運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
12730件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-30 第201回国会 参議院 総務委員会 第1号

それから、今回の地方財政の中で特別なのは緊急しゅんせつ事業債、緊急しゅんせつ推進事業というんですか、とにかく河川のしゅんせつ土をさらう事業ですよ、それを新たにつくったんですよ。それで、今まで、緊急何とかといったな、緊防債という単独事業で、公共事業からこぼれるもの、採択基準が低いやつについて、そういう今のしゅんせつ的なことをやる事業は、実は緊急防災何とか事業債であったんです。

片山虎之助

2020-01-30 第201回国会 参議院 総務委員会 第1号

国務大臣高市早苗君) やはり去年の台風被害の状況を見ていますと、河川における堆積土砂、それからまた川の中に生えている木の伐採などができていないことによって河川が越水したりするような状況が多々見られました。一昨年、私の地元でも、中小河川の増水によって近所の自治会長さんが亡くなるという痛ましい事件が起きました。  

高市早苗

2020-01-30 第201回国会 参議院 予算委員会 第2号

度重なる豪雨、台風では、各所で記録的な大雨や突風となり、河川の氾濫、堤防決壊が起こり、甚大な被害をもたらしました。私も、今が旬のとちおとめの産地、栃木県で、被害を受けたイチゴのビニールハウスの前で農家の方から、せっかく半年前にやっと息子が一緒にやってくれると決めて頑張っていたのに、年が明けるときにはめどが立つように早く対応してほしい、そういう声を受けました。  

田村まみ

2020-01-30 第201回国会 参議院 予算委員会 第2号

国務大臣赤羽一嘉君) 今委員お話ございましたように、台風十九号というのは、国直轄で七河川十二か所、また全国では県管轄河川も含めると百四十か所の堤防が決壊するという大変大きな未曽有の災害でありました。  私も、台風十九号上陸の翌日に荒川水系の入間川の支川の越辺川都幾川の被災現場を視察いたしまして、委員御指摘のとおり、被害の大変大きなことを痛感したわけでございます。  

赤羽一嘉

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

具体的には、例えば、気温が二度上昇していると、そうした場合、降雨量は一・一倍、河川の流量は一・二倍と、その結果、洪水の発生頻度は二倍になるというようなことが報告をされておりまして、そうした統計に基づいて抜本的な防災減災対策を講じているところでございますし、加えて、既存ダム有効活用ですとか情報の発信、共有の在り方ということも教訓として浮き彫りになりました。

赤羽一嘉

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

徳永エリ君 七割、五兆円ということでありまして、これから全ての事業が進捗、進むように頑張るということでございますけれども、事業が終わっても、先ほど申し上げましたように、それだけ膨大なお金を掛けて事業を行っているわけですから、この毎年毎年、本当に甚大な災害が起きている中でしっかりその災害を防いでいくと、そういう効果がなければいけないわけでございますが、三か年緊急対策、例えば治水事業、河川は国約百四十河川

徳永エリ

2020-01-28 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号

御指摘のように、河川管理者やその沿川の自治体、あるいはさまざまな関係者がいらっしゃるわけでございますので、こういった皆さんと日ごろからしっかり意思の疎通を図っておかなきゃいけないという御指摘だというふうに思います。それはそのとおりだというふうに、しっかり受けとめさせていただきたいというふうに思います。  

佐々木紀

2020-01-28 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号

これまでも、建設資材等として使用するために、民間の事業者の方によります砂利の採取というものが行われてまいりましたけれども、河川を管理いたします国土交通省といたしましても、河川堆積をいたしました土砂を掘削していくそのためのコストを縮減するという観点から、民間の事業者によります砂利の採取、これを積極的に推進してまいりたいというふうに思ってございます。  

塩見英之

2020-01-24 第201回国会 参議院 本会議 第3号

わけても、台風十五号は観測史上最も強い暴風を記録し、台風十九号は記録的な大雨をもたらし、いずれも東日本を中心に、河川の氾濫や浸水、土砂崩れなどにより百名以上の尊い人命が失われました。損壊や浸水などの住宅被害は十六万棟を超え、今なお多くの方々が不自由な生活を余儀なくされています。  火災も、沖縄首里城や放火の京都アニメーションが燃え、世間に衝撃を与えました。  

