運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
1062件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-05-27 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第13号

具体的に申し上げますと、港湾改正をいたしまして既に本年二月に施行しておりますけれども、これに基づきまして、洋上風力発電促進区域一体として機能する、いわゆる基地港湾候補地となる秋田港や能代港、鹿島港北九州港においては、必要となる港湾計画の変更を本年三月に行いまして、既存港湾施設改良に係る事業に既に着手をしております。  

門博文

2020-03-26 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第7号

具体的には、平成二十九年に港湾改正いたしまして、クルーズ船社旅客ターミナルビル等整備することを前提として、クルーズ船社岸壁優先利用を行うことができるような新たな制度を創設したところでありまして、八代港や佐世保港ではこの制度を活用してターミナル整備が進められているところであります。  

堀田治

2020-03-10 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

一方で、平成二十九年には港湾改正になって、官民連携による国際クルーズ拠点形成、これはまさにクルーズ船社日本の港に投資をしていただいて、クルーズターミナルを建設して、より世界中のクルーズ船社日本寄港してもらう、そういう政策かというふうに思います。  そうした中で、今回のクルーズ船のトラブルは、非常に今後のクルーズ振興に影響を与えるのではないかというふうに思っています。

朝日健太郎

2020-03-10 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

その上で、我が国においても、昨年、再生エネルギー海洋利用法が施行されたり、本年は改正港湾も施行され、基地港湾制度も始まりまして、様々な整備がいよいよ始まる、そうした洋上風力元年かというふうに言われているのを認識しています。  この洋上風力は、裾野の広い非常に大きな産業になる可能性を秘めていると思います。

朝日健太郎

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

そこで、三年前、港湾改正がありました。官民連携による外航クルーズ船受入れ拠点形成のため制度を創設するという内容でしたが、横浜港は、官民連携国際クルーズ拠点形成計画書においてダイヤモンドプリンセス号母港化を目指しておりました。確かに昨年一年間でダイヤモンドプリンセス号横浜港に三十三回入港をしています。  では、横浜検疫所はこれだけの大型船検疫の経験があるんでしょうか。

高橋千鶴子

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

この五百万人クルーズ旅客を打ち出した日本再興戦略二〇一六は、翌年の港湾改正につながっているんですが、こう書いています。「寄港地を探しているクルーズ船社と、クルーズ船を受け入れたい港湾管理者との間の、需要と供給の「マッチング」サービスを国において開始し、利用可能な岸壁クルーズ船社に紹介するなどの取組を行い、クルーズ船寄港の「お断りゼロ」を実現し、我が国へのクルーズ船寄港促進する。」  

高橋千鶴子

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

真ん中のところに書いてありますけれども、これは港湾、港湾区域を開発するための法律ですね、の改正、あるいは再エネ海域利用法によって三十年間その海域を風車のために使えるよという枠組みができたことと、それから現在FIT洋上風力三十六円でございますので、今設置すればこれを高い価格でずっと買ってもらえるということなので、チャンスと見て非常に民間が動き出しているわけでございますが、FITが高いということは、

石田茂資

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

響灘で、まさに港湾改正が行われたときには、北九州市は仕事が増えると物すごく大きな期待が高まりましたけれども、さあ実際に、今日、先生のお話のとおりで、輸入されるものが非常に多いんだという現実も市民がだんだん受け止め始めているところなんですけれども、これも、先生、今から追いかけていって盛り返すことができるのか、盛り返すべきなのか、ここらを先生にお伺いしたいと思います。

秋野公造

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

また、昨年十一月に港湾を一部改正し、促進区域一体として機能する、いわゆる基地港湾候補となる秋田港や能代港におきまして既存港湾施設改良に係る事業に着手するなど、取組を加速しているところでございます。  一方、世界では再生可能エネルギー発電コストが急速に低下する中、日本でも、世界に比べて高い再生可能エネルギー発電コストを低減し、国民負担を抑制していくことが重要な課題となっております。  

高田昌行

2020-02-19 第201回国会 衆議院 予算委員会 第14号

また、港湾整備でありますけれども、やはり港湾整備も、基地港湾をしっかりとつくっていかなければ、物すごい大きな、長大な部品が多い洋上風力ですから、港のポテンシャルが低いと、これはやはり物理的に沖に出せないというふうなことになると、これは促進の妨げになりますから、港湾整備もしっかりとしていかなければならないという中で港湾改正も行われて、いよいよ準備万端ということですが、しっかりと整備をしていく

秋本真利

2019-11-29 第200回国会 参議院 本会議 第8号

令和元年十一月二十九日(金曜日)    午後二時四十一分開議     ━━━━━━━━━━━━━ ○議事日程 第八号   令和元年十一月二十九日    午前十時開議  第一 港湾の一部を改正する法律案内閣提   出、衆議院送付)  第二 商業捕鯨実施等のための鯨類科学調査   の実施に関する法律の一部を改正する法律案   (農林水産委員長提出)  第三 母子保健法の一部を改正する法律案(衆   

会議録情報

2019-11-29 第200回国会 参議院 本会議 第8号

議長山東昭子君) 日程第一 港湾の一部を改正する法律案内閣提出衆議院送付)を議題といたします。  まず、委員長報告を求めます。国土交通委員長田名部匡代さん。     ─────────────    〔審査報告書及び議案は本号末尾掲載〕     ─────────────    〔田名部匡代登壇拍手

