運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
24735件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-06-16 第204回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第11号

お手元に配付いたしてありますとおり、今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書は、いわゆる「送り付け商法(ネガティブ・オプション)」に対する規制強化を求めることに関する陳情書外十一件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、地方消費行政に対する財政支援の継続・拡充を求める意見書外三十三件であります。      ――――◇―――――

永岡桂子

2021-06-16 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第47号

政治資金規正法の一部を改正する法律案森山浩行君外十名提出、第百九十七回国会衆法第四号)   四、インターネット投票の導入の推進に関する法律案中谷一馬君外十二名提出衆法第四一号)   五、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する件  沖縄及び北方問題に関する特別委員会   一、沖縄及び北方問題に関する件  北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会   一、北朝鮮による拉致問題等に関する件  消費問題

高木毅

2021-06-01 第204回国会 参議院 総務委員会 第14号

これ、二〇一九年度で約三万件ということで、非常に多くの消費相談等々に、このNHKの訪問員が非常に不安にさせるんだといったことから、無理やり家に入ってくる等々の大きな事件を起こしてきたといったことがございました。  これを指摘させていただいてきたわけですけれども、今回、訪問によらない営業という、これは大英断だなというふうに思います。

柳ヶ瀬裕文

2021-05-28 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第12号

消費被害を救済するための制度は様々考えられますけれども、新たな制度を設けるべきか否かについては、既存制度運用状況を踏まえて検討する必要があると考えております。  消費被害を救済するための既存制度といたしましては、消費裁判手続特例法に基づく特定適格消費団体による被害回復制度がございます。

坂田進

2021-05-28 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第12号

川田龍平君 これ、その消費庁、消費問題担当大臣消費行政に取り組む姿勢について改めて聞きたいと思います。  消費庁、消費委員会は、そもそも各省庁に任せていては消費保護が進まず、不良商品による事故や不適切な商法による消費被害が防げないという問題意識から、与野党を超えた協議の下に発足したものです。  まず、そもそも、現在の消費被害拡大防止への姿勢取組は十分だとお考えでしょうか。

川田龍平

2021-05-27 第204回国会 参議院 経済産業委員会 第6号

次に、企業消費の面からデジタル化について議論したいと思います。  携帯電話会社カードを作ったが、一度も使用していないにもかかわらず、カードクレジット決済によって誰かに商品を買われ、多額の預金が引き落とされた方がいらっしゃいます。これ、私の友人なんですけれども、作ったばかりのクレジットカード高級紳士服を三十万円分買われてしまったという事例なんですけれども。  

宮沢由佳

2021-05-26 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第11号

消費被害防止及びその回復促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律案審査のため、本日の委員会一般社団法人日本経済団体連合会ソーシャル・コミュニケーション本部長正木義久君、一般社団法人全国消費団体連絡会事務局長浦郷由季君及び弁護士日本弁護士連合会消費問題対策委員会委員長釜井英法君を参考人として出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。    

石井浩郎

2021-05-26 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第11号

ども全国消費団体連絡会消費団体全国的な連絡組織で、全国四十七の団体が緩やかにつながりながら、消費問題、食品の安全や表示、環境、エネルギーなど、暮らしに関わる様々なテーマについて消費の立場から意見発信を進めています。  私からは、この間の消費運動の経緯とともに、意見、要望を述べたいと思います。  

浦郷由季

2021-05-25 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第18号

私、実は消費問題特別委員会も担当させていただいておりまして、大体こういう後期高齢者、特に年齢高い方たちに対する何か新しい制度だったりとかこういうものがあるときに、これを悪用するようなことが、消費被害みたいなことが出てきがちですし、特に今回、口座が関係する部分ですので、是非、その辺の注意喚起というのは消費庁と是非連携をしていただいて、先ほど、施行日も幅があるわけなので、いつどうなるかというところ

田村まみ

2021-05-21 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第29号

本日の議事は、最初に、消費被害防止及びその回復促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律案趣旨説明でございます。まず、日程に追加して提出者趣旨説明を求めることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、井上国務大臣から趣旨説明があり、これに対し、岸真紀子君、柳ヶ瀬裕文君、伊藤孝恵君、大門実紀史君の順に質疑を行います。  

岡村隆司

2021-05-21 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第29号

本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、消費被害防止及びその回復促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、立憲民主・社民一人十五分、日本維新の会、国民民主党・新緑風会及び日本共産党各々一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  

水落敏栄

2021-05-20 第204回国会 参議院 経済産業委員会 第5号

整わなければ当然消費購買行動にそもそもつながりませんので、これしっかりと進めていくと。で、これまでと私はやはりもうステージが変わったと思います。政府がこういうふうにするんだということが昨年の秋に総理から発表されたということであれば、このインフラ整備に関しては、予算を確保したのであとは民間でよろしくお願いしますというステージでは私はないんだと思います。

礒崎哲史

2021-05-20 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第17号

なかなか瑕疵保険というところ、気が回る方ばかりじゃないと思いますので、そういった既存住宅購入だったりリフォームだったりというところを契約するんであれば、瑕疵保険というのがあって、どれくらいの保険料で入れるというような形でしっかりと、利用者というか消費側にその瑕疵保険についてのメリットというか、あった方がいいというような啓発になろうかと思いますけれど、そういったところを啓発をしていただいて、トラブル

