運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
42801件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-16 第201回国会 参議院 予算委員会 閉会後第1号

若しくは、法律が変わらないとしたら国会で運用か何かをきちんと決議してやっていただく。そういうもので、実際に今の必要なのは、解釈して制限して国民にこうしなさいということで言われていますが、そうではないんですね。政治が意思を持って感染を抑えれば抑えられるという信念と国民を守ろうという熱意があるかないかです。

児玉龍彦

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

決算委員会では、この経緯等検証し、報告をするという決議がおとつい上がりました。今日の理事会でも協議になりましたけれども、是非これ、当委員会にも提出を求めるということで筆頭間協議になっておりますけれども、改めて私からも強く求めておきたいと思います。是非当委員会にも報告をいただきたい。  この配備ありきという姿勢は、この費用にも表れました。

井上哲士

2020-07-08 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

今後とも、日米日米韓で緊密に連携をいたしまして、中国、ロシアを始めとする国際社会とも協調しながら、北朝鮮の完全な、そして検証可能な、かつ不可逆的な方法での全ての大量兵器大量核兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイル廃棄の実現に向けて、関連します国連安保理決議の完全な履行も含めまして、北朝鮮の完全な非核化を目指してまいる、このような決意でございます。

若宮健嗣

2020-07-07 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第2号

決議案の提案の前に、一言、先週末から続いております九州地区豪雨に関して申し上げたいと思います。  先週末から九州の方で非常に集中豪雨が続いております。この集中豪雨で亡くなられた皆様に心から哀悼の意を申し上げたいと思います。また、被災されました皆さんに心からお見舞い申し上げたいと思います。  

浜口誠

2020-06-16 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第21号

浜口誠君 私は、ただいま可決されました無人航空機等飛行による危害の発生を防止するための航空法及び重要施設周辺地域の上空における小型無人機等飛行の禁止に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲国民.新緑風会・社民、公明党日本維新の会及び日本共産党各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     

浜口誠

2020-06-16 第201回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

ところが、野党の皆さんは、余りここで言うのもあれですが、決議案にも反対、そして共産党に至っては、この後委員長からある談話というか御挨拶にも注文をつける。文句は言うけれども、じゃ、これだけ、これまで原子力を推進してきたこの日本で、高レベル放射性廃棄物、どこにどうするんですか。(発言する者あり)いや、ちょっと討論しましょう、討論。  

足立康史

2020-06-16 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第19号

国務大臣加藤勝信君) 最初に、臓器移植に関する法律に関する附帯決議につき、臓器移植実施状況等について報告いたします。  臓器移植に関する法律は、平成九年に施行されてから今年で二十三年を迎えます。また、臓器提供における本人同意の扱いについて、平成二十二年に改正法に基づく新制度が施行されてから十年が経過します。

加藤勝信

2020-06-15 第201回国会 参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号

日米日米韓結束の下、国際社会連携しつつ、安保理決議の完全な履行を確保し、北朝鮮の完全な非核化を目指します。  我が国としては、日朝平壌宣言に基づき、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、日朝国交正常化を目指す考えであり、この方針に変わりはありません。

茂木敏充

2020-06-12 第201回国会 衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号

日米日米韓結束もと国際社会連携しつつ、安保理決議の完全な履行を確保し、北朝鮮の完全な非核化を目指します。  我が国としては、日朝平壌宣言に基づき、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、日朝国交正常化を目指す考えであり、この方針に変わりはありません。

茂木敏充

2020-06-12 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第16号

富田委員長 ただいま議決いたしました法律案に対し、武藤容治君外四名から、自由民主党無所属の会、立憲民主国民・社保・無所属フォーラム公明党日本共産党及び日本維新の会・無所属の会の五派共同提案による附帯決議を付すべしとの動議が提出されております。  提出者から趣旨の説明を求めます。山岡達丸君。

富田茂之