際協力機構理事        長        北岡 伸一君        独立行政法人国        際協力機構理事  植嶋 卓巳君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○国家財政の経理及び国有財産の管理に関する調  査  (会計検査院法第三十条の二の規定に基づく報  告に関する件) ○平成二十九年度一般会計歳入歳出決算平成二  十九年度特別会計歳入歳出決算

None

2019-05-15 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 12号

企業でいう独立採算制のような特別会計が廃止をされて、二〇一三年度からは一般会計化しました。その意味というのは、やはりこれは改めて考えていただきたいんですけれども、経済性の重視というよりは、一般会計化したということは、環境保全、公益性をより重視すべき管理経営に転換をしたということです。経営の前に管理が来ているのはそういうことだと思います。  

緑川貴士

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 16号

いかに何でも、私は、内閣府のこの予算の組み方、これが特別会計だからといって、なあなあで、いいよいいよで流れていくこと、そして一方で、児童育成協会、問題だったとバッシングしている場合じゃない、内閣府が問題なんだ、そう思います。  なぜ九万人になりますか、教えてください。大臣、先ほどのは御答弁ではありません。  委員長、私は、小野田さんは答弁をしないという約束でここに来てもらいました。

阿部知子

2019-05-15 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 13号

特別会計の方でも七十兆円ございまして、合わせて年間百四兆円の歳出となっております。これがふえ続けていくことが、先ほど別の委員の御質問にもありましたように、日本の財政を圧迫しているのは間違いないところです。  そこでお伺いしますけれども、年齢階級別の医療費、また階級ごとの各医療保険の収支状況というのはどういうふうになっておりますでしょうか。

青山雅幸