片山虎之助

2020-01-23 第201回国会 衆議院 本会議 第3号

補正予算案を含む新たな経済対策には、被災河川等の改良復旧を進めるとともに、被災者の生活やなりわいの再建支援など、公明党の提言を踏まえた対策が随所に盛り込まれました。  また、次の台風シーズンに向けた風水害対策予算も大幅に拡充しました。これらの対策を進めるため、今国会で補正予算案と来年度予算案の早期成立と円滑な執行を強く求めます。  

斉藤鉄夫

2020-01-23 第201回国会 衆議院 本会議 第3号

具体的には、昨年の台風第十九号では、利根川水系において、上流のダム群や遊水地で洪水を貯留することができ、また、平素より計画的な、下流から堤防を整備してきた取組が有効であったことが確認をされた一方で、本川の水位上昇の影響を受けて逆流が発生し、支川の堤防が決壊してしまった河川も少なくありませんでした。  

赤羽一嘉

2020-01-20 第201回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第1号

昨年においても、八月及び十月の豪雨、台風第十五号及び第十九号の上陸では、河川の氾濫や土砂崩れによりとうとい人命が失われるなど、各地で甚大な被害がもたらされ、国民生活に多大な影響を及ぼしております。  近年、豪雨災害が頻発しているほか、首都直下地震南海トラフ地震の発生も懸念されていることから、防災対策の充実強化は緊急かつ重要な課題であります。  

山本幸三

2020-01-20 第201回国会 衆議院 本会議 第1号

水力発電農業用水などを目的とするダムについても、緊急時には省庁の縦割りを打破し、一元的に活用するための対策を、全ての一級河川を対象に、この夏までに取りまとめます。  相次ぐ自然災害の教訓を活かし、全国で、川底の掘削、堤防の整備、無電柱化を進めます。送電線の計画的な更新、電力会社自衛隊自治体の平時からの連携などにより、強靱な電力供給体制を構築します。

安倍晋三

2020-01-20 第201回国会 参議院 本会議 第1号

水力発電農業用水などを目的とするダムについても、緊急時には省庁の縦割りを打破し、一元的に活用するための対策を、全ての一級河川を対象に、この夏までに取りまとめます。  相次ぐ自然災害の教訓を生かし、全国で川底の掘削、堤防の整備、無電柱化を進めます。送電線の計画的な更新、電力会社自衛隊自治体の平時からの連携などにより、強靱な電力供給体制を構築します。

安倍晋三

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 6号

第百九十六回国会鷲尾英一郎君外九名提出、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案 並びに  国土交通行政基本施策に関する件  国土計画土地及び水資源に関する件  都市計画建築及び地域整備に関する件  河川道路港湾及び住宅に関する件  陸運、海運航空及び観光に関する件  北海道開発に関する件  気象及び海上保安に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、

土井亨

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

に関する件   一〇、私的独占禁止及び公正取引に関する件   一一、鉱業等に係る土地利用の調整に関する件  国土交通委員会   一、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案鷲尾英一郎君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四三号)   二、国土交通行政基本施策に関する件   三、国土計画土地及び水資源に関する件   四、都市計画建築及び地域整備に関する件   五、河川

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

に関する件   一〇、私的独占禁止及び公正取引に関する件   一一、鉱業等に係る土地利用の調整に関する件  国土交通委員会   一、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案鷲尾英一郎君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四三号)   二、国土交通行政基本施策に関する件   三、国土計画土地及び水資源に関する件   四、都市計画建築及び地域整備に関する件   五、河川

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第6号

第百九十六回国会鷲尾英一郎君外九名提出、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案 並びに  国土交通行政基本施策に関する件  国土計画土地及び水資源に関する件  都市計画建築及び地域整備に関する件  河川道路港湾及び住宅に関する件  陸運、海運航空及び観光に関する件  北海道開発に関する件  気象及び海上保安に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、

土井亨

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

河川の汚染は、下流の稲を枯らし、河川にすむ絶滅危惧種のホトケドジョウも一時期姿を消しました。この第一期処分場の改善が図られないまま、その後、第二期埋立処分場が埋立てを開始をしています。さらに、第三期埋立処分場の建設が今まさに進められています。しかも、この三期処分場には、逆浸透膜装置というものは設置しないというふうに聞いております。  

