運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
597件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2006-04-21 第164回国会 衆議院 国土交通委員会 15号

実は、昭和二十二年、初当選したばかりの田中角栄氏、当時民主党で初当選をされた田中角栄氏は、新憲法下の昭和二十二年の片山社会内閣時代に、初めて国会におきまして本格的な住宅の問題を取り上げられました。当時の片山総理に、一年生議員でおられた田中角栄氏は、働く人々に家を与えずして何が民主主義か、このように庶民の代表たる発言をされたわけであります。  

馬淵澄夫

2005-06-08 第162回国会 衆議院 内閣委員会 12号

片山さん、吉田茂さん、中村梅吉さん、植木庚子郎さん、田中伊三次さん、小林武治さん、前尾繁三郎さん、倉石忠雄さん、奥野誠亮さん、坂田道太さん、秦野章さん、最近では梶山静六さん、後藤田正晴さん等々のすばらしい重鎮の皆さんのメンバーがここには歴代の法務大臣として並んでいる。  それから、本会議を開いたとき、大体、内閣総理大臣の隣には歴代、法務、外務、大蔵、農林とずっと座ってきたんですよ。

牧野聖修

2000-02-24 第147回国会 衆議院 憲法調査会 3号

否決された後で、片山委員長は、いわば次善の策として、民主主義に一応一歩近づいている、そういう側面から賛成演説をなさっていらっしゃいます。この辺が、最後まで徹頭徹尾反対を表明されました共産党とは違う部分であります。  なお、非常に活発に社会党の議員さんがここでなされた、その余韻が残っております。

西修

1995-11-08 第134回国会 衆議院 宗教法人に関する特別委員会 6号

私は、最後に、自分もキリスト教社会主義の片山先生や河上丈太郎先生を尊敬する一人といたしまして、今回の宗教法人審議会が終わった後に七人の委員が撤回要求をした、やり直しをしろと言った。そして、その法改正が出された後に多くの団体の人たちがどう思っているか。いろんなビラを見ると、新進党が特定の宗教団体として反対しているかのような宣伝をされていますけれども、冗談じゃない。  

北橋健治

1994-07-22 第130回国会 参議院 本会議 3号

私たち日本社会党民主党国民協同党の三党で片山委員長を首班とする連立内閣成立させたのは一九四七年四月、まさに戦後の混乱と希望が同居する時代でありました。当時、国民は十五年戦争の惨禍とファシズムの暗い谷間から平和民主主義の日の当たる場所に解放され、戦争の放棄を高らかにうたいとげた新しい憲法のもとに、平和国家建設へ新しく歩き始めていたのであります。  

久保亘

1993-04-27 第126回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 12号

今委員長の許可をいただきまして、「選挙法改正の急務」、実はお手元に差し上げたと思うのですが、私もいろいろ勉強をさせていただきまして、これは片山さんが書いておられるのです。加藤議員片山さん御存じでございますか。     〔北川(正)委員長代理退席、委員長着席〕

自見庄三郎

1993-04-27 第126回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 12号

○佐藤(観)議員 今自見委員の方から、片山さんの「小選挙区制を主張」という「選挙法改正の急務」、それから蝋山政道さんの「小選挙区制を断行すべし」というコピーをいただきまして、大変自見さんがいろいろな角度から研究されておることに敬意を表するわけでございますけれども、私が議会へ来て、昭和四十四年でございますが、その当時でも、あるいは先輩の方々からも小選挙区制の、過去そういった議論が党内的にはあった、あのとき

佐藤観樹

1992-06-04 第123回国会 衆議院 議院運営委員会 29号

そもそも牛歩は、片山内閣当時の野党自由党大野伴睦幹事長が編み出した審議引き延ばし戦術だそうでして、自由民主党がいつまでも与党でいると限ったことではありません。形式は合理的に、勝負は内容でというのが、公開と討論により国民のために利害を調整する議会政治の特質を生かしていくための特効薬ではないかと考えます。  以上でちょうど三分でございます。

