運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
99件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2015-09-17 第189回国会 参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 21号

その訓練を受けたある日、軍法、軍の法律軍法の最高権限を持つ部隊の法務に招集された、そしてこう言われたと。武器を持つ人間を見たら殺せ、双眼鏡を持つ人も殺せ、携帯電話を持つ人は殺せ、何も持たず敵対行為がなかったとしても、走っている人、逃げる人は何か画策しているとみなして殺せ、白旗を掲げ命令に従ったとしても、わなとみなし殺せと指示されたそうです。ファルージャで私たちはその交戦規定に従ったって。

山本太郎

2015-07-30 第189回国会 参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 5号

攻略戦の訓練を受けていた全員、みんなキャンプに行きますから、訓練受けますから、ある日、軍法、軍の法律ですよね、軍法の最高権限を持つ部隊の法務に招集され、こう言われたと。武器を持つ人間を見たら殺せ、双眼鏡を持つ人も殺せ、携帯電話を持つ人は殺せ、何も持たず敵対行為がなかったとしても、走っている人、逃げる人は何か画策しているとみなし殺せ、白旗を掲げ命令に従ったとしても、わなとみなし殺せと指示した。

山本太郎

2014-11-13 第187回国会 参議院 法務委員会 6号

また、国際機関の派遣につきましても、外務省といたしまして必要な協力を行ってきておりますけれども、例えば具体的には、二〇〇六年に野口元郎検事のクメールルージュ特別裁判所法廷判事の就任ですとか、あるいは二〇〇九年の池田暁子検事の国際刑事裁判所法務の就任と、こういったところでも協力させていただいております。  

上月豊久

2014-03-25 第186回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

一審で海自の法務として国側の代理人を務めた自衛隊の三等海佐が、二〇一二年四月に東京高裁に実はアンケートは存在していると、文書隠しがされているという陳述書を提出をしました。すると、その二か月後の六月に海上自衛隊は一転して、このアンケートがあったということを記者会見で認めたわけであります。  なぜこういうことになったのか。組織的な隠蔽が、大臣、行われてきたんじゃないですか。

井上哲士

2014-03-25 第186回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

井上哲士君 しかし、事実経過には全くこの二人の首席法務の進言とその対応については書かれていないわけですね。このやり取りはICレコーダーに録音されておりまして、先日もテレビ番組の中でやっておられました。まさにこれはもう事実としてあるわけですから、きちっとこれは調査もし、そして明らかにしていただきたいと思うんですね、事実関係を。  一二年の六月にこのアンケートの存在を海幕長が会見で認めました。

井上哲士

2014-03-25 第186回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

さらに、二〇一一年の一月と二〇一二年の四月にもそれぞれ裁判を担当している別々の首席法務にアンケートの存在を認めるように進言しましたけれども、いずれもこれが入れられなかったと。一一年一月には自ら情報公開請求をしたけれども、再び海自は破棄をしたと。  こういうことをやっても、結局全部事実を認めないので、最後にはこの陳述書を出すという行動に至ったわけでありますね。

井上哲士

2012-03-05 第180回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 1号

先日、UNHCRの法務とちょっと個人的に意見交換をしたら、メーラ・キャンプだけでやるのでどんどんどんどん希望者が減ってきたり、年によってばらつきがあると。ですから、きょうはちょっと時間がなくて済みません、法務省から答弁をいただく予定だったんですが、メーラ・キャンプ以外のキャンプからも難民を受け入れることを検討した方がいいんではないか。  

遠山清彦

2010-04-06 第174回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

在日米軍法務事務国際法主席担当官を務めていたソネンバーグ氏は、二〇〇一年に発行された「駐留軍隊法律に関するハンドブック」という書籍の中で、日本は非公式な合意を結んで、日本にとって特別に重要性があるときを除き、刑事裁判権の第一次的権利を放棄することにしたのであった、日本はこの了解事項を誠実に実行してきていると述べております。  

赤嶺政賢

2004-11-10 第161回国会 参議院 憲法調査会 3号

少なくとも戦前のそういうケースの場合には、軍法をやる法務、あるいはどこかから圧力掛かったのかもしれませんが、随分甘い処置をしているなという感じはしますが、しかしそれは軍法の処置の中で行われた。  だから、その軍法を特別持つことが必要なのかどうかということよりも、軍の内部における法の適用でございますね、もし軍法を作ったとしても。

