運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
19433件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-18 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第4号

民主主義の仕組みそのものを踏みにじったのです。  これらの行為が露見したにもかかわらず、公文書改ざんの原因や目的はおろか、誰の指示で行われたのかさえ明らかになっていません。政治官僚組織の公平公正な性格をねじ曲げた疑惑があるにもかかわらず、真相究明には程遠いのではないかと思いますというところで引用の方を終わります。  この事件について、一つずつ聞いていきたいと思います。  

浜田聡

2020-03-13 第201回国会 参議院 本会議 第8号

以上のとおり、特措法は、自由権利を幅広く制約し、民主主義の機能を停止させかねないものであるにもかかわらず、曖昧、不明確な要件で権力の集中を可能とするものです。  ところが、本法案は、衆議院で三時間、本院でも参考人質疑を含め四時間二十分の質疑時間で委員会採決に至っており、十分な審議すら行われていません。政府は、本日の質疑でも、現状は緊急事態宣言を発する状況ではないとしています。

山添拓

2020-03-11 第201回国会 衆議院 法務委員会 第3号

その上で、そうだとすると、やはり、すごく強い私権制限であると同時に、国民知る権利とか、民主主義の根本にも影響を大きく与えるような私権制限効果があるということだと思うんですけれども、じゃ、一旦宣言すると、これは最長二年、これだけ強い制限なんだけれども、一気に二年制限できてしまうということがいかがなものかと思うんですが、二年という期間設定の何か科学的な根拠、合理的な根拠というのがあれば教えてください

山尾志桜里

2020-03-10 第201回国会 衆議院 法務委員会 第2号

○森国務大臣 もちろん、一般的に、表現の自由民主主義の根幹をなすものですから、最大限尊重されるべきでございます。  お尋ねの事案につきましては、先ほどの外務省の御答弁で審査中であるというふうにおっしゃっておられたと承知しておりますので、所管の外務省において適切に判断されるものと思います。

森まさこ

2020-03-10 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

ですから、こういう他省庁の連絡の部分等を含めて、重大な政策決定に影響を及ぼすようなプロセスを明らかにしていくということはとても大事なことだというふうに思いますが、今更申し上げるまでもないんですが、公文書管理法は、健全な民主主義の根底を支える国民共有の知的資源であって、現在のみならず将来の国民に説明する責務を負うわけでありますね。  

長浜博行

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

個別団体の発表についてコメントすることは差し控えたいと思いますが、その上で、民主主義の根幹をなします言論の自由、そして報道の自由を尊重すべきことは当然のことと認識をしておりまして、機会を捉えて、そういった我が国の立場を説明していきたいと思います。  同時に、メディアというのも大きく時代とともに変わっております。

茂木敏充

2020-03-04 第201回国会 参議院 予算委員会 第6号

民主主義の大前提であります投票率国民、有権者がどれだけ政治参加しているかというのはやはり政治の大前提だと思っておりますので、引き続き投票環境の向上等々含め、できれば早期の段階にインターネット投票を導入していただくというような御決断、推進を心よりお願いいたしまして、私の質問を終わります。  ありがとうございました。

元榮太一郎

2020-03-02 第201回国会 参議院 予算委員会 第4号

国務大臣北村誠吾君) 公文書管理第一条、この法律は、国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録である公文書等が、健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源として、主権者である国民主体的に利用し得るものであることに鑑み、国民主導の理念にのっとり、公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、行政文書等の適正な管理、歴史文書等の適切な保存及び利用等を図り、もって行政が適正かつ効率的

北村誠吾

2020-02-27 第201回国会 衆議院 本会議 第7号

第五の解任理由は、棚橋委員長の不公正な、不適切な委員会運営が、与野党間の争いとか課題解決の妨害とか、そういうレベルを超え、日本民主主義の崩壊に加担しているという一番重要な問題です。  今国会予算委員会で議論されている課題は、単なる与野党間の政策議論や、まして揚げ足取りの権力闘争ではありません。政治の世界に残念ながらつきものの、単発のスキャンダル追及でもありません。