浅野勝人

1989-06-20 第114回国会 参議院 外務委員会 5号

で、そういう中国がいい悪いじゃなくて、現在そうでありまして、私は戦争前の中国に行ったこともあるし、それから戦争中に戦場で中国軍隊とぶつかったこともありますし、それから戦争の末期ですが、当時おりました台北帝大からの官費の視察で北京に行ったこともありますし、それから戦後になると、片山さんなんかとも護憲運動をやったときに周恩来から呼ばれて中国に行ったこともある。

中村哲

1988-04-26 第112回国会 参議院 外務委員会 5号

中村哲君 私自身も中国には最も早く、もう三十年も前になりますけれども、片山さんが前首相という資格中国に招待を受けましたときに一緒に参りまして、中国側が日本に発言する場合には、当時の印象では相手が政府側であろうとまた民間であろうと言うべきことは言う、そして筋をきちんと通す、建前をきちんとするという、これを重んじておりまして、したがって最近の中国との間の光華寮問題なんかについても言うべきけじめをきちんとするということに

中村哲

1987-08-25 第109回国会 衆議院 内閣委員会 5号

日本中国の友好関係というのは、お互いの政府承認し合って平和条約を結んだとかそれだけではないんだ、そのずっと前からお互いの人たちが友好のために、親善のために交流を行ってきた、具体的に片山先生だとか石橋湛山先生だとか松村謙三先生とか名前を挙げられて、こういうたくさんの人たちが交流をし合いながら友好のためにお互いに努力をしてきた、また、各団体や各政党もそうなんだ、だからそういうものの上に立って今日の

田口健二

1982-03-01 第96回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 3号

○竹本分科員 実は、私も二十年前に、星島二郎さんや片山先生と一緒にMRAのコーの会合に出たことがあるのです。二十年ぶりに昨年の八月、一週間以上コーに参りましていろいろいい経験をいたしました。そのとき驚いたことは、そのコーの会議に日本外交官はだれも来ていないのですよ。  そこで、僕がいま大臣に要望を申し上げたいと思いますのは、そのコーの会議というのはまことに意味がある会議でございました。

竹本孫一

1979-08-30 第88回国会 衆議院 本会議 1号

(拍手)  振り返ってみれば、私の初当選当時の日本は、占領下に置かれ、戦後国民は混乱と飢えと廃墟の中にあり、政党も過半数を制するものがなく、第一回国会において憲政の常道を開くため、私の属する日本自由党は、第一党の党首片山氏を総理に指名し、みずからは野党となりました。  私の最初の総理指名は反対党の片山さんであったことを終生忘れ得ません。  

原田憲

1979-03-15 第87回国会 衆議院 本会議 14号

(拍手)  また、今日まで御指導をいただきました西尾末廣先生を初め、いまは亡き片山、水谷長三郎、西村榮一、伊藤卯四郎の諸先生の霊に対し、心より御礼を申し上げます。(拍手)  顧みますれば、昭和二十二年四月、新憲法のもと第一回の各級選挙施行されました際、参議院議員に当選いたしました私は三十代の前半の青年でありましたが、今日、六十代の半ばに達しました。  

中村正雄

1978-06-07 第84回国会 参議院 議院運営委員会 21号

       議 事 部 長  鈴木 源三君        委 員 部 長  川上 路夫君        記 録 部 長  江上七夫介君        警 務 部 長  有吉 良介君        庶 務 部 長  指宿 清秀君        管 理 部 長  佐藤 宣雄君        渉 外 部 長  橋爪 三男君     ―――――――――――――   本日の会議に付した案件 ○故元内閣総理大臣片山

None

1978-06-07 第84回国会 参議院 本会議 24号

内閣提出、衆議院送付)  第一二 国民金融公庫法及び沖繩振興開発金融   公庫法の一部を改正する法律案内閣提出、   衆議院送付)  第一三 郵便貯金法の一部を改正する法律案  (内閣提出、衆議院送付)  第一四 原子爆弾被爆者に対する特別措置に関   する法律の一部を改正する法律案内閣提   出、衆議院送付)     ━━━━━━━━━━━━━ ○本日の会議に付した案件  一、故元内閣総理大臣片山

