運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
13767件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

災害時に船舶を活用するメリットを私なりに整理をしますと、大量の人員、物資をまず被災地に運ぶことができる、それから、船舶自体に燃料、水等があり、一定期間自立ができる、さらに、居住空間がある船舶では、それを避難所として活用できるのではないか、さらに、医療設備があれば、臨時広域搬送拠点、いわゆるSCUとしてそれを使うことができるといったメリットがありますが、まだまだ、どのように活用するのか、そしてスタッフ

津島淳

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

原発は、核兵器の原料であるウラン235やプルトニウム燃料とします。特に、プルトニウムの分離については、余剰プルトニウムを持たないということで、厳格に報告が求められています。原子力平和利用は、核軍縮、不拡散と並ぶNPTの三つの柱となっています。報道されているのは、だからだめだというふうなことが報道されているんです。だから、それはおかしいでしょうと私は言いたいんです。  

高橋千鶴子

2020-03-10 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第2号

それから、今回、法案の中にも入っておりますけれども、災害時、緊急時には電源車等の燃料調達のために、送配電事業者と石油販売事業者、ガソリンスタンドですね、これとの一層の連携強化が重要でございます。  ただ、ガソリンスタンド業界、今回のこの石油価格の急落、あるいはコロナ問題で、昨日も電話をいたしましたら大変なことになっているという声が届いているんですね。

太田房江

2020-03-10 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第2号

温室効果ガスの排出量が大きいという問題があるが、地政学リスクが化石燃料の中で最も低く、熱量当たりの単価も化石燃料の中で最も安いことから、現状において安定供給性や経済性に優れた重要なベースロード電源の燃料として評価されているが、再生可能エネルギーの導入拡大に伴い、適切に出力調整を行う必要性が高まるものと見込まれると、このように位置付けられているものと承知してございます。

村瀬佳史

2020-03-06 第201回国会 衆議院 環境委員会 第1号

公害等調整委員会委員長)            荒井  勉君    環境委員会専門員     小池 章子君     ――――――――――――― 委員の異動 三月六日  辞任         補欠選任   務台 俊介君     今枝宗一郎君 同日  辞任         補欠選任   今枝宗一郎君     務台 俊介君     ――――――――――――― 一月二十日  対象発電原子炉施設等に係る核原料物質、核燃料物質及

会議録情報

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

燃料予算が少なく、燃料費ぎりぎりの中で活動していただいているという話も聞きますし、また、備蓄タンクを保有していない現状にあって、海上自衛隊のようにタンクを保有する方がより適切な運用ができるという意見もあります。国会でも、更に予算を拡充できるようにしっかりと議論をして、皆さんの活動を後押しをさせていただきたいと思います。  

岡本三成

2020-03-05 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第1号

特に、弾薬及び燃料を確保するための取組を推進するとともに、装備品の維持整備に係る取組を推進します。  第二に、防衛力の中心的な構成要素の強化です。  人的基盤を強化するため、より幅広い層から多様かつ優秀な人材の確保を図るとともに、全ての自衛隊員が高い士気を維持し、みずからの能力を十分に発揮できる環境の整備に向けた取組を推進します。  

渡辺孝一

2020-03-05 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第1号

災害時の迅速な復旧や送配電網への円滑な投資、再生可能エネルギーの導入拡大、資源燃料の安定供給等のための措置を講じ、強靱かつ持続可能な電気の供給体制を確保してまいります。  安全、安定、安価なエネルギー供給を実現しつつ、パリ協定を踏まえた脱炭素化の取組を進めることが責任あるエネルギー政策に取り組む上で極めて重要です。

梶山弘志

2020-03-04 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第1号

災害時の迅速な復旧や送配電網への円滑な投資、再生可能エネルギーの導入拡大、資源燃料の安定供給等のための措置を講じ、強靱かつ持続可能な電気の供給体制を確保してまいります。  安全、安定、安価なエネルギー供給を実現しつつ、パリ協定を踏まえた脱炭素化の取組を進めることが、責任あるエネルギー政策に取り組む上で極めて重要です。