山東昭子

2019-11-21 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

ただいま議題となりました港湾の一部を改正する法律案提案理由につきまして御説明申し上げます。  近年、我が国においては、地球温暖化対策観点から、パリ協定を踏まえた我が国目標を確実に達成するため、洋上風力発電導入促進が求められております。長期的、安定的かつ効率的な洋上風力発電事業実施に向けた環境整備を図るため、洋上風力発電設備設置及び維持管理のための港湾を確保する必要がございます。  

赤羽一嘉

2019-11-21 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

赤羽 一嘉君    副大臣        国土交通大臣  青木 一彦君    大臣政務官        国土交通大臣政        務官       門  博文君        国土交通大臣政        務官       和田 政宗君    事務局側        常任委員会専門        員        林  浩之君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○港湾

会議録情報

2019-11-14 第200回国会 衆議院 本会議 第8号

令和元年十一月十四日(木曜日)     ―――――――――――――  議事日程 第七号   令和元年十一月十四日     午後一時開議  第一 裁判官報酬等に関する法律の一部を改正する法律案内閣提出)  第二 検察官俸給等に関する法律の一部を改正する法律案内閣提出)  第三 港湾の一部を改正する法律案内閣提出)  第四 外国為替及び外国貿易法の一部を改正する法律案内閣提出)  第五 医薬品

会議録情報

2019-11-14 第200回国会 衆議院 本会議 第8号

議長大島理森君) 日程第三、港湾の一部を改正する法律案議題といたします。  委員長報告を求めます。国土交通委員長土井亨君。     ―――――――――――――  港湾の一部を改正する法律案及び同報告書     〔本号末尾掲載〕     ―――――――――――――     〔土井亨登壇

大島理森

2019-11-14 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号

―――――――――――――  議事日程 第七号   令和元年十一月十四日     午後一時開議  第一 裁判官報酬等に関する法律の一部を改正する法律案内閣提出)  第二 検察官俸給等に関する法律の一部を改正する法律案内閣提出)  第三 港湾の一部を改正する法律案内閣提出)  第四 外国為替及び外国貿易法の一部を改正する法律案内閣提出)  第五 医薬品医療機器等の品質、有効性及び安全性

岡田憲治

2019-11-13 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 第3号

そういったようなものを含めて、これはいろいろよく見なきゃいかぬところなので、私どもの外為法だけで全部が取り仕切れると思っているわけでもありませんので、これは他省庁の話で、港湾だ、電気事業法だ、いろいろありますので、そういったものを含めて、各省庁、この問題については検討させねばならぬところだと思っております。

麻生太郎

2019-11-08 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第3号

ただいま議題となりました港湾の一部を改正する法律案提案理由につきまして御説明申し上げます。  近年、我が国におきましては、地球温暖化対策観点から、パリ協定を踏まえた我が国目標を確実に達成するため、洋上風力発電導入促進が求められております。長期的、安定的かつ効率的な洋上風力発電事業実施に向けた環境整備を図るため、洋上風力発電設備設置及び維持管理のための港湾を確保する必要があります。  

赤羽一嘉

2019-11-08 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第3号

 元君     緑川 貴士君 同日  辞任         補欠選任   笹川 博義君     簗  和生君   高木  啓君     鬼木  誠君   高橋ひなこ君     中村 裕之君   福山  守君     田所 嘉徳君   藤丸  敏君     望月 義夫君   池田 真紀君     馬淵 澄夫君   緑川 貴士君     谷田川 元君     ――――――――――――― 十一月七日  港湾

会議録情報

2019-10-24 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第1号

国会におきましては、洋上風力発電導入促進や、国際基幹航路維持拡大を図るための措置を講ずる港湾の一部を改正する法律案を提出し、御審議をお願いしたいと思います。  委員長委員各位格別の御指導を何とぞよろしくお願いを申し上げます。  続きまして、済みません、令和元年台風第十九号による被害状況国土交通省対応状況について報告をさせていただきます。  

赤羽一嘉

2019-10-23 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第1号

国会におきましては、洋上風力発電導入促進国際基幹航路維持拡大を図るための措置を講ずる港湾の一部を改正する法律案を提出し、御審議をお願いしたいと思っております。  委員長委員各位格別の御指導をよろしくお願い申し上げます。(拍手)  済みません。それと、災害に関する御報告も引き続きよろしいでしょうか。

赤羽一嘉

2019-05-23 第198回国会 参議院 国土交通委員会 第14号

我が国では、海洋汚染防止法港湾などの法律に基づきまして、各法律保護法益に鑑みて除去が必要となる難破物に対して、その必要性を適切に判断し得る主体除去命令を発出することとなります。  例えば、海洋汚染防止法では、海洋環境保護観点から海上保安庁長官が、また、港湾では港湾の適切な管理観点から港湾管理者が、それぞれ命令発出主体となっているということでございます。  

水嶋智

2019-05-15 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

座礁船撤去に関しましては、港湾海洋汚染防止法などの法律に基づきまして、各法律保護法益に鑑みて撤去が必要な座礁船に対しては、それぞれの法律規定に基づきまして港湾管理者や国などが撤去命令を発出することができるようになっております。  このため、本法案におきましては、改めて領海全域にわたっての座礁船に対する撤去命令に係る規定を設けなかったということでございます。  

水嶋智

2019-05-15 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

難破物除去損害についてですけれども、今回の規定で、除去措置については港湾その他法令の規定による決定が前提となっておりまして、港湾海岸法等の各法が船舶の除去命令を発することができる範囲、これは、港湾区域海岸保全区域等、それぞれの法が適用される範囲に限定をされております。そして、それらの範囲我が国海岸海域を全てカバーできていない、こう理解をしているので、続けて二つ質問します。  

伊藤渉