None

1978-06-07 第84回国会 参議院 本会議 24号

多年わが国民政治発展のため力を尽くされました元内閣総理大臣片山君は、去る五月三十日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。  つきましては、この際、同君に対し、院議をもって弔詞を贈呈することとし、その弔詞は議長に一任せられたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

安井謙

1978-06-02 第84回国会 衆議院 本会議 35号

法律案内閣提出)  第三 鳥獣保護狩猟ニ関スル法律の一部を改     正する法律案内閣提出、参議院送付)  第四 公職選挙法の一部を改正する法律案(公     職選挙法改正に関する調査特別委員長提     出)  第五 農産種苗法の一部を改正する法律案(内     閣提出)     ――――――――――――― ○本日の会議に付した案件  元日本社会党中央執行委員長元民社党最高顧問   前議員片山君逝去

None

1978-06-02 第84回国会 衆議院 本会議 35号

〔総員起立〕   元日本社会党中央執行委員長元民社党最高顧問衆議院議員従二位勲一等片山君は多年憲政のために尽力しさきに日本国憲法下初の内閣総理大臣の重責をにない戦後の多難な国民生活の安定に力をいたされまた終始平和の確保に心魂を傾け民主政治の進展に貢献されましたその功績はまことに偉大であります衆議院は君の長逝を哀悼しつつしんで弔詞をささげます  この弔詞の贈呈方は議長において取り計らいます。      

保利茂

1978-06-02 第84回国会 衆議院 本会議 35号

日本社会党中央執行委員長、元民社党最高顧問、前議員片山君は、去る五月三十日逝去せられました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。  つきましては、同君に対し、弔詞を贈呈いたしたいと存じます。弔詞は議長に一任せられたいと存じます。これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

保利茂

1978-06-02 第84回国会 衆議院 議院運営委員会 35号

○大久保事務総長 まず最初に、議長から、故片山先生に対する特別弔詞贈呈の件をお諮りいたします。  次いで、佐藤観樹さんの請暇につきまして、議長からお諮りいたします。  次に、日程に入ります。  日程第一及び第二を一括して議題といたしまして、始関内閣委員長の御報告がございます。いずれも社会党、共産党が反対でございます。  

大久保孟

1978-06-02 第84回国会 衆議院 議院運営委員会 35号

―――――――――――――  元日本社会党中央執行委員長元民社  党最高顧問衆議院議員従二位勲一等片山君は多年憲政のために尽力しさきに日本国憲法下初の内閣総理大臣の重責をにない戦後の多難な国 民生活の安定に力をいたされまた終始平和の確保に心魂を傾け民主政治の進展に貢献されましたその功績はまことに偉大であります衆議院は君の長逝を哀悼しつつしんで弔詞をささげます     ―――――――――――――

細田吉藏

1978-06-02 第84回国会 衆議院 議院運営委員会 35号

まず、故片山君に対し弔詞贈呈の件についてでありますが、去る五月三十日、元日本社会党中央執行委員長、元民社党最高顧問、前議員片山君が逝去されました。  ここに謹んで哀悼の意を表します。  弔詞につきましては、お手元に配付の案文のとおりとし、本日の本会議においてその贈呈を決定するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

細田吉藏

1975-06-25 第75回国会 参議院 公職選挙法改正に関する特別委員会 7号

実は、十年ぐらい前になりますか、選挙制度審議会で、選挙をきれいにするにはどうしたらいいかということで、前の衆議院議長をしておられました清瀬一郎さんとそれから片山さんと私と三人呼ばれて、それぞれいろいろ話をしたんですけれども、そのとき清瀬さんのおっしゃるのには、法定選挙費用を守らせればそれで選挙はきれいになるんだと、こういうふうにおっしゃいましたけどね、それが守られるというか、行えるというには、どうしたら

市川房枝