西岡朗

2004-08-05 第160回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 2号

これも新聞報道でしか私どもは分かりませんが、独立法務と今日初面会というような報道もあっておりましたが、事態は少し動いているようでございます。  いずれにしてもこの問題、最初は日米犯罪人引渡条約存在が、その後は日米地位協定の問題が、いろいろな心配がいろいろなされてまいりましたが、一番大事なことは、とにかくジェンキンスさんも日本でという希望を持たれるように心境の変化もあったと。

木庭健太郎

2004-05-13 第159回国会 衆議院 武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会 15号

外務大臣にお伺いしたいんですが、これは国会図書館から取り寄せたんですが、米軍の法務学校で出ているハンドブックなんですね。これによりますと、ジュネーブ条約のこの部分は大丈夫ですねということが随分きちっと書いてある。ジュネーブ条約については、特に第一議定書について、これは批准の余地があるという議論がアメリカ国内でも随分あるんですね。  

細野豪志

2004-02-18 第159回国会 衆議院 予算委員会 12号

その中佐は、米軍法務から、刑務所に入れると日本側の捜査協力するとき手続が複雑になるという助言があった。面倒くさいと。容疑者三人に基地内から出ないよう命令し、勤務させていた、こんなこと言っているんですよ。三人が会わないことを一〇〇%守らせることはできなかったと言っているんです。  私は先日も尋ねましたが、この地位協定の問題というのは、決して沖縄という特定の地域だけの問題じゃないんです。

照屋寛徳

2003-06-04 第156回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

これが実はずっと歴史の中で隠されていたんですが、当時の防衛庁法務の大小田八尋さんという人が二十五年間の禁を破って、全部資料は捨てたはずになっている、処分したはずになっていたんですが、この人がコピーを全部持っていて、それで二十五年ぶりに、やはり本当のことを国民に知ってもらった方がいいだろうということで出した本がこの「ミグ25事件の真相」という本です。  実は、戦後一度だけ防衛出動がありました。

鮫島宗明

2002-07-04 第154回国会 参議院 外交防衛委員会 23号

また、近年におきましては、防衛庁自衛隊を取り巻く内外諸情勢の変化の中で、自衛隊の任務の遂行に係る法令について十分な知識を持つ必要性も今後ますます増えることが予想されるわけでございますので、こういった観点から、本年三月には海上幕僚監部において首席法務を新設したというようなことも実施をいたしておりました。  

中谷元

2001-03-08 第151回国会 参議院 予算委員会 6号

この資料の中に何て書いてあるかというと、いかなる報告もアメリカ海軍長官及びアメリカ海軍法務、この許可なしにすべての人間についてこの報告書は提出をされないというふうに書いてある。  つまり、海軍長官海軍法務局長に了解を得れば報告書が手に入るということが書いてあるんですよ。何でそれを求めないんですか、外務大臣

小泉親司

2001-02-26 第151回国会 参議院 国際問題に関する調査会 3号

それは、内容的に申しますと、法治能力育成である、あるいは法務育成である、警察及び軍隊の法治能力強化のための訓練、あるいは警察力のロジ、コミュニケーション能力の強化、こういうことがまず第一にされるべき国際的な支援の形態であるというふうに考えております。場合によっては、人道的なアドバイザーであるとか警察の訓練をできるような国際的な警官であるとか、そういうものの派遣も考えたい。

緒方貞子

1997-02-07 第140回国会 衆議院 予算委員会 9号

このように、単なる事件が今でも大変になってもう忙しい検察官事件もどんどんふえて書類の山に埋もれている検察官、こういったこともありますが、これからは、各役所やいろいろなところで法務法律専門家の相談を要するようなことが出てまいりますし、外国との交流でもそういうことが頻繁に、かつかなり広い部分で出てくるだろう。

保岡興治

1996-05-31 第136回国会 衆議院 法務委員会 11号

ただ一つ、シンガポールも原則的には制限を置いていないのですが、明らかに準拠法シンガポール法である場合には、シンガポールにおいて開業資格を有する弁護士あるいは政府法務とともに仲裁手続に出頭することが要件とされているという例がございます。これにつきましては、外国からこういう法律はおかしいと逆に非常に非難されているところでございます。  

永井紀昭