運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
9160件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 6号

第百九十六回国会鷲尾英一郎君外九名提出、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案 並びに  国土交通行政基本施策に関する件  国土計画土地及び水資源に関する件  都市計画建築及び地域整備に関する件  河川道路港湾及び住宅に関する件  陸運、海運航空及び観光に関する件  北海道開発に関する件  気象及び海上保安に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、

土井亨

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

国土交通委員会   一、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案鷲尾英一郎君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四三号)   二、国土交通行政基本施策に関する件   三、国土計画土地及び水資源に関する件   四、都市計画建築及び地域整備に関する件   五、河川道路港湾及び住宅に関する件   六、陸運、海運航空及び観光に関する件   七、北海道開発に関する件   八、気象

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

国土交通委員会   一、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案鷲尾英一郎君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四三号)   二、国土交通行政基本施策に関する件   三、国土計画土地及び水資源に関する件   四、都市計画建築及び地域整備に関する件   五、河川道路港湾及び住宅に関する件   六、陸運、海運航空及び観光に関する件   七、北海道開発に関する件   八、気象

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第6号

第百九十六回国会鷲尾英一郎君外九名提出、航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案 並びに  国土交通行政基本施策に関する件  国土計画土地及び水資源に関する件  都市計画建築及び地域整備に関する件  河川道路港湾及び住宅に関する件  陸運、海運航空及び観光に関する件  北海道開発に関する件  気象及び海上保安に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、

土井亨

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

十 国産飼料の一層の増産と着実な利用の拡大により畜産農家の経営安定を図り、飼料自給率を向上させるため、気象リスク分散等による粗飼料の安定的な収量確保、飼料生産の効率化、放牧、国産濃厚飼料の生産拡大、未利用資源の利用、有機畜産物生産の普及を支援するとともに、飼料生産の基盤整備を推進すること。

徳永エリ

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

十 国産飼料の一層の増産と着実な利用の拡大により畜産農家の経営安定を図り、飼料自給率を向上させるため、気象リスク分散等による粗飼料の安定的な収量確保、飼料生産の効率化、放牧、国産濃厚飼料の生産拡大、未利用資源の利用、有機畜産物生産の普及を支援するとともに、飼料生産の基盤整備を推進すること。

緑川貴士

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

十 国産飼料の一層の増産と着実な利用の拡大により畜産農家の経営安定を図り、飼料自給率を向上させるため、気象リスク分散等による粗飼料の安定的な収量確保、飼料生産の効率化、放牧、国産濃厚飼料の生産拡大、未利用資源の利用、有機畜産物生産の普及を支援するとともに、飼料生産の基盤整備を推進すること。

徳永エリ

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

住民の避難行動の支援ということで、昨年の平成三十年七月豪雨において、市町村避難勧告避難指示等の避難情報を発令して、国や都道府県は一方で大雨警報洪水警報土砂災害警戒情報等、防災気象情報を提供するということで、多様な主体から様々な防災情報が出されて、これは受け手である住民等に正しく理解されていたかという課題があったということで、これを受けて、今年三月に避難勧告等に関するガイドラインを改定して、住民等

青柳一郎

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

政府参考人(青柳一郎君) 震度四以上の地震につきましては、我々防災職員には公用携帯の方に気象情報ということで伝わってまいります。  先ほど官邸の方の危機管理センターの話がございましたけれども、二十四時間政府としては情報収集に努めておりますから、被害状況の連絡等があれば速やかに対処するということで、今回については特段そういう被害等は聞いていないところでございます。

青柳一郎

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

長峯誠君 お手元に資料を配っておりますけれども、本年五月から防災気象情報に五段階のレベルを付けて公表する運用が始まりました。防災気象情報が多岐にわたり分かりにくかったものがシンプルに伝わるようになり、確かに感覚的に捉えやすくなったとは思います。  しかし、従来の避難勧告避難指示がレベル4であることが誤解を招くのではないかと危惧をいたしております。

長峯誠

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

住民の避難行動の支援ということで、昨年の平成三十年七月豪雨において、市町村避難勧告避難指示等の避難情報を発令して、国や都道府県は一方で大雨警報洪水警報土砂災害警戒情報等、防災気象情報を提供するということで、多様な主体から様々な防災情報が出されて、これは受け手である住民等に正しく理解されていたかという課題があったということで、これを受けて、今年三月に避難勧告等に関するガイドラインを改定して、住民等