熊谷裕人

2021-05-20 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第17号

政府参考人和田信貴君) 住宅紛争処理支援センターは、住宅購入者等消費利益保護を図るため、住宅トラブルに関する電話相談紛争処理支援紛争処理に関する調査研究などを行ってございます。  今回の改正で、消費保護の更なる充実を図るため、調査研究を拡充しまして、新たに住宅瑕疵の発生の防止に関する調査研究を行うこととしております。

和田信貴

2021-05-20 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第17号

次は、消費が安心して住宅を取得できる環境についてお尋ねをしたいと思います。  新築住宅への住み替えを希望する人が既存住宅を希望しない理由として、リフォーム費用が割高であることを挙げております。既存住宅を希望する人が新築住宅を希望しない理由として、予算的に高いことを最も多く挙げておられます。

室井邦彦

2021-05-20 第204回国会 参議院 法務委員会 第15号

若年者消費被害に遭わないようにするための消費教育実施や、万が一被害に遭った際の救済体制整備養育費支払終期が早まるのではないかとの懸念に対する対応など、数多くの施策が道半ばです。  子供権利擁護の活動に携わっている弁護士川村参考人からは、少年院での効果的な教育の中で、少年は本当に反省し、再非行に陥らないように頑張っているとの認識が示されました。

高良鉄美

2021-05-20 第204回国会 参議院 環境委員会 第10号

需要予測の精度を高める、そして、できるだけちょうどよく作ったり仕入れたりするという取組、また、売り切るために期限が近いものは値引きやポイントを付ける、また、フードシェアリングサービスを利用して消費情報を届けていく、さらにはフードバンク子供食堂等に寄附をしていく。できる取組というのはまだまだあるわけでございますけれども、その取組企業が行って決して損をするというものではありません。

竹谷とし子

2021-05-20 第204回国会 参議院 環境委員会 第10号

ただ、日本の中では、残念ながら、カーボンフットプリント認定を取得している製品が百十二しかないということが今の現状だそうで、ただ、環境省、ファッション業界とも今タスクフォースを組んでやっているんですが、このカーボンフットプリントに限らず、製品がどこから原料が調達をされてどのように消費に届くのか、このトレーサビリティーをいかに見える化をしていくかというところに非常に思いを持っています。  

小泉進次郎

2021-05-19 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第28号

次に、日程第三について、地方創生及び消費問題に関する特別委員長報告された後、採決いたします。  次に、日程第四について、財政金融委員長報告された後、採決いたします。  なお、本日の議案については、いずれも起立採決いたします。  以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約二時間四十分の見込みでございます。

岡村隆司

2021-05-19 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号

OIEアニマルウェルフェアに関する採卵鶏の指針の二次案につきましては、平成三十年の九月に止まり木などの設置を必須とする内容加盟国に示されたところでございまして、農林水産省におきましては、この二次案に対しまして、養鶏の生産者団体消費団体学識経験者などの多くの方々からOIE連絡協議会などを通じて意見を伺った上で、その翌年の平成三十一年の一月と、更に令和元年の七月に、止まり木などの設置については

水田正和

2021-05-19 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号

普及に当たりましては、アニマルウェルフェア飼養管理におきます総合的な取組によるものでございますし、また、生産者による施設投資の努力のみならず、やはり畜産物の価格への影響といった点も含めまして消費理解も必要でございますので、アニマルウェルフェア取組を推進する重要性メリットを示しつつ、生産者消費理解を得ながら取組を拡大していくこととしたいと考えております。

水田正和

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

国務大臣野上浩太郎君) 今お話ございましたとおり、このみどり食料システム戦略でありますが、生産力向上持続性の両立をイノベーションで実現させるためのものでありまして、昨年十月から省内で精力的な検討を行ってまいりまして、年明けからは、二十二回にわたりまして実施をした生産者事業者消費等の意見交換会等で活発な議論を重ねてまいりました。  

野上浩太郎

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

国務大臣野上浩太郎君) 今お話ございましたとおり、昨年の十月に検討指示をしまして、本年の五月十二日、先般ですね、策定をしたわけでありますが、その過程では、私や副大臣政務官も参加をして、各品目の生産者ですとか若手の新規就農者ですとか、あるいは中山間、中小・家族経営等生産者方々、また食品事業者、メーカー、消費団体等の幅広い関係者方々と二十二回、計百七十二名の方々意見交換を行ってまいりました

野上浩太郎

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

みどり食料システム戦略におきましては、分かりやすい情報発信関係者との双方向のコミュニケーションなど国民理解促進に取り組むこととしておりまして、有機農業取組拡大を進めていく上でも、生産現場取組拡大にとどまらず、実需者消費などに対する有機農業啓発普及を行って、有機食品市場創出を併せて進めていくことが重要と考えているところでございます。  

水田正和

2021-05-18 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第16号

消費相談員DV相談員男女共同参画相談員や、本当に保育士さんやエッセンシャルワーカー、とっても大事なところで働いている専門職現場女性たち、非正規雇用が圧倒的に多い、ほとんど非正規雇用だったりしています。これを変えないと公共サービスがだんだん弱くなってしまう。ここを何とか、総務省、努力していただきたいんです。  

福島みずほ