本多平直

2020-02-27 第201回国会 衆議院 本会議 第7号

(拍手)  今、堀内先生の討論を聞いておりまして、歯の浮くようなその討論に、民主主義が崩壊をする予兆というのはこういうところにもあらわれているんだなということを改めて危機感を持って聞かせていただいておりました。私は、棚橋委員長に、愛を持ち、しかし、厳しい討論をさせていただきたいというふうに思っております。  

川内博史

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

アメリカから見ますと、現在の米中対立というのは、要するに、アメリカを中心としてつくり上げた戦後秩序中国ロシアによって挑戦されているというふうに見えておりまして、その前提としましては、一九九〇年代に、クリントン政権のときに、中国経済成長をすればそのうち民主主義市場経済になると、そういう言わば前提の上に中国に対する関与政策をやってきておりましたけれども、これは間違えていたというのが、これが非常

白石隆

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 第1号

○黒岩分科員 これはすごく重要なことですし、この議論がかみ合わないと、先ほど大臣がおっしゃった公文書管理の見直しは、これから、民主主義にとっても我が国の行政にとっても大事なんですよ。  事務方も、これは本当に肝に銘じて。今の内閣府人事課の保存期間表でさえこんな大失態をやっているようだったら大変心もとない。

黒岩宇洋

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

○小泉国務大臣 まず、御寄附いただいているお一人お一人の方を私が今全部挙げるまではわかりませんが、お一人お一人からいただいているというそのことを大切に、それが政治活動を支えるまさに基盤でもある、民主主義のコストでもある、政治家を支えるために国民の皆さんからいただいている、それを忘れずに行動しなければいけない。

小泉進次郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 第1号

フェイクニュースでございますけれども、諸外国民主主義が根底から覆されかねない、そんなフェイクニュースが横行している、これは皆さんも認識をされているかと思います。  すごい質の高い動画が簡単につくれちゃう、あるいは、ボタン一つで何十万人、何百万人という方々ににせ情報が送れる、そんな時代になりました。

大野敬太郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 第1号

これは、リテラシー教育といいますのは、使い方とかいうことだけではなくて、本当に本質的な、民主主義というのは本当に重要なので、それにたえ得るような、人間というのはやはり育てていくというのが非常に重要だと思いますので、これからも連携を、これは文科省だと思いますので、総務省からの視点として今のフェイクニュース対策の視点を文科省にお伝えいただいて、そして、連携を深めていただければと思います。  

大野敬太郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 第1号

日系人の若い方を呼んだりとか、アジアの、まあ私もいろいろと応対をさせていただきますが、カンボジアなどのまだまだ民主主義が非常に課題のある国の若い政治家を呼んで意見交換をしたりとか、本当に、目に見えるもの、見えないもの含めて、対日感情の醸成も含めて、非常にいろいろな努力がされているわけでありまして、そういう意味で、いろいろなミッションで外務省が招聘をすることもある。  

武井俊輔

2020-02-21 第201回国会 衆議院 予算委員会公聴会 第1号

また、二〇一六年にシルバー民主主義という用語も使われて、高齢者優遇のシルバー民主主義というものの結果、年金の支給額というのがなかなか抑制できずに、その意味で保育とか次世代向けの支出がなかなか伸びない、こういうシルバー民主主義をどういうふうに打開すべきかということもいろいろと論じられていて興味深かったんですけれども。

山口壯

2020-02-10 第201回国会 衆議院 予算委員会 第10号

税金を明らかにせずして民主主義国家とは言えないですよ。やはり、正確な情報国民に開示するためには、そして説明責任を果たすためには、しっかり輸出免税還付金も明らかにする必要があると思います。  例えば、自動車、百五十万台生産しました、五十万台は国内で販売しました、百万台は海外輸出しましたといったら、簡単に出てくるじゃないですか。

福田昭夫

2020-02-10 第201回国会 衆議院 予算委員会 第10号

これだけの多額の還付金が生じて、国民情報を開示しないなんというのは、これは民主主義国家じゃないですよ。(麻生国務大臣「何が民主主義だ」と呼ぶ)何がじゃないです。民主主義国家じゃないですか。税は国家なりというんです。還付したお金はどれだけあるのかちゃんと公表するのが情報公開時代にふさわしい政府じゃないですか。  これは例えば、消費税申告書をちょっと直せばすぐ出てくるじゃないですか。

福田昭夫