梶山弘志

2020-02-28 第201回国会 衆議院 本会議 第8号

自治体が取り組む河川道路港湾等の事業を集中的に支援する個別補助制度に三千七百億円を計上し、危険区域における河道掘削や雨水処理を担う大規模な下水道施設の整備、無電柱化、土砂災害対策等を強力に推進するほか、避難所災害時に多数の避難困難者が発生する可能性の高い施設への燃料備蓄を促進するため、ガス、石油タンクや自家発電設備の導入を補助金で支援するなど、災害時の電力インフラの強靱化を図ることとしています

伊藤渉

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

御承知のとおり、今、日本政府は、インド太平洋という言葉でもって、特に海のアジアですね、具体的な国・地域で申しますと、台湾フィリピンベトナムインドネシアマレーシアシンガポールインド、スリランカ、この辺りがずっと非常に重要で、実はマレーシアインドネシアの辺りは資源豊かで、化石燃料豊かでございますけれども、それ以外のところはほとんどございません。  

白石隆

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

一つは、先ほどもこれ申し上げたことですけれども、基本計画というときには、いかなる国でも、特にアジアの国を、例えばインドだとかバングラデシュだとかあるいはベトナムだとかという国を考えますと、化石燃料の問題を避けてエネルギー計画というのは考えられません。特に、化石燃料の中でも石炭をどうするのかという問題は間違いなく出てくる問題でございます。これについて、やはり日本としてしっかりした考えを持つ。  

白石隆

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

参考人は、経済産業大臣の諮問機関である総合資源エネルギー調査会資源燃料分科会の座長を務められており、昨年末に新たな国際資源戦略の策定に向けた提言案をまとめられたと承知しております。  国内の電源構成を見てみますと、石炭石油、LNGは、二〇一八年度七七%となっています。

小林正夫

2020-02-26 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第3号

そういう意味で、旧来の石炭火力なんかも、IGCCなんかを導入することによってCO2を減らすということも可能ですし、要は石炭のガス化なんですが、ガス化することによって、ガスだけじゃなしに、燃料だけじゃなしにいろんな使い方もまたできるようになりますし、それらもトータルに含めて考える必要があるように思うんですが。あと、産業構造そのものも変える必要がありますねと。よろしいでしょうか。

小澤守

2020-02-26 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第3号

まずは、日本の電源構成の八割程度を占める火力発電所の脱炭素化、特に石炭火力の高効率化やガス火力への転換等を進めるべきですが、ガス火力も化石燃料であり、一段の技術革新が求められていると思います。  先ほどお伝えしました前期の参議院、この調査会で昨年五月に、資源エネルギーに係る諸問題の解決のため、技術革新の実現に向けた研究開発の強化の必要性と、こう提言も取りまとめているんですね。

塩村あやか

2020-02-26 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第3号

まず、荒戸先生は、秋田大学のいわゆるマイニングですか、これ、たしか国内には二つしか大学がないと、いわゆる鉱物ですね、ということで、私も東北を担当しておりますので、大変貴重な先生だということを理解させていただきました上で質問していきたいんですが、先生のお話聞くと、現在使っているいわゆる化石燃料ですか、石油なりLNG、やっぱり必要だし、かつ今後も伸びていく上において、当然、技術革新も含めながらやっぱりそれは

若松謙維

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

地域のバイオマスを発電燃料として活用することは、エネルギー地産地消に資するものであり、大変重要だと考えておりますし、委員御指摘のように、稲わら、もみ殻につきましても、日本ではまだ一般的ではございませんけれども、今後の新規の燃料の候補として重要なものの一つだと認識してございます。  

松山泰浩

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

○赤羽国務大臣 まず、前原さんが大臣当時に航空機燃料税の減免措置をとっていただいて、それが継続的に続いているということは、大変ありがたく思いますので、感謝申し上げたいと思います。  今回、先ほど申し上げました日中路線だけでも八割も減少している。これは、一月前ぐらいまでですと六割減少と答弁しておったんですが、拡大しているということ。