青柳一郎

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

政府参考人(青柳一郎君) 震度四以上の地震につきましては、我々防災職員には公用携帯の方に気象情報ということで伝わってまいります。  先ほど官邸の方の危機管理センターの話がございましたけれども、二十四時間政府としては情報収集に努めておりますから、被害状況の連絡等があれば速やかに対処するということで、今回については特段そういう被害等は聞いていないところでございます。

青柳一郎

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

長峯誠君 お手元に資料を配っておりますけれども、本年五月から防災気象情報に五段階のレベルを付けて公表する運用が始まりました。防災気象情報が多岐にわたり分かりにくかったものがシンプルに伝わるようになり、確かに感覚的に捉えやすくなったとは思います。  しかし、従来の避難勧告避難指示がレベル4であることが誤解を招くのではないかと危惧をいたしております。

長峯誠

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

是非とも、限りある予算でありますけれど、気象変動に合わせた河川整備を早急に進めるべきと考えますけれど、今回の検証をしっかりと行い、反省や教訓を次に生かすため、まずは必要な事業費を耐越水化に充てていただくことを強くお願いしたいと思いますが、大臣のお考えとお受け止めをお伺いをしたいと思います。

小沢雅仁

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

気象が変われば、水文が変わります、水象が変わりますね。一方で、地象、大地の方はどうかというと、私、ふだんよく、昭和十四年の京都市地図をいつも部屋に張って、開発が進む前の都市はどうであったか、そして今の京都市都市はどうであるかと比べるんですよ。そうしたら、交通やいろんなことがわかってきますけれども、一つは、コンクリートやアスファルトで相当覆われてしまった。

繁本護

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

WMO、世界気象機関は、去年の夏、西日本豪雨を始めとして世界各地で相次いだ大雨や熱波、干ばつなどの異常気象地球温暖化の長期的な傾向と一致していると警鐘を鳴らしております。国連のグテーレス事務総長は、気候変動はもはや気候危機であり気候非常事態だと発信をしております。  IPCCは、先月、土地関係特別報告書を、去年十二月には一・五特別報告書を発表して、今回とあわせて最新の科学研究をまとめております。

古屋範子

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

気象現象の激甚化、極端化が進み、強風、竜巻、熱波、猛暑、極寒、豪雪、豪雨、干ばつ、海水面の上昇が起こっています。生態系破壊、この危機をもたらす気候変動、地球温暖化は、まさに人類に存亡の危機をもたらすと言っても過言ではないと思います。十八世紀半ばから始まった産業革命以来、増加を続けるCO2の排出量、その累積排出量と世界平均気温の上昇はほぼ正比例の関係にあることが明らかとなっています。  

伊藤信太郎

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 4号

例えば、風荷重や波浪荷重につきましては、設置場所で予想される台風や季節風の襲来頻度や強度、風車の高さ海底地形や近年の気象、海象条件等を踏まえまして、再現期間五十年の最大の瞬間風速及び最大の波高等を用いて設定することとしております。こうした自然条件に対しまして、洋上風力発電設備の支持構造物港湾法上の技術基準を満たす安全な構造であることを確認することとしております。  

高田昌行

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 4号

再エネ海域利用法第八条におきましては、気象、海象、そのほかの自然的条件が適当であること、発電事業の実施により漁業に支障を及ぼさないことが見込まれる等の基準に適合するものを促進区域として指定することができると規定いたしております。その上で、一般的に比較的コストが安い設備が設置できる水深三十メートルより浅い区域は事業性が高いと考えております。  

青木一彦

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 7号

じゃ、事故が起こったとき、あるいは今農村でもドローンどんどん飛ばして、それもAIで全部気象状況から計算して勝手にやっている。それ身近になってくると、そういう事故が起こったときに、じゃ、なぜ事故が起こったのか、何が間違いだったのか、これは捜査をしなければいけないわけで、その際に開示要求というのはもちろんなされるべきなんですね。  

内田聖子

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

また、外国人の来日も数多く想定されるということで、防災気象情報地方公共団体が出す避難情報に関する用語等を十四カ国語で整理をして訪日外国人旅行者等を対象に緊急情報を発信するセーフティーチップス、こういったものでプッシュ型で発信できる環境整備を促進をしております。また、災害種別のピクトグラム、図記号ですね、この普及啓発についても関係省庁と連携して取り組んでいるところでございます。  