青木愛

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

ここは事業者が農地整備で県に申請して、河川土手に土砂を受け入れて積み上げていきました。その後、県に申請せずに更に土砂を積み上げていきました。社長は同じですが、別の事業者がその軟弱地盤の上にソーラーを設置しました。そして、台風による大雨で、積み上げられた土砂が広範囲に崩れました。それほどの軟弱地盤だったわけです。

伊藤岳

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

河川の汚染は、下流の稲を枯らし、河川にすむ絶滅危惧種のホトケドジョウも一時期姿を消しました。この第一期処分場の改善が図られないまま、その後、第二期埋立処分場が埋立てを開始をしています。さらに、第三期埋立処分場の建設が今まさに進められています。しかも、この三期処分場には、逆浸透膜装置というものは設置しないというふうに聞いております。  

青木愛

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

ここは事業者が農地整備で県に申請して、河川土手に土砂を受け入れて積み上げていきました。その後、県に申請せずに更に土砂を積み上げていきました。社長は同じですが、別の事業者がその軟弱地盤の上にソーラーを設置しました。そして、台風による大雨で、積み上げられた土砂が広範囲に崩れました。それほどの軟弱地盤だったわけです。

伊藤岳

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

また、国土交通省では、被災した河川全体の治水対策として、堤防整備や河道掘削などを適切に組み合わせた抜本的な治水対策を早急に立案し、流域全体での治水対策を進めてまいりたいというふうに考えてございます。  次に、優先的に取り組む治水対策につきましては、これまでも大規模な水害の教訓等を踏まえて、重点的に取り組むべき事業や区間を全国の河川から選定し、実施してきているところでございます。  

五道仁実

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

環境省では、平成二十三年八月から福島県及びその周辺一都八県において、河川沿岸域等の公共水域における放射性セシウム濃度の調査を行っております。  その調査結果によると、関東河川底質の放射性セシウム濃度が最も高かったのは平成二十四年五月の二万二百ベクレル・パー・キログラムであり、また、東京湾の底質では平成二十四年十二月の七百八十ベクレル・パー・キログラムでありました。

正林督章

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

また、国土交通省では、被災した河川全体の治水対策として、堤防整備や河道掘削などを適切に組み合わせた抜本的な治水対策を早急に立案し、流域全体での治水対策を進めてまいりたいというふうに考えてございます。  次に、優先的に取り組む治水対策につきましては、これまでも大規模な水害の教訓等を踏まえて、重点的に取り組むべき事業や区間を全国の河川から選定し、実施してきているところでございます。  

五道仁実

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

環境省では、平成二十三年八月から福島県及びその周辺一都八県において、河川沿岸域等の公共水域における放射性セシウム濃度の調査を行っております。  その調査結果によると、関東河川底質の放射性セシウム濃度が最も高かったのは平成二十四年五月の二万二百ベクレル・パー・キログラムであり、また、東京湾の底質では平成二十四年十二月の七百八十ベクレル・パー・キログラムでありました。

正林督章

2019-12-03 第200回国会 参議院 経済産業委員会 6号

このような被災した鉄道施設の復旧は、まずは鉄道事業者により鋭意行うことでございますけれども、復旧工事を円滑に実施するために、平成三十年七月豪雨を契機に、鉄道事業者国土交通省関係部局から成る連絡調整会議を設けて、本省とそして地方局、それぞれにおいて道路河川などの鉄道以外の事業と連携して早期の復旧を図る取組を進めているところでもございます。

佐々木紀

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

○伊藤(信)委員 今回の台風十九号では、地域によってですけれども、数時間で二カ月分の降雨量の集中豪雨ということで、河川の氾濫、堤防決壊が各所であり、甚大な被害をもたらしました。このように、最近では、気候変動、地球温暖化の影響により世界じゅうで自然災害が頻発しています。  気象現象の激甚化、極端化が進み、強風、竜巻、熱波、猛暑、極寒、豪雪、豪雨、干ばつ、海水面の上昇が起こっています。

伊藤信太郎

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

こうした八ツ場ダムを含む利根川上流の七ダム洪水を貯留したことによります下流側の河川の水位の低下量は、これは仮定を置いた試算値でございますけれども、八斗島地点におきまして約一メートルというふうに想定されまして、これまで整備してまいりましたダム群が一定の効果を発揮したものと考えてございます。

塩見英之