赤羽一嘉

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

航空機燃料税の減免、減免の場合は、これは一時的な措置になろうかと思いますが、航空機燃料税というのは暫定措置で下がっているわけでありますが、例えばこれを恒久化するということになると、将来的に見通しが立つわけですね。例えばそういうことも含めて、ぜひ、航空業界からの切実な要望であり、一時的な減免あるいは恒久的な措置に移行するということもお考えをいただきたいと思いますが、改めての御答弁をお願いいたします。

前原誠司

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第1号

具体的には、日本原子力研究開発機構の廃炉国際共同研究センター、CLADSと言っておりますが、ここにおきまして、福島県富岡町に整備をいたしました国際共同研究棟などを活用し、燃料デブリの取扱いや放射性廃棄物の処理処分、事故進展シナリオの解明等の基礎、基盤的な研究開発を実施をしているところでございます。  

生川浩史

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 第1号

特に、弾薬及び燃料を確保するための取組を推進するとともに、装備品の維持整備に係る取組を推進します。  第二に、防衛力の中心的な構成要素の強化です。  人的基盤を強化するため、より幅広い層から多様かつ優秀な人材の確保を図るとともに、全ての自衛隊員が高い士気を維持し、みずからの能力を十分に発揮できる環境の整備に向けた取組を推進します。  

河野太郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

この企業では、紙おむつから得られたリサイクルパルプで段ボールや固形燃料を製作しようとしておりまして、その実験にも成功しております。バージンパルプや古紙との配合比率によっても異なりますけれども、リサイクルパルプ五百キロで、段ボール、縦五十三センチ、横四十五センチ、高さ三十四センチというぐらいのものですと、六百個から千五百個、製造可能であるということでございました。  

高木美智代

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

しかし、経産省としてみれば、非化石燃料を調達することによって、いわゆる非化石燃料化をすることが本旨の目標ということなんでしょう。だと思いますよ。  ただ、私たちの立場からすると、経産省がFIT制度を所管しているわけでありますけれども、この木材新聞に書いてあるような、ヤシガラとか木質ペレットとか、こういったものが国内のバイオマス発電所で使われることは、決して歓迎することではありません。

江藤拓

2020-02-19 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第2号

○山添拓君 これ、記事にありますように、十五年ほど冷却すれば運び出せる通常のウラン燃料とは異なって、MOX燃料放射線が強く、発熱量が大きいと。ウラン燃料と同レベルまで貯蔵プールで冷却するには百年以上必要とされるけれども、プールの耐用年数は五十年から六十年なのだと。冷却し続けることすらままならないが、別の行き場所もないと。

山添拓

2020-02-12 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

脚光を浴びているのは、IMOという、国際海事協会といったかな、がもう数年前から二〇二〇年の一月から導入すると言っているんですけれども、船の燃料、バンカーオイルと言っていますが、バンカーオイルで使う燃料硫黄分、今までたしか三%マックスだったと思うんですけど、それを、〇・五%だったと思いますが、以下にしなきゃいけないというルールを決めたんです。  

岩瀬昇

2020-02-12 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

説明いただけなかった資料に「わが国のエネルギーバランス・フロー概要」等もあるんですけれども、このエネルギー問題を論じていく際に、どうしても発電部門が中心となるんですが、化石燃料に大きく頼るやっぱり運輸の部門だとか、暖房、製造工程で必要な熱エネルギーの分野についても議論を深める必要があるのではないかと考えております。  

矢田わか子

2020-02-12 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

参考人(岩瀬昇君) 化石燃料は、恐らくここに御列席の皆々様方がお元気な間はずっとエネルギーの中核を占めると思います。  それはなぜかというと、エネルギーというのは一次エネルギーで考えなきゃならないんですね。一番最初のところで、エネルギーイコール電気じゃないよと。これが僕は日本国民の一番最大の誤解だと思っているんですけれども、もちろん電気は大事なんだけれど、全部じゃないんだと。

岩瀬昇