青柳一郎

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

さらに、省内に設置した河川気象情報の改善に関する検証チームにおきまして、専門家の方々からの御助言もいただきながら、情報システムの抜本的な強化について検討を進めているところでございます。  災害対応は毎回の振り返りが大切であり、今回の課題を次の災害対応に生かすため、ワーキンググループでの検討を重ね、今年度末までに改善策を取りまとめてまいりたいと考えております。

五道仁実

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

また、外国人の来日も数多く想定されるということで、防災気象情報地方公共団体が出す避難情報に関する用語等を十四カ国語で整理をして訪日外国人旅行者等を対象に緊急情報を発信するセーフティーチップス、こういったものでプッシュ型で発信できる環境整備を促進をしております。また、災害種別のピクトグラム、図記号ですね、この普及啓発についても関係省庁と連携して取り組んでいるところでございます。  

青柳一郎

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

さらに、省内に設置した河川気象情報の改善に関する検証チームにおきまして、専門家の方々からの御助言もいただきながら、情報システムの抜本的な強化について検討を進めているところでございます。  災害対応は毎回の振り返りが大切であり、今回の課題を次の災害対応に生かすため、ワーキンググループでの検討を重ね、今年度末までに改善策を取りまとめてまいりたいと考えております。

五道仁実

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

例えば、風荷重や波浪荷重につきましては、設置場所で予想される台風や季節風の襲来頻度や強度、風車の高さ海底地形や近年の気象、海象条件等を踏まえまして、再現期間五十年の最大の瞬間風速及び最大の波高等を用いて設定することとしております。こうした自然条件に対しまして、洋上風力発電設備の支持構造物港湾法上の技術基準を満たす安全な構造であることを確認することとしております。  

高田昌行

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

再エネ海域利用法第八条におきましては、気象、海象、そのほかの自然的条件が適当であること、発電事業の実施により漁業に支障を及ぼさないことが見込まれる等の基準に適合するものを促進区域として指定することができると規定いたしております。その上で、一般的に比較的コストが安い設備が設置できる水深三十メートルより浅い区域は事業性が高いと考えております。  

青木一彦

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

じゃ、事故が起こったとき、あるいは今農村でもドローンどんどん飛ばして、それもAIで全部気象状況から計算して勝手にやっている。それ身近になってくると、そういう事故が起こったときに、じゃ、なぜ事故が起こったのか、何が間違いだったのか、これは捜査をしなければいけないわけで、その際に開示要求というのはもちろんなされるべきなんですね。  

内田聖子

2019-11-27 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 10号

そうすると、避難してきたのに、もし夏であれば、暑くてそもそも夜を越せないということもありますし、冬であれば本当に寒いですから、福島県も寒いわけでありますし、冷暖房、エアコンみたいな空調だと非常にその設置にも費用がかかってしまうわけでありますが、しかし、ここは、これから異常気象が常態化する可能性もあるわけでありまして、毎年毎年、台風なり何かしらの被害があるかもしれない、避難するということがあるかもしれない

上杉謙太郎

2019-11-27 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 5号

同じ警戒レベル四になっているんですけれども、避難勧告を出している地域とそうじゃない地域で、どちらに合わせたらいいのか混乱が生じる可能性も非常に高いのではないかなと思いますけれども、避難情報防災気象情報の違いを理解している人が一般の方々でどれだけいてるかという問題があります。  防災気象情報のあり方についても検討すべきだと考えますが、いかがでしょうか。

井上英孝

2019-11-27 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 5号

先ほど、昨年の七月の西日本豪雨の際に、さまざまな防災気象情報についてのレベル化ということで整理が必要だということで、五段階に整理したということですけれども、例えば、ちょっと混乱しやすい話として、土砂災害警戒情報というのは警戒レベルとして四ということですけれども、洪水警報というものは警戒レベルが三というふうになっている。

青柳一郎

2019-11-27 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第10号

そうすると、避難してきたのに、もし夏であれば、暑くてそもそも夜を越せないということもありますし、冬であれば本当に寒いですから、福島県も寒いわけでありますし、冷暖房、エアコンみたいな空調だと非常にその設置にも費用がかかってしまうわけでありますが、しかし、ここは、これから異常気象が常態化する可能性もあるわけでありまして、毎年毎年、台風なり何かしらの被害があるかもしれない、避難するということがあるかもしれない

上杉謙太郎